公開ダイエット半月! 体重からみる振り返りと次の目標は?

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-08 11:29
投稿日:2019-07-12 06:00
 もうすぐ夏本番ですね。多くの女性は、薄着になるこの季節に「痩せたい」と思うはず。私はというと、見て見ぬ振りを続けた結果、日本肥満学会の肥満度判定基準の25~30未満に当てはまり、肥満1というグループに。いよいよダイエットに本腰を入れ始めました。
 標準体重である54.2kgには遠く、とりあえず−10kgを頑張ろうと努力しているところ。これは主婦をしつつママで、フリーライターをしている“東城ゆず”のダイエット奮闘記です。

食事制限が辛いから工夫した1週間

外食の翌日はヘルシー食材で帳尻合わせ(写真:iStock)
外食の翌日はヘルシー食材で帳尻合わせ (写真:iStock)

 今回のダイエットメニューでは、「18時以降の食事を禁止(夜の食事はカロリーが余分になりがち)」「お腹が空くまで食べない(無駄な食事を抜くため)」がありました。「炭水化物や脂質の摂取量見直し」も、これまでラーメンを食べたり焼肉を食べたりと、偏った食生活をしていたので辛いのですが……。

 1週間やって、前回「−1.3kg」の減量に成功した私。この1週間は相変わらず、過剰に食べないことに気をつけつつ、適度に食事制限をすることにしました。

 ママでありフリーライターとしての顔をもつ私は、週末に遠方からママ友が遊びにきてくれたりと、イベントが盛りだくさん。女性だって、付き合いでの会食やママ同士の食事もあるというもの。だからこそ、この1週間は2日単位で食事のバランス調整を頑張りました。

 子供の行事が午前中にあり、午後から取材に出かける日もあったため、お昼が外食の時もありました。そんな時は、夜は食べずに調整しました。「一度の食事でカロリーを多く摂取した」と自責しても、意外と体重は増えないもので、ダイエットはトータルバランスが大事なのだと思い知りました。

 当たり前ですが、“食べすぎ”なければ、少し外食をするくらいでは太りません。食べすぎたら、セーブする。この調整が大事になるのですね。自分にどの程度、妥協するかもダイエットを長く続ける秘訣なのだと思います。

ちょっとした時間で運動ができると気づく

朝の筋トレで目醒めがよくなる(写真:iStock)
朝の筋トレで目醒めがよくなる (写真:iStock)

 まとまった運動時間を作ることは、子育て中で仕事もしている私には難しい。それでも寝る前にベッドの上で、寝たままストレッチをする程度は行いました。ハードな毎日を送る上で、“自分が継続できるのか”を常に問い続けて、継続できるものをやってみることが大切なんだと思います。

 筋トレやストレッチで、そこまでの減量やボディラインの変化はなくとも、ストレッチをすることでよく眠れる。朝は筋トレをすることで、覚醒が早まる。体にいいことをしているようで、嬉しくなりました。このような気づきは、これまで自堕落な生活を送ってきた自分を振り返ることができる、大切な気づきです。

 ちょっとでも運動をすることで、「これ食べたら、あの運動が無駄になっちゃうかも」という危機感も持てます。

この1週間で−2.3kg! ダイエット開始から−3.6kg

2週間でマイナス3.6キロ(写真:東城ゆず)
2週間でマイナス3.6キロ (写真:東城ゆず)

 結論から述べれば、この1週間で「−2.3kg」痩せました。何かと予定が多く、食事も付き合いで食べていたと思うのですが、それでも体重が減りました。

 有名モデルさんは、停滞期で「体重が減らない」というストレスを減らすために、“食べる日をわざと設ける”といいます。入ってくるエネルギーがないと、人間は飢餓状態になってしまい体重を減らすことを本能的にやめてしまうのだそう。

 私もこの一種間で「ちょっと食べ過ぎちゃったかも」と思う時ほど体重が減っていた日があり、これは信ぴょう性がある話だと思います。食事制限は、ストレスが多くかかります。「少しでも好きなものを食べられる日がある」と思えるのは、精神的に余裕が出ます。

 週の中ごろは、仕事も会合やミーティング、記事の執筆と慌ただしく過ごしていました。今までだと「日本人は三食は食べないと」という教えを忠実に私は守っていたと思います。今までは、お腹が空かなくても食べなくちゃいけない気がしていたのですが、案外そこまでの空腹は感じないものです。

 他の食事できちんとカロリーや栄養を取っていたので、フラッとすることもなく体調も良好です。体重が減ったおかげか、膝の痛みが緩和された気がします(笑)。

 このダイエット方法を初めて、2週間で「−3.6kg」を達成することができました。「子育てと仕事に忙しくて動いているのに、なんで太るんだろう?」と思っていましたが、少し食事を見直すだけで痩せました。

 あまり食べなくなったことにより、薄味やサラダでも美味しく感じるようになる変化も。暑いこともあってお腹が空いた時は、好んで冷たいサラダを食べていました。スナック菓子を食べなくても、野菜だけで心が満たされます。身近にある食べ物で満足できるため、「外食に行きたい」という気持ちも起きなくなりました。

次なるダイエットメニューとは?

どこまで痩せられるかな?(写真:iStock)
どこまで痩せられるかな? (写真:iStock)

 この公開ダイエットは、停滞期などで退屈しないように2週間ごとにダイエット方法を見直します。今回のダイエット内容は、以下の通りでした。

・炭水化物や脂質の摂取量を見直す
・10分ストレッチと自宅でできる10分筋トレを取り入れる
・お腹が空くまで食べない(無駄な食事を抜くため)
・18時以降の食事を禁止(夜の食事はカロリーが余分になりがち)

 これで一番効果があったのと、もうちょっと私的にやってみたいダイエットが、「お腹が空くまで食べない(無駄な食事を抜くため)」「18時以降の食事を禁止(夜の食事はカロリーが余分になりがち)」です。「極端に多い量でなければ、ラーメンなど炭水化物や脂質も、そんなに神経質にならなくていいかも」と思えるように。引き続き、「過剰な脂質や炭水化物の除外」を意識はします。

 次の2週間は「お腹が空いたら酵素ドリンクを飲む」「汁物→食物繊維→炭水化物やタンパク質という食べ順ダイエット」というメニューをダイエット内容に加えます。運動は、「腰回し運動・スクワット30回」にチェンジ。したがって、次の2週間のダイエット方法は、下記の通りになります。

・お腹が空くまで食べない(継続)
・18時以降の食事を禁止(継続)
・お腹が空いたら酵素ドリンクを飲む
・汁物→食物繊維→炭水化物やタンパク質という食べ順ダイエット
・腰回し運動・スクワット30回

 このダイエットの1週間の様子と報告は、「1週間で2.3kg痩せたけど…減量を維持することはできたのか?」でご紹介します!多くの人の期待に応えられるよう頑張るので、お楽しみに!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 肌が強くないので、合わない化粧品を使うと赤くなったり、吹き出物ができてしまうのが悩みのタネ。もしもトラブル肌になっても...
FILM
 美脚になりたくてハイヒールを履いているのに、ガラスに映った自分の歩く姿に、ギョッとしたことがある方はいませんか? 「デ...
七海 2019-11-19 06:00 ビューティー
FILM
 TwiceやBLACK PINKなど、中高生から大人気のK-POPアイドル。彼女たちに共通するのは、ホクロやシミそばか...
FILM
 秋冬シーズンは、乾燥や気温の低下による肌不調などに悩まされやすい時期。夏までと同じケアに「お手入れ不足」を痛感する女性...
FILM
 半年で15kg激太りするという異例の事態後に思ったことは、「このままじゃいけない」という危機感でした。左膝は体重が重い...
FILM
 厚着の季節だからといって、ひじのケアをさぼっていませんか?ひじはただでさえカサカサになりやすい部位。でも、毎日のバスタ...
FILM
 ママ友との会話で必ず出てくるのが、「体重が戻らなくて……」という話題。一児のママである私ですが、出産後に-17kg痩せ...
FILM
 肌寒くなり、アウターを羽織る時期になってきました。ダークトーンのアイテムが増えるこの時期は、代わり映えしないコーディネ...
FILM
 夏の強烈な日差しを浴びて、肌も髪も一気に老けた気が……。しかし、夏が過ぎても紫外線は年中降り注ぐので、しっかりUVケア...
FILM
 すっかり寒い季節となり、彼に密着できるチャンス到来! しかし乾燥肌では彼に幻滅されてしまうかもしれません。  乾燥対...
FILM
 食欲の秋は、ダイエットに励む女性にとって苦しい時期ですよね。見渡せば、そこらじゅうに美味しそうな食べ物。さらに追い打ち...
FILM
 近年「ファスティングダイエット」が流行っていますね。「何日も断食状態を続けるのは無理!」「仕事など生活の弊害になる」と...
FILM
 自分に合うセルフブランディングは意識していないようで、どこかマイルールとして取り入れているものだと思います。 「エラ...
FILM
「まつげが少ないからマツエクに頼ってみたら、仕上がりが思ってたのとなんだか違う。彼氏から『つける前の方がかわいいよ』と言...
七海 2019-11-11 10:03 ビューティー
FILM
 せっかくダイエットの決意をしたのに、いつも挫折してしまう人は多く存在します。私もその一人。外食先で食べてしまったケーキ...
FILM
 補正下着をしっかり使う、パーソナルジムに通う、ネイルをする――。SNSで誰もが自己発信ができるようになった今、「自分磨...