後遺症ほぼ100%「尿意の喪失と尿閉」障害について考える

コクリコ 編集者
更新日:2019-10-22 10:30
投稿日:2019-08-27 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

障害が一生涯残るケースもある

切実な問題(写真:iStock)
切実な問題 (写真:iStock)

【Note.17】

 T先生による手術の後遺症の説明は続きます。

 広汎子宮全摘出術を受けた人が抱える大きな後遺症、リンパ浮腫と排尿障害。リンパ浮腫については前回ご説明しましたが、一方の排尿障害は、手術の際に排尿機能を調節している神経を触る以上避けられず、程度の差はあるけれどもこちらもほぼ100%の人に後遺症として残るとのこと。具体的には、尿意の喪失と尿閉(自分で排尿ができなくなる)です。その場合、外出先などでもカテーテルを用いて自己導尿することになります。

「尿意は徐々に回復する人がほとんどだけど、一生戻らない人も中にはいます。できるだけ神経に触らないように手術するけど、術後は100%自分で排尿できないので、排尿トレーニングをしてもらいます。排尿トレーニングで成果が出せないと入院が長くなるから頑張ってね」とT先生。

 予想されている入院期間は3週間です。トレーニングを頑張らないともっと伸びてしまいます。

 ところで「尿意なんて別になくても困らないじゃん!」と思われるかもしれませんが、これってつまり知らぬ間に漏らしてしまうんですよ。膀胱に満タンに尿を溜めてしまって膀胱炎や腎盂炎になることもあります。困るんです。

クオリティ・オブ・ライフは二の次

 この2つの後遺症ですが、どちらも重篤な状態で残ってしまうとQOL(Quality of Life クオリティ・オブ・ライフ)が著しく下がってしまうもの。程度の差があれど、いずれもほぼ100%の人に残るのに、なぜ改善されないのだろう?

 そう考えると、がん治療におけるベストは「命がつながること」であり、QOLは二の次なんですよね。

 死なないんだからいいでしょう、と。

 がんが治せる時代になってきて、長く生きられるサバイバーたちが増えているので、きっとこの先は新たな術式が取り入れられたり、後遺症の治療法ができたり、改善されていくのではないかと願っています。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


自分の匂いで上書きニャ! 縄張りを巡回する“にゃんたま君”
 朝、パトロール中のにゃんたま君に出逢いました。  縄張りに他の猫の匂いを見つけたら、自分の匂いで上書き! そうし...
冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。