後遺症ほぼ100%「尿意の喪失と尿閉」障害について考える

コクリコ 編集者
更新日:2019-10-22 10:30
投稿日:2019-08-27 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

障害が一生涯残るケースもある

切実な問題(写真:iStock)
切実な問題 (写真:iStock)

【Note.17】

 T先生による手術の後遺症の説明は続きます。

 広汎子宮全摘出術を受けた人が抱える大きな後遺症、リンパ浮腫と排尿障害。リンパ浮腫については前回ご説明しましたが、一方の排尿障害は、手術の際に排尿機能を調節している神経を触る以上避けられず、程度の差はあるけれどもこちらもほぼ100%の人に後遺症として残るとのこと。具体的には、尿意の喪失と尿閉(自分で排尿ができなくなる)です。その場合、外出先などでもカテーテルを用いて自己導尿することになります。

「尿意は徐々に回復する人がほとんどだけど、一生戻らない人も中にはいます。できるだけ神経に触らないように手術するけど、術後は100%自分で排尿できないので、排尿トレーニングをしてもらいます。排尿トレーニングで成果が出せないと入院が長くなるから頑張ってね」とT先生。

 予想されている入院期間は3週間です。トレーニングを頑張らないともっと伸びてしまいます。

 ところで「尿意なんて別になくても困らないじゃん!」と思われるかもしれませんが、これってつまり知らぬ間に漏らしてしまうんですよ。膀胱に満タンに尿を溜めてしまって膀胱炎や腎盂炎になることもあります。困るんです。

クオリティ・オブ・ライフは二の次

 この2つの後遺症ですが、どちらも重篤な状態で残ってしまうとQOL(Quality of Life クオリティ・オブ・ライフ)が著しく下がってしまうもの。程度の差があれど、いずれもほぼ100%の人に残るのに、なぜ改善されないのだろう?

 そう考えると、がん治療におけるベストは「命がつながること」であり、QOLは二の次なんですよね。

 死なないんだからいいでしょう、と。

 がんが治せる時代になってきて、長く生きられるサバイバーたちが増えているので、きっとこの先は新たな術式が取り入れられたり、後遺症の治療法ができたり、改善されていくのではないかと願っています。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...
4月12日~4月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
出会いと別れの季節…去りゆく“にゃんたま”に一抹の寂しさ
 春は出会いと別れの季節。縁とは不思議なもの、いままで多くのにゃんたま君たちとの出会いと別れがありました。  きょ...
トホホ、猫って夜行性なんですね…子猫運動会実況中継!
「下痢パネル」の結果は動物病院から電話で伺いました。「猫コロナウイルス陽性です」と、先生がめちゃくちゃ深刻そうにお話する...
マスクでメガネが曇る…!原因&手軽で効果的な曇り対策8選
 大流行しているコロナや、国民病ともいわれる花粉症などでマスクをつける機会が圧倒的に増えた現在、メガネユーザーたちを悩ま...
え…天才…? LINEの面白い返し6選!思わず保存したい内容
 今や多くの人がLINEで連絡を取り合っていますよね。そんなLINEには、時々、平凡な日常に一服の清涼剤をくれる、ちょっ...
壇蜜さんが語る“猫愛” 飼い猫スフィンクスとの馴れ初めと今
 女優・文筆家・グラビアタレントなどマルチに活躍中の壇蜜さんは、「猫大好き芸能人」としても知られています。一緒に暮らして...
世界一かわいいご神体「へそ天」姿のごきげん“にゃんたま”
 きょうは、陽だまりで「へそ天」にゃんたま様に出逢いました。  モフモフのお腹に顔を埋めてもいいですか? 「...
ヒョウ柄の秘密は? 4月が旬「アルストロメリア」栽培のコツ
 昔、会社勤めをしていた頃、わりと仲の良い同期男性がおりました。  バイト先の六本木での生活が楽しすぎたために、大...
上司との“LINEマナー”守ってる? NGルールと賢い使い方!
 いまや多くの人が日常生活で毎日のように使っているLINE。最近では「仕事で活用している」という人も多いでしょう。でも、...