後遺症ほぼ100%「尿意の喪失と尿閉」障害について考える

コクリコ 編集者
更新日:2019-10-22 10:30
投稿日:2019-08-27 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

障害が一生涯残るケースもある

切実な問題(写真:iStock)
切実な問題 (写真:iStock)

【Note.17】

 T先生による手術の後遺症の説明は続きます。

 広汎子宮全摘出術を受けた人が抱える大きな後遺症、リンパ浮腫と排尿障害。リンパ浮腫については前回ご説明しましたが、一方の排尿障害は、手術の際に排尿機能を調節している神経を触る以上避けられず、程度の差はあるけれどもこちらもほぼ100%の人に後遺症として残るとのこと。具体的には、尿意の喪失と尿閉(自分で排尿ができなくなる)です。その場合、外出先などでもカテーテルを用いて自己導尿することになります。

「尿意は徐々に回復する人がほとんどだけど、一生戻らない人も中にはいます。できるだけ神経に触らないように手術するけど、術後は100%自分で排尿できないので、排尿トレーニングをしてもらいます。排尿トレーニングで成果が出せないと入院が長くなるから頑張ってね」とT先生。

 予想されている入院期間は3週間です。トレーニングを頑張らないともっと伸びてしまいます。

 ところで「尿意なんて別になくても困らないじゃん!」と思われるかもしれませんが、これってつまり知らぬ間に漏らしてしまうんですよ。膀胱に満タンに尿を溜めてしまって膀胱炎や腎盂炎になることもあります。困るんです。

クオリティ・オブ・ライフは二の次

 この2つの後遺症ですが、どちらも重篤な状態で残ってしまうとQOL(Quality of Life クオリティ・オブ・ライフ)が著しく下がってしまうもの。程度の差があれど、いずれもほぼ100%の人に残るのに、なぜ改善されないのだろう?

 そう考えると、がん治療におけるベストは「命がつながること」であり、QOLは二の次なんですよね。

 死なないんだからいいでしょう、と。

 がんが治せる時代になってきて、長く生きられるサバイバーたちが増えているので、きっとこの先は新たな術式が取り入れられたり、後遺症の治療法ができたり、改善されていくのではないかと願っています。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月22日~28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力を熟知! クールな視線がかっこいい“にゃんたま”
 カッコいいにゃんたまωポーズ、クールな視線、キマッてるね!  にゃんたま君は自分の魅力を知っていて、写真の撮られ...
多頭飼いは“つかず離れず”がちょうどいい 2021.11.21(日)
 我が家には2匹の猫がいます。マンチカンのもん様こと主水、スコティッシュフォールドのこっちゃんことコロナ。  もん...
恥ずかしすぎて消えたい…職場グループに送った誤爆LINE5選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
破壊力ありすぎ! おばあちゃんから届いた“勘違いLINE”5選
 いろんな時代や多くの困難を経験して乗り越えてきたおばあちゃんたちって、本当にたくましいですよね。ガラケー時代をなんなく...
無意味どころか不可能?!他人との比較が無駄といわれるワケ
 他人と比較しても意味がない——。そんな言葉を毎日のように目にします。この認識が広まるのはとても大切だと思いますし、みん...
まるでドラえもん! もふもふのお腹が魅力的な"にゃんたま”
 きょうは、ふしぎなポッケを持っていそうな、ドラえもんみたいなにゃんたま君です。  丁寧な毛繕いで、ふわっふわにな...
見た目のインパクトがすごい!「フウセントウワタ」の魅力
 近年、猫の細かなパーツに特化した、写真やグッズが人気のようでございます。  猫の肉球やお尻、足、シッポなどいわゆ...
嫌いな同僚と上手に付き合うには?6つのポイント&NG行動
 職場にはさまざまな年代、価値観の人が働いているため、中には「どうしても、気が合わない」と思う人もいるでしょう。中には、...