少量のご飯がより美味しく!満腹になる断食ダイエットの魅力

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-08 11:39
投稿日:2019-08-30 06:00
育児に家事に仕事…自分だけを気にかけていられない(写真:iStock)
育児に家事に仕事…自分だけを気にかけていられない (写真:iStock)

 子供を産んだり、日々の家事や仕事に翻弄された結果、独身時代のベスト体重から30kgの増量をしてしまいました。しかし、脅すわけではありませんが、これは誰にでも起こることです。

 女性は結婚してから自分にかける時間が減ります。家事に慌ただしい毎日ですし、子育てをしていたら、とても自分になんて構ってられません。趣味のヨガやジム通いだって、諦めなくちゃいけないこともある。どうしても自分だけを気にかけられないのが、結婚した女性なのではないでしょうか。

 ダイエットをして分かったのは、太るのはすごく簡単ということ。カロリーが高いものは、美味しいんです。一方、減らすのはすごく辛い。

 日頃の育児や家事に仕事。忙しいストレスを発散する方法、それが私は食べることでした。これは主婦でフリーライターをしつつ、二人の子供を育てる“東城ゆず”のリアルなダイエット記録です。

食べる楽しみを取られると辛いのが主婦業

食べる楽しみが奪われるのは辛い…(写真:iStock)
食べる楽しみが奪われるのは辛い… (写真:iStock)

 結婚した女性は夫から「なんで昔は綺麗だったのに、そんなに太ったんだ」と指摘を受けることが多いようですね。周囲の既婚女性も「好きで太ったわけじゃない。ムカつく!」と愚痴をこぼしています。私も夫から「2年前くらいまで、もっと可愛かったのに」と切り出され、「お願いだから痩せてほしい。お願いします!」と懇願されるようになってしまいました(苦笑)。

 こうしたエピソードを聞けば、女性は結婚してから太る確率が高いことがわかります。私の母も結婚してから太ったらしいですし、知り合いの50代女性も「子供を産むと、ボディーラインが変わるよね」と話していました。

 そこで、自分なりに分析してみたのですが、主婦は「食べる」を取られると辛いんですよね。子供がいれば自分勝手に家をあけることは出来ません。夫の勤務地や勤務時間にもよりますが、夫にコンスタントに子供をみてもらって、自分だけの時間をダイエットに当てるということは、まだ日本では現実的ではない気がします。

 19歳で出産した私ですが、育児は本当に疲れてしまいます。一日中、自分より大事で小さなその命を守るのに、精神的に緊張している状態です。それに付き合うとなると体力的にも厳しい。主婦をする前まで、結婚したことを理由に太り続ける女性に対して、「家でも運動すればいいのに」と思っていたけれど、子供が寝付いた頃は、自分も自然に寝ている状態です。

 家で子供が起きていてもできて、日常生活に支障がない。コストもあまりかからずに、隙間時間で一瞬で幸せになれるもの。それって、食べることだと思うんです。

 独身時代はいろいろな化粧品を試したり服を買ったり、そうやって自分のプロポーションをキープしてきたけれど、経済的に無限に服を買うわけにもいかないし、買い物に行ける時間も限られています。だんだん服装が適当になってくる。

 いざ服を買っても、すぐに子供に汚されたり、ワンピースを着て公園となると子供と遊びにくい。やっぱり、自分の好きなファッションがまかり通らない。そうすると、自分の体型にも興味がなくなってきたのが私の場合です。

 炭水化物を制限したから、大好きなラーメンにも制約がかかる。ダイエット中だし、お菓子もつまむわけにはいかない。「食べる」を奪われてしまうと、全ての楽しみが取られた気分になります。では、少量のご飯量で、毎日が劇的に幸せになる食事法は何があるんだろうと、探してみることにしたのでした。その結果、「断食ダイエット」という方法を知ったのです。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...