夫がイライラ! 妻にイラつく夫たちの言い分4選と賢い対処法

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-09-24 06:00
投稿日:2019-09-24 06:00
 男女のイライラするポイントは大きな相違がありますよね。当然、その仲直りも一筋縄にはいきません。女性は、友達同士や井戸端会議で「うちの夫がねぇ〜!」と話すことができます。だから、なんとなく世の女性同士で解決できて、「夫って、本当にムカつくよね」と話をまとめることもできます。
 では、夫も妻にイライラしているとしたら? そして、ずっと根に持たれていたら……。少しゾッとしますよね。妻帯者の男性4人から妻にイライラしたエピソードを聞いてみました。

夫が妻たちにイライラしたエピソード

夫がイライラする理由は…(写真:iStock)
夫がイライラする理由は… (写真:iStock)

 妻が夫にイライラするポイントは「口数が少ないから何を考えてるか分からない」ということや「後片付けをしないくせに、急に些細なことで怒る」といったことがあげられます。

 こうした問題点、実は妻が発端でしたらどうでしょう。多くの女性が盲点な“夫が妻にイライラするポイント”をお話しましょう。

悩み相談も答えは決まっている

「例えば“夕飯は何を食べたい?”と聞かれて、“ハンバーグがいいなあ”と答えたところで、妻はそれに文句をつけ始めます。“手が汚れるし、玉ネギを切り刻むのが面倒だ”と。僕に悩み相談をしてくる時の妻はいつもそうで、あらかじめ自分の答えを持ってるんです」(Mさん・24歳男性/システムエンジニア)

立場の違いを比較し始めて怒る

「休日に寝ていると“あなたは休みがあっていいね”とイヤミを言われます。家事を強制しているわけじゃないんだから、“私も今日は休むね”でいいと思うし。“夕方、一緒に家事をしてね”と言われるのならまだ理解できる。よく分からないところで比べられ、突然、怒られるのが嫌です」(Aさん・28歳男性/看護師)

感情論で話すくせに結論を求める

「感情論で話した後に、僕に結論を求めてくるところが厄介ですね。ここで見当違いなことを言ってしまうと、妻は“話を聞いていたの?”と怒るんですよ。妻の方が怒っているのだから、どうしてもらいたいのか要求を明確にしてほしい。問題提起しておいて、結論を僕に任せるのは違う」(Kさん・26歳男性/介護士)

余計なタスクを詰め込みすぎる

「余計な予定を詰め込むのは妻なのです。それに合わせなくちゃいけないのは、正直に話すと辛いですね。“今日は自治会の運動会だから”と声を荒げて近所付き合いの大事さを話す妻ですが、そんなのは任意なんだから行かなくてもいいはずです。僕がそれを伝えると“本当にあなたは何も理解していない”と怒られます」(Sさん・32歳男性/事務)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ