夫がイライラ! 妻にイラつく夫たちの言い分4選と賢い対処法

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-09-24 06:00
投稿日:2019-09-24 06:00
 男女のイライラするポイントは大きな相違がありますよね。当然、その仲直りも一筋縄にはいきません。女性は、友達同士や井戸端会議で「うちの夫がねぇ〜!」と話すことができます。だから、なんとなく世の女性同士で解決できて、「夫って、本当にムカつくよね」と話をまとめることもできます。
 では、夫も妻にイライラしているとしたら? そして、ずっと根に持たれていたら……。少しゾッとしますよね。妻帯者の男性4人から妻にイライラしたエピソードを聞いてみました。

夫が妻たちにイライラしたエピソード

夫がイライラする理由は…(写真:iStock)
夫がイライラする理由は… (写真:iStock)

 妻が夫にイライラするポイントは「口数が少ないから何を考えてるか分からない」ということや「後片付けをしないくせに、急に些細なことで怒る」といったことがあげられます。

 こうした問題点、実は妻が発端でしたらどうでしょう。多くの女性が盲点な“夫が妻にイライラするポイント”をお話しましょう。

悩み相談も答えは決まっている

「例えば“夕飯は何を食べたい?”と聞かれて、“ハンバーグがいいなあ”と答えたところで、妻はそれに文句をつけ始めます。“手が汚れるし、玉ネギを切り刻むのが面倒だ”と。僕に悩み相談をしてくる時の妻はいつもそうで、あらかじめ自分の答えを持ってるんです」(Mさん・24歳男性/システムエンジニア)

立場の違いを比較し始めて怒る

「休日に寝ていると“あなたは休みがあっていいね”とイヤミを言われます。家事を強制しているわけじゃないんだから、“私も今日は休むね”でいいと思うし。“夕方、一緒に家事をしてね”と言われるのならまだ理解できる。よく分からないところで比べられ、突然、怒られるのが嫌です」(Aさん・28歳男性/看護師)

感情論で話すくせに結論を求める

「感情論で話した後に、僕に結論を求めてくるところが厄介ですね。ここで見当違いなことを言ってしまうと、妻は“話を聞いていたの?”と怒るんですよ。妻の方が怒っているのだから、どうしてもらいたいのか要求を明確にしてほしい。問題提起しておいて、結論を僕に任せるのは違う」(Kさん・26歳男性/介護士)

余計なタスクを詰め込みすぎる

「余計な予定を詰め込むのは妻なのです。それに合わせなくちゃいけないのは、正直に話すと辛いですね。“今日は自治会の運動会だから”と声を荒げて近所付き合いの大事さを話す妻ですが、そんなのは任意なんだから行かなくてもいいはずです。僕がそれを伝えると“本当にあなたは何も理解していない”と怒られます」(Sさん・32歳男性/事務)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ