理想の二重まぶたに…「目頭切開」気になる内容と費用は?

吉武光太郎 形成・美容外科医
更新日:2019-09-30 17:20
投稿日:2019-09-29 06:00
 プチ整形、アンチエイジング……気になるけれど、敷居が高くてよくわからない、そんなお悩みを抱えている方も多いのでは? コクハク編集部が皆さんに代わり、形成・美容外科医の“こたろ先生”こと笹塚駅前こたろクリニック院長の吉武光太郎先生に「知りたい!」をお聞きます。今回は、目を大きくするために行われる目頭切開について教えてもらいました。

二重まぶたをより理想のかたちに

日本と韓国では方法が異なる(写真:iStock)
日本と韓国では方法が異なる (写真:iStock)

Q1. 目頭切開とは一体どんなことをするの?

 目頭切開とは、目頭の蒙古ヒダを切る手術のことです。目頭切開をすると、目と目の間隔が少し縮まります。また二重まぶたが末広型の方は、平行型に近づけることができます。

 日本で主流になっている手術法と韓国で主流になっている方法は異なります。日本で主流になっている方法は、目頭の下の方の縦傷が瘢痕(はんこん)になりやすいです。

目が大きくなる

理想の平行型まぶたに(写真:iStock)
理想の平行型まぶたに (写真:iStock)

Q2. 具体的にどんな悩みをもってる人が目頭切開をするのですか?

「目を大きく見せたい」「目と目の間隔を縮めたい」「末広型二重を平行型に近づけたい」という方が多いです。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、...
FILM
 コロナ禍により、自宅で過ごす時間が多くなったこのごろ。「おうち美容」を見直している人も多いのではないでしょうか? お手...
FILM
 彼とのお泊まりデートで一緒にスキンケアを楽しめたら、おうち美容が充実します。女性向けとして発売されているコスメにも、カ...
FILM
 秋の訪れを感じられるこの頃ですが、まだまだ気温も湿度も油断できない日々。「マスクのせいで顔が蒸れて汗ばみ、目元がパンダ...
FILM
 女性にとって、バストは女性らしさの象徴であり、魅力のひとつ。だからこそ、バストサイズや形に悩みを抱えている人も多いので...
FILM
 女性の毎日に欠かせない存在である「ブラジャー」。何気ない時に「ブラがきつい気がする……」と、感じたことはないでしょうか...
FILM
 かかとがガサガサしていると、ひび割れが痛かったり、靴下がひっかかったり……と、悩みが尽きないですよね。しかも、いったん...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。職業的にテレビやラジオの番組に呼んでいただくことがあります。15年ほどで10...
FILM
 温泉やプールで、綺麗なお尻の人を見かけるとついつい見ちゃうんですよね……。なぜなら、私のお尻が汚いから( ;∀;) ど...
FILM
手が美しい女性って素敵ですよね♡ せっかくネイルや指輪で可愛くしても、ふとコーヒーカップを持った手がガサガサだと、とても...
FILM
 毎日行うスキンケアのひとつに「洗顔」がありますが、誰かに習うものでもないので、自己流で行っている人も多いのではないでし...
FILM
 日中はしっかりブラを着けていても、夜はノーブラ……など、バストケアをしない人は多いよう。でも実は、夜のケアこそ「垂れ胸...
FILM
 女性は、年齢を重ねても「いつまでもキレイなバストをキープしたい」と願うもの。しかし、40代になると、「バストが垂れてき...
FILM
 朝起きた時、鏡の中の寝癖を見て焦った経験は誰にでもあるはず。時間がないのに、なかなか直らない寝癖に「キーっ!」っと叫ん...
FILM
 脇や肘、膝、デリケートゾーンにできた肌の黒ずみをなんとかしたい! と思う女性は多いでしょう。実は、体の黒ずみの原因は部...
FILM
 夏のダメージは秋に持ち越さないのが、残暑美容の鉄則! 肌に「夏老け」という言葉があるように、髪や頭皮も、紫外線など環境...