アイプチを卒業したい! 「二重まぶた整形」の疑問あれこれ

吉武光太郎 形成・美容外科医
更新日:2019-08-11 06:00
投稿日:2019-08-11 06:00
 プチ整形、アンチエイジング……気になるけれど、敷居が高くてよくわからない、そんなお悩みを抱えている方も多いのでは? コクハク編集部が皆さんに代わり、“こたろ先生”こと笹塚駅前こたろクリニック院長で形成・美容外科医の吉武光太郎先生に「知りたい!」をお聞きます。今回は、ガラリと印象が変わる二重まぶた整形のメリットや種類、料金について教えてもらいました。

なるべくイメージをしやすいように

理想的な二重まぶたになりたい(写真:iStock)
理想的な二重まぶたになりたい (写真:iStock)

Q1. 初めての相談の際、理想とする写真など必要ですか?

 目指すモデルさんがいるのであれば、写真はいくつかあった方がいいでしょう。そうすることで、ドクターもイメージをしやすくなります。可能であればスマホだけでなく、印刷して持ってきてもらえると対応しやすいです。

 普段、アイプチをしているラインで二重まぶたを希望するのであれば、その旨を伝えた上で、アイプチをしている写真があれば対応しやすいです。診察の際には事前にアイプチは落としておいてください。アイプチの糊がまぶたに残っていると、シミュレーションが正確にできない原因になります。

どういったカウンセリングを受けるの?

具体的なイメージを持って話そう(写真:iStock)
具体的なイメージを持って話そう (写真:iStock)

Q2. 具体的にドクターとどんな相談をするの?

 どのような二重まぶたが希望なのか、お話をしながら詰めていきます。

 末広型なのか、幅広型なのか、奥二重がいいのか、幅広二重がいいのか。まぶたの手術は経験があるのか、あるのであれば何をしたのか。埋没二重を希望なのか、全切開二重を希望なのか。

 これらを聞いて把握した上で、何をすれば理想のまぶたに近づくのかお答えしていきます。

 ちなみに小切開法がありますが、ラインを綺麗に出すためにはあまりお勧めできません。

「埋没法」と「全切開法」で価格が違う

理想とする形や仕上がりの綺麗さで金額は変わる(写真:iStock)
理想とする形や仕上がりの綺麗さで金額は変わる (写真:iStock)

Q3. それぞれのおおよその値段は?

 大きく分けると2種類。「埋没法」と「全切開法」で価格が違います。

「埋没法」は1万〜30万円ほど。相場は20万円前後といったところでしょうか。

 使う糸が硬いものであったり、やり方が単純であると安いです。方法が複雑で工夫されていて、使用する糸も柔らかいものだと価格が高くなります。外れにくさであったり、糸玉の目立ちにくさであったり、ラインの綺麗さなどに変化が出てきます。

「全切開法」は30万〜50万円ほどで、値段による違いはさほどありません。脂肪を取るのが別料金になっていて、上乗せする場合もあり、この金額差が生まれていると思います。

 また、ほかに眼瞼下垂の治療と組み合わせたりすることもあります。

二重まぶたの整形は痛い? 痛くない?

ダウンタイムを考えて手術日を決めよう(写真:iStock)
ダウンタイムを考えて手術日を決めよう (写真:iStock)

Q4. 痛い? ダウンタイムはどれくらい?

 麻酔の注射が痛いです。それ以外は痛くありません。

 埋没法でもダウンタイムは必ずあります。腫れと内出血です。

 泣き明かした翌朝ぐらいに腫れることもしばしばです。腫れを少なくしたい気持ちはドクターも同じなので、こればかりは患者様の体質やその後のケアによって変わってきます。

 埋没法も全切開法も手術当日より、翌日の方が腫れが強いです。2週間ほどでだいぶ引きますが、完成するまでに3カ月〜半年は要します。内出血は2〜3週間ほどかかります。

もし納得のいかない仕上がりになったら…

もし失敗したらショック…(写真:iStock)
もし失敗したらショック… (写真:iStock)

Q5. やり直しは出来ますか? 整形後のメンテナンスは必要?

 埋没二重はやり直しが可能です。ただし、埋没した糸を取ることができれば、です。

 糸玉を皮膚側にすると糸玉が目を閉じた時にポコつくのですが、外したいとなった時に外しやすいメリットがあります。糸玉を瞼の裏側にした場合は、ポコつくリスクは極めて少ないですが 、糸玉を見つけにくいというデメリットがあります。

 また、切開した場合はやり直しは極めて難しく。希望通りに回復できないことがあります。なので慎重に二重まぶたのラインの希望を伝えて、その通りに手術をしてくれるクリニックを探すことが大切となります。

 なお、メンテナンス代はかかりません。

美容の悩みや質問を募集

 コクハク編集部では、シミやしわ・たるみなど美容の悩みについて、吉武光太郎先生に聞きたい質問や相談を募集しています。(※必ず採用されるわけではありませんのでご了承ください)

 teamコクハク内の質問・相談・その他のご依頼の入力フォームから各必要事項をご記入ください。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


間食をやめると得られるメリット&無理せずやめる5つの方法
 あなたは間食をしていますか? 特に、スイーツが好きな女性は、毎日のように間食をしているかもしれませんね。しかし、間食に...
清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? ...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...
買ってよかった「筋トレ器具」ベスト3を発表 2021.4.2(金)
 長引くコロナ禍で、テレワークはすっかり定着しつつありますよね。毎日座りっぱなしで、ひたすらパソコンに向かって仕事をして...
まさに女神♡ 韓国トレンド「ヨシンモリ」を5分で作る裏ワザ
 みなさんは「ヨシンモリ(女神ヘア)」をご存じですか? ヨシンモリは韓国で流行っている髪型で、もはや韓国では定番のスタイ...