アイプチを卒業したい! 「二重まぶた整形」の疑問あれこれ

吉武光太郎 形成・美容外科医
更新日:2019-08-11 06:00
投稿日:2019-08-11 06:00
 プチ整形、アンチエイジング……気になるけれど、敷居が高くてよくわからない、そんなお悩みを抱えている方も多いのでは? コクハク編集部が皆さんに代わり、“こたろ先生”こと笹塚駅前こたろクリニック院長で形成・美容外科医の吉武光太郎先生に「知りたい!」をお聞きます。今回は、ガラリと印象が変わる二重まぶた整形のメリットや種類、料金について教えてもらいました。

なるべくイメージをしやすいように

理想的な二重まぶたになりたい(写真:iStock)
理想的な二重まぶたになりたい (写真:iStock)

Q1. 初めての相談の際、理想とする写真など必要ですか?

 目指すモデルさんがいるのであれば、写真はいくつかあった方がいいでしょう。そうすることで、ドクターもイメージをしやすくなります。可能であればスマホだけでなく、印刷して持ってきてもらえると対応しやすいです。

 普段、アイプチをしているラインで二重まぶたを希望するのであれば、その旨を伝えた上で、アイプチをしている写真があれば対応しやすいです。診察の際には事前にアイプチは落としておいてください。アイプチの糊がまぶたに残っていると、シミュレーションが正確にできない原因になります。

どういったカウンセリングを受けるの?

具体的なイメージを持って話そう(写真:iStock)
具体的なイメージを持って話そう (写真:iStock)

Q2. 具体的にドクターとどんな相談をするの?

 どのような二重まぶたが希望なのか、お話をしながら詰めていきます。

 末広型なのか、幅広型なのか、奥二重がいいのか、幅広二重がいいのか。まぶたの手術は経験があるのか、あるのであれば何をしたのか。埋没二重を希望なのか、全切開二重を希望なのか。

 これらを聞いて把握した上で、何をすれば理想のまぶたに近づくのかお答えしていきます。

 ちなみに小切開法がありますが、ラインを綺麗に出すためにはあまりお勧めできません。

「埋没法」と「全切開法」で価格が違う

理想とする形や仕上がりの綺麗さで金額は変わる(写真:iStock)
理想とする形や仕上がりの綺麗さで金額は変わる (写真:iStock)

Q3. それぞれのおおよその値段は?

 大きく分けると2種類。「埋没法」と「全切開法」で価格が違います。

「埋没法」は1万〜30万円ほど。相場は20万円前後といったところでしょうか。

 使う糸が硬いものであったり、やり方が単純であると安いです。方法が複雑で工夫されていて、使用する糸も柔らかいものだと価格が高くなります。外れにくさであったり、糸玉の目立ちにくさであったり、ラインの綺麗さなどに変化が出てきます。

「全切開法」は30万〜50万円ほどで、値段による違いはさほどありません。脂肪を取るのが別料金になっていて、上乗せする場合もあり、この金額差が生まれていると思います。

 また、ほかに眼瞼下垂の治療と組み合わせたりすることもあります。

二重まぶたの整形は痛い? 痛くない?

ダウンタイムを考えて手術日を決めよう(写真:iStock)
ダウンタイムを考えて手術日を決めよう (写真:iStock)

Q4. 痛い? ダウンタイムはどれくらい?

 麻酔の注射が痛いです。それ以外は痛くありません。

 埋没法でもダウンタイムは必ずあります。腫れと内出血です。

 泣き明かした翌朝ぐらいに腫れることもしばしばです。腫れを少なくしたい気持ちはドクターも同じなので、こればかりは患者様の体質やその後のケアによって変わってきます。

 埋没法も全切開法も手術当日より、翌日の方が腫れが強いです。2週間ほどでだいぶ引きますが、完成するまでに3カ月〜半年は要します。内出血は2〜3週間ほどかかります。

もし納得のいかない仕上がりになったら…

もし失敗したらショック…(写真:iStock)
もし失敗したらショック… (写真:iStock)

Q5. やり直しは出来ますか? 整形後のメンテナンスは必要?

 埋没二重はやり直しが可能です。ただし、埋没した糸を取ることができれば、です。

 糸玉を皮膚側にすると糸玉が目を閉じた時にポコつくのですが、外したいとなった時に外しやすいメリットがあります。糸玉を瞼の裏側にした場合は、ポコつくリスクは極めて少ないですが 、糸玉を見つけにくいというデメリットがあります。

 また、切開した場合はやり直しは極めて難しく。希望通りに回復できないことがあります。なので慎重に二重まぶたのラインの希望を伝えて、その通りに手術をしてくれるクリニックを探すことが大切となります。

 なお、メンテナンス代はかかりません。

美容の悩みや質問を募集

 コクハク編集部では、シミやしわ・たるみなど美容の悩みについて、吉武光太郎先生に聞きたい質問や相談を募集しています。(※必ず採用されるわけではありませんのでご了承ください)

 teamコクハク内の質問・相談・その他のご依頼の入力フォームから各必要事項をご記入ください。

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...