「シュークルート」寒い夜は煮込み料理で体の芯から温まろう

コクハク編集部
更新日:2019-11-26 06:00
投稿日:2019-11-26 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草橋のビストロ「ジョンティ」の斎藤光さんに、寒い夜にぴったりな「シュークルート」のレシピを教えていただきました。

アルザス料理の王道

合うお酒=白ワイン(C)コクハク
合うお酒=白ワイン (C)コクハク

「シュークルートがあるから、うちの店はもっているようなもの(笑い)」(オーナーの富田さん)というジョンティの絶対的エース。自家製のベーコンやソーセージ、塩漬けした豚すね肉を豚のブイヨンでじっくりと煮込むというプロのレシピを、家庭用にアレンジしてくれました。ちょっぴり上級者向けです。

「ザワークラウトは、プレス機能のついた漬物器で作るのがベストです。発酵させる過程でキャベツが水に漬かっているのが成功の秘訣であり、漬物器で圧をかけるのが効率的に失敗も少なく作れます」(富田さん)

 ザワークラウトは市販の瓶詰で代用して、ラード、ジュニパーベリー、キャラウェイ、ブイヨンといったスパイスやスープの力を借りれば、本格的な味に近づきます。

 寒い夜にはコトコト、コトコト……煮込み料理をゆっくりと味わうぜいたく。相棒にはぜひ、アルザスのリースリングを。

【材料】

・キャベツ 2分の1個
・塩 キャベツの重さに対し1・2%
・ビール(発泡酒などでも代用可) 30㏄
・玉ねぎ 2分の1個
・ラード(サラダ油や豚肉の脂身でも代用可)
・ジュニパーベリー(黒コショウでも代用可) 5粒
・キャラウェイシード 1つまみ
・ブイヨン(顆粒の洋風コンソメを溶いたもので代用可) 150㏄
・好みの肉類2種(豚バラ肉の塊、ソーセージなど)

【レシピ】

1. ザワークラウト(発酵キャベツ)を作る。粗めの千切りにしたキャベツに塩をまぶし、保存容器に入れ、重しなどで負荷をかけ水分を出す。全体がひたひたに漬かるほどの水分が必要となるが、途中で水(分量外)を足してもいい。4~5日かけて寝かせる。
2. ラードを入れた鍋を中火にかけ、1センチ幅のくし切りにした玉ねぎを加えて軽く炒める。①とビールを加え、混ぜ合わせる。
3. 2の鍋に豚バラ肉の塊(塩漬けしたものなら、なお良し)やソーセージなど好みの肉類、スパイス類を加え、煮込めば出来上がり。

本日のダンツマ達人…斎藤光さん

▽ジョンティ
 オーナーの富田裕之さんが都内300軒以上の物件を歩き回り、ベストを探し出したという浅草橋に店を構えたのは、2009年5月のこと。都内の老舗洋菓子店でパティシエを務めたのち、ワインに魅了されると同時に飲食のサービス業に開眼。フランスの各地を旅するうち、アルザス地方の街並み、料理、ワインに惚れ込み、おいしい酒と料理とお客をつなぐという精神のもと、アルザスに特化した専門店をオープンさせる。

 大きな黒板に書かれたメニューはざっと約40種類。本日のモツ料理、グラタン、お魚料理といった定番の日替わりメニューに心躍るワイン好きの食いしん坊にはたまらないオトナ向けの食堂だ。厨房を任されている斉藤光シェフの腕は安定感抜群でファンが多く、冬の風物詩であるイノシシやウサギといったジビエ料理も3月末まで楽しめる。
東京都台東区浅草橋2―5―3。11時半~14」時LO、18時~21時半LO(土日祝/12~15時LO、18~21時LO)。水曜・第3火曜休。

(日刊ゲンダイ2018年11月9日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


まだ買える⁉無印のカカオトリュフに夢中 2021.12.7(火)
 冬季限定で絶賛販売中の無印良品「カカオトリュフ」(全5種)、これ、本当にすごい。11月に入ってすぐ、お店でなんとなく目...
「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...