のどと胃腸に優しい紅白料理「カブと赤カブ ニンニク和え」

コクハク編集部
更新日:2020-01-16 06:00
投稿日:2020-01-16 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木上原の「吉田風中国家庭料理ジーテン」の吉田勝彦さんに、栄養豊富な「カブと赤カブ ニンニク和え」のレシピを教えていただきました。

冬においしさを増すカブ

合う酒=ビール(C)コクハク
合う酒=ビール (C)コクハク

 もともとは和食の職人を目指していた吉田シェフが中華に方向転換したのは、調理学校での研修中に夏バテにかかったとき、中華料理の賄いを食べて治ったのがきっかけだったそう。以来、独学で薬膳を研究し、卒業後は中華料理の道に進みました。

 特に野菜へのこだわりは半端ではなく、オーナーシェフを務めるこの店では、国産であることはもちろん、契約農家からじかに取り寄せている野菜も多いんだとか。そんな旬の野菜をふんだんに使った“体にやさしい中華料理”を提供する店として、地元の家族連れや小田急線沿線のサラリーマンなどでにぎわっています。

「簡単! 中華コツのコツ」の著書もある吉田シェフが「10分以内で作れる中華のツマミ」の1品目として教えてくれたのが、紅白の色も鮮やかな、この料理です。

「スライスしたカブは塩で揉むことで水分が抜け出してシンナリし、その水分がおいしいソースにもなります。熱々に熱したごま油をジューという音をさせながらみじん切りにしたニンニクにかけることで、生のニンニクのピリ辛さがやわらぎます」(吉田シェフ)

 冬においしさを増すカブには、タンパク質やカルシウム、ビタミン類が豊富で、消化酵素の働きも強い。薬膳では、消化不良や吐き気などの緩和に効果が期待できますね。

「生のカブには喉を潤わせる効果があります。空気が乾燥して喉がイガイガしやすいこの季節にピッタリです」(吉田シェフ)

 シャキシャキのカブのサッパリとした塩味に、ニンニクとごま油の風味が程よいアクセントになっていて、おせちに疲れた胃腸も喜ぶはず!

【材料】

カブ        2個
赤カブ       1個
万能ネギ      1本
ニンニク      1片
塩       1つまみ
ごま油    大さじ1杯

【レシピ】

 カブ、赤カブは薄くスライスして軽く塩で揉んで盛り付け、みじん切りにしたニンニクと小口切りにした万能ネギを散らす。

本日のダンツマ達人…吉田勝彦さん

▽よしだ・かつひこ
 1964年、岩手県の農家に生まれる。高校卒業後、和食の職人を志して調理学校へ。研修中に薬膳に興味を持ち、卒業後は埼玉・新座市の「四川飯店」へ。23歳で代官山「Linka」に入社。25歳で料理長になった後、香港で家庭料理を勉強した。帰国して代々木上原「正宇治」の料理長を3年間務め、1999年にオーナーシェフとして同店をオープン。

▽吉田風中国家庭料理ジーテン
 ジーテンは吉田の北京語読み。「医食同源」「食養生」を常に念頭に置き、化学調味料を一切使わず、食材はほとんどが国産。出身の岩手県をはじめとする東北地方の食材を多く使っている。NHK「きょうの料理」などのテレビや雑誌にしばしば登場し、中国家庭料理の魅力を発信している。
水~月曜17~23時(LO22時半)、火曜定休。
東京都渋谷区西原3―2―3 小田急線代々木上原駅から徒歩1分。
℡03・3469・9333

(日刊ゲンダイ2018年1月10日付記事を再編集)

フード 新着一覧


風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
ダシとスパイスで食す「マサライカ焼き」大阪名物を超える?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
「麻婆キーマカレー」お酒と一緒にちびりちびりつまみたい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
錦糸町の“ヤバいカレー屋”に行ってみた 2021.11.11(木)
 すっかり日本の国民食として定着した「カレー」。筆者も大のカレー好きです。スパイスの香りに誘われて、ついカレー屋さんに入...