「里芋のエビあんかけ」宝石箱のイメージで盛り付けて♪

コクハク編集部
更新日:2020-03-12 06:00
投稿日:2020-03-12 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の和食店「酒と肴 類」の菊岡正輝さんに、日本酒と相性が抜群の「里芋のエビあんかけ」のレシピを教えていただきました。

燗酒好きにもおすすめ

合う酒=生もと仕込みの純米酒(C)コクハク
合う酒=生もと仕込みの純米酒 (C)コクハク

 とろとろのあんかけは日本酒と相性が抜群です。里芋は素揚げし、ホクホクに。あんの具には食感、色みにバリエーションをちりばめてあります。宝石箱のように作るのがポイントです。

「昆布は60度が、うま味成分のグルタミン酸をいちばん抽出できる温度です。緑茶の適温が60度といわれるのも同じ原理。ちょっと熱いお茶くらいの温度とイメージしていただければ、だしの味が格段に変わりますよ」

 合う酒は酵母が生きた生もと仕込みの純米酒。

「燗酒ならなおいいですね!」

【材料】

・里芋       2個
・車エビ      1尾
・ゆり根    大さじ1
・しいたけ   4分の1
・三つ葉      少々
・ヤングコーン(または、ぎんなん)   大さじ1
・生麩      1切れ
・おろししょうが  小さじ2分の1
・ワケギ      少々
・みりん 小さじ4分の1
・薄口しょうゆ   少々
・塩        少々
・水溶き片栗粉   少々
・揚げ油

〈だし1リットル分〉
・昆布 1枚
・かつお節 1パック

 昆布を1リットルの水にひと晩漬け、60度で1時間煮たら昆布を取り出し、かつお節を加えてひと煮立ちしたら、こす。

【レシピ】

1. 里芋の皮をむき、とぎ汁で軟らかくなるまで茹で、水にさらしてから、だしで30分ほど炊き、水気を切る。
2. 1に片栗粉をまぶして、素揚げする。
3. 1のだしに刻んだエビとしいたけとヤングコーン、1枚ずつに分けたゆり根、生麩を入れ、火が通ったら、みりん、薄口しょうゆ、塩で味を調え、水溶き片栗粉を加え、とろみが出たら火を止める。
4. 椀に2の素揚げした里芋を入れ、3のあんをかけ、最後に、おろししょうがと刻んだワケギをのせる。

本日のダンツマ達人…菊岡正輝さん

▽きくおか・まさき
「酒と肴 類」の名物店長。1973年、札幌生まれ。20代から飲食の世界に。日本酒の魅力にハマり、時間を見つけては全国の蔵元を巡る。「蔵元さんとお客さまの懸け橋になれれば」と蔵元の思いを伝えることをモットーに日々店に立つ。

▽酒と肴 類(るい)
 和食と酒をゆったり楽しむ店をコンセプトに、1階にある「鉄板焼みつい」の分店としてオープン。常時80種ほどの日本酒がそろう。同じ銘柄の年数違いなど飲み比べができる。また喫煙率の高い北海道では珍しく、全席禁煙。札幌市中央区南3条西7―7―2 鉄板焼みつい2階。

(日刊ゲンダイ2019年3月13日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
スープストックタイリョー 2021.4.4(日)
 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやって...