「里芋のエビあんかけ」宝石箱のイメージで盛り付けて♪

コクハク編集部
更新日:2020-03-12 06:00
投稿日:2020-03-12 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の和食店「酒と肴 類」の菊岡正輝さんに、日本酒と相性が抜群の「里芋のエビあんかけ」のレシピを教えていただきました。

燗酒好きにもおすすめ

合う酒=生もと仕込みの純米酒(C)コクハク
合う酒=生もと仕込みの純米酒 (C)コクハク

 とろとろのあんかけは日本酒と相性が抜群です。里芋は素揚げし、ホクホクに。あんの具には食感、色みにバリエーションをちりばめてあります。宝石箱のように作るのがポイントです。

「昆布は60度が、うま味成分のグルタミン酸をいちばん抽出できる温度です。緑茶の適温が60度といわれるのも同じ原理。ちょっと熱いお茶くらいの温度とイメージしていただければ、だしの味が格段に変わりますよ」

 合う酒は酵母が生きた生もと仕込みの純米酒。

「燗酒ならなおいいですね!」

【材料】

・里芋       2個
・車エビ      1尾
・ゆり根    大さじ1
・しいたけ   4分の1
・三つ葉      少々
・ヤングコーン(または、ぎんなん)   大さじ1
・生麩      1切れ
・おろししょうが  小さじ2分の1
・ワケギ      少々
・みりん 小さじ4分の1
・薄口しょうゆ   少々
・塩        少々
・水溶き片栗粉   少々
・揚げ油

〈だし1リットル分〉
・昆布 1枚
・かつお節 1パック

 昆布を1リットルの水にひと晩漬け、60度で1時間煮たら昆布を取り出し、かつお節を加えてひと煮立ちしたら、こす。

【レシピ】

1. 里芋の皮をむき、とぎ汁で軟らかくなるまで茹で、水にさらしてから、だしで30分ほど炊き、水気を切る。
2. 1に片栗粉をまぶして、素揚げする。
3. 1のだしに刻んだエビとしいたけとヤングコーン、1枚ずつに分けたゆり根、生麩を入れ、火が通ったら、みりん、薄口しょうゆ、塩で味を調え、水溶き片栗粉を加え、とろみが出たら火を止める。
4. 椀に2の素揚げした里芋を入れ、3のあんをかけ、最後に、おろししょうがと刻んだワケギをのせる。

本日のダンツマ達人…菊岡正輝さん

▽きくおか・まさき
「酒と肴 類」の名物店長。1973年、札幌生まれ。20代から飲食の世界に。日本酒の魅力にハマり、時間を見つけては全国の蔵元を巡る。「蔵元さんとお客さまの懸け橋になれれば」と蔵元の思いを伝えることをモットーに日々店に立つ。

▽酒と肴 類(るい)
 和食と酒をゆったり楽しむ店をコンセプトに、1階にある「鉄板焼みつい」の分店としてオープン。常時80種ほどの日本酒がそろう。同じ銘柄の年数違いなど飲み比べができる。また喫煙率の高い北海道では珍しく、全席禁煙。札幌市中央区南3条西7―7―2 鉄板焼みつい2階。

(日刊ゲンダイ2019年3月13日付記事を再編集)

フード 新着一覧


まだ買える⁉無印のカカオトリュフに夢中 2021.12.7(火)
 冬季限定で絶賛販売中の無印良品「カカオトリュフ」(全5種)、これ、本当にすごい。11月に入ってすぐ、お店でなんとなく目...
「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...