ポテサラ風に食べる「おからサラダ」はヘルシーおつまみ!

コクハク編集部
更新日:2020-03-17 06:00
投稿日:2020-03-17 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前の「ごはんやパロル」の桜井莞子さんに、ヘルシーで栄養豊富な「おからサラダ」のレシピを教えていただきました。

マヨネーズは加減しながら加えて

合う酒=焼酎のロック(C)コクハク
合う酒=焼酎のロック (C)コクハク

 ポテトサラダは「のみやパロル」の看板メニュー。日替わりで具材が変わるので、常連客は決まって頼むとか。とはいえ「いよいよネタも尽きちゃって」と桜井さん。最近、ジャガイモをおからに代えてポテサラ風にして出したところ、これがすこぶる好評なんだそうです。

「おからが野菜とマヨネーズの水分を吸ってくれるので、ジャガイモよりしっとりなめらかになるんです」。ポイントは「塩もみした野菜で塩味を決めるので、あまり塩をきつくしないことと黒コショウをたっぷり効かせること。あとは、おからによって水分が違うので、マヨネーズを加減しながら加えること」。

 大豆が原料のおからは低糖質でありながら、食物繊維やカルシウムなどの栄養も豊富なので、近ごろでは糖質制限ダイエットの味方として脚光を浴びている食材のひとつ。糖質オフを意識した男性やダイエット中の女性にも、さぞかし喜ばれているのでは?

「お酒を飲むときにそんなこと、気にしているようじゃダメよ! 食べたいものを食べ、飲みたいお酒を飲む。そうでなきゃ楽しくないでしょ」と桜井さんは麦焼酎のロックを差し出してくれました。

「最近のお気に入りは、宮崎の河童九千坊ね」

 すっきりとした味わいが、黒コショウのスモーキーな香りによく似合います。

【材料】

・おから 100グラム
・キュウリ 2分の1本
・セロリ 3分の1本
・玉ネギ(小) 2分の1個
・ゆで卵 1個
・ロースハム 2枚
・マヨネーズ 大さじ4~5
・醤油 小さじ2分の1
・塩、黒コショウ 適量

【レシピ】

1. キュウリは縦半分に切り、斜め薄切りにする。セロリは筋をピーラーなどで取り除き、斜め薄切りにする。玉ネギは繊維に沿って薄切りにする。
2. ボウルに1の野菜を入れ、軽く塩をふってもみ、しばらく置いてから水気をしぼる。
3. ゆで卵はざっくり刻む。ハムは半分に切り、1センチ幅に切る。
4. ボウルにおから、2、3を入れて全体をよく混ぜ合わせマヨネーズ、醤油、黒コショウを加えてさらに混ぜ、最後に塩で味を調える。

本日のダンツマ達人…桜井莞子さん

▽さくらい・えみこ
 デザイン会社に勤務の後、1988年にケータリング会社を立ち上げる。94年に東京・西麻布に「ごはんやパロル」を開くが、2004年に閉店して伊豆に転居。料理教室を主宰していたが、14年、71歳で再び青山に店を開く。

▽ごはんやパロル
 東京メトロ外苑前駅から徒歩2分。何げないけれど、まっとうで上等な家庭料理を、伊豆で作陶する陶芸家・黒田泰蔵さんの白磁で味わえる。おいしい料理とお酒とともに器も楽しめる店。東京都港区南青山2―22―14 フォンテ青山101。18~22時(LO)/土・日・月・祝定休。

(日刊ゲンダイ2019年4月10日付記事を再編集)

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...