ポテサラ風に食べる「おからサラダ」はヘルシーおつまみ!

コクハク編集部
更新日:2020-03-17 06:00
投稿日:2020-03-17 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前の「ごはんやパロル」の桜井莞子さんに、ヘルシーで栄養豊富な「おからサラダ」のレシピを教えていただきました。

マヨネーズは加減しながら加えて

合う酒=焼酎のロック(C)コクハク
合う酒=焼酎のロック (C)コクハク

 ポテトサラダは「のみやパロル」の看板メニュー。日替わりで具材が変わるので、常連客は決まって頼むとか。とはいえ「いよいよネタも尽きちゃって」と桜井さん。最近、ジャガイモをおからに代えてポテサラ風にして出したところ、これがすこぶる好評なんだそうです。

「おからが野菜とマヨネーズの水分を吸ってくれるので、ジャガイモよりしっとりなめらかになるんです」。ポイントは「塩もみした野菜で塩味を決めるので、あまり塩をきつくしないことと黒コショウをたっぷり効かせること。あとは、おからによって水分が違うので、マヨネーズを加減しながら加えること」。

 大豆が原料のおからは低糖質でありながら、食物繊維やカルシウムなどの栄養も豊富なので、近ごろでは糖質制限ダイエットの味方として脚光を浴びている食材のひとつ。糖質オフを意識した男性やダイエット中の女性にも、さぞかし喜ばれているのでは?

「お酒を飲むときにそんなこと、気にしているようじゃダメよ! 食べたいものを食べ、飲みたいお酒を飲む。そうでなきゃ楽しくないでしょ」と桜井さんは麦焼酎のロックを差し出してくれました。

「最近のお気に入りは、宮崎の河童九千坊ね」

 すっきりとした味わいが、黒コショウのスモーキーな香りによく似合います。

【材料】

・おから 100グラム
・キュウリ 2分の1本
・セロリ 3分の1本
・玉ネギ(小) 2分の1個
・ゆで卵 1個
・ロースハム 2枚
・マヨネーズ 大さじ4~5
・醤油 小さじ2分の1
・塩、黒コショウ 適量

【レシピ】

1. キュウリは縦半分に切り、斜め薄切りにする。セロリは筋をピーラーなどで取り除き、斜め薄切りにする。玉ネギは繊維に沿って薄切りにする。
2. ボウルに1の野菜を入れ、軽く塩をふってもみ、しばらく置いてから水気をしぼる。
3. ゆで卵はざっくり刻む。ハムは半分に切り、1センチ幅に切る。
4. ボウルにおから、2、3を入れて全体をよく混ぜ合わせマヨネーズ、醤油、黒コショウを加えてさらに混ぜ、最後に塩で味を調える。

本日のダンツマ達人…桜井莞子さん

▽さくらい・えみこ
 デザイン会社に勤務の後、1988年にケータリング会社を立ち上げる。94年に東京・西麻布に「ごはんやパロル」を開くが、2004年に閉店して伊豆に転居。料理教室を主宰していたが、14年、71歳で再び青山に店を開く。

▽ごはんやパロル
 東京メトロ外苑前駅から徒歩2分。何げないけれど、まっとうで上等な家庭料理を、伊豆で作陶する陶芸家・黒田泰蔵さんの白磁で味わえる。おいしい料理とお酒とともに器も楽しめる店。東京都港区南青山2―22―14 フォンテ青山101。18~22時(LO)/土・日・月・祝定休。

(日刊ゲンダイ2019年4月10日付記事を再編集)

フード 新着一覧


新発見!「岩下の新生姜」が飲み物だった件 2022.8.9(火)
 アラフォーですが、いちごオレが好きです。あの優しい甘さにほっこり癒されます。ピンクと白のパッケージもかわいいですよね。...
「上海だれの茹で鶏」肉質しっとり&うま味じゅわ~の幸せ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「ソーミンちゃんぷるー」おかずにもシメにもなる懐かしい味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【Picard】並べて焼くだけ!冷凍パン食べ比べ 2022.8.2(火)
 パンは焼きたてが一番おいしいですよね。ただ、パン屋さんから持ち帰って、しなしなになってしまったという経験はありませんか...
「ラフティー(豚の角煮)」皮つきの塊肉を仕入れて作りたい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「もずくの天ぷら」スナック感覚でオリオンビールとご一緒に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
カルビーvs湖池屋 新作ポテチを食べてみた 2022.7.28(木)
 日本のポテチ界を牽引する、カルビーと湖池屋が7月25日に新商品を発売しました。コンビニでも…はい、この通り。仲良く並ん...
「スーチカー」塩と豚肉と脂を味わう沖縄のほったらかし料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「ゴーヤーサラダ」美容に良さそう!生のゴーヤをマヨ和えで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【バーミヤン】火鍋しゃぶしゃぶで爆食い 2022.7.23(土)
 バーミヤンの「火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題」(制限時間100分、実施有無は店舗ごとに異なる)をご存知でしょうか?  S...
「バン・チャン・ヌン(ライスペーパーピザ)」ワインで乾杯
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
【KALDI】パッキーマオ 激辛バジル焼きそば 2022.7.21(木)
 7月ももうじき終わり。暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか? こう暑いと恋しくなるのが辛いもの! 「ペヤング獄激辛...
「手羽先の唐揚げ ヌックマムだれ漬け」ビールのお供に最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
刺身のツマで「大根もち」マストな具材は?2022.7.19(火)
 ネット上には刺身のツマの再利用として「大根もち」のレシピが数々あがっています。試してみたところ、「絶対に外せないトッピ...
「ハムとレタスとチーズの生春巻き」おうちで気軽に生春巻き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
「焼いた牛タンのサラダ」バルサミコ酢とバジルでイタリアン
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・上川町のオーベルジュスタイルのイタリアン...