ポテサラ風に食べる「おからサラダ」はヘルシーおつまみ!

コクハク編集部
更新日:2020-03-17 06:00
投稿日:2020-03-17 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前の「ごはんやパロル」の桜井莞子さんに、ヘルシーで栄養豊富な「おからサラダ」のレシピを教えていただきました。

マヨネーズは加減しながら加えて

合う酒=焼酎のロック(C)コクハク
合う酒=焼酎のロック (C)コクハク

 ポテトサラダは「のみやパロル」の看板メニュー。日替わりで具材が変わるので、常連客は決まって頼むとか。とはいえ「いよいよネタも尽きちゃって」と桜井さん。最近、ジャガイモをおからに代えてポテサラ風にして出したところ、これがすこぶる好評なんだそうです。

「おからが野菜とマヨネーズの水分を吸ってくれるので、ジャガイモよりしっとりなめらかになるんです」。ポイントは「塩もみした野菜で塩味を決めるので、あまり塩をきつくしないことと黒コショウをたっぷり効かせること。あとは、おからによって水分が違うので、マヨネーズを加減しながら加えること」。

 大豆が原料のおからは低糖質でありながら、食物繊維やカルシウムなどの栄養も豊富なので、近ごろでは糖質制限ダイエットの味方として脚光を浴びている食材のひとつ。糖質オフを意識した男性やダイエット中の女性にも、さぞかし喜ばれているのでは?

「お酒を飲むときにそんなこと、気にしているようじゃダメよ! 食べたいものを食べ、飲みたいお酒を飲む。そうでなきゃ楽しくないでしょ」と桜井さんは麦焼酎のロックを差し出してくれました。

「最近のお気に入りは、宮崎の河童九千坊ね」

 すっきりとした味わいが、黒コショウのスモーキーな香りによく似合います。

【材料】

・おから 100グラム
・キュウリ 2分の1本
・セロリ 3分の1本
・玉ネギ(小) 2分の1個
・ゆで卵 1個
・ロースハム 2枚
・マヨネーズ 大さじ4~5
・醤油 小さじ2分の1
・塩、黒コショウ 適量

【レシピ】

1. キュウリは縦半分に切り、斜め薄切りにする。セロリは筋をピーラーなどで取り除き、斜め薄切りにする。玉ネギは繊維に沿って薄切りにする。
2. ボウルに1の野菜を入れ、軽く塩をふってもみ、しばらく置いてから水気をしぼる。
3. ゆで卵はざっくり刻む。ハムは半分に切り、1センチ幅に切る。
4. ボウルにおから、2、3を入れて全体をよく混ぜ合わせマヨネーズ、醤油、黒コショウを加えてさらに混ぜ、最後に塩で味を調える。

本日のダンツマ達人…桜井莞子さん

▽さくらい・えみこ
 デザイン会社に勤務の後、1988年にケータリング会社を立ち上げる。94年に東京・西麻布に「ごはんやパロル」を開くが、2004年に閉店して伊豆に転居。料理教室を主宰していたが、14年、71歳で再び青山に店を開く。

▽ごはんやパロル
 東京メトロ外苑前駅から徒歩2分。何げないけれど、まっとうで上等な家庭料理を、伊豆で作陶する陶芸家・黒田泰蔵さんの白磁で味わえる。おいしい料理とお酒とともに器も楽しめる店。東京都港区南青山2―22―14 フォンテ青山101。18~22時(LO)/土・日・月・祝定休。

(日刊ゲンダイ2019年4月10日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「特大ゴボウの唐揚げ」ばくばく食べてしまうこと必至…!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
幻の「3時のおやつ あんぱん」攻略⁉ 2021.6.8(火)
 数量限定、期間限定、地域限定……。「限定」というキーワードに心惹かれる方は多いことでせう(+αで「なくなり次第終了」と...
巣ごもりに「焼きとうもろこし」…奇をてらわない美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、オー...
「イワシの幽庵焼き」漬けて焼くだけで本格和食おつまみに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、ゆず...