油断禁物!室内でできる日焼け対策&紫外線影響をチェック!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-29 06:02
投稿日:2020-06-29 06:00
 あなたは、家で過ごす時にも日焼け対策をしていますか? 「室内だから」と、ついつい油断してしまう人も多いでしょう。しかし、その油断が後々大きな後悔になってしまうかもしれませんよ。
 そこで今回は、家の中での日焼け対策&紫外線による肌への影響についてご紹介します。

家にいても紫外線は大敵! 5つの日焼け対策

 外出時には、日焼け止めクリームやスプレーなどを使って紫外線対策をしている人が多いでしょう。対して、室内には屋根がありますし、どんなに暑くて紫外線が強い日でもクーラーなどが設置されているため、快適に過ごせますよね。

 しかし、家で過ごす日にも日焼け対策は必須なんです! 5つの対策を見てみましょう。

1. 日焼け止めクリームや化粧下地によるケア

 メイク時には、日焼け止めやUVカット効果のある化粧下地を使ってからベースメイクを作っていくのがセオリー。でも、外出しない日には、1日中ノーメイクで過ごしている人も多いでしょう。

 しかし、家の中でも窓ガラスを通して紫外線は入ってくるため、日焼け止めクリームや化粧下地によるケアが必要です。家の中で使う日焼け止めは、長時間かけて肌の黒化を引き起こすUV-A(紫外線A波)を防ぐ「PA」の数値が高いものを選びましょう。

2. 肌刺激を抑えたスキンケア

 紫外線は肌にとって大きな刺激となります。肌の状態が悪ければ、ダメージもそれだけ大きくなるでしょう。

 そうならないためには、肌のバリア機能を保つスキンケアが必要です。化粧水をはじめとしたアイテムは、できるだけ肌刺激の少ないものを選んで優しいケアを心がけましょう。

3. UVカットフィルム or UV対策のカーテンに変える

 最近ではUVカット加工がされた、さまざまなアイテムが販売されています。窓やカーテンも日焼けを防いでくれるものを選ぶことで、肌への悪影響を防ぐことができるでしょう。

 窓自体をUVカット加工されたものに取り換えるとなれば、かなりコストがかかることになりますが、UVカットフィルムであれば手軽に取り入れることができるため、おすすめです。

4. 模様替えで家具の配置を変える

 生活をする中で、自然光がどう入ってくるかは重要ポイント。「窓が大きくて、光がたくさん入ってくる部屋」を重視するのは悪いことではないですが、日焼け対策という意味ではデメリットになってしまいます。

 そんな場合には、模様替えで家具の配置を変えることもおすすめ。家具を窓際に配置することで、紫外線をカバーすることができます。

5. 食事で体の中からケアする

 普段、私たちが口にする食事は健康な体を維持するだけでなく、健康な肌を維持するためにも大切なものです。

 バランスの取れた食事は腸内環境を整えるだけでなく、肌の免疫力を高めてくれます。特に、にんじんなどのカラフルな野菜には抗酸化作用を持った成分が含まれているため、積極的に摂取したい食材。紫外線ダメージを、体の内側からサポートしてくれるでしょう。

日焼けはどんな影響があるの? 知っておきたい紫外線のこと

 「日焼けは肌によくない」ということは分かっていても、その理由や肌への影響などを知らない人も多いはず。実は、紫外線には種類があり、肌への影響も変わってきます。紫外線対策するのであれば、知っておいた方がケアもしやすくなるでしょう。

家の中でもダメージを受ける! UV-Aによる肌への影響

 紫外線の中でも、“生活紫外線”といわれているのがUV-A。波長が長く、地上に届く紫外線の9割を占めています。家の中にいる時には、このUV-Aを意識した対策が必要。

 私たちの肌は、肌表面から表皮、真皮、皮下組織の3つから成り立っていますが、UV-Aは真皮の中層部にまで届くと言われています。真皮にまで届いたUV-Aはシミの原因となるメラノサイトを活発にしたり、角化のリズムを乱し、肌荒れやごわつきなどを起こしてしまいます。

外出時に注意したいUV-Bによる肌への影響

 外出時に注意したいのは、“レジャー紫外線”ともいわれるUV-B。UV-Bの特徴は、散乱性が高いため、さまざまな方向から肌刺激を与えます。

 また、UV-Aとは異なり、肌表面の表皮の部分にダメージを与えます。赤く炎症が起こったり、肌が黒化する症状は、このUV-Bが原因であることが多いでしょう。

紫外線の量は季節や天気で変わる!

 夏場になると、日焼け対策をする人が多いですが、寒い時期になると日焼け対策を怠ってしまう人が少なくありません。確かに、夏と比べると冬は紫外線の量は減りますが、決してなくなっている訳ではありません。

 7月から8月の時期は、1年のうちでも一番紫外線量が多い時期。対して、冬場でも紫外線量は半分程度にまでしか下がりません。

 また、天気によっても紫外線量は変わります。晴れている時を100%とすると、晴れて雲が覆っている時には8割から9割程度、曇りは6割程度、雨は3割程度の紫外線量となります。曇りだからといって対策をしないと、うっかり日焼けをしてしまうため注意が必要です。

紫外線を受けるのは、上からだけではない!

 紫外線対策をしようと考えた時、「太陽から降り注ぐ」イメージをする人が多いでしょう。

 しかし、実際には空気中にあるちりやほこりなどに散乱されたり、地面の照り返しなどから肌に届くこともあります。雪国であれば、雪から反射してしまうこともあります。

油断禁物!家の中でも日焼け対策を♪

 外出時には紫外線を意識するものの、屋内となると「大丈夫だろう」と考えてしまう人が多いです。

 しかし、紫外線は屋内でも肌に届いてしまいます。「少しの間だから大丈夫」といった油断の積み重ねが、数年後の後悔につながるかもしれません。そうならないためには、日々の紫外線対策が鍵となるはず! ぜひ、ご紹介した対策方法で、肌を守ってくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


ユニクロ「リブスクエアネックブラT」の理想と現実。鏡の前でボー然!
 梅雨も明け、いよいよ夏本番! 旅行の計画を立てている人も多いのでは? 筆者もこの原稿が公開される頃には、ハッピーなサマ...
美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...