乳液クレンジングが人気♡メリットや正しいやり方のポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-03-02 06:00
投稿日:2020-03-02 06:00
 今、乳液を使ったクレンジング方法があることをご存知ですか? スキンケアアイテムである乳液は保湿力に優れていることから、ニキビや乾燥など肌トラブルを抱える方にとってもおすすめのクレンジング方法! 今回は、そんな乳液クレンジングのやり方をご紹介しましょう!

乳液クレンジングってどんな方法? メリットは?

やり方はいたって簡単!(写真:iStock)
やり方はいたって簡単! (写真:iStock)

 まずは「乳液クレンジング」がどんなものなのか、方法やメリットについて見ていきましょう。

乳液クレンジングとは

「乳液クレンジング」とは、乳液を使ってメイク落としを行うクレンジング方法のこと。クレンジング剤として優しくマッサージをすることで、乳液に含まれる油分がお肌に付着したメイクや角質を浮かして、オフすることができるんです。

乳液クレンジングのメリット

 乳液クレンジングは肌の潤いを保ちながらクレンジングができるため、肌負担が少ないことが一番のメリットでしょう。また、クレンジング剤を敢えて購入する必要がなく、乳液1本で保湿とクレンジングの両方が行えることから、コスパが良いことでも注目されています。

4つのSTEPで乳液クレンジング! 正しいやり方

ホットタオルをあてて残った汚れを浮かせて落とす(写真:iStock)
ホットタオルをあてて残った汚れを浮かせて落とす (写真:iStock)

 次は、お肌に優しい乳液クレンジングのやり方をご紹介します。正しく行うことで、ニキビ予防や毛穴の汚れの改善にも繋がりますよ。

乳液クレンジングに必要なもの

 乳液クレンジングを行う前に、必要なものをチェックしましょう。

・乳液
・コットン(綿棒)
・ホットタオル

 この3つのアイテムを揃えれば、乳液クレンジングは簡単に行うことができます。コットンや綿棒は、細かい汚れを取り除きたい時に使用すると良いですよ。

STEP1:クレンジング前にぬるま湯でホコリの除去

 乳液クレンジングを行う前に、まずは、お肌の表面に付いているホコリや汚れをぬるま湯で落としましょう。汚れを取り除くことで、乳液がお肌に浸透しやすくなります。

STEP2:乳液を適量手に取る

 乳液は、顔全体が塗れる量を手に取ります。しっかりクレンジングできる量が必要ではありますが、あまり大量に塗布してしまうとニキビなどの原因にもなるため、適切な量を使用しましょう。

STEP3:優しく円を描きながらマッサージを

 乳液を手に取ったら、円を描くように優しくマッサージを行っていきます。指先でクルクルと優しく滑らせながら顔全体の汚れを落としていき、乳液が肌にしっかり密着するようクレンジングを行いましょう。

STEP4:ホットタオルで毛穴の汚れ除去

 乳液クレンジング後は、ホットタオルを用いるのがおすすめ。ホットタオルによって毛穴が開き、毛穴の奥に溜まった汚れを浮かして落としていくことができます。ちなみに、ホットタオル美容はお顔の血行を促進する効果も得られます。くすんで見えがちなお顔のトーンアップができるほか、スチーム効果により、潤いを肌に与えることができます。

乳液クレンジングを行う時に押さえておきたい4つのポイント

ポイントメイクは先にオフしておく(写真:iStock)
ポイントメイクは先にオフしておく (写真:iStock)

 乳液クレンジングの効果をより実感するため、押さえておきたいポイントについてもチェックしていきましょう。

1. 油分を含んだ乳液を使用する

 クレンジングに使用する乳液を選ぶ時には、油分を含んだ乳液を選びましょう。オイルフリーなどさっぱりタイプの乳液では汚れをしっかり浮かすことができず、メイクオフが不十分になってしまう可能性があります。

2. 日焼け止めは落ちないので注意する

 乳液クレンジングを行う時に注意したいのが、日焼け止めとの相性です。ウォータープルーフタイプなど日焼け止めの種類によっては、乳液クレンジングでは落とし切ることができません。専用のクレンジングで先にオフしてから使用するなど、工夫することが肝心です。

3. 時間をかけてクレンジングを行う

 乳液クレンジングは、汚れを少しずつ浮かして落としていくため、時間をかけてクレンジングを行う必要があります。

 もしも、クレンジングに時間をかけられないという方は、寝ている間に付着したホコリや汚れを取り除くための「乳液洗顔」として、朝に取り入れるのも良いでしょう。肌が十分に保湿されて、メイクノリも良くなります。

4. ポイントメイクは先に落としておく

 リップやアイメイクなどの落ちにくいポイントメイクは、乳液クレンジングだけでは完全に落としきれない可能性があります。そのため、クレンジング前に専用のリムーバーなどを利用してオフしておくと良いでしょう。肌への負担も低減するはずです。

乳液クレンジングに向いている3つの肌質

乾燥しやすい肌質の人におすすめ(写真:iStock)
乾燥しやすい肌質の人におすすめ (写真:iStock)

 乳液クレンジングは、どんな肌質にも合うクレンジング方法ではありません。たとえば、もともと油分の多い脂性肌の方には、保湿のしすぎによって肌トラブルが起こる可能性も。そこで、乳液クレンジングに向いている肌質をご紹介していきます。

1. 肌荒れしやすい敏感肌

 一般的なクレンジング剤にはメイクを落とす「界面活性剤」などの成分が含まれていますが、これがお肌に刺激となって肌トラブルの原因となる可能性があります。その点、乳液クレンジングは刺激が少なく安心。肌荒れが起こりやすい敏感肌の方をはじめ、体調の優れない時、免疫が下がっている時にもおすすめです。

2. カサつきやすい乾燥肌

 保湿成分がたっぷりと配合されている乳液クレンジングは、カサつきやすいお肌の乾燥肌の方とも相性が良いです。特に季節的な乾燥肌の場合は、一般的なクレンジング剤がお肌の乾燥を引き起こすことがあるため、肌トラブルの予防にもなりますね。

3. 乾燥によるニキビができやすい混合肌

 部位によって乾燥肌と脂性肌が混在する混合肌の方も、乳液クレンジングを試してみると良いでしょう。混合肌は乾燥による皮脂の分泌でニキビが増加する傾向にあるので、保湿がしっかりできる乳液クレンジングはニキビ予防にも役立ちます。

お肌に優しい乳液クレンジングで肌改善をしよう!

 毛穴の汚れ除去やニキビ予防にも繋がる乳液クレンジングは、潤いを与えながらメイクや汚れがオフできるため、肌質の改善にもつながります。ただし、お肌のタイプによっては避けるべきケースもあります。自分の肌質と相談しながら、ぜひ乳液クレンジングを試してみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 コロナ禍でお出かけの必需品がマスクとなっている今、スキンケアやメイクがおろそかになってきてはいませんか? 今回は、夏の...
FILM
 最近は、おうちデートを充実させているカップルも多いですよね。家で過ごすデートは、のんびりとリラックスできる反面、それば...
FILM
 みなさんは、残暑に特別な美容や肌ケアをしていますか? 紫外線をたくさん浴びて疲れ切った肌は、毛穴の開きや日焼けによる黒...
FILM
 今、話題の「チャイボーグメイク」ってご存知ですか? 近年人気となっていた韓国のオルチャンの次に話題となっているメイク方...
FILM
 バストアップグッズで本当に胸が大きくなるのか、半信半疑の人は多いでしょう。確かに、胸のサイズを1カ月でAカップからEカ...
FILM
 リモートワークやZOOM呑み会が、まだまだ続きそうな昨今。せっかくだから、「オンライン映え」するコツを工夫してみましょ...
FILM
 メイクアイテムにはそれぞれこだわりがあるため、アイシャドウやチーク、リップなどのカラーが「いつも同じ」という人も多いで...
FILM
 最近話題にのぼることの多い「育乳ブラ」。ルルクシェルも育乳ブラを販売するブランドのひとつで、「くつろぎ育乳ブラ」という...
FILM
 スキンケアアイテムを選ぶ時に、とても重要なのが「肌タイプ」です。“乾燥肌”や“脂性肌”などよく聞くワードですが、実際の...
FILM
「美容大国」と呼ばれるほど、美容意識の高い国である韓国。女優やアイドルだけでなく、ソウルの街では老若男女問わず、ツルツル...
FILM
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、...
FILM
 コロナ禍により、自宅で過ごす時間が多くなったこのごろ。「おうち美容」を見直している人も多いのではないでしょうか? お手...
FILM
 彼とのお泊まりデートで一緒にスキンケアを楽しめたら、おうち美容が充実します。女性向けとして発売されているコスメにも、カ...
FILM
 秋の訪れを感じられるこの頃ですが、まだまだ気温も湿度も油断できない日々。「マスクのせいで顔が蒸れて汗ばみ、目元がパンダ...
FILM
 女性にとって、バストは女性らしさの象徴であり、魅力のひとつ。だからこそ、バストサイズや形に悩みを抱えている人も多いので...
FILM
 女性の毎日に欠かせない存在である「ブラジャー」。何気ない時に「ブラがきつい気がする……」と、感じたことはないでしょうか...