乳液クレンジングが人気♡メリットや正しいやり方のポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-03-02 06:00
投稿日:2020-03-02 06:00
 今、乳液を使ったクレンジング方法があることをご存知ですか? スキンケアアイテムである乳液は保湿力に優れていることから、ニキビや乾燥など肌トラブルを抱える方にとってもおすすめのクレンジング方法! 今回は、そんな乳液クレンジングのやり方をご紹介しましょう!

乳液クレンジングってどんな方法? メリットは?

やり方はいたって簡単!(写真:iStock)
やり方はいたって簡単! (写真:iStock)

 まずは「乳液クレンジング」がどんなものなのか、方法やメリットについて見ていきましょう。

乳液クレンジングとは

「乳液クレンジング」とは、乳液を使ってメイク落としを行うクレンジング方法のこと。クレンジング剤として優しくマッサージをすることで、乳液に含まれる油分がお肌に付着したメイクや角質を浮かして、オフすることができるんです。

乳液クレンジングのメリット

 乳液クレンジングは肌の潤いを保ちながらクレンジングができるため、肌負担が少ないことが一番のメリットでしょう。また、クレンジング剤を敢えて購入する必要がなく、乳液1本で保湿とクレンジングの両方が行えることから、コスパが良いことでも注目されています。

4つのSTEPで乳液クレンジング! 正しいやり方

ホットタオルをあてて残った汚れを浮かせて落とす(写真:iStock)
ホットタオルをあてて残った汚れを浮かせて落とす (写真:iStock)

 次は、お肌に優しい乳液クレンジングのやり方をご紹介します。正しく行うことで、ニキビ予防や毛穴の汚れの改善にも繋がりますよ。

乳液クレンジングに必要なもの

 乳液クレンジングを行う前に、必要なものをチェックしましょう。

・乳液
・コットン(綿棒)
・ホットタオル

 この3つのアイテムを揃えれば、乳液クレンジングは簡単に行うことができます。コットンや綿棒は、細かい汚れを取り除きたい時に使用すると良いですよ。

STEP1:クレンジング前にぬるま湯でホコリの除去

 乳液クレンジングを行う前に、まずは、お肌の表面に付いているホコリや汚れをぬるま湯で落としましょう。汚れを取り除くことで、乳液がお肌に浸透しやすくなります。

STEP2:乳液を適量手に取る

 乳液は、顔全体が塗れる量を手に取ります。しっかりクレンジングできる量が必要ではありますが、あまり大量に塗布してしまうとニキビなどの原因にもなるため、適切な量を使用しましょう。

STEP3:優しく円を描きながらマッサージを

 乳液を手に取ったら、円を描くように優しくマッサージを行っていきます。指先でクルクルと優しく滑らせながら顔全体の汚れを落としていき、乳液が肌にしっかり密着するようクレンジングを行いましょう。

STEP4:ホットタオルで毛穴の汚れ除去

 乳液クレンジング後は、ホットタオルを用いるのがおすすめ。ホットタオルによって毛穴が開き、毛穴の奥に溜まった汚れを浮かして落としていくことができます。ちなみに、ホットタオル美容はお顔の血行を促進する効果も得られます。くすんで見えがちなお顔のトーンアップができるほか、スチーム効果により、潤いを肌に与えることができます。

乳液クレンジングを行う時に押さえておきたい4つのポイント

ポイントメイクは先にオフしておく(写真:iStock)
ポイントメイクは先にオフしておく (写真:iStock)

 乳液クレンジングの効果をより実感するため、押さえておきたいポイントについてもチェックしていきましょう。

1. 油分を含んだ乳液を使用する

 クレンジングに使用する乳液を選ぶ時には、油分を含んだ乳液を選びましょう。オイルフリーなどさっぱりタイプの乳液では汚れをしっかり浮かすことができず、メイクオフが不十分になってしまう可能性があります。

2. 日焼け止めは落ちないので注意する

 乳液クレンジングを行う時に注意したいのが、日焼け止めとの相性です。ウォータープルーフタイプなど日焼け止めの種類によっては、乳液クレンジングでは落とし切ることができません。専用のクレンジングで先にオフしてから使用するなど、工夫することが肝心です。

3. 時間をかけてクレンジングを行う

 乳液クレンジングは、汚れを少しずつ浮かして落としていくため、時間をかけてクレンジングを行う必要があります。

 もしも、クレンジングに時間をかけられないという方は、寝ている間に付着したホコリや汚れを取り除くための「乳液洗顔」として、朝に取り入れるのも良いでしょう。肌が十分に保湿されて、メイクノリも良くなります。

4. ポイントメイクは先に落としておく

 リップやアイメイクなどの落ちにくいポイントメイクは、乳液クレンジングだけでは完全に落としきれない可能性があります。そのため、クレンジング前に専用のリムーバーなどを利用してオフしておくと良いでしょう。肌への負担も低減するはずです。

乳液クレンジングに向いている3つの肌質

乾燥しやすい肌質の人におすすめ(写真:iStock)
乾燥しやすい肌質の人におすすめ (写真:iStock)

 乳液クレンジングは、どんな肌質にも合うクレンジング方法ではありません。たとえば、もともと油分の多い脂性肌の方には、保湿のしすぎによって肌トラブルが起こる可能性も。そこで、乳液クレンジングに向いている肌質をご紹介していきます。

1. 肌荒れしやすい敏感肌

 一般的なクレンジング剤にはメイクを落とす「界面活性剤」などの成分が含まれていますが、これがお肌に刺激となって肌トラブルの原因となる可能性があります。その点、乳液クレンジングは刺激が少なく安心。肌荒れが起こりやすい敏感肌の方をはじめ、体調の優れない時、免疫が下がっている時にもおすすめです。

2. カサつきやすい乾燥肌

 保湿成分がたっぷりと配合されている乳液クレンジングは、カサつきやすいお肌の乾燥肌の方とも相性が良いです。特に季節的な乾燥肌の場合は、一般的なクレンジング剤がお肌の乾燥を引き起こすことがあるため、肌トラブルの予防にもなりますね。

3. 乾燥によるニキビができやすい混合肌

 部位によって乾燥肌と脂性肌が混在する混合肌の方も、乳液クレンジングを試してみると良いでしょう。混合肌は乾燥による皮脂の分泌でニキビが増加する傾向にあるので、保湿がしっかりできる乳液クレンジングはニキビ予防にも役立ちます。

お肌に優しい乳液クレンジングで肌改善をしよう!

 毛穴の汚れ除去やニキビ予防にも繋がる乳液クレンジングは、潤いを与えながらメイクや汚れがオフできるため、肌質の改善にもつながります。ただし、お肌のタイプによっては避けるべきケースもあります。自分の肌質と相談しながら、ぜひ乳液クレンジングを試してみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...