乳液クレンジングが人気♡メリットや正しいやり方のポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-03-02 06:00
投稿日:2020-03-02 06:00
 今、乳液を使ったクレンジング方法があることをご存知ですか? スキンケアアイテムである乳液は保湿力に優れていることから、ニキビや乾燥など肌トラブルを抱える方にとってもおすすめのクレンジング方法! 今回は、そんな乳液クレンジングのやり方をご紹介しましょう!

乳液クレンジングってどんな方法? メリットは?

やり方はいたって簡単!(写真:iStock)
やり方はいたって簡単! (写真:iStock)

 まずは「乳液クレンジング」がどんなものなのか、方法やメリットについて見ていきましょう。

乳液クレンジングとは

「乳液クレンジング」とは、乳液を使ってメイク落としを行うクレンジング方法のこと。クレンジング剤として優しくマッサージをすることで、乳液に含まれる油分がお肌に付着したメイクや角質を浮かして、オフすることができるんです。

乳液クレンジングのメリット

 乳液クレンジングは肌の潤いを保ちながらクレンジングができるため、肌負担が少ないことが一番のメリットでしょう。また、クレンジング剤を敢えて購入する必要がなく、乳液1本で保湿とクレンジングの両方が行えることから、コスパが良いことでも注目されています。

4つのSTEPで乳液クレンジング! 正しいやり方

ホットタオルをあてて残った汚れを浮かせて落とす(写真:iStock)
ホットタオルをあてて残った汚れを浮かせて落とす (写真:iStock)

 次は、お肌に優しい乳液クレンジングのやり方をご紹介します。正しく行うことで、ニキビ予防や毛穴の汚れの改善にも繋がりますよ。

乳液クレンジングに必要なもの

 乳液クレンジングを行う前に、必要なものをチェックしましょう。

・乳液
・コットン(綿棒)
・ホットタオル

 この3つのアイテムを揃えれば、乳液クレンジングは簡単に行うことができます。コットンや綿棒は、細かい汚れを取り除きたい時に使用すると良いですよ。

STEP1:クレンジング前にぬるま湯でホコリの除去

 乳液クレンジングを行う前に、まずは、お肌の表面に付いているホコリや汚れをぬるま湯で落としましょう。汚れを取り除くことで、乳液がお肌に浸透しやすくなります。

STEP2:乳液を適量手に取る

 乳液は、顔全体が塗れる量を手に取ります。しっかりクレンジングできる量が必要ではありますが、あまり大量に塗布してしまうとニキビなどの原因にもなるため、適切な量を使用しましょう。

STEP3:優しく円を描きながらマッサージを

 乳液を手に取ったら、円を描くように優しくマッサージを行っていきます。指先でクルクルと優しく滑らせながら顔全体の汚れを落としていき、乳液が肌にしっかり密着するようクレンジングを行いましょう。

STEP4:ホットタオルで毛穴の汚れ除去

 乳液クレンジング後は、ホットタオルを用いるのがおすすめ。ホットタオルによって毛穴が開き、毛穴の奥に溜まった汚れを浮かして落としていくことができます。ちなみに、ホットタオル美容はお顔の血行を促進する効果も得られます。くすんで見えがちなお顔のトーンアップができるほか、スチーム効果により、潤いを肌に与えることができます。

乳液クレンジングを行う時に押さえておきたい4つのポイント

ポイントメイクは先にオフしておく(写真:iStock)
ポイントメイクは先にオフしておく (写真:iStock)

 乳液クレンジングの効果をより実感するため、押さえておきたいポイントについてもチェックしていきましょう。

1. 油分を含んだ乳液を使用する

 クレンジングに使用する乳液を選ぶ時には、油分を含んだ乳液を選びましょう。オイルフリーなどさっぱりタイプの乳液では汚れをしっかり浮かすことができず、メイクオフが不十分になってしまう可能性があります。

2. 日焼け止めは落ちないので注意する

 乳液クレンジングを行う時に注意したいのが、日焼け止めとの相性です。ウォータープルーフタイプなど日焼け止めの種類によっては、乳液クレンジングでは落とし切ることができません。専用のクレンジングで先にオフしてから使用するなど、工夫することが肝心です。

3. 時間をかけてクレンジングを行う

 乳液クレンジングは、汚れを少しずつ浮かして落としていくため、時間をかけてクレンジングを行う必要があります。

 もしも、クレンジングに時間をかけられないという方は、寝ている間に付着したホコリや汚れを取り除くための「乳液洗顔」として、朝に取り入れるのも良いでしょう。肌が十分に保湿されて、メイクノリも良くなります。

4. ポイントメイクは先に落としておく

 リップやアイメイクなどの落ちにくいポイントメイクは、乳液クレンジングだけでは完全に落としきれない可能性があります。そのため、クレンジング前に専用のリムーバーなどを利用してオフしておくと良いでしょう。肌への負担も低減するはずです。

乳液クレンジングに向いている3つの肌質

乾燥しやすい肌質の人におすすめ(写真:iStock)
乾燥しやすい肌質の人におすすめ (写真:iStock)

 乳液クレンジングは、どんな肌質にも合うクレンジング方法ではありません。たとえば、もともと油分の多い脂性肌の方には、保湿のしすぎによって肌トラブルが起こる可能性も。そこで、乳液クレンジングに向いている肌質をご紹介していきます。

1. 肌荒れしやすい敏感肌

 一般的なクレンジング剤にはメイクを落とす「界面活性剤」などの成分が含まれていますが、これがお肌に刺激となって肌トラブルの原因となる可能性があります。その点、乳液クレンジングは刺激が少なく安心。肌荒れが起こりやすい敏感肌の方をはじめ、体調の優れない時、免疫が下がっている時にもおすすめです。

2. カサつきやすい乾燥肌

 保湿成分がたっぷりと配合されている乳液クレンジングは、カサつきやすいお肌の乾燥肌の方とも相性が良いです。特に季節的な乾燥肌の場合は、一般的なクレンジング剤がお肌の乾燥を引き起こすことがあるため、肌トラブルの予防にもなりますね。

3. 乾燥によるニキビができやすい混合肌

 部位によって乾燥肌と脂性肌が混在する混合肌の方も、乳液クレンジングを試してみると良いでしょう。混合肌は乾燥による皮脂の分泌でニキビが増加する傾向にあるので、保湿がしっかりできる乳液クレンジングはニキビ予防にも役立ちます。

お肌に優しい乳液クレンジングで肌改善をしよう!

 毛穴の汚れ除去やニキビ予防にも繋がる乳液クレンジングは、潤いを与えながらメイクや汚れがオフできるため、肌質の改善にもつながります。ただし、お肌のタイプによっては避けるべきケースもあります。自分の肌質と相談しながら、ぜひ乳液クレンジングを試してみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...
縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝の...
ツヤとテカリの違いって?ツヤ肌を作るコツ&テカリの対処法
「ツヤ」と「テカリ」は似ているようで全く別物。二つの違いを理解していないと、ツヤ肌を作っているつもりが残念なテカリ肌に仕...
頭皮ブラッシングで美髪に♡ 正しいやり方&ケア時の注意点
 毎日のヘアケアで欠かせない、ブラッシング。実は、髪の毛だけではなく、頭皮もしっかりブラッシングすることが健康な髪の成長...