夏に食べたいモツ料理「豚白モツのゼリー寄せ、夏野菜添え」

コクハク編集部
更新日:2020-07-30 06:00
投稿日:2020-07-30 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・門前仲町のミシュランにも掲載された割烹「ふく田 」の福田利明さんに、サラダ仕立ての「豚白モツのゼリー寄せ、夏野菜添え」のレシピを教えていただきました。

コッテリでも爽やか!

合う酒=ハイボール(C)コクハク
合う酒=ハイボール (C)コクハク

 豚でも牛でも、モツは煮込みが定番。辛みそなどで炒めれば、ツマミにもご飯のおかずにもなります。が、ゼリー寄せとは意外です。

「難しそうに思われるかもしれませんが、簡単です。玉ネギとショウガと一緒にモツを煮込んだら、ゼラチンを加えて冷蔵庫で冷やすだけ。味つけ? 出汁のもとを使うと、醤油などで味を調える必要がありますが、コンソメならその手間もいりませんから」

 腹ペコの食いしん坊が料理を前に自然と笑顔になるように、笑いながら語る福田さんの説明を聞くと、どんな料理も簡単そうに思えるから不思議です。モツは、スーパーなどで下処理が済んだものを用意。準備も下ごしらえも手抜きでよし。

 コッテリとしたモツ料理をサッパリとした夏の一皿に仕上げるのが福田流です。

「ニンジン、キュウリ、ミョウガ、ショウガ、セロリをすべて千切りして盛りつけます。その上にゼリー寄せを崩しかけ、サラダ仕立てで食べるんですよ」

 ドレッシング代わりに白ゴマを加えた醤油を少しだけ垂らして口に運ぶと、特にミョウガとセロリの香りが口の中に涼を呼ぶ。「これがモツ料理か!」という爽やかさです。その反応を予想していたのか、「涼しげでしょ」と笑っていました。

 たっぷりの野菜とともにタンパク質もしっかり取れちゃう。これなら疲れた胃袋にもスッと収まります。

【材料】(4人分)

ゼリー寄せ
・水       600㏄
・豚の白モツ   200グラム
・玉ネギ     2分の1個
・ショウガ    1片
・コンソメのもと 1個 (出汁のもとなら小さじ2と醤油を大さじ1杯)
・ゼラチン    10グラム

夏野菜添え
・キュウリ    1本
・ニンジン    半分
・ミョウガ    4個
・ショウガ    1片
・セロリ     1本

【作り方】

 ゼリー寄せの野菜は、玉ネギは串切り、ショウガは千切りに。600㏄の水に好みのスープのもとを入れて、モツと玉ネギなどを煮る。20分ほど煮込んで食材に火が通ったら、鍋を火からおろして粉ゼラチンを加えて混ぜる。粗熱を取ったらカップや器に入れて冷蔵庫で寝かせれば完成。サラダ用の野菜は、すべて4~5センチの千切りに。セロリは葉と茎に分けてから、茎にある筋を取り除いてから切る。

本日のダンツマ達人…福田利明さん

▽ふくだ・としあき
 埼玉県朝霞市出身。東京・銀座を中心に修業を重ねて、15年前に独立。丁寧な仕事で素材を引き立て、色鮮やかに、なおかつ惜しみなく盛り付けるのは、大柄な体格の“ヘビー級料理人”ならでは。

▽ふく田
 築地で仕入れた新鮮な魚介を中心に、ひと手間加えた料理で客をもてなす。初めて訪れた人はまるで“一品料理”のような突き出しに驚く。「ゆっくり食べてほしい」との思いから、店は1回転のみ。ダッチオーブン仕上げの「やまゆりポーク」ほか名物料理多数。ミシュラン掲載。日・月曜休。PM6~9(LO)。東京都江東区牡丹3―27―6。

(日刊ゲンダイ2017年9月5日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「特大ゴボウの唐揚げ」ばくばく食べてしまうこと必至…!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
幻の「3時のおやつ あんぱん」攻略⁉ 2021.6.8(火)
 数量限定、期間限定、地域限定……。「限定」というキーワードに心惹かれる方は多いことでせう(+αで「なくなり次第終了」と...
巣ごもりに「焼きとうもろこし」…奇をてらわない美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、オー...
「イワシの幽庵焼き」漬けて焼くだけで本格和食おつまみに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、ゆず...
“世界一高いツナマヨ”を缶詰で代用!「マヨなしツナマヨ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、同店...
「枝豆の昆布塩水漬け」下処理いらずで悪魔的なおいしさに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、食べ...
「牡蠣の酒蒸し」冷やして食べることでうま味をぎゅっと凝縮
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、食べ...