ベビーパウダーはファンデ代わりになる? メイク時の注意点

コクハク編集部
更新日:2020-06-15 06:00
投稿日:2020-06-15 06:00
 近頃、「ベビーパウダー」を使って、ファンデ崩れ対策をするメイク方法が流行っているようです。なんでも、時間が経ってもサラサラ肌をキープできるのだとか! ベビーパウダー は赤ちゃんから使えるアイテムなので肌には良さそうですが、実際の効果はどうなのでしょうか?リサーチしてみました!

ベビーパウダーの効果や種類をチェック!

もともとは赤ちゃんの肌ケアに使うものだけど(写真:iStock)
もともとは赤ちゃんの肌ケアに使うものだけど (写真:iStock)

 ベビーパウダーというと、その名の通り「赤ちゃんの肌ケアに使うもの」というイメージがある方も多いでしょう。最近ではメイクにも使えることでも注目されていますが、そもそも、ベビーパウダーにはどんな効果があるのでしょうか?

「ベビーパウダー」の効果とは

 ベビーパウダーは、赤ちゃんのあせもや湿疹などの肌トラブルを緩和するためのアイテム。塗ることで汗や皮脂を吸い上げ、肌表面を滑らかにして摩擦を防いでくれる効果があるとされています。

ベビーパウダーの種類

 ベビーパウダーは、おもに2種類。用途によって使い分けることができます。

・粉タイプ

 一般的な「ベビーパウダー」は、この粉タイプです。ドラッグストアや薬局などでも手軽に購入できる上、大容量でコスパも◎。ただし、蓋を開けるたびに粉が飛び散るリスクもあり、持ち運びしづらいのがデメリットでしょう。

・固形タイプ

 メイク用に使うのであれば、この固形タイプがおすすめです。たくさんの量を一度に取るのは難しいですが、「顔だけ」など、部分使いには最適でしょう。メイクスポンジやパフ、ブラシを使用して、必要量を取ることができます。

ファンデの代わりにベビーパウダーをメイクで使う時の注意点

日焼け止めを塗るのは忘れない(写真:iStock)
日焼け止めを塗るのは忘れない (写真:iStock)

 普段、メイク仕上げにフェイスパウダーを使用している方は多いでしょう。しかし、フェイスパウダーと同じようにベビーパウダーを使ってしまうのはNG。メイクで使う時の注意点をご紹介します。

紫外線予防効果はないため、UV対策は必須

 現在販売されているファンデーションやフェイスパウダーには、UVカット効果のある成分が配合されていることがほとんど。今、あなたがお持ちの製品のパッケージにも、SPFやPA値が記載されているはずです。

 しかし、ベビーパウダーには紫外線をカットする効果がありません。ファンデ代わりに使うのであれば、UVカット効果のある化粧下地、もしくは日焼け止めなどを塗ってから、使用することが肝心です。

カバー力には期待できない

 ファンデーションには肌表面を滑らかに見せたり、シミやくすみをカバーする効果があります。しかし、ベビーパウダーには、肌悩みをカバーする力はありません。

 そのため、使用する前には、化粧下地やコンシーラーなどで気になる肌悩みをカバーしてから使うことがポイント。また、肌悩みを隠すためには肌色よりも少し濃い色のコンシーラーを使うのが定説ですが、ベビーパウダーと併用すると色ムラが出やすいため、仕上がりをチェックしながら使うようにしましょう。

使いすぎると白浮きする

 ベビーパウダーのカラーは真っ白。肌色よりもかなり明るいため、塗りすぎると白浮きしたり、ツヤ感がなくなってしまいます。厚塗りにならないように、ブラシなどを使って軽く重ねていくようにしましょう。

 もしも、使い過ぎてしまった場合には、大きめのフェイスブラシで余分な粉を払うようにすると、軽い仕上がりになります。

乾燥には注意!使用前には保湿ケアを十分に行う

 ベビーパウダーは汗や皮脂を吸い上げる効果があるため、テカり対策には適しているものの、塗り過ぎてしまうと過度に水分や油分を取り除いてしまい、乾燥を引き起こす可能性があります。そのため、使用前には保湿ケアを十分に行うことが大切でしょう。

 また、肌荒れや乾燥が気になっている方は、使用を避けた方が良い場合もあります。肌のコンディションに合わせて、無理なく使用しましょう。

ベビーパウダーの成分は危険? 安全性は大丈夫?

赤ちゃんに使うものだから安全?(写真:iStock)
赤ちゃんに使うものだから安全? (写真:iStock)

「ベビーパウダーの成分は危険」、そんな噂も出回っているようです。メイク時に使うのであれば、安全性についてもしっかり把握しておきましょう。

アスベストが入っていることが危惧されていた

 ベビーパウダーの原料は、おもに「タルク」と「コーンスターチ」の2つ。実は以前、このタルクに不純物として人体に有害なアスベストが含まれていたことが問題となった経緯があることから、「ベビーパウダーの成分は危険」というイメージがついてしまったようです。

現在は厚生労働省の試験をクリアした原料が使われている

 現在、日本国内では、厚生労働省の不純物混入試験をクリアした原料を使って、ベビーパウダーが作られています。成分について心配があるのであれば、国内メーカーのベビーパウダーを選ぶと安心して使用することができるでしょう。

ベビーパウダーを上手にメイクに活用!サラ肌をキープして♡

これからの時期は強い味方になるかも(写真:iStock)
これからの時期は強い味方になるかも (写真:iStock)

 ベビーパウダーは、UVカット効果やカバー力があまりないため、必ずしも「ファンデの代わりになる」というわけではありません。しかし、単体で使うのではなく、化粧下地やコンシーラーなどを上手に併用することで、暑い季節のベースメイク崩れ対策に心強いアイテムになるでしょう。

 ぜひ、上手にメイクに活用して、汗や皮脂に負けないサラサラ肌をキープしてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...