あなたに似合う色はどれ?パーソナルカラーの効果&診断方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-09 12:45
投稿日:2020-05-29 06:00
 パーソナルカラーとは、「自分に似合う色」のことを言います。肌の色や髪の毛の色、瞳の色によって似合う色は人それぞれ。でも、自分のパーソナルカラーを知らずに、洋服を何となく「好きな色」で選んでいる人は多いでしょう。
 そこで今回は、パーソナルカラーの効果と診断方法について詳しくご紹介します。あなたにぴったりのパーソナルカラーを見つけて、今以上にファッションを楽しみましょう!

パーソナルカラーを知ることで得られる5つの効果

せっかくなら自分が映える色を選びたい(写真:iStock)
せっかくなら自分が映える色を選びたい (写真:iStock)

 パーソナルカラーは、自分の生まれ持った肌の色や瞳の色の特徴で決まります。自分に似合う色が分かれば、ファッションやメイク、ヘアカラーなど役立つことがたくさんありますよ。そこでまずはじめに、パーソナルカラーの5つの効果を見ていきましょう。

1. 美肌に見える

 女性であれば、誰もが憧れる「透明感のある美肌」。自分に似合うパーソナルカラーをファッションやメイクに取り入れるだけで、透き通った美肌に見える効果が期待できます。

 反対に、自分に似合わない色を選んでしまうと、血色が悪く「青白い」印象になってしまうこともあるようです。

2. フェイスラインが引き締まって見える

 トップスやアウターなど、顔に近い部分に身に着ける物の「色選び」は特に重要です。自分に似合う色をトップスに身に着けると、フェイスラインが引き締まって見えたり、小顔効果も得られます。

 逆に、パーソナルカラー以外の色を選んでしまうと顔全体がぼやけてしまい、フェイスラインがたるんで見えてしまう場合もあるので注意が必要でしょう。

3. 若々しく見える

 自分のパーソナルカラーを有効活用している女性は、若々しく見える可能性大!血色を良く見せることで、クマや肌のくすみなど、肌のコンプレックスを上手にカバーすることができるのです。

 ファンデーションやコンシーラーを重ね塗りする必要もなくなるので、コスパ面から見てもメリットがありますね。

4. オシャレ感がアップする

 シンプルなのに、なぜかとてもオシャレに見える女性っていますよね?もしかすると、その人は自分のパーソナルカラーをファッションに取り入れているのかもしれません。

 自分に似合う色をファッションに取り入れると、シンプルでも「あか抜けた」雰囲気に仕上がります。

5. 無駄な買い物をしなくなる

 洋服やメイク用品などを気に入って購入したはずが、何となくしっくりこなくてお蔵入りしてしまった経験がある女性は多いのではないでしょうか。

 使わない理由は、「イメージと違った」「似合わない気がする」などがほとんどでしょう。でも、自分のパーソナルカラーが分かれば、そんな無駄な買い物をすることもなくなるでしょう。

あなたはどの色? パーソナルカラーの自己診断方法!

あなたのタイプは…?(写真:iStock)
あなたのタイプは…? (写真:iStock)

 パーソナルカラーを知ることは、自分にとってメリットがたくさん。続いては、パーソナルカラーの4つのタイプ別の特徴&似合う色を見ていきましょう。

 パーソナルカラー診断にはいくつかの方法がありますが、ここではカラーを軸とした「春夏秋冬」のタイプ別に診断していきます。自分がどのタイプに当てはまるのか、ぜひチェックしながら読んでみてくださいね。

1. スプリングタイプ

 スプリングタイプの人の特徴は、若々しくキュートなイメージです。瞳の色が明るいブラウン系で、肌の色はツヤ感のあるアイボリー系。肌に馴染むアクセサリーは明るめのゴールド、また、コーラルピンクのリップが良く似合う女性です。

 このスプリングタイプは、ポップで明るいイエローベースのオレンジやコーラルピンクなど温かみを持つ色との相性が抜群!逆に、ブルー系の寒色系や黒系とは相性が良くないため、避けた方が良いでしょう。

2. サマータイプ

 サマータイプの人の特徴は、上品で柔らかい印象を持つ人が多いイメージです。瞳の色が濃いブラウン or 柔らかめのブラックで、肌の色は明るいピンク系や色白の人が目立ちます。アクセサリーはイエローゴールドがおすすめ。リップはオレンジ系が似合うでしょう。

 サマータイプは、ブルーベースのラベンダーなど、パステル系の淡い色との相性が良いです。ただし、イエロー系は肌がくすんで見えてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

3. オータムタイプ

 オータムタイプの人の特徴は、落ち着いた大人の女性のイメージ。瞳の色が薄めのブラック or ダークブラウンで、肌の色はオークル系。肌に馴染むアクセサリーはプラチナで、ブラウンレッド系など深みのあるリップが似合う女性です。

 オータムタイプに良く似合うのは、マスタード系やテラコッタ、ブラウンやベージュなど、秋を連想させるようなシックな色。逆に、派手な色や青みの強い色とは色が浮いてしまうため、避けた方が良いでしょう。

4. ウィンタータイプ

 ウィンタータイプの人は、肌色のバリエーションが豊富。ピンク系やオークル系と、人によって違いがあります。ほかの特徴を見てみると、瞳の色が赤みのあるダークブラウン or 濃いブラックで、肌の色は透明感のあるピンク系。シルバーのアクセサリーが似合うでしょう。ピンク〜ローズレッドと、赤系のリップがよく映えます。

 ウィンタータイプには、はっきりとしたカラーや、モノトーン系がおすすめです。ビビットなピンクやエメラルドグリーン、明るいパープルなど鮮度の高い色を選びましょう。NGなのは、暖色系や中間色。ぼやけた印象が強くなってしまいます。

自分に似合う色を見つけてファッションを思い切り楽しもう!

似合う色がわかるとメイクの幅も広がる♪(写真:iStock)
似合う色がわかるとメイクの幅も広がる♪ (写真:iStock)

 パーソナルカラーを知ると、ファッションやメイク、ヘアカラーなど「あなたに最も似合う色」を導き出すことができます。正しい知識を身につければ、自分の個性を最大限に発揮することができますよ。

 ぜひこの機会に、パーソナルカラー診断で自分に似合う色を見つけて、ファッションやメイクを思い切り楽しんでくださいね♪

ビューティー 新着一覧


辛い冷え性に効くツボ6選!手軽なストレッチやマッサージも
 女性に多い「冷え性」。本当に辛いですよね。冷え性になると、冷え以外にも肩こりや頭痛、頻尿、不眠など、さまざまな症状を併...
気になる首のシワ…原因&効果的なおすすめネックケア4選♪
 最近、若いのに首のシワが気になる女性が増えているようです。実は、顔のケアは欠かさないのに首のケアをしていない人は、非常...
グラニティデコルトクリームでぷるんとした弾力バストに♡
 バストに必要なのは、ボリュームだけではありません! どんなに大きくても、ハリやツヤのないバストってなんだか貧相に見えて...
今すぐ美意識高め女子♡ まず揃えたい必殺トレンドコスメ3選
 美意識が高い女性に憧れるけれど、何から始めたらいいのかわからない……と、口にする女性も少なくありません。そこまで美容へ...
マスクでも落ちない口紅の選び方&落ちないテクニック6選♡
 コロナ禍でマスクが手放せなくなった今、女性たちの間ではメイクに関する悩みが続出しています。特に多いのが、「マスクに口紅...
ミスト化粧水でいつでもどこでも乾燥ケア♡ 効果的な使い方
 朝にしっかりスキンケアしても、昼頃には「肌がカサつく……」と感じている人は多いでしょう。乾燥が気になる時に1本持ってい...
男性の理想のバストサイズは何カップ? バストケア方法も♡
 綺麗なバストは、多くの女性にとっての憧れですよね。モデルや芸能人のバストを見て、「あんな風になりたいな」と、思った経験...
ミニクリップで簡単♡ 1分でできる“こなれヘアアレンジ”5選
「凝った髪型をするほど、朝は時間がない」「毎日、同じ髪型に飽きたので変化が欲しい!」そんなふうに感じてはいませんか? で...
なぜ浮くの? 赤リップが似合わない原因&似合う色の選び方
 近年、トレンドになっている「赤リップ」。メイクに取り入れてみたものの、いざ鏡を見たら、「あれ?なんか浮いてる!?」とい...
アラサー女子の“老け髪”問題…原因とヘアケアをプロが伝授!
 なんだか最近、髪の悩みが増えたな……。前は気にならなっかたことが次々と気になり始めてきて「なんで?」と思うことはありま...
ニキビには保冷剤が効果的?おすすめケア&NGケアをご紹介♪
 ニキビができるとメイクでもなかなか隠せないし、すごく憂鬱になりますよね……。そんなニキビは、「保冷剤で冷やすと治る」な...
ビューティアップナイトブラで寝ている間に美バスト効果♡
 離れ乳、垂れ乳、そげ胸やバストのボリュームなど、胸に悩む女性って多いですよね……。そんなトラブルを避けたいなら、夜のバ...
メイク前にオイルを使うのはあり? 気になる乾燥対策4選!
 乾燥が気になる時期、保湿のためにオイルを使っている方も多いでしょう。そこで出てくるのが、「朝のスキンケア時にオイルを使...
オンライン映えとはここが違う!「ライブ配信映え」メイク術
 コロナ禍による「新しい生活様式」がすっかり日常となり、オンラインツールを通じたミーティングや飲み会なども定着してきまし...
ハイヒールのメリット&デメリット!選び方や歩くコツも紹介
 コツコツと音をたてて歩くハイヒールは、かっこいい女性の象徴ですよね。でも、ハイヒールによる体への影響は賛否両論だったり...
ツヤ肌vsマット肌どっちがいい?特徴&ベースメイク方法♡
 ファンデーションを購入する際、「ツヤ肌」と「マット肌」か、どちらの仕上がりにするか悩みますよね。実際に、それぞれの違い...