あなたに似合う色はどれ?パーソナルカラーの効果&診断方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-09 12:45
投稿日:2020-05-29 06:00
 パーソナルカラーとは、「自分に似合う色」のことを言います。肌の色や髪の毛の色、瞳の色によって似合う色は人それぞれ。でも、自分のパーソナルカラーを知らずに、洋服を何となく「好きな色」で選んでいる人は多いでしょう。
 そこで今回は、パーソナルカラーの効果と診断方法について詳しくご紹介します。あなたにぴったりのパーソナルカラーを見つけて、今以上にファッションを楽しみましょう!

パーソナルカラーを知ることで得られる5つの効果

せっかくなら自分が映える色を選びたい(写真:iStock)
せっかくなら自分が映える色を選びたい (写真:iStock)

 パーソナルカラーは、自分の生まれ持った肌の色や瞳の色の特徴で決まります。自分に似合う色が分かれば、ファッションやメイク、ヘアカラーなど役立つことがたくさんありますよ。そこでまずはじめに、パーソナルカラーの5つの効果を見ていきましょう。

1. 美肌に見える

 女性であれば、誰もが憧れる「透明感のある美肌」。自分に似合うパーソナルカラーをファッションやメイクに取り入れるだけで、透き通った美肌に見える効果が期待できます。

 反対に、自分に似合わない色を選んでしまうと、血色が悪く「青白い」印象になってしまうこともあるようです。

2. フェイスラインが引き締まって見える

 トップスやアウターなど、顔に近い部分に身に着ける物の「色選び」は特に重要です。自分に似合う色をトップスに身に着けると、フェイスラインが引き締まって見えたり、小顔効果も得られます。

 逆に、パーソナルカラー以外の色を選んでしまうと顔全体がぼやけてしまい、フェイスラインがたるんで見えてしまう場合もあるので注意が必要でしょう。

3. 若々しく見える

 自分のパーソナルカラーを有効活用している女性は、若々しく見える可能性大!血色を良く見せることで、クマや肌のくすみなど、肌のコンプレックスを上手にカバーすることができるのです。

 ファンデーションやコンシーラーを重ね塗りする必要もなくなるので、コスパ面から見てもメリットがありますね。

4. オシャレ感がアップする

 シンプルなのに、なぜかとてもオシャレに見える女性っていますよね?もしかすると、その人は自分のパーソナルカラーをファッションに取り入れているのかもしれません。

 自分に似合う色をファッションに取り入れると、シンプルでも「あか抜けた」雰囲気に仕上がります。

5. 無駄な買い物をしなくなる

 洋服やメイク用品などを気に入って購入したはずが、何となくしっくりこなくてお蔵入りしてしまった経験がある女性は多いのではないでしょうか。

 使わない理由は、「イメージと違った」「似合わない気がする」などがほとんどでしょう。でも、自分のパーソナルカラーが分かれば、そんな無駄な買い物をすることもなくなるでしょう。

あなたはどの色? パーソナルカラーの自己診断方法!

あなたのタイプは…?(写真:iStock)
あなたのタイプは…? (写真:iStock)

 パーソナルカラーを知ることは、自分にとってメリットがたくさん。続いては、パーソナルカラーの4つのタイプ別の特徴&似合う色を見ていきましょう。

 パーソナルカラー診断にはいくつかの方法がありますが、ここではカラーを軸とした「春夏秋冬」のタイプ別に診断していきます。自分がどのタイプに当てはまるのか、ぜひチェックしながら読んでみてくださいね。

1. スプリングタイプ

 スプリングタイプの人の特徴は、若々しくキュートなイメージです。瞳の色が明るいブラウン系で、肌の色はツヤ感のあるアイボリー系。肌に馴染むアクセサリーは明るめのゴールド、また、コーラルピンクのリップが良く似合う女性です。

 このスプリングタイプは、ポップで明るいイエローベースのオレンジやコーラルピンクなど温かみを持つ色との相性が抜群!逆に、ブルー系の寒色系や黒系とは相性が良くないため、避けた方が良いでしょう。

2. サマータイプ

 サマータイプの人の特徴は、上品で柔らかい印象を持つ人が多いイメージです。瞳の色が濃いブラウン or 柔らかめのブラックで、肌の色は明るいピンク系や色白の人が目立ちます。アクセサリーはイエローゴールドがおすすめ。リップはオレンジ系が似合うでしょう。

 サマータイプは、ブルーベースのラベンダーなど、パステル系の淡い色との相性が良いです。ただし、イエロー系は肌がくすんで見えてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

3. オータムタイプ

 オータムタイプの人の特徴は、落ち着いた大人の女性のイメージ。瞳の色が薄めのブラック or ダークブラウンで、肌の色はオークル系。肌に馴染むアクセサリーはプラチナで、ブラウンレッド系など深みのあるリップが似合う女性です。

 オータムタイプに良く似合うのは、マスタード系やテラコッタ、ブラウンやベージュなど、秋を連想させるようなシックな色。逆に、派手な色や青みの強い色とは色が浮いてしまうため、避けた方が良いでしょう。

4. ウィンタータイプ

 ウィンタータイプの人は、肌色のバリエーションが豊富。ピンク系やオークル系と、人によって違いがあります。ほかの特徴を見てみると、瞳の色が赤みのあるダークブラウン or 濃いブラックで、肌の色は透明感のあるピンク系。シルバーのアクセサリーが似合うでしょう。ピンク〜ローズレッドと、赤系のリップがよく映えます。

 ウィンタータイプには、はっきりとしたカラーや、モノトーン系がおすすめです。ビビットなピンクやエメラルドグリーン、明るいパープルなど鮮度の高い色を選びましょう。NGなのは、暖色系や中間色。ぼやけた印象が強くなってしまいます。

自分に似合う色を見つけてファッションを思い切り楽しもう!

似合う色がわかるとメイクの幅も広がる♪(写真:iStock)
似合う色がわかるとメイクの幅も広がる♪ (写真:iStock)

 パーソナルカラーを知ると、ファッションやメイク、ヘアカラーなど「あなたに最も似合う色」を導き出すことができます。正しい知識を身につければ、自分の個性を最大限に発揮することができますよ。

 ぜひこの機会に、パーソナルカラー診断で自分に似合う色を見つけて、ファッションやメイクを思い切り楽しんでくださいね♪

ビューティー 新着一覧


憧れの“太りにくい体質”になるには?体質改善の6つのコツ
 ダイエットで悩んでいる時、ふとスタイルのいい友人を見て「なんで、あの子は食べても太らないんだろう?」と気になったことは...
メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...