あなたに似合う色はどれ?パーソナルカラーの効果&診断方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-09 12:45
投稿日:2020-05-29 06:00
 パーソナルカラーとは、「自分に似合う色」のことを言います。肌の色や髪の毛の色、瞳の色によって似合う色は人それぞれ。でも、自分のパーソナルカラーを知らずに、洋服を何となく「好きな色」で選んでいる人は多いでしょう。
 そこで今回は、パーソナルカラーの効果と診断方法について詳しくご紹介します。あなたにぴったりのパーソナルカラーを見つけて、今以上にファッションを楽しみましょう!

パーソナルカラーを知ることで得られる5つの効果

せっかくなら自分が映える色を選びたい(写真:iStock)
せっかくなら自分が映える色を選びたい (写真:iStock)

 パーソナルカラーは、自分の生まれ持った肌の色や瞳の色の特徴で決まります。自分に似合う色が分かれば、ファッションやメイク、ヘアカラーなど役立つことがたくさんありますよ。そこでまずはじめに、パーソナルカラーの5つの効果を見ていきましょう。

1. 美肌に見える

 女性であれば、誰もが憧れる「透明感のある美肌」。自分に似合うパーソナルカラーをファッションやメイクに取り入れるだけで、透き通った美肌に見える効果が期待できます。

 反対に、自分に似合わない色を選んでしまうと、血色が悪く「青白い」印象になってしまうこともあるようです。

2. フェイスラインが引き締まって見える

 トップスやアウターなど、顔に近い部分に身に着ける物の「色選び」は特に重要です。自分に似合う色をトップスに身に着けると、フェイスラインが引き締まって見えたり、小顔効果も得られます。

 逆に、パーソナルカラー以外の色を選んでしまうと顔全体がぼやけてしまい、フェイスラインがたるんで見えてしまう場合もあるので注意が必要でしょう。

3. 若々しく見える

 自分のパーソナルカラーを有効活用している女性は、若々しく見える可能性大!血色を良く見せることで、クマや肌のくすみなど、肌のコンプレックスを上手にカバーすることができるのです。

 ファンデーションやコンシーラーを重ね塗りする必要もなくなるので、コスパ面から見てもメリットがありますね。

4. オシャレ感がアップする

 シンプルなのに、なぜかとてもオシャレに見える女性っていますよね?もしかすると、その人は自分のパーソナルカラーをファッションに取り入れているのかもしれません。

 自分に似合う色をファッションに取り入れると、シンプルでも「あか抜けた」雰囲気に仕上がります。

5. 無駄な買い物をしなくなる

 洋服やメイク用品などを気に入って購入したはずが、何となくしっくりこなくてお蔵入りしてしまった経験がある女性は多いのではないでしょうか。

 使わない理由は、「イメージと違った」「似合わない気がする」などがほとんどでしょう。でも、自分のパーソナルカラーが分かれば、そんな無駄な買い物をすることもなくなるでしょう。

あなたはどの色? パーソナルカラーの自己診断方法!

あなたのタイプは…?(写真:iStock)
あなたのタイプは…? (写真:iStock)

 パーソナルカラーを知ることは、自分にとってメリットがたくさん。続いては、パーソナルカラーの4つのタイプ別の特徴&似合う色を見ていきましょう。

 パーソナルカラー診断にはいくつかの方法がありますが、ここではカラーを軸とした「春夏秋冬」のタイプ別に診断していきます。自分がどのタイプに当てはまるのか、ぜひチェックしながら読んでみてくださいね。

1. スプリングタイプ

 スプリングタイプの人の特徴は、若々しくキュートなイメージです。瞳の色が明るいブラウン系で、肌の色はツヤ感のあるアイボリー系。肌に馴染むアクセサリーは明るめのゴールド、また、コーラルピンクのリップが良く似合う女性です。

 このスプリングタイプは、ポップで明るいイエローベースのオレンジやコーラルピンクなど温かみを持つ色との相性が抜群!逆に、ブルー系の寒色系や黒系とは相性が良くないため、避けた方が良いでしょう。

2. サマータイプ

 サマータイプの人の特徴は、上品で柔らかい印象を持つ人が多いイメージです。瞳の色が濃いブラウン or 柔らかめのブラックで、肌の色は明るいピンク系や色白の人が目立ちます。アクセサリーはイエローゴールドがおすすめ。リップはオレンジ系が似合うでしょう。

 サマータイプは、ブルーベースのラベンダーなど、パステル系の淡い色との相性が良いです。ただし、イエロー系は肌がくすんで見えてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

3. オータムタイプ

 オータムタイプの人の特徴は、落ち着いた大人の女性のイメージ。瞳の色が薄めのブラック or ダークブラウンで、肌の色はオークル系。肌に馴染むアクセサリーはプラチナで、ブラウンレッド系など深みのあるリップが似合う女性です。

 オータムタイプに良く似合うのは、マスタード系やテラコッタ、ブラウンやベージュなど、秋を連想させるようなシックな色。逆に、派手な色や青みの強い色とは色が浮いてしまうため、避けた方が良いでしょう。

4. ウィンタータイプ

 ウィンタータイプの人は、肌色のバリエーションが豊富。ピンク系やオークル系と、人によって違いがあります。ほかの特徴を見てみると、瞳の色が赤みのあるダークブラウン or 濃いブラックで、肌の色は透明感のあるピンク系。シルバーのアクセサリーが似合うでしょう。ピンク〜ローズレッドと、赤系のリップがよく映えます。

 ウィンタータイプには、はっきりとしたカラーや、モノトーン系がおすすめです。ビビットなピンクやエメラルドグリーン、明るいパープルなど鮮度の高い色を選びましょう。NGなのは、暖色系や中間色。ぼやけた印象が強くなってしまいます。

自分に似合う色を見つけてファッションを思い切り楽しもう!

似合う色がわかるとメイクの幅も広がる♪(写真:iStock)
似合う色がわかるとメイクの幅も広がる♪ (写真:iStock)

 パーソナルカラーを知ると、ファッションやメイク、ヘアカラーなど「あなたに最も似合う色」を導き出すことができます。正しい知識を身につければ、自分の個性を最大限に発揮することができますよ。

 ぜひこの機会に、パーソナルカラー診断で自分に似合う色を見つけて、ファッションやメイクを思い切り楽しんでくださいね♪

ビューティー 新着一覧


40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...