コスメの寿命はどれくらい?アイテム別寿命&劣化を防ぐ方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-24 06:00
投稿日:2020-06-24 06:00
 あなたがお使いのコスメは、使い始めてからどのくらい経っていますか? 中には、お気に入りのアイテムを長年愛用し続けている人もいるのではないでしょうか? しかし、コスメにはそれぞれ寿命があります。適した買い換え時期を判断するためにも、この記事でコスメの寿命や劣化を防ぐ方法をチェックしていきましょう。

コスメに寿命があるって知ってる? アイテム別の寿命とは

コスメには寿命がある(写真:iStock)
コスメには寿命がある (写真:iStock)

 今、お使いの基礎化粧品や、メイクアイテムはどのくらいの期間使っているものでしょうか? なかなかなくならずに、長期間使用し続けているものもあるでしょう。しかし、コスメは“消費=寿命”ではありません。健康な肌を保つためにも、ここでコスメの寿命を確認していきましょう。

化粧水などの基礎化粧品の寿命

 朝、晩と洗顔後に使う化粧水や美容液、クリームなどの基礎化粧品。1日1〜2回は使うため、「なくなるのが早い」と感じている人も多いでしょう。基礎化粧品の寿命は、適切な環境で保管・使用している状態で、最長1年が目安だとされています。理想は、ワンシーズンで使い切ること。

「高価な美容液だから」と長期使用している人もいますが、品質が落ちてしまう可能性があります。色が変わったり、購入時とは違う香りがしたり、分離などが起こっている場合には注意が必要です。

日焼け止めアイテムの寿命

 日焼け止めは、開封した段階から劣化が進んでいきます。前年使いきれなかったものを使用している方も多いと思いますが、せっかくSPF値の高いものを購入していても、劣化してしまえばせっかくの効果を得ることができないでしょう。また、傷んだアイテムを使うと、肌にとっても負担になってしまいます。日焼け止めの寿命は、基本的にはワンシーズン。毎年、買い替えるようにしましょう。

ファンデーションなどのメイクアイテムの寿命

 メイクアイテムは一度にたくさんの量を使う訳ではないため、長期にわたって使っている人もいるはず。しかし、メイクアイテムにもそれぞれ寿命があります。

《ファンデーション》

 ファンデーションは、未開封の状態であれば3年が寿命と言われています。しかし、一度開封したものは、半年〜1年で使い切ることが理想的です。

 リキッドやクリームファンデーションには水分が含まれているため、バクテリアが繁殖しやすくなります。パウダータイプは、定期的なスポンジのケアが大切。カビや雑菌が繁殖しやすいため、清潔に保つようにしましょう。

《コンシーラー》

 部分的に使うコンシーラーは消費するまでには時間がかかりますが、実はコンシーラーにも寿命があります。リキッドタイプは最高でも1年、スティックタイプやパウダータイプは1年以内を目安に使いましょう。

《アイシャドウ》

 目の周りに使用するアイシャドウは目の粘膜周辺で使用するため、バクテリアの繁殖が起こりやすくなります。特に、水分が含まれたクリームタイプなどは注意が必要。3カ月程度で買い替えるのが理想的です。

《口紅やグロス》

 口紅やグロスは直接唇につけるため、最低でも1年置きには買い替えましょう。長く使ってしまうと質感が変わり、使いにくくなることもあります。

 また、水分量が多いグロスは、香りが変わったり、べたつきが起こることがあります。使用感が気になった時には、買い替え時だと判断しましょう。

《チーク》

 パウダータイプのチークは、清潔なブラシを使って使用していれば2年ほどは持ちます。しかし、リキッドやクリームタイプのチークは乾燥して肌なじみが悪くなるため、1年を目安に買い替えを検討した方が良いでしょう。

《マスカラ》

 アイシャドウ同様、マスカラも目の粘膜周辺に使うもの。マスカラは、ブラシを容器から出し入れして使うため、雑菌などが入りやすくなります。不衛生な状態で使い続けると、ものもらいや結膜炎の原因になることもあるそう。できれば、2カ月〜3カ月程度で買い替えた方が良いと言われています。

コスメの劣化を防ぐ3つの方法とは?

その化粧品、冷蔵庫に入れて大丈夫?(写真:iStock)
その化粧品、冷蔵庫に入れて大丈夫? (写真:iStock)

 コスメの寿命を知ると、「それしか保たないの?」と驚く人もいるでしょう。しかし、コスメもちょっとした手間をかけ、工夫することで次第で劣化を防ぐことができるんです。

1. 使用後の管理

 化粧水や美容液、リキッドファンデーションなどは、キャップを開けて手やスポンジに取って使います。劣化を防ぐためには、使い終わった後にキャップの口元をティッシュなどで拭いてから閉めることが肝心。もちろん、キャップはしっかりと閉めることが必須です。

2. 理想的な保管場所

 コスメの理想的な保管場所は、常温で高温・多湿を避けた場所が理想的です。中には、冷蔵庫で基礎化粧品を保管している人もいますが、出し入れにより、温度差が発生して変質に繋がることがあるため、化粧品の使用方法をよく読んで保管するようにしましょう。

3. メイク道具をお手入れする

 メイクアイテムを清潔に維持して使うためには、メイクをする際に使うブラシやチップ、パフのお手入れが欠かせません。新しいアイシャドウも、雑菌がついたブラシを使ってしまえば、清潔に保つことができなくなってしまいます。

 メイクアイテムは、1週間から2週間おきに洗って使うようにしましょう。

コスメの寿命を理解して健康的な肌を目指そう♪

手持ちのコスメをチェック!(写真:iStock)
手持ちのコスメをチェック! (写真:iStock)

 毎日しっかりとスキンケアをしていても、コスメ自体が劣化していると肌に悪影響を与える可能性があります。そうならないためには、コスメの寿命を理解して使用することが大切!

 ぜひ、この機会に、お手持ちのコスメをチェックして、劣化しているアイテムに関しては思い切って新調してみるのも良いかもしれませんよ♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


韓国アイドルメイクの特徴♡ キレイに仕上げる4つのコツは?
 スタイルも抜群で、肌もとても綺麗な「韓国アイドル」。「韓国のアイドルみたいな、可愛い顔になりたい!」と、憧れを抱いてメ...
満腹感バツグン♡ コンビニですぐ買えるおすすめ食べ物7選
 ついついお腹がすいて、間食してしまう人は多いはず。でも、食欲のままに間食を続けていると、当然太ってしまいます。どうせ同...
おうちデートに最適♡ 彼に内緒で「かわいい」を作る名品3つ
 まったり派な彼氏とのおうちデートでは、とことん怠惰なデートを楽しみたい日もありますよね。とは言っても、清潔感やかわいさ...
一瞬で華やか♡ TPOを選ばない“ゴム隠しヘアアレンジ”のコツ
 みなさん、毎日のヘアアレンジにどのくらいの時間をかけていますか? 飾り付きのヘアゴムを使うことを「ヘアアレンジ」とする...
男性ウケ抜群♡ モテメイクのやり方&失敗しない4つのコツ
 女性にとって欠かせない「メイク」。自分が一番可愛く見せるメイクを研究している女性も多いと思いますが、中には、「男性にウ...
マスク顔を華やかに見せる♡「アクセ×アイメイク」レッスン
 マスクをするのがスタンダードになっている今は、マスクで覆われるパーツ以外のおしゃれにも気合いが入りますよね。アクセサリ...
多国籍メイクでイメチェン♡ 日・中・韓アイメイクのポイント
 最近、TikTokなどで、若者にブームとなっているのが、日・中・韓の違いが分かるメイク動画です。日本人が好むメイクを施...
東急ハンズで購入♪ 200円前後で楽しめる“おもしろ入浴剤”6選
 コロナ以降、しっかり湯船に浸かって入浴をする人が増えているそう。おうち時間が増えたことでバスタイムをゆっくり過ごせるな...
トリートメントの理想の頻度って?効果を高める4つの使い方♡
 パサつきのないツヤのある髪の毛は女性の憧れ。綺麗な髪を手に入れるために、トリートメントでケアをしている人も多いでしょう...
グリーンアイシャドウで季節感♡ 必ず似合う選び方&活用法3選
 ぽかぽかの暖かい陽気になると、おしゃれをして出かけたくなりますよね。季節感のあるおしゃれを楽しむなら、カラーメイクもお...
ナチュラルで可愛い“デカ目メイク”の5つのコツ&NGメイク
 女性なら誰もが、ナチュラルで可愛い“デカ目”に憧れているでしょう。できることなら、アイメイクのテクニックを身につけて、...
“色っぽいメイク”で男心を掴む♡ メイクで色気を作る方法
 色気のある女性って、同性でも惹かれてしまいますよね♡ でも、「私には色気なんてまったくないし……」と、諦めている人も多...
ガーリーメイクで幸せに♡ 女の子を最大限に楽しむメイク術
 メイクって、顔の印象を大きく変えるものですよね。クールでかっこいいメイクや大人っぽいメイクも素敵ですが、やっぱりガーリ...
5分で完成♡「くるりんぱ」だけでできる華やかツインテール
「デートの時はオシャレしたい! でも、難しい髪型はできなくて……」とお困りではないですか? 好きな人と会う時は、オシャレ...
ぱっつん前髪で失敗しない! 似合う人&似合わない人の特徴
 おしゃれで垢抜けた可愛らしい印象になれる「ぱっつん前髪」は、いつの時代も不動の人気ですよね♡ でも、中にはぱっつん前髪...
モード系メイクでクール美人に♡ キレイに仕上げる8つのコツ
 男性ウケを狙う「フェミニン系メイク」も可愛いですが、女性なら誰もが一度はクールでかっこいい「モード系メイク」に憧れた経...