コスメの寿命はどれくらい?アイテム別寿命&劣化を防ぐ方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-24 06:00
投稿日:2020-06-24 06:00
 あなたがお使いのコスメは、使い始めてからどのくらい経っていますか? 中には、お気に入りのアイテムを長年愛用し続けている人もいるのではないでしょうか? しかし、コスメにはそれぞれ寿命があります。適した買い換え時期を判断するためにも、この記事でコスメの寿命や劣化を防ぐ方法をチェックしていきましょう。

コスメに寿命があるって知ってる? アイテム別の寿命とは

 今、お使いの基礎化粧品や、メイクアイテムはどのくらいの期間使っているものでしょうか? なかなかなくならずに、長期間使用し続けているものもあるでしょう。しかし、コスメは“消費=寿命”ではありません。健康な肌を保つためにも、ここでコスメの寿命を確認していきましょう。

化粧水などの基礎化粧品の寿命

 朝、晩と洗顔後に使う化粧水や美容液、クリームなどの基礎化粧品。1日1〜2回は使うため、「なくなるのが早い」と感じている人も多いでしょう。基礎化粧品の寿命は、適切な環境で保管・使用している状態で、最長1年が目安だとされています。理想は、ワンシーズンで使い切ること。

「高価な美容液だから」と長期使用している人もいますが、品質が落ちてしまう可能性があります。色が変わったり、購入時とは違う香りがしたり、分離などが起こっている場合には注意が必要です。

日焼け止めアイテムの寿命

 日焼け止めは、開封した段階から劣化が進んでいきます。前年使いきれなかったものを使用している方も多いと思いますが、せっかくSPF値の高いものを購入していても、劣化してしまえばせっかくの効果を得ることができないでしょう。また、傷んだアイテムを使うと、肌にとっても負担になってしまいます。日焼け止めの寿命は、基本的にはワンシーズン。毎年、買い替えるようにしましょう。

ファンデーションなどのメイクアイテムの寿命

 メイクアイテムは一度にたくさんの量を使う訳ではないため、長期にわたって使っている人もいるはず。しかし、メイクアイテムにもそれぞれ寿命があります。

《ファンデーション》

 ファンデーションは、未開封の状態であれば3年が寿命と言われています。しかし、一度開封したものは、半年〜1年で使い切ることが理想的です。

 リキッドやクリームファンデーションには水分が含まれているため、バクテリアが繁殖しやすくなります。パウダータイプは、定期的なスポンジのケアが大切。カビや雑菌が繁殖しやすいため、清潔に保つようにしましょう。

《コンシーラー》

 部分的に使うコンシーラーは消費するまでには時間がかかりますが、実はコンシーラーにも寿命があります。リキッドタイプは最高でも1年、スティックタイプやパウダータイプは1年以内を目安に使いましょう。

《アイシャドウ》

 目の周りに使用するアイシャドウは目の粘膜周辺で使用するため、バクテリアの繁殖が起こりやすくなります。特に、水分が含まれたクリームタイプなどは注意が必要。3カ月程度で買い替えるのが理想的です。

《口紅やグロス》

 口紅やグロスは直接唇につけるため、最低でも1年置きには買い替えましょう。長く使ってしまうと質感が変わり、使いにくくなることもあります。

 また、水分量が多いグロスは、香りが変わったり、べたつきが起こることがあります。使用感が気になった時には、買い替え時だと判断しましょう。

《チーク》

 パウダータイプのチークは、清潔なブラシを使って使用していれば2年ほどは持ちます。しかし、リキッドやクリームタイプのチークは乾燥して肌なじみが悪くなるため、1年を目安に買い替えを検討した方が良いでしょう。

《マスカラ》

 アイシャドウ同様、マスカラも目の粘膜周辺に使うもの。マスカラは、ブラシを容器から出し入れして使うため、雑菌などが入りやすくなります。不衛生な状態で使い続けると、ものもらいや結膜炎の原因になることもあるそう。できれば、2カ月〜3カ月程度で買い替えた方が良いと言われています。

コスメの劣化を防ぐ3つの方法とは?

 コスメの寿命を知ると、「それしか保たないの?」と驚く人もいるでしょう。しかし、コスメもちょっとした手間をかけ、工夫することで次第で劣化を防ぐことができるんです。

1. 使用後の管理

 化粧水や美容液、リキッドファンデーションなどは、キャップを開けて手やスポンジに取って使います。劣化を防ぐためには、使い終わった後にキャップの口元をティッシュなどで拭いてから閉めることが肝心。もちろん、キャップはしっかりと閉めることが必須です。

2. 理想的な保管場所

 コスメの理想的な保管場所は、常温で高温・多湿を避けた場所が理想的です。中には、冷蔵庫で基礎化粧品を保管している人もいますが、出し入れにより、温度差が発生して変質に繋がることがあるため、化粧品の使用方法をよく読んで保管するようにしましょう。

3. メイク道具をお手入れする

 メイクアイテムを清潔に維持して使うためには、メイクをする際に使うブラシやチップ、パフのお手入れが欠かせません。新しいアイシャドウも、雑菌がついたブラシを使ってしまえば、清潔に保つことができなくなってしまいます。

 メイクアイテムは、1週間から2週間おきに洗って使うようにしましょう。

コスメの寿命を理解して健康的な肌を目指そう♪

 毎日しっかりとスキンケアをしていても、コスメ自体が劣化していると肌に悪影響を与える可能性があります。そうならないためには、コスメの寿命を理解して使用することが大切!

 ぜひ、この機会に、お手持ちのコスメをチェックして、劣化しているアイテムに関しては思い切って新調してみるのも良いかもしれませんよ♪

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...