コスメの寿命はどれくらい?アイテム別寿命&劣化を防ぐ方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-24 06:00
投稿日:2020-06-24 06:00
 あなたがお使いのコスメは、使い始めてからどのくらい経っていますか? 中には、お気に入りのアイテムを長年愛用し続けている人もいるのではないでしょうか? しかし、コスメにはそれぞれ寿命があります。適した買い換え時期を判断するためにも、この記事でコスメの寿命や劣化を防ぐ方法をチェックしていきましょう。

コスメに寿命があるって知ってる? アイテム別の寿命とは

コスメには寿命がある(写真:iStock)
コスメには寿命がある (写真:iStock)

 今、お使いの基礎化粧品や、メイクアイテムはどのくらいの期間使っているものでしょうか? なかなかなくならずに、長期間使用し続けているものもあるでしょう。しかし、コスメは“消費=寿命”ではありません。健康な肌を保つためにも、ここでコスメの寿命を確認していきましょう。

化粧水などの基礎化粧品の寿命

 朝、晩と洗顔後に使う化粧水や美容液、クリームなどの基礎化粧品。1日1〜2回は使うため、「なくなるのが早い」と感じている人も多いでしょう。基礎化粧品の寿命は、適切な環境で保管・使用している状態で、最長1年が目安だとされています。理想は、ワンシーズンで使い切ること。

「高価な美容液だから」と長期使用している人もいますが、品質が落ちてしまう可能性があります。色が変わったり、購入時とは違う香りがしたり、分離などが起こっている場合には注意が必要です。

日焼け止めアイテムの寿命

 日焼け止めは、開封した段階から劣化が進んでいきます。前年使いきれなかったものを使用している方も多いと思いますが、せっかくSPF値の高いものを購入していても、劣化してしまえばせっかくの効果を得ることができないでしょう。また、傷んだアイテムを使うと、肌にとっても負担になってしまいます。日焼け止めの寿命は、基本的にはワンシーズン。毎年、買い替えるようにしましょう。

ファンデーションなどのメイクアイテムの寿命

 メイクアイテムは一度にたくさんの量を使う訳ではないため、長期にわたって使っている人もいるはず。しかし、メイクアイテムにもそれぞれ寿命があります。

《ファンデーション》

 ファンデーションは、未開封の状態であれば3年が寿命と言われています。しかし、一度開封したものは、半年〜1年で使い切ることが理想的です。

 リキッドやクリームファンデーションには水分が含まれているため、バクテリアが繁殖しやすくなります。パウダータイプは、定期的なスポンジのケアが大切。カビや雑菌が繁殖しやすいため、清潔に保つようにしましょう。

《コンシーラー》

 部分的に使うコンシーラーは消費するまでには時間がかかりますが、実はコンシーラーにも寿命があります。リキッドタイプは最高でも1年、スティックタイプやパウダータイプは1年以内を目安に使いましょう。

《アイシャドウ》

 目の周りに使用するアイシャドウは目の粘膜周辺で使用するため、バクテリアの繁殖が起こりやすくなります。特に、水分が含まれたクリームタイプなどは注意が必要。3カ月程度で買い替えるのが理想的です。

《口紅やグロス》

 口紅やグロスは直接唇につけるため、最低でも1年置きには買い替えましょう。長く使ってしまうと質感が変わり、使いにくくなることもあります。

 また、水分量が多いグロスは、香りが変わったり、べたつきが起こることがあります。使用感が気になった時には、買い替え時だと判断しましょう。

《チーク》

 パウダータイプのチークは、清潔なブラシを使って使用していれば2年ほどは持ちます。しかし、リキッドやクリームタイプのチークは乾燥して肌なじみが悪くなるため、1年を目安に買い替えを検討した方が良いでしょう。

《マスカラ》

 アイシャドウ同様、マスカラも目の粘膜周辺に使うもの。マスカラは、ブラシを容器から出し入れして使うため、雑菌などが入りやすくなります。不衛生な状態で使い続けると、ものもらいや結膜炎の原因になることもあるそう。できれば、2カ月〜3カ月程度で買い替えた方が良いと言われています。

コスメの劣化を防ぐ3つの方法とは?

その化粧品、冷蔵庫に入れて大丈夫?(写真:iStock)
その化粧品、冷蔵庫に入れて大丈夫? (写真:iStock)

 コスメの寿命を知ると、「それしか保たないの?」と驚く人もいるでしょう。しかし、コスメもちょっとした手間をかけ、工夫することで次第で劣化を防ぐことができるんです。

1. 使用後の管理

 化粧水や美容液、リキッドファンデーションなどは、キャップを開けて手やスポンジに取って使います。劣化を防ぐためには、使い終わった後にキャップの口元をティッシュなどで拭いてから閉めることが肝心。もちろん、キャップはしっかりと閉めることが必須です。

2. 理想的な保管場所

 コスメの理想的な保管場所は、常温で高温・多湿を避けた場所が理想的です。中には、冷蔵庫で基礎化粧品を保管している人もいますが、出し入れにより、温度差が発生して変質に繋がることがあるため、化粧品の使用方法をよく読んで保管するようにしましょう。

3. メイク道具をお手入れする

 メイクアイテムを清潔に維持して使うためには、メイクをする際に使うブラシやチップ、パフのお手入れが欠かせません。新しいアイシャドウも、雑菌がついたブラシを使ってしまえば、清潔に保つことができなくなってしまいます。

 メイクアイテムは、1週間から2週間おきに洗って使うようにしましょう。

コスメの寿命を理解して健康的な肌を目指そう♪

手持ちのコスメをチェック!(写真:iStock)
手持ちのコスメをチェック! (写真:iStock)

 毎日しっかりとスキンケアをしていても、コスメ自体が劣化していると肌に悪影響を与える可能性があります。そうならないためには、コスメの寿命を理解して使用することが大切!

 ぜひ、この機会に、お手持ちのコスメをチェックして、劣化しているアイテムに関しては思い切って新調してみるのも良いかもしれませんよ♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...
女性にプレゼントならこれ♡ 王道ビューティーギフト&選び方
 誕生日やちょっとしたお礼、お祝いなどで、女性へプレゼントを送る機会って意外と多いもの。中でも、人気なのが「ビューティー...