そげ胸に悩む私…ブラから筋トレまでとにかく対策してみた!

リサ&モニ 美容研究マニア
更新日:2020-09-20 06:00
投稿日:2020-09-20 06:00
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、鏡に映った貧相な胸元を見て愕然とした私。そして、ネットで検索してはじめて、加齢による「そげ胸」だと確信したんです。「このまま諦めて何もせずに年老いていくのはイヤ!」と、その日から思いつく限りのそげ胸対策を試してみた……今回は、そんな私リサの体験記です。

バストの上部にボリュームがない「そげ胸」の原因は?

痩せたわけじゃないのに…(写真:iStock)
痩せたわけじゃないのに… (写真:iStock)

 思い返せば、「最近、ブラの上がパカパカするな」「サイズが合ってないのかな」って思うことが増えていました。実はこれこそが、そげ胸になり始めたサインだったようです(>_<)

 私のバストは小さいけれど、高校まで続けたバレー部のおかげか、バスト上部には筋肉が付いていてデコルテ下からハリはあったはず。そこでまずは、どうしてそげてしまったのか、原因を調べてみました!

そげ胸になる4つの原因

 そげ胸になる原因は、おもに4つあります。
1. 筋肉の衰え
2. クーパー靭帯の切れや伸び
3. 加齢によるハリの減少
4. 加齢による女性ホルモンの減少

 35歳専業主婦で怠け者の私の場合、筋肉の衰え、加齢によるハリや女性ホルモンの減少が当てはまります。しかも、バストが小さくても「姿勢の悪さでクーパー靭帯は切れる」と知り、見事4つの原因全てをコンプリートしてしまいました( ̄▽ ̄;)

【リサが選んだ4つの対策】そげ胸には土台作りの筋トレ&ハリをアップするマッサージが基本!

お顔と同じくらい丁寧に…(写真:iStock)
お顔と同じくらい丁寧に… (写真:iStock)

 そんな訳で思いつく限りのそげ胸対策を試してきた私ですが、現在はデコルテ下の貧相な胸の悩みはなくなってきたような気がします。そこで、私が試した中から「これが効果的」だと思った4つの対策方法をご紹介しますね!

対策1. そげ胸対策ブラを着けてみた

 そげ胸を根本的に改善するには、時間がかかります。でも、その間ずっと恥ずかしい胸元でいるのは嫌だったので、まずは「そげ胸対策ブラ」を試してみました。

 私が使用したのは、横胸をおさえる「離れ乳」に特化したブラ。ブラのサイドにバストを持ち上げるための強力なネットがついていて、横や下に流れたバストの脂肪を上に押し上げてくれるんです♡

 この対策ブラはわりと即効性があったので、着けてすぐ日中の胸元への視線が気になることはなくなりました! そして、夜用にノンワイヤーのナイトブラを購入。こちらは、眠っている間にバストの肉が流れるのを防ぐ意味で試してみました。

 ブラトップだけで寝た日の翌朝と比べると、心なしかバストがしっかり真ん中にキープされていたので、バストを維持する効果はあると思います!

対策2. 筋トレ&エクササイズをしてみた

 効果抜群だったのが、筋トレです! ボディビルダーの男性の胸元をイメージしてみてください。鍛えた大胸筋のおかげで、男性でもバストが大きく見えませんか? そう、ズバリ大胸筋をしっかり鍛えれば、そげ胸は物理的に改善することができると気づいたんです♡ 

 しかも、大胸筋はバストを支える土台なので、バスト自体も垂れないように支えてくれます。私が行った筋トレはこちら。

 【大胸筋を鍛える筋トレ1】
1. ダンベル、もしくは水の入ったペットボトルを用意する
2. 仰向けに寝て足を肩幅に開き、両手でダンベルを持つ
3. 息を吐きながらダンベルを胸の上にゆっくり持ち上げ、息を吐きながら下ろす
4. 10回2セット程度繰り返して行う

【大胸筋を鍛える筋トレ2】
1. 両手の平を胸の前で合わせる。この時、小指だけは合わせないようにする
2. そのまま胸の前で手のひらを押し合うように力を入れる

 どちらも簡単な方法なので、日々の習慣にしていました。実際、かなり効果があってデコルテの下部分が盛り上がってきたんです! 筋トレは続ければ必ず結果が現れるので、1カ月程度で変化に気づくはずですよ(*^ω^*)

対策3. バストアップマッサージをしてみた

 ネットや本で美乳研究家の人のメソッドをいろいろ見たのですが、脂肪が移動しやすいことや、筋肉をほぐすことが美乳に繋がることからバストマッサージを提案している人が多いようでした。

 私が試したのは、二の腕や脇の脂肪をバスト側に移動するようにひたすら撫でる方法! 簡単ですが、お風呂に入っている時や気づいた時にひたすらやっていました。これが、二の腕シェイプにも効いたし、バストも前よりふっくらとした気がします♡

対策4. バストアップクリームを塗ってみた

 もうひとつおすすめなのが、バストアップクリームです。人気のバストアップクリームには、塗った部分の脂肪を増やすことができる「ボルフィリン」という成分が配合されているんだとか。私は配合量が一番多いクリームを購入し、毎日せっせとマッサージの時に塗りました。

 このクリームはハリのアップにかなり効果が実感できたので、そげ胸の人にはおすすめですよ! 最初はお風呂で体を洗う時の泡を利用してバストマッサージをしていた私ですが、バストアップクリームを塗ってから明らかにハリに変化がありました!

 というわけで、本気でそげ胸改善をしたい人には、ぜひマッサージと一緒にバストアップクリームも使うことをおすすめします♡

筋トレとバストマッサージでそげ胸は改善する♡

諦めるのはまだ早い!(写真:iStock)
諦めるのはまだ早い! (写真:iStock)

 そげ胸で悩んでいた3年前と比べて、今は痩せたデコルテはあまり気にならなくなりました。筋トレで作った大胸筋の土台と、マッサージ&バストクリームでアップしたハリが見た目に大きな変化を生んでくれたんだと思います。

 あの時、諦めないで良かった! あなたもぜひハリのあるバストを諦めないで色々な対策を試してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...