デザートみたいなおつまみ「ナガノパープル白和え」の意外性

コクハク編集部
更新日:2020-10-18 06:00
投稿日:2020-10-18 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・人形町の和食料理店「いわ瀬」の望月洋介さんに、皮ごと食べられるブドウを使った「ナガノパープル白和え」のレシピを教えていただきました。

ダイエット中の人にもおすすめ

合う酒=純米吟醸酒(C)コクハク
合う酒=純米吟醸酒 (C)コクハク

 ナガノパープルは、巨峰とリザマートという品種の交配で生まれたブドウです。

「白和えは本来、水切りに一晩使うのですが、これなら茹でるだけですぐ出来ます。ナガノパープルは種がなく、皮ごと食べられるので時短可能。もちろん種や皮を取ったほかの品種でも結構ですし、柿や豚冷しゃぶに変えても合います」

「白和え」と聞くとハードルが高そうですが、料理の工程を聞くと案外、簡単。豆腐とフルーツの斬新な組み合わせも調和しています。

「『福寿』とともに、どうぞ。ノーベル賞の晩餐にも振る舞われたことがある純米吟醸酒で、フルーティーな味わいが特徴です」

 おしゃれなつまみを肴にしながら福寿を口に含めば、まるで功績を残した偉人になったかのよう。

「白和えは低カロリーでタンパク質が豊富。そこに、ブドウのビタミンも入っていますので、ダイエットをしている方にもオススメです。茹でた豆腐は水分が出ないので、冷蔵庫で1~2日保存することも可能です」

 ヨーグルトを加えると酸味が加わるので、味わいが深くなるそうです。

【材料】

・ナガノパープル 4個
 (4分の1に切っておく)
・絹ごし豆腐 2分の1丁
・三つ葉 1束
 (茹でて切ったもの)
・塩 1グラム
・砂糖 1グラム
・味噌 小さじ2分の1

【レシピ】

(1)豆腐を2センチ角に切り、沸騰した湯で30秒茹でてザルにあける。
(2)1を泡立て器でなめらかになるまで潰し、塩、砂糖、味噌を入れる。
(3)冷めたら(常温でも可)ナガノパープルと三つ葉を入れて混ぜる。

本日のダンツマ達人…望月洋介さん

▽もちづき・ようすけ
 生まれ育った静岡県の割烹で5年間修業。オーナーの石井道雄さんにその腕を見込まれて上京し、26歳で料理長となった。

▽いわせ
 築90年の趣のある古民家で創作和食を楽しめる人気店。歴史と風情を感じる和食店。望月さんが仕入れるこだわりの食材と、粋な名物女将が出迎える。元大工のオーナー・石井さんのこだわりがちりばめられた骨董を楽しむ客人も多い。ミシュランガイド東京の「ビブグルマン」に4年連続で選ばれている。東京都中央区日本橋人形町1―5―10。

(日刊ゲンダイ2018年10月24日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
香ばしくてトロトロ!「チーズ餅」イクラや明太子と合わせて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...