【肌タイプ診断】自分の肌質を知ってスキンケアに役立てて♡

コクハク編集部
更新日:2020-09-22 06:00
投稿日:2020-09-22 06:00
 スキンケアアイテムを選ぶ時に、とても重要なのが「肌タイプ」です。“乾燥肌”や“脂性肌”などよく聞くワードですが、実際のところ自分がどんな肌タイプかわかっていない人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、簡単にできる肌タイプ診断方法と正しいスキンケア方法をご紹介します。しっかり自分の肌質を理解して、一番効果的なスキンケアを行ってくださいね♡

肌タイプ診断の前に…肌質を知っておくことが重要な訳

肌質に合ったアイテムを選びたい(写真:iStock)
肌質に合ったアイテムを選びたい (写真:iStock)

 スキンケアアイテムの説明書きを読むと、必ずと言っていいほど「適した肌質」が記載されています。もしもあなたが、「なんとなく保湿力の高いものを使っておけばいい!」と思っているなら大間違い! 実は、肌質によってスキンケアのやり方は大きく異なってくるんです。

 逆に言えば、肌質に合ったスキンケアをするだけで、ずっと悩んできた肌トラブルが一気に解消することもあります。いろいろ試しすぎてスキンケアに自信がなくなっているなら、まずは正確な肌タイプを診断してみましょう♡

【自分の肌質を知る方法】セルフ肌タイプ診断テスト

 さっそく、あなたの肌タイプを診断してみましょう。まずは、チャートの質問に答えてみてください。たとえば、おでこと頬で肌の特徴が違うと感じる場合は、それぞれの部位について診断してみましょう。

「普通肌」の特徴

 普通肌の診断結果になった人は、肌の水分と皮脂のバランスが保たれているベストな状態! 肌トラブルも少なく、肌表面には自然なツヤがあるはずです。水分と油分が混ざり合った天然のバリア機能も正常に働いているので、今、行っているケアを続けてみてくださいね。

「乾燥肌」の特徴

 乾燥肌の人は、肌の水分&油分ともに不足している状態。本来、肌には、水分が蒸発しないようにしたり、外部の刺激から肌を守ったりする「バリア機能」が備わっていますが、乾燥肌の人は、このバリア機能が低下している状態にあります。

 肌の水分が蒸発しやすく、外部の刺激の影響を受けやすいため、注意が必要。適切なケアを行わないと、敏感肌に悪化する恐れもあるかもしれません。

「脂性肌」の特徴

 脂性肌とは、肌の皮脂分泌量が多い肌質のこと。思春期の脂性肌はホルモンが活発に分泌される時期のため、ある意味自然な反応とも言えます。ただし、20代以降の脂性肌の原因はまったく別。脂肪分の多い食事や夜更かしなどの不規則な生活習慣、また、生理周期やストレスなどによるホルモンバランスの乱れが原因となっていることが多いでしょう。

 さらに、間違ったスキンケアによって、肌外部は皮脂が多いのに肌内部は水分不足という「インナードライ肌」の状態になってしまい、肌を守ろうとして皮脂が過剰分泌されている場合もあります。

「敏感肌」の特徴

 敏感肌は、外からの刺激に対して敏感に反応してしまう肌質のことです。乾燥肌と似ていますが、原因の中にホコリや花粉、ダニなどによる「アレルギーの炎症」が含まれます。さらに、体調やホルモンバランスの乱れなどによって、反応がひどくなってしまうのも特徴。

 また、敏感肌の人の肌は乾燥しやすく、乾燥肌の人はアレルギー反応も起こしやすくなるため、乾燥肌と敏感肌は双方の状態を悪化させやすい関係にあるようです。

「混合肌」の特徴

 混合肌とは、顔の中に乾燥肌や脂性肌が混在している状態のことをいいます。特に、おでこから鼻にかけてのTゾーンが脂性肌、顎やフェイスラインにかけてのUゾーンが乾燥肌になっているケースが多いでしょう。

 これは、皮脂を分泌する皮脂腺が、Tゾーンに多く集まっていることが原因のひとつ。そのため、部位の状態に合わせてケアを変えることが重要です。

肌タイプに合わせた正しいスキンケア方法

あなたはどの肌タイプ?(写真:iStock)
あなたはどの肌タイプ? (写真:iStock)

 肌タイプ診断で結果がわかったら、肌タイプに合わせた正しいスキンケア方法をチェックしてみましょう! 普通肌の人は、今のケアを継続してOKです♡

乾燥肌の正しいスキンケア方法

 肌のバリア機能が低下した状態の乾燥肌には、なんといっても保湿を重視したケアが大切。しっかり水分と油分を補給して、乾燥対策をしていきましょう。

【乾燥肌のお手入れポイント】
・ セラミド、スクワラン、ヒアルロン酸など、保湿力の高い成分が配合されたものを使う
・ クレンジング剤はミルクタイプやバームタイプ、クリームタイプなどがおすすめ
・ 乾燥がひどい時は、保湿回数を見直してこまめに水分&油分補給をする
・ 紫外線で乾燥が悪化するため、外出時は日焼け対策をする

脂性肌の正しいスキンケア方法

 脂性肌のスキンケアは、原因に合わせたケアを選ぶことが大切です。たとえば、生活習慣が乱れていると感じる人は、食事や睡眠時間などを見直すだけでも肌の調子が落ち着いてくるはず。

 その上でしっかり保湿し「潤いがあるから皮脂を過剰分泌しなくても大丈夫」と肌に思わせるケアを行うのもポイントです。

【脂性肌のお手入れポイント】
・ 毛穴の詰まりには、ビタミンC誘導体やフルーツ酸などを配合したものでケアする
・ 皮脂が気になる時には、ホットタオルやお湯の蒸気などで毛穴を開かせてから洗う
・ インナードライによる脂性肌もあるため、保湿はしっかりと行う
・ 脂性肌によるニキビには、抗炎症作用や殺菌作用のある成分がおすすめ
・ あぶらとり紙は、皮脂の過剰分泌を起こす可能性があるので使いすぎない

敏感肌の正しいスキンケア方法

 敏感肌も乾燥肌同様、保湿ケアを重点的に行い、肌のバリア機能をアップさせるケアが基本。また、生活習慣に気をつけて、ストレスや体調管理をしっかりすることもポイントです。

 花粉やホコリ、ダニ、アルコール、添加物などがアレルゲンとなっている可能性もあるため、一度皮膚科などのアレルギー検査を受けて何が刺激になっているのかを突き止めるのも良いかもしれません。

【敏感肌のお手入れポイント】
・ スキンケアアイテムは敏感肌用や、パッチテスト・アレルギーテスト済みのものを使う
・ 添加物などが入っていない低刺激&高保湿のものを選ぶ
・ スクワラン、アミノ酸、セラミドなど、肌のバリア機能を高める成分がおすすめ
・ 症状が改善されない場合には皮膚科を受診し、肌に合う保湿剤を処方してもらう

肌タイプ診断を活用して肌質にあったスキンケアを♡

さっそく始めてみよう!(写真:iStock)
さっそく始めてみよう! (写真:iStock)

 自分の肌質がわからないと、知らないうちに肌の悩みを悪化させてしまっていることもあります。しっかりと肌質を見極めてから、あなたに合ったスキンケアをすることが大切ですよ。

 今回の肌タイプ診断では“敏感肌”だったとしても、肌トラブルの原因を取り除いて正しいスキンケアをすれば、肌タイプは変わるはず! きっと、今までの悩みを解消させて美肌を手に入れられますよ。ぜひこの記事を参考に、スキンケアを見直してみてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...