ブラがきつい気がする…自分に合ったブラを選ぶポイント♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-09-15 06:00
投稿日:2020-09-15 06:00
 女性の毎日に欠かせない存在である「ブラジャー」。何気ない時に「ブラがきつい気がする……」と、感じたことはないでしょうか?女性はブラジャーの購入時、前回と同じサイズを手に取る人が多くいます。しかし、体重や年齢とともにバストのサイズも変化してくるもの。少しでもきついと感じるのであれば、バストが変化している証拠かもしれません。
 そこで今回は、ブラのサイズがきつい気がする人に、デメリットや正しい計測方法を紹介します。

ブラのサイズが合っていないことで起こる3つのデメリット

ブラ選びちゃんとできてる?(写真:iStock)
ブラ選びちゃんとできてる? (写真:iStock)

 ブラジャーのサイズが合っていないと、バストだけではなく、体全体にさまざまなデメリットが起こります。正しいサイズのブラを着ける重要性について、まずはチェックしていきましょう。

1. 苦しさを感じる

 ブラがきつい気がするまま過ごしてしまうと、窮屈さや締めつけを感じてしまいます。それが1日中続けば、苦しさから気分が悪くなってしまうこともあるでしょう。また、腕が動かしにくくなったり、肩こりなどの症状が出たりすることもあります。

 特にアンダー部分ががきついと、ワイヤーの跡が体についてしまい消えにくくなることも。跡が残るほどのブラは、確実にアンダーサイズが合っていない証拠ですので、注意が必要です。

2. スタイルが悪く見える

「大きいブラにお肉を集めれば、バストが大きく見える」「小さいブラで寄せて上げれば、谷間ができる」このような誤った情報を信じている人もいますが、これらはただの噂。体にとっては良いことではありません。

 たとえば、小さいブラを着けるとブラが全体的に前に寄ってきてしまうので、背中やワキが締め付けられます。そうすると後ろから見た時に背中に段差ができてしまい、スタイルが悪く見えてしまうのです。

3. 見た目年齢が上がる

 実は、バストの見え方と見た目年齢には深い関係があります。正しく選んだブラを着けるだけで、見た目年齢が4歳も若くなるというデータがありますが、逆に自分に合っていないブラを着けるとバストのトップ位置が下がり、さらに上胸のボリュームがなくなるため、実年齢よりも老けて見られてしまうのだとか。

 トップの位置と上胸のボリュームを整えて、いつまでも若々しい女性でいられるようにしましょう。

ブラのサイズは合っている? 3つのチェックポイント

ホックは中心に(写真:iStock)
ホックは中心に (写真:iStock)

「現在使っているブラが、体に合っているかわからない」という人は、これからお伝えするポイントをチェックしていきましょう。

1. ワイヤーが食い込んでいない?

 ブラがきつい気がする時は、ワイヤーが食い込んでいる可能性が高いです。この状態の場合、カップサイズ or アンダーサイズが小さいか、トップとアンダーのサイズが体に合っていないかもしれません。

 また、実はバージスラインも大切なチェックポイント。バージスラインとは、バストの下側に沿ったラインのことをいいますが、ワイヤーの幅がバージスラインよりも高くなると食い込むような違和感を感じやすいです。

2. ホックの位置は中心にある?

 背中にあるブラのホックの位置も、ブラのサイズを確認するうえでは重要。アンダーサイズが大きいブラを着けているとブラのホックの位置が上がりますし、小さいブラを着けていてもバストの重みでカップが下がり、ホックの位置が上がります。

 要は、体に合わないブラはホックの位置が上がりやすくなるということ。きちんと背中の中心にあるかどうか、確認してみましょう。

3. ブラが動かない? 浮いていない?

 サイズが合っているブラであれば、どんな動きをしてもブラが動いたり浮いたりすることはありません。バストに対して大きいブラを着けていれば、当然バスト部分に空洞ができてスカスカの状態に。また、反対にきついブラを着けていても、ブラにバストが乗って浮きやすくなるため、きちんと固定されているかどうかもチェックしましょう。

きついブラから脱出! 正しいブラの選び方

自分の正確なブラサイズちゃんと知ってる?(写真:iStock)
自分の正確なブラサイズちゃんと知ってる? (写真:iStock)

 お手持ちのブラがきつかったり、ゆるかったりと体に合っていないのであれば、できるだけ早くフィット感のあるブラを新調しましょう! 次に正しいブラの選び方のポイントをお伝えします。

バストの計測を正しく行う

 ブラを選ぶ時、最も大切なのは正しいサイズのものを選べるかどうか!そのためにも、まずはトップバストとアンダーバストの計測を正しく行いましょう。

 トップはバストの一番高い部分となります。メジャーが水平になっているかを鏡で確認しながら正確に測りましょう。バストのアンダーは、胸とお腹の境目のラインです。肩の力を抜いて、乳房の真下を水平に正しく計測してください。

 1人で測るのであれば、鏡を見てブラを着けた状態でメジャーをあてるとわかりやすいです。メジャーが水平であること、またメジャーを見る時にも背中を丸めないことを意識してください。

 下着屋さんに行けば、プロのスタッフさんが測ってくれますので、正しいサイズをチェックすることができますよ。また、メーカーによってもサイズ感が違うため、試着をしてから購入するとフィットするブラを選ぶことができます。

ブラを選ぶタイミングにも注意

 バストのサイズは、1カ月の中、また1日の中でも微妙に変化することがあります。生理前後や食事前後でも大きさが変わってくるため、どちらにも当てはまらない「通常時」を選ぶのがポイントです。

 少しの誤差でもブラのサイズは変わってきてしまうので、正しいサイズを出すようにしましょう。

正しいブラの着け方もチェック!

 ブラがきつい気がすると感じる場合、ブラの着け方に問題があるかもしれません。ここで、今さら聞きにくい正しいブラの着け方を紹介します。

【正しいブラの付け方】


1. まずは、肩にストラップをかけて、バストをカップの中に収めるようにして背中のホックをとめます。体を前傾にして、バスト周辺にあるお肉をすべて集めるようなイメージで行いましょう。

2. 右手で左側のバストを下方から包み込むように持ち上げて、中央に運ぶようにして寄せ上げます。

3. 反対も同じように、左手で右側のバストを包み込んで中央に運ぶようにしてください。

4. 姿勢をまっすぐに正して、ストラップを調整します。
 この時にブラがきつい気がする、もしくは大きすぎると感じた場合は、ブラのサイズが合っていない可能性があります。鏡を見て、あなたのバストが一番美しく見えるように整えてください。

ブラがきつい気がする…と感じたら替え時かも?

体に合うブラでいつまでも美バストを(写真:iStock)
体に合うブラでいつまでも美バストを (写真:iStock)

 正しいサイズのブラジャーをつけることは、見た目の印象にも大きく関わってきます。小さすぎても大きすぎても、バストの形は崩れてしまうため、常に体に合うブラを着けておきたいですよね。

 ブラがきつい気がする……と感じた時が替え時かも? ぜひ、正しく測って、正確なサイズのブラを購入してくださいね♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...