ブラがきつい気がする…自分に合ったブラを選ぶポイント♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-09-15 06:00
投稿日:2020-09-15 06:00
 女性の毎日に欠かせない存在である「ブラジャー」。何気ない時に「ブラがきつい気がする……」と、感じたことはないでしょうか?女性はブラジャーの購入時、前回と同じサイズを手に取る人が多くいます。しかし、体重や年齢とともにバストのサイズも変化してくるもの。少しでもきついと感じるのであれば、バストが変化している証拠かもしれません。
 そこで今回は、ブラのサイズがきつい気がする人に、デメリットや正しい計測方法を紹介します。

ブラのサイズが合っていないことで起こる3つのデメリット

ブラ選びちゃんとできてる?(写真:iStock)
ブラ選びちゃんとできてる? (写真:iStock)

 ブラジャーのサイズが合っていないと、バストだけではなく、体全体にさまざまなデメリットが起こります。正しいサイズのブラを着ける重要性について、まずはチェックしていきましょう。

1. 苦しさを感じる

 ブラがきつい気がするまま過ごしてしまうと、窮屈さや締めつけを感じてしまいます。それが1日中続けば、苦しさから気分が悪くなってしまうこともあるでしょう。また、腕が動かしにくくなったり、肩こりなどの症状が出たりすることもあります。

 特にアンダー部分ががきついと、ワイヤーの跡が体についてしまい消えにくくなることも。跡が残るほどのブラは、確実にアンダーサイズが合っていない証拠ですので、注意が必要です。

2. スタイルが悪く見える

「大きいブラにお肉を集めれば、バストが大きく見える」「小さいブラで寄せて上げれば、谷間ができる」このような誤った情報を信じている人もいますが、これらはただの噂。体にとっては良いことではありません。

 たとえば、小さいブラを着けるとブラが全体的に前に寄ってきてしまうので、背中やワキが締め付けられます。そうすると後ろから見た時に背中に段差ができてしまい、スタイルが悪く見えてしまうのです。

3. 見た目年齢が上がる

 実は、バストの見え方と見た目年齢には深い関係があります。正しく選んだブラを着けるだけで、見た目年齢が4歳も若くなるというデータがありますが、逆に自分に合っていないブラを着けるとバストのトップ位置が下がり、さらに上胸のボリュームがなくなるため、実年齢よりも老けて見られてしまうのだとか。

 トップの位置と上胸のボリュームを整えて、いつまでも若々しい女性でいられるようにしましょう。

ブラのサイズは合っている? 3つのチェックポイント

ホックは中心に(写真:iStock)
ホックは中心に (写真:iStock)

「現在使っているブラが、体に合っているかわからない」という人は、これからお伝えするポイントをチェックしていきましょう。

1. ワイヤーが食い込んでいない?

 ブラがきつい気がする時は、ワイヤーが食い込んでいる可能性が高いです。この状態の場合、カップサイズ or アンダーサイズが小さいか、トップとアンダーのサイズが体に合っていないかもしれません。

 また、実はバージスラインも大切なチェックポイント。バージスラインとは、バストの下側に沿ったラインのことをいいますが、ワイヤーの幅がバージスラインよりも高くなると食い込むような違和感を感じやすいです。

2. ホックの位置は中心にある?

 背中にあるブラのホックの位置も、ブラのサイズを確認するうえでは重要。アンダーサイズが大きいブラを着けているとブラのホックの位置が上がりますし、小さいブラを着けていてもバストの重みでカップが下がり、ホックの位置が上がります。

 要は、体に合わないブラはホックの位置が上がりやすくなるということ。きちんと背中の中心にあるかどうか、確認してみましょう。

3. ブラが動かない? 浮いていない?

 サイズが合っているブラであれば、どんな動きをしてもブラが動いたり浮いたりすることはありません。バストに対して大きいブラを着けていれば、当然バスト部分に空洞ができてスカスカの状態に。また、反対にきついブラを着けていても、ブラにバストが乗って浮きやすくなるため、きちんと固定されているかどうかもチェックしましょう。

きついブラから脱出! 正しいブラの選び方

自分の正確なブラサイズちゃんと知ってる?(写真:iStock)
自分の正確なブラサイズちゃんと知ってる? (写真:iStock)

 お手持ちのブラがきつかったり、ゆるかったりと体に合っていないのであれば、できるだけ早くフィット感のあるブラを新調しましょう! 次に正しいブラの選び方のポイントをお伝えします。

バストの計測を正しく行う

 ブラを選ぶ時、最も大切なのは正しいサイズのものを選べるかどうか!そのためにも、まずはトップバストとアンダーバストの計測を正しく行いましょう。

 トップはバストの一番高い部分となります。メジャーが水平になっているかを鏡で確認しながら正確に測りましょう。バストのアンダーは、胸とお腹の境目のラインです。肩の力を抜いて、乳房の真下を水平に正しく計測してください。

 1人で測るのであれば、鏡を見てブラを着けた状態でメジャーをあてるとわかりやすいです。メジャーが水平であること、またメジャーを見る時にも背中を丸めないことを意識してください。

 下着屋さんに行けば、プロのスタッフさんが測ってくれますので、正しいサイズをチェックすることができますよ。また、メーカーによってもサイズ感が違うため、試着をしてから購入するとフィットするブラを選ぶことができます。

ブラを選ぶタイミングにも注意

 バストのサイズは、1カ月の中、また1日の中でも微妙に変化することがあります。生理前後や食事前後でも大きさが変わってくるため、どちらにも当てはまらない「通常時」を選ぶのがポイントです。

 少しの誤差でもブラのサイズは変わってきてしまうので、正しいサイズを出すようにしましょう。

正しいブラの着け方もチェック!

 ブラがきつい気がすると感じる場合、ブラの着け方に問題があるかもしれません。ここで、今さら聞きにくい正しいブラの着け方を紹介します。

【正しいブラの付け方】


1. まずは、肩にストラップをかけて、バストをカップの中に収めるようにして背中のホックをとめます。体を前傾にして、バスト周辺にあるお肉をすべて集めるようなイメージで行いましょう。

2. 右手で左側のバストを下方から包み込むように持ち上げて、中央に運ぶようにして寄せ上げます。

3. 反対も同じように、左手で右側のバストを包み込んで中央に運ぶようにしてください。

4. 姿勢をまっすぐに正して、ストラップを調整します。
 この時にブラがきつい気がする、もしくは大きすぎると感じた場合は、ブラのサイズが合っていない可能性があります。鏡を見て、あなたのバストが一番美しく見えるように整えてください。

ブラがきつい気がする…と感じたら替え時かも?

体に合うブラでいつまでも美バストを(写真:iStock)
体に合うブラでいつまでも美バストを (写真:iStock)

 正しいサイズのブラジャーをつけることは、見た目の印象にも大きく関わってきます。小さすぎても大きすぎても、バストの形は崩れてしまうため、常に体に合うブラを着けておきたいですよね。

 ブラがきつい気がする……と感じた時が替え時かも? ぜひ、正しく測って、正確なサイズのブラを購入してくださいね♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


肌悩みが多い人へ♡ カバー力があるファンデの種類&使い方
 濃いシミやニキビ跡、頑固なクマなど、短時間のケアでは治らない肌トラブルって辛いですよね……。そんな女性の強力な味方が「...
“スモーキーメイク”のやり方&アイシャドウの色選びのコツ♡
 トレンドに敏感な女性たちの間では、すっかりお馴染みの「スモーキーメイク」。「取り入れてみたいけど、やり方がわからない…...
“色気メイク”で彼の心を掴もう♡ポイント&パーツ別メイク法
 女性らしい魅力を引き出すことができる「色気メイク」は、大人の女性にとって、理想的なメイクと言えるかもしれません。そこで...
新垣結衣さんの“すっぴん美肌”を目指せるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」...
ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...