タイミング別!正しいかかとケアのやり方&必要アイテム♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-09-13 06:00
投稿日:2020-09-13 06:00
 かかとがガサガサしていると、ひび割れが痛かったり、靴下がひっかかったり……と、悩みが尽きないですよね。しかも、いったん角質が分厚くなったかかとは、なかなか治りません。
 そこで今回は、自宅でできるかかとの角質ケアのやり方や、おすすめアイテムをご紹介します♡ 正しいかかとのケア方法を知って、つるんとしたかかとを手に入れてくださいね!

かかとがガサガサになる原因って?

かかとのケアは難しい?(写真:iStock)
かかとのケアは難しい? (写真:iStock)

 体の中でも皮脂の分泌が少ないかかとは、乾燥しやすいうえ、体の圧力がかかりやすい部位。肌に過度な乾燥や強い圧力、摩擦などの刺激が加わると、肌を守ろうとしてどんどん角質が分厚くなっていくのです。それに加えて、加齢やストレスなどが重なると肌のターンオーバーが乱れ、古い角質を肌の外に排出することができなくなってしまいます。

 でも、かかとは「1日で急激に角質が分厚くなる」訳ではありません。ガサガサを作らない一番の予防方法は、日々のかかとケアを習慣にすることでしょう。

かかとケアにおすすめ! 揃えておきたい4つのアイテム

スクラブで古い角質を優しくオフ(写真:iStock)
スクラブで古い角質を優しくオフ (写真:iStock)

 それではさっそく、かかとの角質ケアにおすすめのアイテムからご紹介しましょう!

1. 寝る時のケアに活躍する「かかと用靴下」

 かかと用靴下は、かかとを乾燥や冷えから守ってくれる便利アイテムです。伸縮性が高く、どんな足のサイズでもぴったりフィットします。

 オイルが配合されていたり、保湿シートが付いていたりとさまざまな種類があるのも魅力。寝る前に履くだけで、翌朝しっとりしたかかとになりますよ。

2. 保湿力が高い「かかとケアクリーム」

 かかとケアに欠かせないのが、かかとケア用のクリーム。もちろん、手持ちのボディクリームを使うのもありですが、かかと専用のクリームは角質を柔らかくする成分や、水分・油分がたっぷり配合されているものなどが多いので効率よくケアできます。

 ガサガサが激しい時には、尿素やシアバター配合のものがおすすめ。ひび割れによる痛みなどの辛い症状には、薬用タイプも良いでしょう。日々のケアには、べたつきの少ないものを選ぶと良いですよ。

3. 硬くなったかかとに効く「重曹」

「重曹」は弱アルカリ性なので、酸化した皮脂や油を取り除くことができます。重曹を溶かした足湯にしばらく浸けるだけで、角質が取りやすくなりますよ。また、粒子が細かく、水にも溶けにくいため、ペーストにしてかかとの分厚い角質を研磨するケアにも役立ちます。

4. 古い角質を除去する「フットスクラブ」

 フットスクラブは、微粒子パウダーが配合された足専用の洗浄料のこと。マッサージするようにかかとを擦ることで、分厚くなった角質を少しずつ削り取ることが可能です。特に硬いかかとには、角質を柔らかくしながら除去できるオイル配合のものを選ぶと良いでしょう。

【タイミング別】正しいかかとケアのやり方

週末にはじっくりお手入れ♪(写真:iStock)
週末にはじっくりお手入れ♪ (写真:iStock)

 続いては、正しいかかとケアのやり方をタイミング別にご紹介します。日々のケアや週末のスペシャルケアなど、あなたの生活スタイルにあったケアを選んでくださいね♡

【日中の毎日ケア】クリーム&靴下ケア

 日中は、とにかく乾燥に気をつけるのがポイント。そこで毎日できる方法が、保湿&靴下ケアです。かかとは皮脂を分泌する力が弱いため、朝、しっかりかかとにクリームやオイルを塗り込んで保湿しましょう。サンダルなどを履かない限りは、しっかり足を温めてくれる靴下を上から履きます。

 靴下を履かない場合はべたつきの少ないクリーム、靴下を履くならこってりした保湿力の高いクリームがベストです。

【夜の毎日ケア】お風呂上がりのマッサージ

 夜のお風呂タイムは、角質がふやけていて絶好のかかとケアチャンスです。浴槽に浸かって足をふやかしたら、パール大のフットスクラブをかかとに塗り、円を描くように優しくマッサージしてください。

 マッサージが終わったらかかとケアクリームをしっかり塗り、かかと用靴下を履いて寝ましょう。毎日続けることで、徐々に角質が剥がれていきますよ。

【週末ケア】重曹足湯&マッサージ

 週末、時間のある時にじっくり行いたいのが重曹で作る足湯ケアです。洗面器に38度前後のお湯を入れたら、小さじ2程度の重曹を溶かしましょう。ゆったり15分〜20分程度足を浸けることで、角質が柔らかくなって落としやすくなります。

 足湯から上がったら、フットクリームをかかと全体に塗り込んで優しく円を描くようにマッサージします。最後に靴下を履いて、しっかり潤いをキープしましょう。

【ぱっくり割れの緊急ケア】薬用アイテムでケア

 かかとの荒れがひどすぎてパックリと割れてしまったら、通常のケアはやめて、まずは薬用アイテムでひび割れを治しましょう。液体タイプの絆創膏や、かかとのひび割れ用の軟膏を塗るなどしてケアします。ひどい場合には、皮膚科を受診するようにしてくださいね。

かかとケアを習慣に!やり方を覚えてツルツルかかとに♡

見られても焦らない!(写真:iStock)
見られても焦らない! (写真:iStock)

 圧力や乾燥など、かかとの角質が厚くなってしまう原因は日常の至る所にあります。だからこそ、毎日のケアを習慣にしてしまうことが、ツルツルかかとへの近道♡ ぜひ、この記事でご紹介した正しいかかとケアのやり方をマスターして、いつでも見せられるかかとを手に入れてくださいね!

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...