裏技テクでじっくり2時間 磯の風味を凝縮した「蒸しアワビ」

コクハク編集部
更新日:2020-11-16 06:00
投稿日:2020-11-16 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔さんに、どんなアワビでもおいしく仕上がる「蒸しアワビ」のレシピを教えていただきました。

時間をかけて弱火でじっくりと

合う酒=日本酒(C)コクハク
合う酒=日本酒 (C)コクハク

 アワビ――なんと高級な響き。庶民には旅館の夕食でしかお目にかかれないVIPです。それを今回は家飲みのツマミにしようってわけ。

「アワビなんて、いまどきスーパーでも売ってますよ」と小林さん。そりゃそうだけど、我々庶民が買える代物なんぞ、たかが知れています。

「どんなアワビでも同じようにおいしくなる、とっておきの方法を教えますよ」

 そう言って透明の袋を取り出した小林さん。そこに殻ごとよく洗ったアワビを入れ、空気を抜いて口を縛り、蒸し器にかけました。

「袋に入れるのは、にじみ出たうま味を再びアワビに戻すため。アワビ自体に塩気があるので塩も入れません」

 弱火で蒸すこと2時間。肝は取り出して肝ソースに。それをチョイとかけていただきます。ムム、ナンダこの軟らかさ! ほどよく弾力もあり、噛めば噛むほど磯の香りと塩味がにじみ出てきます。そこに肝ソースの甘味がからまり、何ともふくよかな味わい。これに負けない酒は……そう、越後の銘酒、鶴齢です。

 とにかく時間をかけてじっくり蒸すのがコツ。雨の日曜日にでも、じっくり取りかかりましょう。

【材料】

・アワビ 200~300グラム(ツブ貝や白バイ貝でも可)

〈肝ソース〉
・肝   ※アワビ1つ分
・水       50ミリリットル
・酒      大さじ2
・濃口醤油   大さじ1
・塩        適量

【レシピ】

(1)アワビの殻の表面をタワシでこすってゴミをとり、口を切って神経を抜き、厚手のナイロン袋に殻ごと入れて空気を抜く。
(2)蒸し器に入れて弱火で2時間以上蒸す。
(3)軟らかさを確認して蒸し器から出し、冷ましたら殻から外し、肝と身に分け、肝は真ん中から割って掃除する(中の白い部分を流水で洗う)。
(4)まな板の上で肝を叩き、鍋の中へ入れ、調味料を加えて火にかけ、木ベラで肝を潰すように混ぜる。裏ごしして完成。

本日のダンツマ達人…小林宏輔さん

▽小林宏輔(こばやし・こうすけ)
 1979年、新潟県新発田市生まれ。東京の魚問屋が営む鮨店「魚真」で板前修業を積み、2010年に帰郷。17年のリニューアルを機に「登喜和鮨」3代目を襲名。

▽登喜和鮨
 新潟県北部に位置する新発田市に昭和29年創業。飯豊連峰の山の幸と日本海の海の幸、それぞれの素材を引き出すことにこだわる。近ごろは県外からも多数来客。地酒も数多く揃える。新潟県新発田市中央町3―7―8。

(日刊ゲンダイ2019年11月27日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「長芋タンドリー」めでるように育てながらじっくり焼いて
 とろと~ろ、ネバネ~バが後引く長芋ですが、加熱することで出現するホクホク、シャクシャクの食感のほうがお好み――。なーん...
「ネクストなハムカツ」サラミを使って驚くほどジューシーに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
日本酒と相性抜群「魚のワンタン」白身魚ならなんでもOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
可愛すぎる! ホットケーキミックスでアメリカンドッグ!!
 年明け1回目は人気のホットケーキミックスを使ったレシピをご紹介します! 引き続き、おうちでごはんを作る機会も多くなると...
ぐっち夫婦 2021-01-17 06:00 フード
「チーズトマトの包み焼き」アンチョビーを加え洋風なコクを
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
「ピカパウ」濃厚&サッパリのポルトガル定番スナックフード
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「じゃがいもとワサビ漬けのバター炒め」加熱でうま味際立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「塩茹でエビ」軽く茹でるだけ…でも異様なまでに甘い驚き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
コッテリ&さっぱり「牛テール焼とパクチーのサラダ仕立て」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
「若鶏のラタトゥイユスタイル」味わいと歯ごたえのバランス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
食感の対比が楽しい「国産和牛もつのガーリックバター炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
パーティにぜひ!朝仕込みで簡単に作れるタンドリーチキン
 12月になるとチキンが食べたくなる……そんなことありませんか? そこで今回は朝に仕込むことでおいしく仕上がる、大人も子...
ぐっち夫婦 2021-01-18 20:19 フード
「ラム酒の入ったフレンチトースト」ラムで風味を付ける口福
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「酒盗マヨネーズ」罪深い美味しさの秘密は“4対1”の黄金比率
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「レンコンの南蛮漬け」たっぷり片栗粉は美味しさのひと手間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
ピリッ!と刺激的な大人の卵焼き「青唐辛子のオムレツ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...