男性の理想のバストサイズは何カップ? バストケア方法も♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-20 06:00
投稿日:2020-11-20 06:00
 綺麗なバストは、多くの女性にとっての憧れですよね。モデルや芸能人のバストを見て、「あんな風になりたいな」と、思った経験がある女性も多いでしょう。そして、男性から見ても女性のバストは重要視する部位であるのも事実……。そこで今回は、男性が理想とするバストサイズ&女性のバストに求める条件と、簡単にできるバストケアの方法をご紹介します。この記事を参考に、理想のバストを手に入れてくださいね。

男性が理想とするバストサイズ&女性のバストに求める条件

男性の理想のサイズと形は?(写真:iStock)
男性の理想のサイズと形は? (写真:iStock)

 多くの女性が、悩みやコンプレックスを抱えやすい「バスト」。多くの男性が注目する部位でもあるため、どう見られているかを気にしている人もいるでしょう。まずは、男性が理想とするバストのサイズと、サイズ以外で女性のバストに求める条件を見ていきましょう。

1. 人気第一位は「Dカップ」

 すべての男性が、「グラビアアイドルのような大きなバストが好み」と思っている女性も多いでしょう。しかし、男性はただ単に「巨乳であれば良い」と思っているわけではないようです。

 リサーチしたところ、男性の理想のバストサイズは、普通よりやや大きめである「Dカップ」。大きすぎず小さすぎない、丁度良い感じが人気の理由です。また、「少し大きめの方が触り心地が良い」という意見もありました。

2. バストの形が円錐型

 男性が女性のバストに求めているのは、サイズだけではありません。大きさだけでなく、バストの形を重要視する男性も多いようです。

 バストは大きく分けて、お椀型・円錐型・半球型・釣鐘型・三角形・下垂型の6つの種類がありますが、中でも男性が理想とする形が「円錐型」。欧米の女性に多いタイプで、「ロケット型」と呼ばれることもありますね。張りがあるのが特徴で、ノーブラでも形がよく、ボリューム感たっぷりに見えます。

3. ほどよい弾力が理想的

 バストを触った時に、「ほどよい弾力」があるのも、男性の理想だそう。でも、バストの弾力には個人差があり、出産経験の有無や年齢によっても大きく変わるもの。

「弾力があるほうが好き」という男性が多い中で、「柔らかいほうが好き」という意見もあります。要は、人それぞれですので、「弾力がない……」と落ち込む必要はありません!

4. 透明感のあるすべすべの白い肌

 男性は、女性特有の透明感のある白い肌が大好き。見た目の白さはもちろんですが、しっとりすべすべした触り心地も重要です。ふんわりしたキメ細かい柔らかいバストに、男性は女性らしさや色気を感じるそうですよ。

理想のバストを手に入れるために今日からできるバストケア♪

美しい姿勢が美バストを作る(写真:iStock)
美しい姿勢が美バストを作る (写真:iStock)

「私はバストが小さいから……」「円錐型とはほど遠いから……」と、落ち込む必要はありません。続いては、理想のバストを手に入れるために、今日からできるバストケアをご紹介します。バストケアはすぐ効果を実感できるものではありませんが、根気よく続けていれば必ず良い結果が出るはず。焦らず地道にバストケアに励んでくださいね。

1. マッサージで柔らかいマシュマロ胸に

 最初のバストケアは、バストマッサージ。体が温まっているお風呂の中や、お風呂上りが効果的です。リンパの流れを良くして、脇に流れた脂肪を中央に戻すようにマッサージしましょう。

【やり方】
1. 鎖骨の下の小胸筋を、指先で円を描くようにゆっくりほぐします。
2. バストの横の脇の下の筋肉を、同じようにほぐします。
3. バストの下部(ブラジャーのカップの部分)を、左右に動かしながらマッサージします。
4. 脇にはみ出した脂肪を、中央に寄せ集めるようにマッサージします。

 それぞれ、片方30秒ずつゆっくりほぐすのが大事なポイント。バスト用のマッサージジェルを使用すると、さらに効果的なのでおすすめです。マッサージ後の保湿ケアも忘れずに行ってくださいね。

2. 簡単な筋トレで下垂防止&弾力アップ

 バストの下垂やサイズアップに効果的なのが、筋トレで大胸筋を鍛えること。ダンベルでトレーニングするのがベストですが、自宅になければ500mlのペットボトルに水を入れたものでもOKですよ。

【やり方】
1. 仰向けに横になり、膝を立てます。
2. 両手にダンベルを持ち、ゆっくり胸の真上まで上げます。
3. もう一度、元の位置までゆっくり戻します。
4. 15回を1セットとして、3セット行います。

 始めは負荷を軽くし、慣れてきたら少しずつ重さをプラスしていきましょう。ある程度筋力がついてきたら、腕立て伏せにもチャレンジしてみてくださいね。

3. 正しい姿勢でボディラインを美しく

 姿勢が悪いと、バストの下垂の原因になってしまうことも。特に、バストサイズに悩みを抱えていると、そのコンプレックスを隠そうとして余計に猫背になってしまいます。

 正しい姿勢を心がけると、バストが上向きに見えるだけでなく、体幹も鍛えられるので「ぽっこりお腹」の予防にも効果的。正しい姿勢をマスターして、バストだけでなく全身のボディラインを綺麗に見せましょう。

4. 自分に合ったサイズのブラを選ぶ

 自分のサイズに合わないブラジャーを付けていると、それだけでバストの形は崩れてしまいます。自分で測るのは難しいので、正しいサイズを知るためにも店員さんに測ってもらうのがベスト。

【あわせて読みたい】ブラジャーの寿命知ってる? バストを守る見極めポイント♪

 また、最近は夜専用の「ナイトブラ」もバストケアアイテムとして注目されています。寝ている時の脂肪の横流れをしっかり防いでくれるので、おすすめのアイテムですよ。

男性が理想とするバストサイズを目標に美乳を目指そう♡

自分らしさが一番(写真:iStock)
自分らしさが一番 (写真:iStock)

 女性にとって、大きさや形などバストの悩みは尽きないもの。男性からの目線が気になる人も多いでしょう。でも、バストが小さくても、形にコンプレックスを抱えていても、諦めるのはまだ早いです!

 自宅でも簡単にできるバストケアで、あなたの理想のバストに近づけることはきっとできますよ。無理せず、自分のペースでバストケアを始めて、美乳を手に入れてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...