ミスト化粧水でいつでもどこでも乾燥ケア♡ 効果的な使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-21 06:00
投稿日:2020-11-21 06:00
 朝にしっかりスキンケアしても、昼頃には「肌がカサつく……」と感じている人は多いでしょう。乾燥が気になる時に1本持っていると便利なアイテムが、「ミスト化粧水」。どこでも手軽に乾燥ケアできるのが、一番の魅力ですよね。そこで今回は、乾燥が気になる時に使えるミスト化粧水の特徴と、正しい使い方をご紹介します。ぜひ、ミスト化粧水を選ぶ時の参考にしてくださいね。

乾燥対策に使える! ミスト化粧水の5つの特徴

外出先でも気軽に使える(写真:iStock)
外出先でも気軽に使える (写真:iStock)

 ミスト化粧水は一般的な化粧水よりも粒子が細かいので、浸透が早く肌全体に潤いを与えてくれます。コットンを使わずに片手で使用できますし、場所を選ばずどこでもさっと使えるのも便利ですよね。まずは、乾燥に効果的なミスト化粧水の5つの特徴を見ていきましょう。

1. スプレータイプなので持ち運びに便利

 ミスト化粧水はコンパクトなボトルが多く、持ち運びしやすいのが一番の魅力でしょう。小さいのでカバンや化粧ポーチに入れても、邪魔になりません。

 会社や外出先、通勤中など、肌に乾燥を感じた時、手軽にどこでも保湿できるのは嬉しいですよね。一度使い始めたら、きっと手放せないアイテムになるでしょう。

2. メイクの上からでも使用できる

 皮脂が浮くのを気にしてメイク直しの時に「油とり紙」を使用する人も多いと思いますが、乾燥肌の人が使用すると、かえって肌が乾燥してしまうことがあるので注意が必要なんですよね。

 その点、ミスト化粧水はメイクの上からでも肌の乾燥対策ができる画期的な化粧水。余分な皮脂を浮かせてメイク直ししやすい状態にしてくれますし、なお且つ、しっかり保湿できるため、乾燥肌に悩む人でも安心して使用できます。 

3. 肌を冷やして汗や皮脂を抑えてくれる

 ミスト化粧水には冷却効果があります。メイクが崩れやすい夏場に使用すると、ほてりを抑えて汗や皮脂を抑えることができるため、メイク崩れ防止にもつながります。また、ひんやりするため、疲労時のリフレッシュにも最適ですよ。

4. 余分な汚れを浮かせてくれる

 ミスト化粧水は余分な汚れを浮かせながら潤いを補ってくれるので、エアコンで乾燥した「インナードライの防止」にも効果的。

 肌にフィットしているメイクはそのままなので、皮脂やメイク汚れなど、不要なものだけを取り除くことができるところもポイント。浮かせた汚れを落とす時は、擦らずにティッシュで軽く押さえるようにしましょう。

ミスト化粧水を上手に活用! 効果的な使い方5つ

導入化粧水として使ってもOK(写真:iStock)
導入化粧水として使ってもOK (写真:iStock)

 ミスト化粧水は、毎日の生活のさまざまなシーンで大活躍してくれるアイテムです。続いては、活躍シーン別にミスト化粧水の効果的な使い方を確認していきましょう。上手な使い方をマスターして、ミスト化粧水を幅広く活用してくださいね。

1. ベースメイクの仕上げに

 ミスト化粧水はスキンケアとして使用するだけではなく、ベースメイクの後に「仕上げ」として使用すると、メイクの持ちを良くすることができます。

 ベースメイクが終わったら顔全体にまんべんなくスプレーし、ハンドプレスして肌に馴染ませましょう。肌の表面が潤うことでメイクが肌にフィットするので、長時間キレイなメイクをキープすることができます。

2. 日中のメイク直しに

 日中のメイク直しの時も、ミスト化粧水は大活躍。まずはじめに、顔全体にミスト化粧水をスプレーします。次に、ティッシュで軽く押さえるように、ヨレたファンデーションや余分な皮脂をオフします。

 最後に、ルースパウダーやパウダーファンデーションを薄くつけたら、完了です。汚れを落とさずにファンデーションを重ね塗りしてしまうと、ヨレたり厚ぼったい印象になってしまうので気を付けましょう。

3. スキンケア前の導入化粧水にも

 乾燥しやすい洗顔後や入浴後に、導入化粧水としてミスト化粧水を使用するのも効果的。ミストの粒子が肌の奥まで浸透し、しっとりなめらかな肌になりますよ。

 朝に使用すると、メイクの密着度がアップするのでメイク崩れ防止に。夜に使用すると、次に使用するスキンケアの浸透を高めてくれる効果に期待できます。

4. 日焼け後の肌のクールダウンに

 ミスト化粧水は肌のほてりを抑える効果があるので、レジャーでの日焼けやスポーツ時のクールダウンにもおすすめです。

 首筋やうなじにスプレーすると、ひんやりしてとても心地が良いですよ。

5. 寝ぐせ直しなどのヘアケアに

 ミスト化粧水は肌や顔だけに限らず、寝ぐせ直しにも活用できます。水道水で髪の毛を濡らすと、乾いた後にパサつきが気になってしまいますが、ミスト化粧水には保湿成分が配合されているので乾燥ケアをすることができるのです。

 寝ぐせが気になった時は、ぜひ試してみてくださいね。

ミスト化粧水で乾燥知らずの美肌になろう♡

コスメポーチに忍ばせて(写真:iStock)
コスメポーチに忍ばせて (写真:iStock)

 ミスト化粧水の一度の魅力は、手軽にどこでも乾燥ケアができるところ。スプレータイプの小さめボトルが多いので、携帯にも便利で重宝しますよね。

 さまざまなシーンで活躍してくれるので、スキンケアやメイク直しはもちろん、肌の保湿やヘアケア、疲労時のリフレッシュなど、あなたに合った使い方で乾燥知らずの美肌を目指してくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...