ロングとショートどっちが似合う顔?判断方法&似合わせるコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-08-17 06:00
投稿日:2020-08-17 06:00
「たまにはヘアスタイルを変えたい! 」と思っていても、ロングとショート、どちらが似合う顔なのかは切ってみないとわからないもの。一歩踏み出せずに、結局はいつも同じ髪型……という人も多いでしょう。そこで今回は、どちらが似合う顔なのかを診断する簡単な方法をご紹介します。ぜひ、新しい自分探しのヒントにしてみてくださいね!

ロングorショート? 似合う顔を判断する3つの方法

ロングorショートどちらが似合う?(写真:iStock)
ロングorショートどちらが似合う? (写真:iStock)

 さっそく、ロングヘアとショートヘア、どちらの髪型が似合うのかを判断する方法をご紹介しましょう。わかりやすい方法を選んで、チェックしてみてくださいね!

1.「5.5cmルール」で判断する

「5.5cmルール」は、イギリスで活躍するカリスマ美容師のジョンフリーダさんが発見した法則で、耳下から顎先までの長さが5.5cm未満ならショートヘア、それ以上ならロングヘアが似合うというもの。テレビでも紹介されていたので、ご存知の方もいるかもしれません。

 やり方は簡単! 顎の下に長い鉛筆を当てて、耳から顎下までの長さを定規で確認してみると簡単に計測できますよ。

2.「似合う顔型」で判断する

 顔にはいろいろなタイプがありますが、顔型別に似合う髪型を判断する方法もあります。一般的にはショートヘアが似合うのは「卵型」や「丸顔」、ロングヘアが似合うのは「面長」や「逆三角形型」の人だと言われています。

3. 写真を使って「似合う髪型診断アプリ」で判断する

 自力で判断するのが難しい人は、自分に似合う髪型を写真で判定してくれる「似合う髪型診断アプリ」を使ってみましょう。

 このアプリは自分の顔を写真に撮って登録すると、AIが顔の形を分析して似合う髪型を提案してくれるというもの。写真で見比べることができるので、よりリアルにイメージできるのがメリットですね。美容院に行く前に、試してみる価値アリですよ。

似合わなくてもOK!ロング&ショートを似合う髪型にする3つのコツ

顔タイプに合わせたアレンジも◎!(写真:iStock)
顔タイプに合わせたアレンジも◎! (写真:iStock)

 自分はどんな髪型が似合う顔なのか、判断できましたか? でも、もしも今、似合わない髪型だったとしても諦めることはありません! 続いては、似合わない髪型を似合う髪型に変えるコツをご紹介します。

1. ひし形シルエットを意識する

 ロングヘア&ショートヘアが似合わない場合の多くは、顔と髪型のシルエットのバランスが悪いことが原因です。これを解決するのに有効なのが、髪を含めた縦横の比率を「3:2のひし形シルエットに近づける」こと。

 ひし形シルエットにすると、耳のあたりにふんわりとボリューム感が生まれ、本来の顔型を隠せるのが最大のメリット。たとえ顔型に似合わないヘアスタイルでも、不思議と似合う顔に見せてくれます。小顔効果もあるため、若見せしたい方にもおすすめです。

2. 顔タイプ別にアレンジして似合わせる

 もし、今の髪型に満足していなかったとしても、アレンジをすることで似合う髪型に変えることができますよ。ちなみに、卵型の人はどんな髪型も似合うと言われているため、それ以外の顔タイプのアレンジをご紹介します!

【丸顔は高さをプラスするアレンジに】

 丸顔の人はトップに高さを出して頬に髪を下ろすアレンジにすることで、顔の丸みをカバーすることができます。たとえば、ハーフアップのお団子ヘアやかきあげ前髪、ポンパドールなどがおすすめです。

【面長はサイドにボリュームをもたせて】

 面長の人が避けたいのは、顔の縦ラインが強調される髪型。顔がより長く見えるため、避けた方が良いでしょう。もしも、そうなってしまった場合には、耳のラインにボリュームを持たせたアレンジが◎。コテでカールをつけ、耳の横にボリュームを作りましょう。

 また、毛先を外ハネにして下部分にくびれをつけるのも、バランスが良くなりますよ。上記でご紹介した「ひし形シルエット」とも相性が良い顔型ですので、意識してみてくださいね。

【逆三角形型はふんわりしたやさしさをプラス】

 逆三角形型の人は顎先が細く、頭のてっぺん部分の「ハチ」が強調されるので、キツくクールな印象を与えてしまいがち。髪型に満足できない時には、この印象が強調されている可能性があります。

 おすすめアレンジは、ハチ周りのボリュームを抑えたハーフアップや、前髪に動きをつけたシニヨン。ふんわりやさしい印象になりますよ♡

3. 顔型に合う帽子でシルエットをカバー

 髪型アレンジが苦手な人は、おしゃれな帽子でアレンジするのも良いでしょう。ポイントは、顔のシルエットに合わせて髪型や顔型の欠点をカバーしてくれる帽子を選ぶこと!

 顔の縦ラインの方が長い人はツバの広い帽子を、横ラインの方が長い人はツバが短い帽子が選んでみるとコンプレックスを上手にカバーできます。また、目つきがやさしい人は丸みのある帽子、目つきがクールな人はシャープな帽子が似合うでしょう。

似合う顔を判断してロングヘアやショートヘアを楽しもう♡

もっと魅力あるヘアスタイルに♡(写真:iStock)
もっと魅力あるヘアスタイルに♡ (写真:iStock)

 ロングヘアとショートヘア、自分に似合う顔はどちらなのか判断できましたか? 自分の顔のタイプを知ることで、きっと、もっと魅力あるヘアスタイルになるはずです。

 それでも迷ってしまったら、美容室でプロの手を借りても良いでしょう。カットする前に美容師さんになりたいシルエットや、顔のカバーしたい部分を伝えてみると、あなたに似合う髪型を提案してくれますよ。

 ぜひ、この記事を参考にして、好きなヘアスタイルを自由に楽しんでくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...