マニキュアが剥がれない塗り方4STEP♡ 剥がれる原因は?

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-05 06:00
投稿日:2020-12-05 06:00
 コロナ禍自宅で過ごす時間が増え、セルフネイルをする方が増えているのではないでしょうか? サロンに行かなくても綺麗な爪が作れるって、なんだか嬉しいですよね♡ そんな中、必ず遭遇する「マニキュアが根元からペロッと剥がれる」問題……。この記事では、マニキュアが剥がれにくくなる工夫について、ご紹介していきます。

マニキュアが根元からペロッとすぐ剥がれる5つの原因

頑張って丁寧に塗っても…(写真:iStock)
頑張って丁寧に塗っても… (写真:iStock)

 そもそも、ちゃんと乾かしたはずのマニキュアがあんなに簡単に剥がれてしまうのは、どうしてなのでしょうか。まずは原因を探るところからはじめましょう。

原因1. 爪の表面に油分が残っている

 せっかくネイルをするからと思って、直前にハンドクリームを塗っていませんか? 実は、ハンドクリームの油分が爪の表面に残っていると、ネイルカラーが剥がれやすくなるので注意が必要。初心者さんにとっては、もっとも多い失敗かもしれませんね。

原因2. ベース・トップコートを塗っていない

 セルフネイルをするときに、ベースコートやトップコートの手順を省くのも、マニキュアが剥がれやすくなる要因。

「何度も乾燥させるのって、面倒!」というお気持ちはよく分かりますが、手順の簡略化は色持ちの悪さに直結します。日常生活で知らず知らずのうちに起こる摩擦で、カラーが剥がれてしまうのです。特にPCをよく使う方はタイピングの時の刺激で剥がれやすいため、できれば忘れずにトップコートを塗りたいものです。

原因3. 先端のエッジ部分に塗っていない

 爪の先端のエッジ部分(爪を切った時の断面のこと)にカラーを塗らないのも、剥がれやすくなる原因のひとつ。意外と忘れがちな部分なんです。

 マニキュアを爪の表面だけに塗って満足してしまう方は多いですが、エッジ部分に塗らないと先端部分からめくれるような剥がれ方をしてしまいます。

原因4. 甘皮処理をせずに塗っている

 爪の両サイドと根元部分の“甘皮”の処理を忘れてしまうのも、剥がれやすくなる原因の1つ。普段放置していて余分な甘皮がある方や、爪の横や根元から色が剥がれる傾向にある方は、ぜひお手入れしてみましょう。

 今は市販で甘皮のカッターやウッドスティックが販売されているので、おうちでも手軽にケアできますよ。

原因5. 表面にバッファーをかけてない(ジェルネイルの場合)

 セルフでジェルネイルをする場合、表面にバッファー(目の細かいスポンジ状のやすり)をかけないことでも剥がれやすくなります。ネイルサロンではジェルが密着しやすいように、前処理として表面を少しだけ削る「サンディング」という工程があります。自宅でも手軽に行えるので、やってみると良いでしょう。

4STEP!マニキュアが剥がれないお手入れ方法&塗り方

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 それでは、セルフネイルを長持ちさせるためのお手入れ方法や塗り方をご紹介します。

STEP1. あらかじめ甘皮や表面のお手入れをする

 セルフネイルをする時は事前に手や爪の保湿、甘皮処理を済ませておくことでマニキュアのもちが良くなります。

 ケアを行うのにおすすめなのは、皮膚が柔らかく保湿や処理がしやすい「お風呂上がり」。ジェルネイルを使いたい場合は、このタイミングでサンディングもしておきましょう。具体的な甘皮のケア方法はネットなどで調べることができますし、プロの方が解説しているYouTube動画もたくさんあるのでチェックしてみましょう。

STEP2. 油分を取り除いてベースコートを塗る

 ベースコートを乗せる直前には、エタノールが含まれたティッシュで爪の表面を拭き取ってからにしましょう。この一手間を挟むだけで爪の油分が取り除かれて、ネイルカラーが長持ちしやすくなります。その後はベースコートを塗り、きちんと乾かすことが肝心です。

STEP3. ネイルカラーを塗ってしっかり乾かす

 ベースコートが乾いたら、上からネイルカラーを塗っていきます。爪の先のエッジ部分を先に塗り、その後表面を塗っていくと綺麗に仕上がりますよ。剥がれやヨレが気になる方は、速乾タイプのマニキュアを用いてみましょう。短時間で完全に乾くので、便利です。

STEP4. トップコートでコーティングする

 最後は、トップコートでコーティングしましょう。ネイルカラーと同じく、エッジ部分に塗ることがポイントです。

 これまでトップコートを使ったことが無い方は、持ちの良さにびっくりすると思います。長期間カラーを持続させたい時は、必ず塗る習慣をつけましょう。塗った後は、完全に乾くのを待ってくださいね。

【番外編】塗ったマニキュアがなかなか剥がれない時は?

アルミホイルは万能選手(写真:iStock)
アルミホイルは万能選手 (写真:iStock)

 反対に、塗ったマニキュアがなかなか剥がれない時は、次の手順を試してみると良いですよ。

1. コットンに除光液を浸す
2. 上からアルミホイルを巻く
3. いつもより長めに放置する

 除光液をしっかり馴染ませて溶かすことで、色が落ちやすくなりますよ。無理に擦って落とすのは、爪の負担になるのでNGです。

マニキュアが剥がれないようにするには「丁寧さ」が大事

長持ちさせたいよね♡(写真:iStock)
長持ちさせたいよね♡ (写真:iStock)

 セルフネイルで色が剥がれないようにするには、ご紹介した工程を丁寧にこなすことが大切。ほんの一手間で、マニキュアは剥がれにくくなりますよ。

 もしも時間を確保するのが大変なら、前日に手や爪をケアして、当日に油分の除去とカラーを行ってみるのも1つのアイディアです。せっかくのセルフネイル、少しでも長持ちすると良いですね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...