マニキュアが剥がれない塗り方4STEP♡ 剥がれる原因は?

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-05 06:00
投稿日:2020-12-05 06:00
 コロナ禍自宅で過ごす時間が増え、セルフネイルをする方が増えているのではないでしょうか? サロンに行かなくても綺麗な爪が作れるって、なんだか嬉しいですよね♡ そんな中、必ず遭遇する「マニキュアが根元からペロッと剥がれる」問題……。この記事では、マニキュアが剥がれにくくなる工夫について、ご紹介していきます。

マニキュアが根元からペロッとすぐ剥がれる5つの原因

頑張って丁寧に塗っても…(写真:iStock)
頑張って丁寧に塗っても… (写真:iStock)

 そもそも、ちゃんと乾かしたはずのマニキュアがあんなに簡単に剥がれてしまうのは、どうしてなのでしょうか。まずは原因を探るところからはじめましょう。

原因1. 爪の表面に油分が残っている

 せっかくネイルをするからと思って、直前にハンドクリームを塗っていませんか? 実は、ハンドクリームの油分が爪の表面に残っていると、ネイルカラーが剥がれやすくなるので注意が必要。初心者さんにとっては、もっとも多い失敗かもしれませんね。

原因2. ベース・トップコートを塗っていない

 セルフネイルをするときに、ベースコートやトップコートの手順を省くのも、マニキュアが剥がれやすくなる要因。

「何度も乾燥させるのって、面倒!」というお気持ちはよく分かりますが、手順の簡略化は色持ちの悪さに直結します。日常生活で知らず知らずのうちに起こる摩擦で、カラーが剥がれてしまうのです。特にPCをよく使う方はタイピングの時の刺激で剥がれやすいため、できれば忘れずにトップコートを塗りたいものです。

原因3. 先端のエッジ部分に塗っていない

 爪の先端のエッジ部分(爪を切った時の断面のこと)にカラーを塗らないのも、剥がれやすくなる原因のひとつ。意外と忘れがちな部分なんです。

 マニキュアを爪の表面だけに塗って満足してしまう方は多いですが、エッジ部分に塗らないと先端部分からめくれるような剥がれ方をしてしまいます。

原因4. 甘皮処理をせずに塗っている

 爪の両サイドと根元部分の“甘皮”の処理を忘れてしまうのも、剥がれやすくなる原因の1つ。普段放置していて余分な甘皮がある方や、爪の横や根元から色が剥がれる傾向にある方は、ぜひお手入れしてみましょう。

 今は市販で甘皮のカッターやウッドスティックが販売されているので、おうちでも手軽にケアできますよ。

原因5. 表面にバッファーをかけてない(ジェルネイルの場合)

 セルフでジェルネイルをする場合、表面にバッファー(目の細かいスポンジ状のやすり)をかけないことでも剥がれやすくなります。ネイルサロンではジェルが密着しやすいように、前処理として表面を少しだけ削る「サンディング」という工程があります。自宅でも手軽に行えるので、やってみると良いでしょう。

4STEP!マニキュアが剥がれないお手入れ方法&塗り方

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 それでは、セルフネイルを長持ちさせるためのお手入れ方法や塗り方をご紹介します。

STEP1. あらかじめ甘皮や表面のお手入れをする

 セルフネイルをする時は事前に手や爪の保湿、甘皮処理を済ませておくことでマニキュアのもちが良くなります。

 ケアを行うのにおすすめなのは、皮膚が柔らかく保湿や処理がしやすい「お風呂上がり」。ジェルネイルを使いたい場合は、このタイミングでサンディングもしておきましょう。具体的な甘皮のケア方法はネットなどで調べることができますし、プロの方が解説しているYouTube動画もたくさんあるのでチェックしてみましょう。

STEP2. 油分を取り除いてベースコートを塗る

 ベースコートを乗せる直前には、エタノールが含まれたティッシュで爪の表面を拭き取ってからにしましょう。この一手間を挟むだけで爪の油分が取り除かれて、ネイルカラーが長持ちしやすくなります。その後はベースコートを塗り、きちんと乾かすことが肝心です。

STEP3. ネイルカラーを塗ってしっかり乾かす

 ベースコートが乾いたら、上からネイルカラーを塗っていきます。爪の先のエッジ部分を先に塗り、その後表面を塗っていくと綺麗に仕上がりますよ。剥がれやヨレが気になる方は、速乾タイプのマニキュアを用いてみましょう。短時間で完全に乾くので、便利です。

STEP4. トップコートでコーティングする

 最後は、トップコートでコーティングしましょう。ネイルカラーと同じく、エッジ部分に塗ることがポイントです。

 これまでトップコートを使ったことが無い方は、持ちの良さにびっくりすると思います。長期間カラーを持続させたい時は、必ず塗る習慣をつけましょう。塗った後は、完全に乾くのを待ってくださいね。

【番外編】塗ったマニキュアがなかなか剥がれない時は?

アルミホイルは万能選手(写真:iStock)
アルミホイルは万能選手 (写真:iStock)

 反対に、塗ったマニキュアがなかなか剥がれない時は、次の手順を試してみると良いですよ。

1. コットンに除光液を浸す
2. 上からアルミホイルを巻く
3. いつもより長めに放置する

 除光液をしっかり馴染ませて溶かすことで、色が落ちやすくなりますよ。無理に擦って落とすのは、爪の負担になるのでNGです。

マニキュアが剥がれないようにするには「丁寧さ」が大事

長持ちさせたいよね♡(写真:iStock)
長持ちさせたいよね♡ (写真:iStock)

 セルフネイルで色が剥がれないようにするには、ご紹介した工程を丁寧にこなすことが大切。ほんの一手間で、マニキュアは剥がれにくくなりますよ。

 もしも時間を確保するのが大変なら、前日に手や爪をケアして、当日に油分の除去とカラーを行ってみるのも1つのアイディアです。せっかくのセルフネイル、少しでも長持ちすると良いですね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


デスクワークの合間にできる“座ったままストレッチ”5選♡
 コロナ禍で、自宅でデスクワークをする人が増えていますよね。そんな中、肩こりや背中、首の痛みを感じている人も多いようです...
お風呂でおうち美容♡ オススメの方法6つ&やりがちなNG例
 忙しく過ごしている人にオススメしたいのが、お風呂でのおうち美容♡ 誰しも、お風呂に入ることは習慣になっているはず。その...
「ティントリップ」を簡単にオフするならワセリンが最高!
 長引くマスク生活に便利な「ティントリップ」。マスクをつけたり、食事をしたりしても落ちにくいと人気ですが、逆にいえば「落...
合わないシャンプー&リンスの捨て方は?便利な活用法6選♪
 みなさんは、髪や肌に合わないシャンプーやリンスをどうやって捨てていますか?「捨て方がわからない」「気づけば家にたくさん...
マニキュアの落とし方決定版♡ 実はこんな裏技もあった!
 コスパがよく、いろいろな色を手軽に楽しめるマニキュア。塗っている時間は楽しいけれど、意外に悩みが多いのが「落とし方」に...
カラーリップと口紅の違いは? 上手な使い分け方をご紹介♡
 皆さんは、口紅とカラーリップの違いを知っていますか? 普段何気なく使っているアイテムですが、ほかにもグロスやティントリ...
「カラコン」初心者でも大丈夫!知っておきたい10の注意点
 最近ではファッション感覚で手軽にカラコンを使用する人が増えています。「私もカラコンを使ってみたい」と思っている人も多い...
腹巻きの嬉しいメリット4つ♡ 効果を上げる正しい使い方
 美容や健康に関心がある女性にとって、「温活」は外せない事柄でしょう。昔から“冷えは万病の元”といわれてきましたが、体を...
指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...