クールな男顔→可愛い女顔に変身♡メイクで女性らしい印象に

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-07 06:00
投稿日:2021-01-07 06:00
 最近話題の「男顔or女顔診断」、あなたは試したことはありますか?そんな中、「自分は男顔タイプだけれど、女顔タイプの雰囲気になりたい」と思っている人は多いでしょう。そこでこの記事では、男顔の女性が女顔の雰囲気に近づけるメイク方法について、ご紹介していきます。

話題の男顔or女顔診断!「男顔」を活かすメイクは?

すっきりシンプルメイクが映える!(写真:iStock)
すっきりシンプルメイクが映える! (写真:iStock)

 まずは基礎知識として、男顔・女顔のそれぞれの顔の特徴や、男顔を活かすメイクについてご紹介します。

男顔・女顔のそれぞれの特徴

 簡単に言うと「男顔タイプ」の方は、骨格の凹凸のあるくっきりした顔立ちが特徴。メイク映えする、大人っぽい印象のメイクが得意です。反対に「女顔タイプ」は、骨格の凹凸が少ない、あっさりした幼い印象の顔立ちの方が多い印象です。

「男顔」を活かすのはすっきりシンプルなメイク

 男顔の良さを活かすには、シェーディングやハイライトなどを最小限にして、気になる部分だけファンデーションでカバーするようなシンプルなメイクがおすすめ。

 カラーを使う時は、ブラウンやゴールド、くすみ系カラーなど、肌なじみのいい色味をチョイスすると、大人っぽさが際立ちます。

【あわせて読みたい】あなたは男顔?女顔? 簡単診断で特徴をメイクに活かそう♡

生まれ持った顔は変わらない? 男顔→女顔になれる?

新しいコスメに挑戦!(写真:iStock)
新しいコスメに挑戦! (写真:iStock)

 自分の顔の傾向が分かったところで、「本当はもっと可愛らしいメイクが好きなんだけどな……」と思う方もいると思います。骨格は生まれ持ったものですが、なりたい印象になれないということではありません。

「女顔」はメイクで作れる♡

 彫りの深いかっこいい顔立ちの方でも、メイクの力でベビーフェイスな女顔に近づけることは可能です。「生まれつきだから……」と、諦める必要はありません。

 技法を上手に取り入れて目の錯覚を利用することができれば、顔のパーツの印象を変えることはできるんですよ♡

女顔メイクを試したいなら保守的な思考をOFFに!

 男顔タイプの方が自分に合うメイク用品を揃えると、自然と控えめなアイテムが集まるでしょう。しかし、それに慣れてしまうと、「女性らしいアイテム」を遠ざけてしまうことも……。

 もしもあなたが女顔メイクを試してみたいのであれば、保守的な思考を一旦OFFにすることも大切。使うコスメを変えることで、自分の印象はがらっと変わります。思い切って、新しいコスメに挑戦してみましょう!

クールな男顔から可愛い女顔に大変身! メイクで作るコツ

可愛い系になれるかな(写真:iStock)
可愛い系になれるかな (写真:iStock)

 それでは、さっそく女顔に変身できるメイクをご紹介します。

事前に準備しておくもの

 まず、事前に準備しておきたいアイテムを確認しましょう。
・ハイライトスティック
・涙袋専用のライナー
・ブラウンのアイブロウ・眉マスカラ
・ブラウンのアイライン・マスカラ
・温かみのあるクリームチーク
・血色感のあるアイシャドウ・リップ

 全体的に柔らかい印象に仕上げるため、ブラウン系のカラーや、血色感のあるカラーを使っていくのがコツです。

【ベース】ハイライトで骨格を補正して柔らかい印象に

 男顔タイプは顔の彫りが深いので、あえてシェーディングは使わず、部分的にハイライトを使用しながら骨格を補正していきます。スティックタイプのハイライトを使うので、併用するならリキッドやクリームタイプのファンデーションがおすすめです。

 まず、下地とファンデーションを塗ってベースを作ったら、その後にスティックハイライトを目頭と鼻の間のくぼみ部分、小鼻の横の頬の部分、涙袋の部分に入れましょう。骨格の凹凸を、控えめに見せることができます。

【アイメイク】優しいブラウンと血色感のあるカラーで女性らしく

 アイブロウはいつもより1mmほど下に縦の幅を広げ、眉山までの角度を緩やかにするように描いてみましょう。眉マスカラを塗ると、さらに優しい印象に仕上がります。

 アイライナーはブラウンをチョイス。まつ毛の間を埋めるように上まぶたを縁取り、目尻は延長ラインやダブルラインを引きましょう。ホットビューラーとマスカラで、くるんとしたCカールのまつ毛に整えておくと良いですね。

 また、アイシャドウはオレンジやコーラルなどの血色感のあるカラーが◎。アイホール全体に、半円を描くように色を乗せてみてください。横長に入れると大人っぽくなってしまうので、まん丸を意識するのがポイント。

【チーク&リップ】やりすぎ注意! ほんのり色付けてツヤ感を

 クリームチークは、少量だけ指にとって頬の高い位置に乗せ、真ん中から外側にポンポンと伸ばしていくと、ジュワッと内側から発色しているように見えます。濃い色である必要はなく、ほんのり色づいているくらいでOK。

 最後に、リップも血色感のあるカラーを入れてみて。コーラルピンクやコーラルレッドがおすすめ。ツヤを出せるアイテムなら、なお良いです。

メイク技術をUPして、新しいあなたを表現してみて♡

新しい自分に挑戦(写真:iStock)
新しい自分に挑戦 (写真:iStock)

 生まれ持った顔を活かすメイクは取り入れやすいものの、印象をがらっと変えるメイクはちょっと抵抗がありますよね。しかし、はじめは躊躇していても、一度その技法に慣れてしまうと、その後はすんなりとできるようになるものです。

 男顔で大人っぽいあなたも、メイクで可愛らしい印象になったあなたも、どちらも素敵ですよ。ぜひ、新しい自分に変身してみてください♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...