ストレス太り診断! 太る理由&ストレス予防の対策5選!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-07-24 06:00
投稿日:2020-07-24 06:00
 人間誰しも、何かしらのストレスに悩まされていることでしょう。そんなストレスから過食になる人も多く、「ストレス太り」で、健康にも被害が及んでしまうことも。そこでこの記事では、ストレスのチェック&ストレス太りを予防する対策をご紹介します。しっかり対策をしてストレス太りを予防してくださいね。

あなたのストレスはどれくらい?診断してみよう

最近ちょっと食べ過ぎ…(写真:iStock)
最近ちょっと食べ過ぎ… (写真:iStock)

 まずは、自分がどれくらいストレスを抱えているかチェックしてみましょう。

・睡眠不足・寝つきが悪い(60分以上かかる)
・夜間に毎晩1回以上目が覚め、20分以上眠れないことが続く
・眠りすぎる(12時間以上)
・いつも悲しい気持ちになる
・食欲低下(空腹なのに食べる気がおきない)
・暴飲暴食(満腹なのに食べてしまう)
・集中力・決断力が低下している
・常に自分を責めている
・何事にも興味がなくなっている
・動きが遅くなる
・とにかく落ち着かない

 いかがでしょうか? 上記の項目に当てはまる数が多いほど、ストレス度は高いと思われます。

 仕事や人間関係、金銭問題や病気の問題など、人によってストレスの原因はさまざまですが、見逃してしまうとストレス太りだけでなく、心身ともに悪影響を受けてしまうこともあるので注意が必要です。

ストレス太りにはホルモンが関係している!理由をチェック

睡眠時間ちゃんと確保できてる?(写真:iStock)
睡眠時間ちゃんと確保できてる? (写真:iStock)

 究極を言えば、ストレスを感じたとしても食べなければ太りません。しかし、ストレスは暴飲暴食をしやすい環境を作ってしまうそうなのです。そこにはホルモンが大きく影響しています。その理由をチェックしてみましょう。

コルチゾールの分泌が活発になる

 ストレスが溜まると、「コルチゾール」というホルモンの分泌が盛んになるとされています。このコルチゾールは自律神経のバランスを乱したり、血糖値や血圧を上げてしまうため、身体機能を低下させてしまうリスクがあるそうです。

 さらには、コルチゾールは食欲を抑える働きがある「セロトニン」というホルモンの分泌を減らしてしまうと言われています。これにより、食欲が抑えられなくなってしまうのです。

睡眠不足によるグレリンの増加

 睡眠が足りないと食欲を盛んにする「グレリン」というホルモンが増え、逆に食欲を抑える「レプチン」というホルモンが減ってしまうということが、アメリカの研究でわかっているそう。つまり、「睡眠不足になると太る」というのは科学的に証明されているんですね。

 また、睡眠不足は心身に負荷をかけ、イライラやストレスを増やしてしまう原因になります。これにより、甘いものを食べたくなったり、暴飲暴食を起こしてしまうリスクが増えてしまうのです。

ストレス太りを予防する5つの対策方法

リラックスする時間を意識的に作る(写真:iStock)
リラックスする時間を意識的に作る (写真:iStock)

 ストレスは心の問題です。心をリフレッシュすると、さまざまな良い効果が現れます。ここからは、ストレス太りを予防する最適な対策方法を5つ紹介します。ぜひ、試してみてください。

1. よく睡眠をとる

 ストレスが溜まることで起こりがちなのが、睡眠不足。「眠りたいのに、いろんなことを考えてしまう……」「体は疲れてるのに眠れない……」など、睡眠時間すら十分に確保できない状態が続くとホルモンバランスが乱れ、甘いものや脂っこいものを無性に食べたくなったりと、暴飲暴食の原因になります。

 睡眠不足は思考能力や判断を狂わせることにもつながるため、まずは、睡眠時間をしっかり確保することから始めましょう。

2. リラックスする時間を作る

 ストレスによって、常にイライラしたり悩んでいる状態が食欲に向かってしまうこともあるでしょう。疲れが溜まっていても、癒す時間がないという人も多いのではないでしょうか。

 そんな時は、無理にでもリラックスする時間を作りましょう。「今日は何もしない日!」と決めて、完全に自分のOFF時間を作ってあげるのです。

 プチ旅行も、いいリフレッシュになるでしょう。有給休暇がある仕事であれば、積極的にとって休むこともおすすめです。

3. 自分の好きなこと・やりたいことをする

 仕事や育児が忙しすぎて、自分の好きなことややりたいことが全くできないという人も多いはず。そういった人も上述したように自分時間を作って、趣味などやりたいことに没頭する時間でリフレッシュしましょう。

 好きなことをしていると、時間は楽しくあっという間に過ぎるもの。イライラして食欲に走ってしまう時間を楽しいストレス解消に時間に当てましょう。必要であれば家族の協力を得たり、生活リズムを見直すなどして、時間を確保してください。

4. セロトニン(幸せホルモン)を出す

 セロトニンとは、ストレスに対して効能のある脳内物質。別名「幸せホルモン」とも呼ばれていて精神の安定や安心感、頭の回転をよくして直観力をUPするなど、私たちの脳を活発に働かせてくれると言われています。

 このセロトニンが不足すると、慢性的なストレスや疲労、イライラや意欲低下、不眠やうつ病などといった症状が現れることがあるようです。

 セロトニン不足を解消するには、「起床直後から30分、日光を浴びる」ことがもっとも簡単な方法。ほかにもウォーキング・食事の咀嚼などのリズミカルな運動や、人と触れ合うことでも分泌を増やすことは可能です。

5. 毎日少しの運動をする

 ストレス太りを解消するには、運動も良い対策の一つです。特に、ウォーキングや散歩など、セロトニンを出しながらの適度な運動は脳と体を両方ケアしてあげられるため、おすすめ! 5分程度の運動でも効果を得られると言われているため、時間がない人でも気軽に取り入れられるでしょう。

 運動が習慣になり代謝がUPされれば、ダイエット効果を得られるうえ、心身のリフレッシュにもつながります。まずは、1日5分の時間を、リフレッシュに使ってみましょう。

自分の時間を作ることでストレス太りを解消できる

心身のメンテナンスを怠らない(写真:iStock)
心身のメンテナンスを怠らない (写真:iStock)

 ストレス太りの原因はさまざま。ストレスを解消するには、なんといっても自分を癒すための時間を確保することが重要でしょう。

 幸せホルモンを出すことで、精神的なストレスが緩和されます。適度な運動も加えて、ストレス太りからダイエットにつなげてみてください。自分の体を守るのは自分の意思です。健康的な人生を送るため、「時間」を大切にしましょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...
リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソ...