ストレス太り診断! 太る理由&ストレス予防の対策5選!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-07-24 06:00
投稿日:2020-07-24 06:00
 人間誰しも、何かしらのストレスに悩まされていることでしょう。そんなストレスから過食になる人も多く、「ストレス太り」で、健康にも被害が及んでしまうことも。そこでこの記事では、ストレスのチェック&ストレス太りを予防する対策をご紹介します。しっかり対策をしてストレス太りを予防してくださいね。

あなたのストレスはどれくらい?診断してみよう

最近ちょっと食べ過ぎ…(写真:iStock)
最近ちょっと食べ過ぎ… (写真:iStock)

 まずは、自分がどれくらいストレスを抱えているかチェックしてみましょう。

・睡眠不足・寝つきが悪い(60分以上かかる)
・夜間に毎晩1回以上目が覚め、20分以上眠れないことが続く
・眠りすぎる(12時間以上)
・いつも悲しい気持ちになる
・食欲低下(空腹なのに食べる気がおきない)
・暴飲暴食(満腹なのに食べてしまう)
・集中力・決断力が低下している
・常に自分を責めている
・何事にも興味がなくなっている
・動きが遅くなる
・とにかく落ち着かない

 いかがでしょうか? 上記の項目に当てはまる数が多いほど、ストレス度は高いと思われます。

 仕事や人間関係、金銭問題や病気の問題など、人によってストレスの原因はさまざまですが、見逃してしまうとストレス太りだけでなく、心身ともに悪影響を受けてしまうこともあるので注意が必要です。

ストレス太りにはホルモンが関係している!理由をチェック

睡眠時間ちゃんと確保できてる?(写真:iStock)
睡眠時間ちゃんと確保できてる? (写真:iStock)

 究極を言えば、ストレスを感じたとしても食べなければ太りません。しかし、ストレスは暴飲暴食をしやすい環境を作ってしまうそうなのです。そこにはホルモンが大きく影響しています。その理由をチェックしてみましょう。

コルチゾールの分泌が活発になる

 ストレスが溜まると、「コルチゾール」というホルモンの分泌が盛んになるとされています。このコルチゾールは自律神経のバランスを乱したり、血糖値や血圧を上げてしまうため、身体機能を低下させてしまうリスクがあるそうです。

 さらには、コルチゾールは食欲を抑える働きがある「セロトニン」というホルモンの分泌を減らしてしまうと言われています。これにより、食欲が抑えられなくなってしまうのです。

睡眠不足によるグレリンの増加

 睡眠が足りないと食欲を盛んにする「グレリン」というホルモンが増え、逆に食欲を抑える「レプチン」というホルモンが減ってしまうということが、アメリカの研究でわかっているそう。つまり、「睡眠不足になると太る」というのは科学的に証明されているんですね。

 また、睡眠不足は心身に負荷をかけ、イライラやストレスを増やしてしまう原因になります。これにより、甘いものを食べたくなったり、暴飲暴食を起こしてしまうリスクが増えてしまうのです。

ストレス太りを予防する5つの対策方法

リラックスする時間を意識的に作る(写真:iStock)
リラックスする時間を意識的に作る (写真:iStock)

 ストレスは心の問題です。心をリフレッシュすると、さまざまな良い効果が現れます。ここからは、ストレス太りを予防する最適な対策方法を5つ紹介します。ぜひ、試してみてください。

1. よく睡眠をとる

 ストレスが溜まることで起こりがちなのが、睡眠不足。「眠りたいのに、いろんなことを考えてしまう……」「体は疲れてるのに眠れない……」など、睡眠時間すら十分に確保できない状態が続くとホルモンバランスが乱れ、甘いものや脂っこいものを無性に食べたくなったりと、暴飲暴食の原因になります。

 睡眠不足は思考能力や判断を狂わせることにもつながるため、まずは、睡眠時間をしっかり確保することから始めましょう。

2. リラックスする時間を作る

 ストレスによって、常にイライラしたり悩んでいる状態が食欲に向かってしまうこともあるでしょう。疲れが溜まっていても、癒す時間がないという人も多いのではないでしょうか。

 そんな時は、無理にでもリラックスする時間を作りましょう。「今日は何もしない日!」と決めて、完全に自分のOFF時間を作ってあげるのです。

 プチ旅行も、いいリフレッシュになるでしょう。有給休暇がある仕事であれば、積極的にとって休むこともおすすめです。

3. 自分の好きなこと・やりたいことをする

 仕事や育児が忙しすぎて、自分の好きなことややりたいことが全くできないという人も多いはず。そういった人も上述したように自分時間を作って、趣味などやりたいことに没頭する時間でリフレッシュしましょう。

 好きなことをしていると、時間は楽しくあっという間に過ぎるもの。イライラして食欲に走ってしまう時間を楽しいストレス解消に時間に当てましょう。必要であれば家族の協力を得たり、生活リズムを見直すなどして、時間を確保してください。

4. セロトニン(幸せホルモン)を出す

 セロトニンとは、ストレスに対して効能のある脳内物質。別名「幸せホルモン」とも呼ばれていて精神の安定や安心感、頭の回転をよくして直観力をUPするなど、私たちの脳を活発に働かせてくれると言われています。

 このセロトニンが不足すると、慢性的なストレスや疲労、イライラや意欲低下、不眠やうつ病などといった症状が現れることがあるようです。

 セロトニン不足を解消するには、「起床直後から30分、日光を浴びる」ことがもっとも簡単な方法。ほかにもウォーキング・食事の咀嚼などのリズミカルな運動や、人と触れ合うことでも分泌を増やすことは可能です。

5. 毎日少しの運動をする

 ストレス太りを解消するには、運動も良い対策の一つです。特に、ウォーキングや散歩など、セロトニンを出しながらの適度な運動は脳と体を両方ケアしてあげられるため、おすすめ! 5分程度の運動でも効果を得られると言われているため、時間がない人でも気軽に取り入れられるでしょう。

 運動が習慣になり代謝がUPされれば、ダイエット効果を得られるうえ、心身のリフレッシュにもつながります。まずは、1日5分の時間を、リフレッシュに使ってみましょう。

自分の時間を作ることでストレス太りを解消できる

心身のメンテナンスを怠らない(写真:iStock)
心身のメンテナンスを怠らない (写真:iStock)

 ストレス太りの原因はさまざま。ストレスを解消するには、なんといっても自分を癒すための時間を確保することが重要でしょう。

 幸せホルモンを出すことで、精神的なストレスが緩和されます。適度な運動も加えて、ストレス太りからダイエットにつなげてみてください。自分の体を守るのは自分の意思です。健康的な人生を送るため、「時間」を大切にしましょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 メイクアイテムにはそれぞれこだわりがあるため、アイシャドウやチーク、リップなどのカラーが「いつも同じ」という人も多いで...
FILM
 最近話題にのぼることの多い「育乳ブラ」。ルルクシェルも育乳ブラを販売するブランドのひとつで、「くつろぎ育乳ブラ」という...
FILM
 スキンケアアイテムを選ぶ時に、とても重要なのが「肌タイプ」です。“乾燥肌”や“脂性肌”などよく聞くワードですが、実際の...
FILM
「美容大国」と呼ばれるほど、美容意識の高い国である韓国。女優やアイドルだけでなく、ソウルの街では老若男女問わず、ツルツル...
FILM
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、...
FILM
 コロナ禍により、自宅で過ごす時間が多くなったこのごろ。「おうち美容」を見直している人も多いのではないでしょうか? お手...
FILM
 彼とのお泊まりデートで一緒にスキンケアを楽しめたら、おうち美容が充実します。女性向けとして発売されているコスメにも、カ...
FILM
 秋の訪れを感じられるこの頃ですが、まだまだ気温も湿度も油断できない日々。「マスクのせいで顔が蒸れて汗ばみ、目元がパンダ...
FILM
 女性にとって、バストは女性らしさの象徴であり、魅力のひとつ。だからこそ、バストサイズや形に悩みを抱えている人も多いので...
FILM
 女性の毎日に欠かせない存在である「ブラジャー」。何気ない時に「ブラがきつい気がする……」と、感じたことはないでしょうか...
FILM
 かかとがガサガサしていると、ひび割れが痛かったり、靴下がひっかかったり……と、悩みが尽きないですよね。しかも、いったん...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。職業的にテレビやラジオの番組に呼んでいただくことがあります。15年ほどで10...
FILM
 温泉やプールで、綺麗なお尻の人を見かけるとついつい見ちゃうんですよね……。なぜなら、私のお尻が汚いから( ;∀;) ど...
FILM
手が美しい女性って素敵ですよね♡ せっかくネイルや指輪で可愛くしても、ふとコーヒーカップを持った手がガサガサだと、とても...
FILM
 毎日行うスキンケアのひとつに「洗顔」がありますが、誰かに習うものでもないので、自己流で行っている人も多いのではないでし...
FILM
 日中はしっかりブラを着けていても、夜はノーブラ……など、バストケアをしない人は多いよう。でも実は、夜のケアこそ「垂れ胸...