まるですっぴん♡ パーツ別“ノーメイク風”のメイクポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-03 06:00
投稿日:2020-11-03 06:00
 綾瀬はるかさんや有村架純さん、新垣結衣さんのような、まるですっぴんみたいな透明肌に憧れる方は多いでしょう。このような「ノーメイク風」のメイク技法は、一度習得するとさまざまな場面で重宝します。この記事では、まるですっぴんのような肌に見せる「ノーメイク風」のメイク方法についてご紹介していきます。

学校…お泊まり…ノーメイク風のポイントやアイテムをチェック♡

薄いメイクこそテクニックが必要(写真:iStock)
薄いメイクこそテクニックが必要 (写真:iStock)

 学校やお泊まりなど、本来はノーメイクでいるはずの場面であっても、すっぴんに抵抗がある女性は多いでしょう。実生活でも、できるだけメイクをしていないように見せたい場面はたくさんありますよね。

  一般的にセルフメイクは、濃くするよりも薄くする方が難しいと言われています。まずは、ポイントを押さえていきましょう!

ノーメイク風のコツは「カラーレスな透明感」

 ノーメイク風のメイクでは、自分のコンプレックスを隠すような“補正技法”を極力封印し、あなた本来の顔のパーツの良さを活かすメイクをしていきます。

 そのため、ベースを作る時もカバーしすぎずに、素肌を透けさせるのが大切。アイシャドウなどのポイントメイクも、極力色を使わずに本来の肌の色に馴染むブラウン系の色味を基調にして、透明感を出していきましょう。

ノーメイク風のメイクに必要な10のアイテム

 ノーメイク風にメイクをしたい場合は、事前にスキンケアをしっかりと行って肌のコンディションを整えておくことをおすすめします。また、メイクアップ化粧品として用意するのは、以下の10つ。

・パープルのコントロールカラー
・クマ隠し用コンシーラー
・BBクリーム
・くすみピンクorブラウンのチーク
・パウダー
・ミルクブラウンのアイライナー
・ブラウンカラーでシマータイプのアイシャドウ
・髪色に近いアイブロウ
・アイブロウの色と同系色のマスカラ
・血色カラーのシアーリップ

 このアイテムのほかに、ツールとして水で濡らして使う3Dパフ、パウダー用のブラシがあると便利です。

【パーツ別】実際にやってみよう!ノーメイク風のメイク方法

チークは優しい色味を選んで(写真:iStock)
チークは優しい色味を選んで (写真:iStock)

 それでは、実際に「ノーメイク風」のメイクをしていきましょう!

ベースは密着感のあるアイテムで薄付きに

 ベースメイクは、素肌を活かすために薄付きに仕上げていくのが基本。まずはじめに、パープルのコントロールカラーを頬やおでこ、顎などに部分的に乗せ、肌をトーンアップさせていきます。赤みが気になる方は、グリーンを使ってもOK。

 その上から、クマ用コンシーラーでくすみやシミを軽く補正します。3Dパフを水で濡らして、顔全体に叩き込むようにして馴染ませましょう。この時、つけすぎてしまった余分なコンシーラーも、ぼかして馴染ませます。

 その後、手の甲に米粒2つ分ほどBBクリームを出し、肌がくすんでいる所を中心に指で塗り広げ、全体に馴染ませましょう。この時全てカバーしきれなくてもOK。むしろ、少しそばかすなどが透けるくらいが、素肌感が出てちょうど良い仕上がりになります♡

チークはバレない程度にいれるのがGOOD

 次にチークを入れます。チークは血色感をプラスするために入れますが、あくまで「もとからこんな色ですよ!」という表現をしたいので、バレない程度に入れるのがポイント。入れる場所も、無難に頬の一番高い所を目安にしましょう。

 カラーは、肌馴染みの良い少しくすみがちなピンクやブラウンが◎。また、フィットしやすいクリームタイプがおすすめです。ただし、韓国コスメのような高発色のものは避けましょう。

 チークを入れたら、上から軽くパウダーを乗せます。テカリやすい鼻やおでこを中心にふわっとパウダーを乗せ、その流れで頬の上もブラシで撫でると、先ほどのチークが肌の内側から発色しているように見えます♡

アイメイクは控えめに、リップは血色感を意識

シアーなタイプなら自然に見える(写真:iStock)
シアーなタイプなら自然に見える (写真:iStock)

アイメイクは「アイシャドウを控え目にする」のがコツ

 アイメイクには、小さなラメがチラチラと光るシマーなタイプのアイシャドウがおすすめ。自然な血色感が出るような、ブラウンカラーを選びましょう。ピンクや赤など色のついたもの、パール高配合でツヤ感が出るもの、大粒のラメは避けるのが無難です。

 アイシャドウは、アイホール全体に塗り広げます。目元がくすむ方は、同じ色を下瞼に塗ってもOK。抜け感を大事にしたいので、あえて締め色は使わないのがコツです。

 アイラインはミルクティータイプのものを、上瞼のラインの上だけに引きましょう。アイプチや切開ライン、ダブルライン、タレ目ライン等、補正系のラインは全て封印して、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように入れます。下のラインを入れるとメイクをしている感が出てしまうため、上のラインのみで良いでしょう。

眉は髪の色に近いパウダーをON! 必ずスクリューブラシを

 眉毛は、髪の色に近いパウダーをONしていきます。普段、自分の髪より明るめの色を入れている方は、ワントーン落とすのがナチュラルに仕上げるコツ。パウダーのあとは、必ずスクリューブラシでぼかしながら毛の流れを整えていきましょう。

 次に、眉毛の色に合わせてマスカラを入れていきます。たとえば眉毛がダークブラウンならブラウンのマスカラを、眉毛がグレーなら、黒マスカラをチョイス。このように使うカラーのバリエーションを抑えることで、自然な抜け感が生まれますよ。

リップは血色感の出るシアーなものをチョイス

 最後に入れるリップのカラーは、血色感のある色をチョイスしたいところ。パーソナルカラーがイエベさんならレッドブラウン系の色を、ブルベさんならくすみピンク系の色味がよく馴染みます。シアータイプのものを選ぶと本来の唇の色が透けるので、よりナチュラルさを演出できますよ♡

ノーメイク風を極めればすっぴん美人に近づける♡

ナチュラルなのにきれいを目指す♪(写真:iStock)
ナチュラルなのにきれいを目指す♪ (写真:iStock)

「ノーメイク風」の、メイク技法についてご紹介しました。全体のポイントとしては、本来の肌や顔のパーツ、髪の色を活かしてメイクをすること。カラーや補正に頼らず、自分が持っている魅力を前面に出すメイクをすることで、透明感が引き出せるはず。

 ノーメイク風のメイクはナチュラルメイクにも応用できるので、ぜひ覚えてみてください。これであなたも、すっぴん美人に近づけるはずです♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...