まるですっぴん♡ パーツ別“ノーメイク風”のメイクポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-03 06:00
投稿日:2020-11-03 06:00
 綾瀬はるかさんや有村架純さん、新垣結衣さんのような、まるですっぴんみたいな透明肌に憧れる方は多いでしょう。このような「ノーメイク風」のメイク技法は、一度習得するとさまざまな場面で重宝します。この記事では、まるですっぴんのような肌に見せる「ノーメイク風」のメイク方法についてご紹介していきます。

学校…お泊まり…ノーメイク風のポイントやアイテムをチェック♡

薄いメイクこそテクニックが必要(写真:iStock)
薄いメイクこそテクニックが必要 (写真:iStock)

 学校やお泊まりなど、本来はノーメイクでいるはずの場面であっても、すっぴんに抵抗がある女性は多いでしょう。実生活でも、できるだけメイクをしていないように見せたい場面はたくさんありますよね。

  一般的にセルフメイクは、濃くするよりも薄くする方が難しいと言われています。まずは、ポイントを押さえていきましょう!

ノーメイク風のコツは「カラーレスな透明感」

 ノーメイク風のメイクでは、自分のコンプレックスを隠すような“補正技法”を極力封印し、あなた本来の顔のパーツの良さを活かすメイクをしていきます。

 そのため、ベースを作る時もカバーしすぎずに、素肌を透けさせるのが大切。アイシャドウなどのポイントメイクも、極力色を使わずに本来の肌の色に馴染むブラウン系の色味を基調にして、透明感を出していきましょう。

ノーメイク風のメイクに必要な10のアイテム

 ノーメイク風にメイクをしたい場合は、事前にスキンケアをしっかりと行って肌のコンディションを整えておくことをおすすめします。また、メイクアップ化粧品として用意するのは、以下の10つ。

・パープルのコントロールカラー
・クマ隠し用コンシーラー
・BBクリーム
・くすみピンクorブラウンのチーク
・パウダー
・ミルクブラウンのアイライナー
・ブラウンカラーでシマータイプのアイシャドウ
・髪色に近いアイブロウ
・アイブロウの色と同系色のマスカラ
・血色カラーのシアーリップ

 このアイテムのほかに、ツールとして水で濡らして使う3Dパフ、パウダー用のブラシがあると便利です。

【パーツ別】実際にやってみよう!ノーメイク風のメイク方法

チークは優しい色味を選んで(写真:iStock)
チークは優しい色味を選んで (写真:iStock)

 それでは、実際に「ノーメイク風」のメイクをしていきましょう!

ベースは密着感のあるアイテムで薄付きに

 ベースメイクは、素肌を活かすために薄付きに仕上げていくのが基本。まずはじめに、パープルのコントロールカラーを頬やおでこ、顎などに部分的に乗せ、肌をトーンアップさせていきます。赤みが気になる方は、グリーンを使ってもOK。

 その上から、クマ用コンシーラーでくすみやシミを軽く補正します。3Dパフを水で濡らして、顔全体に叩き込むようにして馴染ませましょう。この時、つけすぎてしまった余分なコンシーラーも、ぼかして馴染ませます。

 その後、手の甲に米粒2つ分ほどBBクリームを出し、肌がくすんでいる所を中心に指で塗り広げ、全体に馴染ませましょう。この時全てカバーしきれなくてもOK。むしろ、少しそばかすなどが透けるくらいが、素肌感が出てちょうど良い仕上がりになります♡

チークはバレない程度にいれるのがGOOD

 次にチークを入れます。チークは血色感をプラスするために入れますが、あくまで「もとからこんな色ですよ!」という表現をしたいので、バレない程度に入れるのがポイント。入れる場所も、無難に頬の一番高い所を目安にしましょう。

 カラーは、肌馴染みの良い少しくすみがちなピンクやブラウンが◎。また、フィットしやすいクリームタイプがおすすめです。ただし、韓国コスメのような高発色のものは避けましょう。

 チークを入れたら、上から軽くパウダーを乗せます。テカリやすい鼻やおでこを中心にふわっとパウダーを乗せ、その流れで頬の上もブラシで撫でると、先ほどのチークが肌の内側から発色しているように見えます♡

アイメイクは控えめに、リップは血色感を意識

シアーなタイプなら自然に見える(写真:iStock)
シアーなタイプなら自然に見える (写真:iStock)

アイメイクは「アイシャドウを控え目にする」のがコツ

 アイメイクには、小さなラメがチラチラと光るシマーなタイプのアイシャドウがおすすめ。自然な血色感が出るような、ブラウンカラーを選びましょう。ピンクや赤など色のついたもの、パール高配合でツヤ感が出るもの、大粒のラメは避けるのが無難です。

 アイシャドウは、アイホール全体に塗り広げます。目元がくすむ方は、同じ色を下瞼に塗ってもOK。抜け感を大事にしたいので、あえて締め色は使わないのがコツです。

 アイラインはミルクティータイプのものを、上瞼のラインの上だけに引きましょう。アイプチや切開ライン、ダブルライン、タレ目ライン等、補正系のラインは全て封印して、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように入れます。下のラインを入れるとメイクをしている感が出てしまうため、上のラインのみで良いでしょう。

眉は髪の色に近いパウダーをON! 必ずスクリューブラシを

 眉毛は、髪の色に近いパウダーをONしていきます。普段、自分の髪より明るめの色を入れている方は、ワントーン落とすのがナチュラルに仕上げるコツ。パウダーのあとは、必ずスクリューブラシでぼかしながら毛の流れを整えていきましょう。

 次に、眉毛の色に合わせてマスカラを入れていきます。たとえば眉毛がダークブラウンならブラウンのマスカラを、眉毛がグレーなら、黒マスカラをチョイス。このように使うカラーのバリエーションを抑えることで、自然な抜け感が生まれますよ。

リップは血色感の出るシアーなものをチョイス

 最後に入れるリップのカラーは、血色感のある色をチョイスしたいところ。パーソナルカラーがイエベさんならレッドブラウン系の色を、ブルベさんならくすみピンク系の色味がよく馴染みます。シアータイプのものを選ぶと本来の唇の色が透けるので、よりナチュラルさを演出できますよ♡

ノーメイク風を極めればすっぴん美人に近づける♡

ナチュラルなのにきれいを目指す♪(写真:iStock)
ナチュラルなのにきれいを目指す♪ (写真:iStock)

「ノーメイク風」の、メイク技法についてご紹介しました。全体のポイントとしては、本来の肌や顔のパーツ、髪の色を活かしてメイクをすること。カラーや補正に頼らず、自分が持っている魅力を前面に出すメイクをすることで、透明感が引き出せるはず。

 ノーメイク風のメイクはナチュラルメイクにも応用できるので、ぜひ覚えてみてください。これであなたも、すっぴん美人に近づけるはずです♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...