手荒れがつらい…症状別対策&ハンドクリームの正しい使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-02 06:03
投稿日:2021-02-02 06:00
 寒くなってくると、手荒れに悩む人が増えてきます。中には、手荒れの悪化により、痛みやかゆみを伴う状態に陥っている人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、手荒れの症状別対策方法と、ハンドクリームによる正しい手荒れ対策方法をご紹介します。

手荒れ対策は症状によっても変わる? 症状別対策方法

ツラーい手荒れ…(写真:iStock)
ツラーい手荒れ… (写真:iStock)

 手荒れと一言で言っても、実はさまざまな症状があります。少しでも早く症状を抑えるためには、自分の状態にあった対策方法を取り入れることが近道ですよ。

ちょっとした乾燥やカサカサ肌

 手荒れを起こしているといっても、乾燥によりカサカサ感を感じている人も多いでしょう。軽い乾燥の場合には、とにかく肌を保湿することが必要です。

 乾燥によるカサカサ肌の人には、保湿効果の高いヒアルロン酸やセラミド、グリセリンがおすすめ。どちらの成分も私たちの肌内部にある成分のため、肌馴染みもよく、潤いを保ってくれるでしょう。また、シアバターには保湿成分だけではなく、ビタミンEが含まれているため、血行を良くして肌のターンオーバーを促してくれる効果が期待できます。

ひび割れやあかぎれがある肌

 手荒れがひどくなってくると、ひび割れが起きたり、あかぎれが起こることがあります。痛みを伴うため、手を洗うのも辛い状態である人も多いのではないでしょうか。

 こういった症状の場合には、末端神経の血行をよくしてくれるビタミンEが含まれた保湿アイテムがおすすめ。また、油膜を張ってくれるワセリンには、水分が逃げないように防止する効果があります。べたつきはありますが、肌の乾燥予防としてケアに取り入れてみるのもおすすめです。

ごわつきのある肌

 肌のごわつきも、実は肌荒れの症状の一つです。肌に柔らかさがなくなり、角質が固くなっていると思ったら、肌荒れのサイン。

 そんな時には、尿素が含まれたクリームがおすすめです。尿素には保湿とともに、角質を和らげてくれる効果があるため、ごわつきを解消してくれるでしょう。ただし、角質を溶かす働きもあるため、赤みやかゆみがある場所には使用しないようにしましょう。

赤みやかゆみがある肌

 肌荒れと思っている人の中には、実は湿疹になってしまっている人もいます。たとえば、「指紋が薄くなっている」「皮膚が硬くなっている」「指先から赤みが手のひらに広がった」「水ぶくれ」「発疹」などの症状も、手荒れではなく湿疹である可能性があります。

 こういった症状の場合には、どんなにハンドクリームをつけても改善しません。自己判断せず、一度皮膚科で相談することがおすすめです。

意外と知らない!5つのハンドクリーム正しい手荒れ対策方法

ハンドクリームはたっぷりと(写真:iStock)
ハンドクリームはたっぷりと (写真:iStock)

 手荒れを予防&改善するためには、ハンドクリームでの対策が有効ですが、意外と正しい使い方ができていない人が多くいます。せっかく対策するのであれば、正しい対策を取り入れましょう!

1. 手を洗った後、しっかりと水分を拭き取る

 ハンドクリームは手を洗ってから使う人が多いですが、手荒れを防ぐためにはぬるま湯で洗うのがベスト! なぜなら、汚れを落としながらも、必要以上に油分を落とさずに済むためです。

 手洗いが終わったら、素早く水分を落としましょう。こうすることで、皮膚に残っている水分の蒸発を防ぎ、乾燥を防ぐことができます。その後、ハンドクリームで肌を保護しましょう。

2. 洗うたびに、ハンドクリームで保湿する

 ハンドクリームのケアは、気が向いた時だけでは足りません。手荒れの予防&改善のためには、手を洗うたびにケアすることが必須です。外出時はハンドクリームを持ち歩き、手を洗うたびにケアする癖をつけましょう。

 また、就寝時にも肌は乾燥しますから、就寝前もしっかりケアしましょう。

3. ハンドクリームは、ケチらず使う

 ハンドクリームの効果をしっかりと得るためには、それぞれの容器に記載されている目安量を使うこともポイントです。

 ケチって少量でケアしてしまうとクリームを伸ばす際に肌摩擦が生じ、刺激を与えることになります。ハンドクリームはケチらず、目安量を用いてケアするように心がけましょう。

4. ハンドクリームは体温で温めてから、肌に伸ばす

 ハンドクリームをつける際、肌にクリームをのせたら、すぐに肌全体に伸ばす人が多いでしょう。確かに、このほうが簡単に肌に馴染ませることができます。

 しかし、より肌に浸透させるためには、クリームを一度手のひらに出して指でこすり合わせ、温めてから伸ばすことがおすすめ。このひと手間を加えるだけで浸透性が高まり、肌なじみをアップさせることができます。

5. ハンドクリームの効果を感じなかったら、手湿疹を疑う

 肌荒れに悩んでいる人の中には、「毎日、ちゃんとハンドクリームでケアをしているのに、状態が良くならない」という人もいるでしょう。

 そんな人は、手湿疹の状態になっているかもしれません。手湿疹は炎症ですから、ハンドクリームでは改善することはできません。なかなか状態が変わらない場合には皮膚科を受診して、治療薬を処方してもらうようにしましょう。

意外と見られる手元…手荒れを改善して美しい手を目指そう

お気に入りの香りで気分も上げていこう(写真:iStock)
お気に入りの香りで気分も上げていこう (写真:iStock)

「手」は周りに見られていないようで、実は密かに注目されている場所。どんなに着飾っていても、手が荒れ放題ではがっかりされるでしょう。自分自身も、手を見るたびにテンションが下がってしまいますよね。ぜひ、今回ご紹介した手荒れ対策を取り入れて、美しい手を目指してくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


デスクワークの合間にできる“座ったままストレッチ”5選♡
 コロナ禍で、自宅でデスクワークをする人が増えていますよね。そんな中、肩こりや背中、首の痛みを感じている人も多いようです...
お風呂でおうち美容♡ オススメの方法6つ&やりがちなNG例
 忙しく過ごしている人にオススメしたいのが、お風呂でのおうち美容♡ 誰しも、お風呂に入ることは習慣になっているはず。その...
「ティントリップ」を簡単にオフするならワセリンが最高!
 長引くマスク生活に便利な「ティントリップ」。マスクをつけたり、食事をしたりしても落ちにくいと人気ですが、逆にいえば「落...
合わないシャンプー&リンスの捨て方は?便利な活用法6選♪
 みなさんは、髪や肌に合わないシャンプーやリンスをどうやって捨てていますか?「捨て方がわからない」「気づけば家にたくさん...
マニキュアの落とし方決定版♡ 実はこんな裏技もあった!
 コスパがよく、いろいろな色を手軽に楽しめるマニキュア。塗っている時間は楽しいけれど、意外に悩みが多いのが「落とし方」に...
カラーリップと口紅の違いは? 上手な使い分け方をご紹介♡
 皆さんは、口紅とカラーリップの違いを知っていますか? 普段何気なく使っているアイテムですが、ほかにもグロスやティントリ...
「カラコン」初心者でも大丈夫!知っておきたい10の注意点
 最近ではファッション感覚で手軽にカラコンを使用する人が増えています。「私もカラコンを使ってみたい」と思っている人も多い...
腹巻きの嬉しいメリット4つ♡ 効果を上げる正しい使い方
 美容や健康に関心がある女性にとって、「温活」は外せない事柄でしょう。昔から“冷えは万病の元”といわれてきましたが、体を...
指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...