キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-11 06:00
投稿日:2021-04-11 06:00
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直すのは面倒なので、できるだけ綺麗なままでネイルを維持したいと思う人も多いでしょう。そこで今回は、ネイルを長持ちさせる5つのコツとおすすめのデザインをご紹介します。

ネイルを長持ちさせるには? 5つの方法

どのネイルがお好み?(写真:iStock)
どのネイルがお好み? (写真:iStock)

 それではさっそく、ネイルを長持ちさせる5つのコツを見ていきましょう。普段の生活での意識を少し変えるだけで、お気に入りのネイルを長持ちさせることができますので、ぜひ今日から実践してみてみましょう。

手袋はマスト!(写真:iStock)
手袋はマスト! (写真:iStock)

1. 水仕事の時はゴム手袋を使う

 洗濯や皿洗いなど、女性にとって避けては通れない水仕事は、実はネイルの大敵。手が濡れるとジェルやマニキュアが剥がれやすくなったり、洗剤やお湯で爪が乾燥しやすくなってしまいます。

 水仕事をする際には、ゴム手袋を使用するようにしましょう。手やネイルへの負担を軽減することができますよ。慣れるまでは少し面倒に感じるかもしれませんが、ネイルの持ちが変わるので、ぜひ心がけてみてくださいね。

2. 保湿ケアをしっかりする

 ネイルを長持ちさせるためには、ハンドクリームやキューティクルオイルで保湿ケアを行うことも大事なポイントになります。指先が乾燥しているとネイルが剥がれやすくなってしまうだけでなく、ささくれの原因になって見た目が半減してしまうことも。

 爪と甘皮の隙間にキューティクルオイルを塗ってから、手全体にハンドクリームを馴染ませるようにしましょう。1日3〜4回が理想だと言われていますが、忙しい人は寝る前に念入りにケアするだけでも有効ですよ。

3. 爪で段ボールなどを開けない

「ちょっとくらいなら大丈夫……」と、つい段ボールを爪で開けたり、爪でシールをカリカリ剥がしたりしていませんか? ほんの一瞬だとしても、これらの行為は爪に大きな負担になります。

 さらに何度も繰り返してしまうと、爪の先からネイルが剥がれたり、最悪の場合は爪が割れてしまうことも。段ボールはハサミを使う、シールを剥がす時は爪ではなく指で外すなど、少し意識をかえるだけでネイルの持ちが変わりますよ。

4. 爪を切る時はヤスリを使う

 爪を切る際には、爪切りではなくできればヤスリを使うようにしましょう。意外と知らない人も多いようですが、爪切りは思っている以上に爪に大きな負担がかかるので、割れやすくなったり二枚爪の原因になってしまうことも。

 爪が伸びきってからヤスリで削るのは大変なので、「少し伸びたかな?」と感じたら定期的にヤスリで削って、爪への負担を最小限に抑えましょう。

5. 手をふやかさないように注意する

 ネイルは基本的に水分に弱いので、手をふやかさないように注意することも大切です。手がふやけている状態は、皮膚も爪も柔らかくなっていてとてもデリケートになっている時。ネイルが剥がれやすくなったり、爪が割れやすくなってしまうため、温泉やプール、岩盤浴など、手がふやけやすい場所では、こまめに手の水分を拭き取ってあげましょう。また、しっかり乾くまではぶつけたりしないように、いつも以上に注意してくださいね。

ネイルを長持ちさせるおすすめの4つのデザイン

根元をクリアにすれば伸びても目立たない(写真:iStock)
根元をクリアにすれば伸びても目立たない (写真:iStock)

 ネイルを長持ちさせるためには、持ちが良いデザインを選ぶことも大事です。続いては、ネイルを長持ちさせるおすすめのデザインを見ていきましょう。

1. 指先にラメやホログラムをつける

 ネイルは、どうしても先端部分が割れてしまうことが多いです。そのため、先端部分を強化するデザインを選ぶことで、ネイルの持ちを長くすることが可能になりますよ。

 おすすめは、ラメやホログラム! 通常のカラーよりも厚みが出るので、ネイルの先端部分を強化するのに役立ちます。爪が割れやすい人は、ぜひ試してみてくださいね。

2. 根元の色がクリアなネイル

 爪が伸びてくると、どうしても根元の色が気になってしまいますよね。根元がクリアなフレンチネイルやグラデーションネイルにすれば、伸びても根元が目立ちにくいので長持ちネイルに。

 ただし、根元が目立たないからといって長期間放置してしまうと、根元から剥がれてしまうこともあるため、根元がパカパカしてきたらネイルを付け替えましょう。

3. 指先は丸みのあるデザインに

 冒頭で説明した通り、ネイルは端部分に衝撃を受けると割れたり剥がれたりしやすくなり、持ちが悪くなってしまいます。角があるデザインや先の尖ったデザインは衝撃に弱いため、指先は丸みのあるデザインにするのがおすすめ。ネイルの持ちを重視するなら、丸みのあるラウンド型が安全ですね。

4. 爪の長さは使いやすさ重視

 長いネイルのデザインは、指を長く見せる効果もあるので多くの女性の憧れでしょう。しかし、爪は長さがあるほど衝撃に弱くなってしまうので、トラブルが多くなってしまうのは当たり前のこと。

 ネイルを長持ちさせるためには、日常生活に支障がない短めのデザインを選ぶようにしましょう。どうしても長いネイルにしたい場合は、長持ちしないと割り切ってしまうことも必要かもしれません。

ネイルを長持ちさせていつも綺麗な指先に♡

ネイルを思いきり楽しもう!(写真:iStock)
ネイルを思いきり楽しもう! (写真:iStock)

 せっかくのお気に入りネイルを、できるだけ長持ちさせたいと思うのは当然のこと。しかし、爪先はとてもデリケートな部分なので、丁寧に扱わないとすぐに壊れてしまいます。

 デザインの選び方や普段の生活の意識を変えるだけでネイルを長持ちさせることができるので、ぜひ実践してみてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


夜まで巻き髪が取れない巻き方のコツ5つ&おすすめアイテム
 デートの日、時間をかけて可愛く髪の毛を巻いたのに、お昼過ぎになると取れてしまってショックを受けたことはありませんか?「...
春のゆらぎ肌には雑誌付録で♪ お得に美肌アイテムを試した
 最近は、雑誌の付録だけでスキンケアとメイクができている状態です(笑)。月に2冊ほど美容雑誌を買えば、最新のアイテムを気...
憧れの“太りにくい体質”になるには?体質改善の6つのコツ
 ダイエットで悩んでいる時、ふとスタイルのいい友人を見て「なんで、あの子は食べても太らないんだろう?」と気になったことは...
メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...