【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)

コクハク編集部
更新日:2022-08-06 06:00
投稿日:2022-08-06 06:00
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして栄養価がグンと上がる、まさにいいこと尽くしですが、天日干しグッズでお悩みはありませんか? いいものがないかな~と探していたら、無印良品の企画展で見つけました!

「野菜の天日干し」生活を送っています

こんな具合に黒ずんでしまったのです…(C)コクハク
こんな具合に黒ずんでしまったのです… (C)コクハク

 ひとり暮らしです。ちょっと自炊できない日が続こうものなら、冷蔵庫の野菜が干からびて見るも無残な姿に……。ごめんなさいっ。

 フードロス削減のためにも「野菜の天日干し」を行うようにしています。「天日干し」と「冷蔵庫で干からびる」、同じ水分をなくすでも雲泥の差ですよね。

 とまあ、ていねいな暮らしに憧れる筆者は形から入るタイプなので(苦笑)、数年前に天日干し用に大きな竹ざるを購入し、さまざまな野菜を干していたのですが、使っていくうちに、どうしても、網目がかびてしまうのです……。うう。

無印良品で発見!「ステンレス 干しかご」

フルーツを干してもいいみたい(C)コクハク
フルーツを干してもいいみたい (C)コクハク

 で、京都にある老舗金具店のステンレス製の干しかごを狙っていたのですが、人気過ぎて入手困難状態。問い合わせてみると「1年以上お待ちいただくかも……」というではないですか。

 なんだかなー、待てないなー、いいものないかなー、と思っていたある日のこと。ふらりと立ち寄ったFound MUJI 青山で「ステンレス 干しかご」と出合ったのです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「ふふふ。お母さんモテるから」親から届く“自由すぎる”LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。最初は戸惑っていた親世代も、気軽に使いこなすように。ですが、その気軽さゆ...
【合わない人対策】自分史上最高の呪文は「外国人なんだ!」
 突然ですが、「えっ、なんで日本人なのに日本語通じないの?」みたいな人に会ったことはないですか? 自分の常識外の中で生き...
“たまたま”撮影には動体視力が必須!瞬きする暇もないんです
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
実はコスパ最強の蘭「レナンセラ」飾るだけでも“女性美”UP!
 もーワタクシ、ワクワクが止まりません!  少しずつ以前の生活を取り戻してきた世の中。ゴールデンウィークも3年ぶり...
平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...