恋愛のリミットは3年!? ドキドキを持続させる6つの方法♡

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-08-25 06:00
投稿日:2019-08-25 06:00
 大好きな彼にドキドキしている時って、本当に幸せですよね。「この気持ちが永遠に続きそう!」なんて思ってしまうのが乙女心でありますし、その反面、「いつまでこの気持ちが続くのかな……」なんて、憂いてしまうのも乙女心であります。でも、そんなドキドキを持続させる方法があるんですよ。マンネリに悩む前に、ぜひご一読ください。

恋愛のリミットは3年って本当!? その理由や対策方法

恋愛を長続きさせる秘訣は?(写真:iStock)
恋愛を長続きさせる秘訣は? (写真:iStock)

 恋愛中の女性を脅かす、「恋愛のリミットは3年」という説。でも、周りを見渡せば10年経っても付き合いたてのように仲の良いカップルっていますよね?実のところ、どうなのでしょうか?

ドキドキさせる「ドーパミン」の賞味期限は1年半〜3年

 恋愛をすると、ドーパミンという物質が脳内で分泌されます。このドーパミンとは「脳内麻薬」と言われるほど快楽を与えたり、集中力ややる気を起こさせる物質でもあります。

 でも、その反面、ドーパミンの分泌は体への負担にもなるため、賞味期限は約1年半〜3年ほどとも言われています。だから、一般的にマンネリが発生する恋愛リミットは、「3年」と言われているんです。

恋愛を長続きさせる秘訣! ドーパミンを分泌させ続ける方法

 でも、ある研究によると、アメリカの約30%の夫婦が、結婚して20年経ってもなお恋愛仕立てのカップルと同じような脳内の神経活動が認められたのだとか。ドーパミンを分泌させ続ける方法、チェックしてみましょう。

・ワクワクする

 2人で新しいことを試したり、初めての場所に行ったりなど、ワクワクしてドーパミンを分泌することで恋愛は長続きしやすくなります。これは、幸福感を高めることにも繋がるそう。時には、脳を思い切り刺激するようなデートを楽しんでみると良いですね。

・スキンシップを持つ

 パートナーとのスキンシップを持つことも、恋愛を長続きさせるには必要なことです。研究によると、結婚20年経っても仲良くいられる夫婦は、例外なくセックスで満足感を得ていたとのデータもありました。

・思いやりを持つ

 当たり前のようですが、長続きをするためにはお互いに思いやりを持つことも大切。普段からコミュニケーションを大事にしているため、喧嘩をしたとしても短時間で解決することが多いそう。

マンネリなんて要らない!ドキドキを持続させる6つの方法

普段と違うデートでマンネリ打破(写真:iStock)
普段と違うデートでマンネリ打破 (写真:iStock)

 恋愛の賞味期限を3年にするか、長続きさせるかは、あなた次第!そこで、ドキドキを持続させるための6つの方法をご紹介していきます。マンネリを感じた時こそ試してみてくださいね。

1. 他人の前で相手のことを褒める&惚気る

 なぜだか、女性同士でいると彼や夫のことをけなす女性は多いです。幸せ自慢ばかりするのは……と、気を遣っての場合もあるかもしれませんが、相手の嫌な部分や愚痴を話すのは、敢えてマイナスな面に目を向けてしまうということ。

 だからこそ、他人の前で彼のことを褒めましょう。時には惚気も良いものです。いかに自分が幸せなのかを実感することができますし、女性同士でグチグチ言い合うよりもよっぽど有意義な時間となりますよ。

2. お互いのプライベートな時間を大切にする

 長続きをするカップルこそ、お互いのプライベートな時間を大切にします。これは、相手を信頼していることの表れ。飽きるほど会いたくなる気持ちは分かりますが、趣味に打ち込んだり、友人との食事を楽しんだりなど、1人の時間を上手に過ごしましょう。

 そして、彼に会いたい気持ちを募らせながら、次のデートを待つ。この程良い距離感が、お付き合いを長続きさせるポイントになります。

3. 恥じらいを忘れない

 長く付き合えば付き合うほど、どんな人にも必ず発生するのが「慣れ」。慣れは、必ずしも悪いものではありませんが、なんでもかんでも男性に見せてしまうと、男性は次第に刺激がなくなってしまい、マンネリを感じてしまうもの。

 特に大切なのは、恥じらいでしょうか。裸で歩き回ったり、常にすっぴんでいたりすると、男性はやっぱりがっかりしてしまいます。

「もはや、恥じらうってなんだっけ?」と思う方は、ぜひ初デートを思い出して。メイクが取れていないかな?何を着て行こうかな?なんて、可愛くいるためにたくさん意識をしたはずです。新鮮さを保つためには、初心忘るるべからずですよ。

4. 自分磨きを怠らない

 上記で紹介した「恥じらい」にも通じることですが、自分磨きを常に怠らないというのも、ドキドキを持続させる秘訣。

「自分磨き」が漠然としていて難しいと思うのであれば、今の彼があなたの何に惹かれて好きになってくれたのかを考えてみましょう。それは、スタイルかもしれませんし、笑顔かもしれません。もしくは、仕事で頑張る姿勢かもしれません。

 そしてまずは、彼が自分を好きになってくれたところを死守しましょう。もちろん、彼好みの女性になるだけが良いというわけではありませんが、これは最低限。

 その上で、あなたが思う理想の女性像を追求するのです。外見だけではなく、内面も。そうすることで、どんどん魅力的な女性へと近づけるはずですよ。(って相手も同じように思ってくれたら、なおのことお互いのドキドキは持続するのですが。素敵にいさせてあげるのも、女性の力量が問われるところかもしれませんね。)

5. 感謝や尊敬、愛情表現に手を抜かない

 長く付き合うと、彼に対する感謝や尊敬が「当たり前になってしまいがち。でも、これってとてももったいないこと。なぜなら、長続きの秘訣は「ありがとう」の言葉であったり、「すごい」と褒める気持ちであったりするから。

 男性の自尊心を高めて自信を持たせてあげることは、男性が女性を大切にしたい、守りたいという気持ちを持続するエネルギーになるんです。

 また、「好き」や「愛してる」という愛情表現も、もちろん大切。マンネリするとともに言わなくなりがちな言葉のため、普段から日常的に伝えられるようにすると良いですね。

6. 時々はワクワクできるデートをする

 長い付き合いになると、デートはいつもどちらかの家、行きつけの居酒屋、など、お互いがストレスなく過ごせる環境でのデートになってしまいがち。もちろん、それも長続きしたカップルの特権ですし、楽しいことです。

 でも、相手の好みが分かっているため、毎週のように同じテレビ番組を見たり、毎回頼むメニューが同じだったり、など、先が予測できるデートだけになってしまうのはマンネリを呼ぶNG行動でもあるんです。

 これを打破するには、時々はワクワクできるデートをするのがおすすめ。インドアが多い2人であればアウトドアデートに出かけてみる、高価なフレンチを食べに行く、など、普段と違うデートを満喫しましょう。相手の知らない好みや新たな一面を発見できて、ドキドキすること間違いないですよ。

ドキドキし続けられるかは自分次第!思い切り恋愛を楽しもう♪

目の前の恋愛を思い切り楽しもう(写真:iStock)
目の前の恋愛を思い切り楽しもう (写真:iStock)

 好きな人にドキドキする気持ちって、自分でコントロールできるものだったんですね。マンネリなんて感じずにいつの間にか長い年月が過ぎていたら、本当にとても幸せなこと。

 女性はいつも少し先のことを想像して、不安になったり憂いたりしますが、恋愛のリミットなんて気にしても仕方ありません!

 ドーパミンを出しまくって、今目の前にある恋愛を思い切り楽しんでくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 SNSで思いがけずイケメンに絡まれて「え、もしかして彼、私のことが好き?」とドキドキしてしまった、という話をよく聞きま...
内藤みか 2020-02-21 15:30 ラブ
FILM
 今回登場するのは“#ザン恋史上最大の残念男かもしれません!  普段の振る舞いは紳士的で、女性には華麗なエスコートをし...
田中絵音 2020-02-12 16:59 ラブ
FILM
 多くの男性は「女性には恥じらいを持って欲しい」と思っているようです。恥ずかしがって頬を赤らめる様子に、キュンとしてしま...
孔井嘉乃 2020-02-10 07:08 ラブ
FILM
 好きで付き合っている彼氏との時間は、いつでも楽しく仲良く過ごしたいもの。しかし、時には彼氏の態度が「冷たい」と思うこと...
恋バナ調査隊 2020-02-21 14:25 ラブ
FILM
 私は27歳です。同い年の彼と付き合って3年半になります。  付き合いたての頃は毎回迎えに来てくれて、ご飯代もすべ...
神崎メリ 2020-02-09 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と交際できれば、長く継続したいもの。しかし、交際期間が長くなれば倦怠期が訪れ、別れてしまうカップルも少なくあり...
恋バナ調査隊 2020-02-09 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁な妻をもち、さらには義母まで鬼の性分だった夫には、同情したくなるようなえげつない経験も少なくない実態が。  魑魅...
並木まき 2020-02-09 06:00 ラブ
FILM
 恋人や妻を「親友や妹のような存在」と感じるようになると、男性の性欲スイッチは極めて入りにくい状態になっていきます。目の...
神田つばき 2020-02-08 06:34 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気調査専門の探偵社代表として日々浮気問題に向き合ってきた筆者は、誰よりも浮...
山崎世美子 2020-02-08 06:05 ラブ
FILM
 “マリッジブルー”に、あなたはどんなイメージを持っていますか? 結婚が決まっていない人や相手がいない人にとっては、「な...
恋バナ調査隊 2020-02-08 06:04 ラブ
FILM
 ウィークデーのランチは、夫婦別々の家庭も多いのが現実。そして、夫が見ていないのをいいことに(?)、日々の昼食のタイミン...
並木まき 2020-02-07 06:00 ラブ
FILM
 既婚男性と不倫をしている女性が抱える心配、それが「彼は浮気なのか、それとも本気なのか」。一般的に「遊びの恋」だと思われ...
リタ・トーコ 2020-02-07 06:00 ラブ
FILM
 久しぶりに彼氏ができた時って、やっぱりワクワクしますよね。しかし、そんな時こそ注意が必要! 浮かれすぎてしまうと長続き...
恋バナ調査隊 2020-02-06 14:12 ラブ
FILM
 ひと昔前まで、婚活の場で「趣味」として挙げるのなら料理がいい、という話が一般的でした。料理上手な女性と結婚したい男性が...
内藤みか 2020-02-06 06:00 ラブ
FILM
「夫婦になってもいつまでも夫にドキドキしたい!」「いつまでも女性扱いされていたい!」外では夫の文句を言っていても、女性の...
恋バナ調査隊 2020-02-05 15:43 ラブ
FILM
 令和の「鬼嫁」と呼ばれる女性たちにほどありがちな、恐ろしい特徴も存在するようです。昭和には考えられなかったような数々の...
並木まき 2020-02-05 06:00 ラブ