妊活中の女性が悩む「パートナーの協力」…私が夫にしたこと

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2020-06-07 06:00
投稿日:2020-06-07 06:00
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私は今、結婚後に多くの女性が悩むであろう「妊活」の真っ最中です。
 妊活中の方やこれから妊活をする方に少しでも生の声を届けたく、この連載を始めることにしました。

パートナーの協力体制を得るためには?

パートナーの協力が不可欠(写真:iStock)
パートナーの協力が不可欠 (写真:iStock)

 7月にブライダルチェックをし「多嚢胞性卵胞症候群」と診断され、排卵する力が弱いと言われた私。

 しかし、“若いからタイミングで大丈夫”という医師の言葉に、「タイミングを見ればいいだけなら、排卵検査薬だけで大丈夫だろう」と、市販の排卵検査薬を試してみることにしました。

 生理後1週間ほど経った頃から毎朝、排卵検査薬に尿をかける日々。

 友人からは、「排卵検査薬の印が出た日を含めて、3日間タイミングを取り続けたらできた!」ということを聞いていたので、夫の承諾も必要です。

 妊活で多くの人が苦しむのが、パートナーの協力体制。

 正直、男性は女性が思っている以上に“夢見る夢男君”が多く、「年間12回しかないのよ!? だから今日よ!」と焦る女性とは違って現実的に妊活を考えられていない人も多く、抵抗してきます。

 現にドラマなどでも、朝、「今夜だからね」と言われ、男性が萎えてしまう……という演出もされるくらいです。

 実際のところ女性だって「今夜だからね」と念押しなんかしたくないし、恋愛を始めたばかりのようにロマンチックに体の関係を作りたいはず。

 しかし、誘っても「疲れてる」などを理由に断られている場合じゃないからこそ、直接的に伝えるしかなくなるのです。

 私は、できれば夫の自主性を引き出してから妊活したいと考えていました。

 なので夫の自主性を促すべく、“タイミング法をする上でどれだけ妊娠が大変か?”というプレゼンをすることにしました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


高速シャッターで激写! コロンコロン“にゃんたま”をパチリ
 きょうは、“1000分の1秒”の高速シャッターで写し止めた、ご開帳にゃんたまω。  カメラの高速シャッターは、ス...
愛猫とのコミュニケーションで1年365日、心掛けていること
 うちの実家には今年18歳になるパピヨン・みくちゃんがいます。みくちゃんは言葉を理解しています。お手、おすわり、待て、ち...
SNS全盛時代だからこそ!嫉妬心とうまく付き合うポイント
 自分より何かが秀でてる人のことを羨ましいと思ったこと、きっと誰でもあると思います。もしかしたら嫉妬心からちょっと意地悪...
空前の配信ブーム! 配信者とより親しくなるための基本テク
 最近は多くの配信サイトがあり、数え切れないほどの番組が流れています。そのなかから素敵な配信者を見つけた時は、気に入られ...
後ろ姿がカッコいい! 自信たっぷりオーラ全開“にゃんたま”
 きょうは、後ろ姿がとってもカッコイイにゃんたま君にロックオン。にんげんなら「胸を張って」、ですが、猫の場合は「にゃんた...
ビギナーでも簡単!ブルーベリーを大収穫する3つのポイント
 我が家の猫の額よりも狭いお庭には、実に無計画にさまざまな植物が植えてございます。「鑑賞」のためでなく「実験」と「販売」...
割り込みされたらどうする?相手の心理・注意の仕方・対処法
 スーパーのレジやコンサート、遊園地のアトラクションなど、いろいろな場面で順番待ちをする機会がありますが、よく見かけるの...
7月5日~7月11日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
奇跡の1枚 まるで「ネコ型宇宙生命体」のような“にゃんたま”
 きょうは、大量に保存してあるにゃんたまω写真の整理作業をしていて偶然見つけた、不思議な一枚です。  よく見ると耳...
愛猫と婚活とパートナー…あなたは何を優先し大事にしますか
「未婚女性がペットを飼うと婚期が遠のくよ」などと、たまに人に言われますが、そんなものはとうに逃しているので、そのことはあ...
離れるだけで人生好転…さっさと縁を切るべき相手の特徴とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。悪いエネルギーって、思うより強くて伝染します。学生時代にとても真面目だった生...
夏の定番「かごバッグ」を探しに行ったら… 2021.7.3(土)
 関東もここにきて梅雨らしい天気となってまいりました。ご近所へのお散歩も躊躇われる日々ですが、チョイ前に“生活道具の聖地...
知っていれば怖くない!言い方がキツイ人に欠落しているもの
「この人けっこうキツイ言い方するなぁ…」と感じる人がそばにいたりしませんか?もしくは自分のことを毒舌家だと思っている人は...
ルノルマン占い〜7月の恋愛運〜新しいタイプの異性にご用心
 ルノルマンカード占いをご存知ですか? 18世紀に活躍していた占い師マダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トラン...
我こそは! レンズの前でモデル立候補する“にゃんたま”たち
 私はこの島で「にゃんたまωしか興味がないにんげん」と認識されているよう。  おんにゃの子がサービスポーズで「撮っ...
魔除けの花を吊るして家庭円満!幸せ爽やかな香りヒペリカム
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、立地の関係でご年配のお客様が大変多く、おしゃべりが好きな方が目立つのも特徴でございます...