オンライン映えを狙うなら…?買ってはいけない3つのコスメ

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-28 06:00
投稿日:2020-05-28 06:00
 オンライン飲み会にオンライン合コン、オンラインデートなどなど、“新しい生活様式”の一環として、オンラインを通じた恋愛の交流も盛んです。ちょっとした会合であれば、対面で集まるよりも気軽に開催できるメリットもありますよね。
 でも、スクリーンを通じた姿は肉眼で見るのとは異なり、ちょっとしたアラが強調されたり、予想外に派手に見えたり……なんてことも起こりがち。せっかくメイクをしたのに、スクリーンで「映えない」となると、ちょっとガッカリです。
 そこで、時短美容家の並木まきが、オンライン映えを狙うなら「買わないほうがおすすめ」なコスメをお伝えします。

1. なじみカラーのベージュアイシャドウ

馴染みすぎると地味にみえる(写真:iStock)
馴染みすぎると地味にみえる (写真:iStock)

 なじみカラーのベージュアイシャドウは、透明感があっておしゃれな目もとを作れるコスメです。しかしスクリーンを通してしまうと、“なじみカラー”はなじみすぎてしまって「ノーメイク」の様相を醸し出しがちなのも事実。鏡で見たときには“くすみ”や“クマ”がフォローできているように見えても、スクリーンに映した顔は「顔色の悪いすっぴん」にしか見えないため、リスクが大きいのです。

 カメラ映りを良くするなら、メリハリのあるアイメイクがポイントに。発色のいいアイシャドウを使ったほうが、“映えるメイク”になりやすいです。

2. ツヤツヤ肌を演出するファンデーション

本人はツヤ肌のつもりでも…(写真:iStock)
本人はツヤ肌のつもりでも… (写真:iStock)

 “ツヤ肌”は肉眼で見ると独特の透明感が美しく、もはやブームを超えて定番となったベースメイク方法です。しかし、「女優ライト」などを使わない限り、カメラに映った顔にはどうしても影ができやすいため、過度なツヤ肌は単なるテカリにしか見えないリスクもあります。

 暗めな画面でテカリ(本人はツヤのつもり)が目立つ肌は、男性にガツガツとしたイメージを与えやすく、オンラインでのモテを逃してしまうかもしれません。カメラ映りを考慮するのであれば、明るめのライティングを死守するか、ツヤはほどほどにして色みで明るさを上げたほうが安心です。

3. マットなレッドリップ

やり過ぎと思われちゃうかも(写真:iStock)
やり過ぎと思われちゃうかも (写真:iStock)

 スクリーン映えに、口紅は欠かせないアイテム。口もとに色があるだけで、健康的なイメージも高まりますね。しかし、カメラ映えやカメラモテを狙うならば、マットな赤リップはちょっと気をつけるべきコスメ。

 マット系の口紅はツヤがないぶん、スクリーンを通じても発色がわかりやすいというメリットがあるものの、レッドなどの強い発色は、この「発色の良さ」がかえって不自然なメイクに見えやすいのです。

 特に、透明感のない深み発色が特長の口紅には要注意。唇だけがヌッと強調され、男性ウケの悪い「お化けメイク」的な印象が出やすいでしょう。顔色を明るく見せつつ、おしゃれな口もとを狙うなら、ナチュラルなツヤが出せるグロスをプラスすると安心です。

スクリーンで「映えない」メイクに要注意!

 気になる人や好きな人とのオンラインでの交流では、きれいに見せたいのが女心。出会いの場でも、メイクによって好感度を上げられればベターです。スクリーン映りを意識するならば、ご紹介したようなコスメにはご注意くださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


手軽で簡単♡ 足湯の効果的なやり方&4つの便利アイテム
 空前の足湯ブームから、全国の温泉地にたくさんの足湯スポットができた今、旅先でも気軽に足湯を楽しむことができるようになり...
ロングヘアは何歳まで?30代から40代を美しく魅せる髪型5つ
 若い頃はツヤツヤのロングヘアの人が多いですが、なぜか年齢を重ねるごとに多くの女性が髪を短くしていきます。中には、「ロン...
髪が静電気でぺったんこ!今すぐできる対策&アイテム10選♡
 乾燥する時期になると、髪の静電気に悩まされるという女性は多いでしょう。朝、時間をかけてセットした髪がぺったんこになって...
男性に大人気♡マシュマロボディになる4つの習慣&NG習慣
 男性が大好きな体型といえば、「マシュマロボディ」でしょう。マシュマロのようにふわふわで、思い切り抱きしめたくなると、と...
髪の“ツヤ出しスプレー”で天使の輪ができる♡ 効果や使い方
 せっかくヘアサロンでトリートメントしたのに、時間が経つとパサパサになってしまった経験はありませんか? 特に縮毛矯正をか...
化粧水は“コットン”と“手”どっちでつける? 徹底比較♡
 毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。「コットン」と「手」、どちらでつけるのが正解なのか、悩んだ経験がある人も多いでしょ...
グリッターメイクのやり方&コツ♡ キラキラの輝きで旬顔に
 韓国女子の間で人気の「グリッターメイク」。日本でもじわじわとブームがきていて、SNSでも話題になっていますよね。グリッ...
マスカラが絶対落ちない方法♡ 選び方&パンダ目対処法も紹介
 メイクの悩みの中でも特に多いのが、マスカラが落ちてしまい「パンダ目」になることではないでしょうか。マスカラのつけ方や目...
3分で完成♡ マスク映えする「前髪ハーフツインアレンジ」
 マスクが手放せない生活は、まだまだ続きそうですよね。ところでみなさんは、マスクをつけていない時と同じヘアアレンジでは、...
もちもち肌を実現♡今さら聞けない化粧水の正しい使い方5つ
 洗顔→化粧水→美容液→乳液……と、基本を守ってスキンケアをしているのに、肌の乾燥が気になるという人は意外と多いよう。実...
細眉と太眉どっちがいい? 令和は自分に似合う形を選ぼう♡
 トレンドが移り変わるに連れて、眉毛の形も変化してきましたよね。1980年代のバブル太眉、1990年代のアムラー極細眉、...
夜まで巻き髪が取れない巻き方のコツ5つ&おすすめアイテム
 デートの日、時間をかけて可愛く髪の毛を巻いたのに、お昼過ぎになると取れてしまってショックを受けたことはありませんか?「...
春のゆらぎ肌には雑誌付録で♪ お得に美肌アイテムを試した
 最近は、雑誌の付録だけでスキンケアとメイクができている状態です(笑)。月に2冊ほど美容雑誌を買えば、最新のアイテムを気...
憧れの“太りにくい体質”になるには?体質改善の6つのコツ
 ダイエットで悩んでいる時、ふとスタイルのいい友人を見て「なんで、あの子は食べても太らないんだろう?」と気になったことは...
メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...