あなたのパーソナルカラーは? ブルベとイエベの見分け方3選

七海 ライター
更新日:2020-10-09 12:45
投稿日:2020-02-18 06:00

パーソナルカラー診断をやってみたい

自分のパーソナルカラーを知りたい!(写真:iStock)
自分のパーソナルカラーを知りたい! (写真:iStock)

「このあいだ、デパートでパーソナルカラー診断をしてきた!」

「わたし、黄み肌だと思ってたけど、診断したら違ったみたい!」

 数年前からパーソナルカラー診断が流行っていますよね。コスメの買い方や洋服の買い方が大きく変わった!という人も多いのではないでしょうか?

「わたしはまだ自分のパーソナルカラーを知らない……」

「行ってみたいけどプロの診断って結構いい値段するんだよね」
 
 プロによるパーソナルカラー診断も流行っていますし、周りの友達で「受けてきた!」という人は多いはず。しかし、診断は2万円近くするなど、なかなか勇気の出る金額ではあります。そこで、まずは自己診断して自分のパーソナルカラーをざっくり知ってみませんか?

 今回は、イエローベースとブルーベースの見分け方をご紹介します。

イエローベースとブルーベースの見分け方

あなたに当てはまるのはどっち?(写真:iStock)
あなたに当てはまるのはどっち? (写真:iStock)

金色と銀色どちらが似合いますか?

 折り紙があれば一番わかりやすいですが、なければアルミホイルや身近なアクセサリーをあてて試してみてください。金色と銀色、どちらをあてた時に顔色がいいですか? あるいは、どちらが色が白く見えますか?

 金色をあてたときに顔色が明るくなった人はイエローベース。銀色をあてたときに顔色が綺麗に見える人はブルーベースです。ここで間違えやすいのは、肌が「黄色っぽい」「青っぽい」のではなく、「黄味がかかった色が似合う」「青味がかった色が似合う」ということです。

 よく「わたし、イエベだ。やっぱり黄色人種なんだ~」と落ち込む人がいますが、そういうことではありませんよ。

血管は青い? 緑っぽい?

 薄々お気づきかもしれませんが、肌から透ける血管の色が青っぽい、あるいは赤紫の人はブルーベース。緑がかってみえる人はイエローベースです。「これって青緑だからわたしはイエベ?」と思っても、人と比べると「全然青だわ」とびっくりすることがあるので、比較対象に別の人がいるとわかりやすいですね。

日焼けしたとき肌はどんな風に変わる?

 さて、あなたは日焼けするとこんがりとアーモンドのように焼けるタイプですか? それとも、赤くヒリヒリするタイプですか? 黒くなるタイプはイエローベース、赤くなるタイプはブルーベースです。

 ちなみに筆者はブルーベースですが真っ黒に灼けるタイプなので、すべての人に当てはまるわけではないのがおもしろいところですね。どちらにせよ、すでに春が近づいていますから、日焼け止めはしっかり塗りましょう。

パーソナルカラーが分かったら

リップの色を選ぶときの参考にしてみて♪(写真:iStock)
リップの色を選ぶときの参考にしてみて♪ (写真:iStock)

ブルーベースの人が似合う色

 リップは青みがかったピンクや紫に近い色も似合います。チークも、コーラルピンクよりは青みがあるピンクの方が綺麗に見えます。髪色は黒やネイビーが似合います。アクセサリーは迷ったら銀色を選ぶと肌がより綺麗に見えるはず。

イエローベースの人が似合う色

 リップはサーモンピンクやコーラルピンクが似合います。チークにオレンジを使うとより肌が白く見えます。髪色は明るい茶色やピンクブラウンが似合います。アクセサリーは金と銀で迷ったら、金を選んだ方がより肌を綺麗に見せてくれるかもしれません。

終わりに

洋服選びもさらに楽しくなるはず!(写真:iStock)
洋服選びもさらに楽しくなるはず! (写真:iStock)

 もちろん、パーソナルカラーはあくまで目安。好きな色と似合う色が違っていた! ということもよくあります。

 自分の好きな色を好きなようにこれからも使うもよし、似合う色にメイクアップ道具を一新するもよし。

 どちらにせよ、パーソナルカラーがわかると、いつもとコスメや洋服選びが違って見えるはずです!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


「オバ見え」警報発令中! いまさら聞けない服選びの注意点
 鏡の中の自分の姿を見て「前より老けて見えるかも……」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、オバ見えフ...
【洗面台問題】歯磨きグッズの見直しでシンプルに格上げ♪
 シンプルでスッキリとした洗面台に憧れているのですが、どうすればオシャレに見えるのでしょうか?  備え付けの洗面台を交...
シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...
“垂れ乳”は断固拒否! 簡単バストケアで40代でもふっくら美胸をキープ
 40代頃からだんだん、バストのハリが弱くなってきたと感じる人が増えてくるとか……。このまま50代になり、しょぼしょぼに...
加齢たるたるのあるある<2>お尻の下のそれはマイナーな悩み
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...