男ウケを狙うなら?知っておきたいモテ髪&NG髪の特徴6選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-08-04 06:00
投稿日:2020-08-04 06:00
 せっかく髪型を変えるのであれば、男性から「可愛い」と思われたいですよね。どんなに同性から評判が良かったり、自分では気に入っていたとしても、男ウケが悪いとがっかりしてしまいます。そこで今回は、モテ髪とNG髪の特徴を徹底比較! 男ウケが良い「モテ髪」のポイントを参考に、自分に合った可愛い髪型を見つけましょう♪

男ウケが良い“モテ髪”の特徴6選!

 女性は同性の髪型を評価する時、カットのデザインやカラーリングに目が行きがち。しかし、男性は髪質やスタイリングを重視する傾向にあるそうです。まずはじめに、男ウケが良い「モテ髪」の特徴を見ていきましょう。自分の今の髪型がいくつ当てはまるか、チェックしながら読んでみてくださいね。

1. 毛先までツヤがある

 男性が女性の髪型で最も重視するのは「髪質」です。モテ髪を目指すのであれば、日々のヘアケアで、健康的でツヤのあるキレイな髪の毛を手に入れましょう。

 毛先までツヤがある髪の毛は、男ウケが良いだけでなく、女性らしさを際立たせる効果もあります。髪質に自信のない人は、日々のヘアケアの見直しからスタートしてみてくださいね。

2. 丁寧にセットされている

 男性は意外と女性のヘアセットもしっかりとチェックしています。せっかくのデートなのに、髪の毛を1本に結んでいるだけだと、「この子あんまり髪型に気を遣っていないのかな」と思われてしまう可能性も……。

 逆に、同じまとめ髪でも、三つ編みやねじりを上手に加えてアレンジしているだけで、女性らしさや、おしゃれなイメージに。簡単でも良いので、アレンジを加えたヘアセットを心がけると良いですよ。

3. ほどよい長さがある

 髪の毛の長さには人それぞれ好みがありますが、男性の多くは比較的長めの髪型を好む傾向があります。

 また、男性は女性の長い髪に「色気」を感じることも多いそう。男ウケを狙うのであれば、ほど良い長さの髪型を選んだ方が無難だと言えますね。

4. 軽さを感じるカット

 女性のカットの際に大事なポイントは軽さを出すこと。重い髪型はどうしても暗いイメージになってしまいます。

 軽めのカットはスタイリングで毛先に動きを出しやすいため、元気で明るいイメージになります。美容室でカットをオーダーする際は、できるだけ「軽め」に仕上げてもらいましょう。

5. 明るすぎない髪色

 男ウケを良くしたいなら、とにかく明るすぎない暗めのブラウンがおすすめです。男性はナチュラルな雰囲気を好む人が多いので、「地毛のまま」というのもアリでしょう。

 古風な男性だと、「明るい髪色のままだと親に紹介できない」と思っていたりもするため、いつでも彼の親に挨拶できる程度の髪色を基準にしてみると良いかもしれませんね。

6. 似合っているかどうか

 モテ髪の一番大事なポイントは、「自分に似合っているか」ということです。顔の形やパーツの大きさによってそれぞれ似合う髪型が異なるため、まずは自分に似合う髪型を知ることが肝心。

 どんな髪型が似合うか迷ってしまう人は、信頼できる美容師さんに相談してみましょう。

要注意! 男ウケが悪い“NG髪”の特徴5選

 髪型を決める時、女性向けのヘアカタログをチェックする方も多いですが、女性と男性では良いと思う髪型が違うことが多いです。つまり、同性に人気の髪型でも、男ウケが良いとは限らないということ。そこで、男ウケが悪いNG髪の特徴についても見ていきましょう。

1. ベリーショート

 同性から見るとスタイリッシュなベリーショートですが、「ボーイッシュすぎる」「おしゃれすぎて抵抗がある」といった理由から、男ウケが悪い髪型の定番になっているようです。

 また、刈り上げなどのツーブロックヘアもNGだと思う男性が多いそう。男性は女性の髪型に、おしゃれ感よりも女性らしさを求めているのがよくわかりますね。

2. 派手なカラーリング

 金髪や原色などの目立つカラーの髪型は、男ウケが良い髪型とは言えません。友達として仲良くする分には問題ないと思いますが、彼女候補になるのは難しいと言えるでしょう。

 上記でもご紹介しましたが、男ウケを狙うなら基本は明るすぎない暗めのブラウンをチョイスして。大人の女性の色気や品を醸し出すこともできますよ。

3. 前髪ぱっつん

「似合っていれば良い」と意見もありますが、前髪ぱっつんは独特な雰囲気で個性的なイメージが強いため、男性の苦手意識が強い髪型のひとつになっています。

 前髪を作ると顔が幼い印象になるため、若見え効果も期待できますが、作る前髪の長さや量には注意が必要です。

4. ツインテール

 髪を左右に分けて結ぶツインテールも、男ウケの悪い髪型の代表でしょう。確かに幼くは見えるものの、どうしても小中高生などのイメージが強く、顔や年齢と髪型のギャップが激しくなってしまうため男ウケしません。

5. スパイラルパーマ

 女性からの評価が高く人気のスパイラルパーマですが、残念ながら男性からは不評の髪型。

 スパイラルパーマは、どうしても「気が強くて豪快」というイメージが強くなってしまうそう。男ウケを意識するのであれば、ふわふわとした自然なウェーブのパーマがおすすめです。

男ウケする髪型で今の自分を最大限に可愛く見せよう!

 男性は女性の髪型に「ナチュラルさ」「女性らしさ」を求めているようですね。同性目線の「可愛い」を信じてしまうと、かえって逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。

 まずは、自分に一番似合う髪型を知ることが大事。行きつけのサロンの美容師さんと良く相談して、今の自分を最大限に可愛く見せる髪型を見つけてくださいね♪

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


目指すはハセキョー級の美魔女! いつまでも若さを保つ秘訣5カ条
 女性たるもの、「いつまでも若々しく在りたい」と思いますよね。実際にいくつになっても20代・30代のような若々しさを保っ...
パーマをかけたらドライヤーしない!? 自然乾燥だとスタイリングが決まる?
 ふわふわ柔らかい雰囲気になれるパーマは女性に人気ですよね! でも実際にパーマをかけた後、「ドライヤーしないほうがいいの...
運気ダウンの恐れあり! 40代以降は「買わないほうがいいコスメ」3カ条
 40代、50代と年齢を重ね「アラフォー」から「アラフィフ」と呼ばれる過渡期に差しかかってくると、肌状態や顔の印象が若か...
光熱費も気になるからやめたい! お風呂スマホのデメリットと代替案3選
 頑張った一日の最後に入るお風呂は、とても気持ちがいいですよね! 癒しや美容、健康のためにスマホを見ながら長風呂している...
風邪の正式病名って?【専門家監修】引きやすくなった要因とエキナセア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...