パサパサ髪がつらい…ドライヘアになる原因&5つの改善方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-10 06:00
投稿日:2021-02-10 06:00
 髪の毛が乾燥して“ドライヘア”になってしまうと、見た目もパサパサになりますし、ヘアセットもなかなかうまく決まらないもの。「サラサラのツヤ髪になりたい」と思っている女性も多いでしょう。そこで今回は、ドライヘアの原因&5つの改善方法をご紹介します。しっかりマスターして、憧れのツヤ髪を手に入れましょう♡

“ドライヘア”になってしまう4つの原因

パサつきがつらい!(写真:iStock)
パサつきがつらい! (写真:iStock)

「ドライヘア」とは、髪の毛が乾燥してキューティクルが剥がれてしまった状態のことを言います。ドライヘアを改善するためには、原因を知ることが一番の近道。まずはじめに、ドライヘアになってしまう4つの原因を詳しく見ていきましょう。

1. 紫外線や空気の乾燥

 紫外線は髪の奥深くまで入り込み、髪の主成分であるタンパク質にダメージを与えます。紫外線のダメージを受けた髪の毛は、水分を保持することができなくなってしまうため、その結果、ドライヘアとなってしまうのです。

 また、空気の乾燥によって髪の毛の水分が蒸発してしまうことも原因のひとつです。乾燥している髪の毛はキューティクルが剥がれてしまっているため、ツヤがなくなり、ゴワつきが強くなります。

2. 自宅でのセルフカラー

 美容室のヘアカラーと、自宅で行うヘアカラーでは、薬剤の配合バランスに違いがあります。美容室のカラーは髪の毛のダメージを最小限に抑えながらカラーリングできますが、ムラなく綺麗にカラーリングするためには、それ相応の技術が必要だと言えるでしょう。

 反対に、自宅でのセルフカラーは、誰かやっても綺麗に仕上がるようにできているものの、薬剤が強めでドライヘアの原因に……。セルフカラーをする時は、念入りにアフターケアすることが必要です。

3. 自然乾燥

 濡れている状態の髪の毛はキューティクルが開いているので、ブラッシングだけでも傷ついてしまうくらいデリケートな状態。もちろん、半乾きの状態も同様です。

 そのため、入浴後に髪の毛が濡れたまま寝てしまうと、枕での摩擦で髪が傷ついてキューティクルが剥がれてしまうため、結果的にドライヘアになりやすくなっています。

4. 高温のヘアアイロン

 毎日のスタイリングにストレートアイロンやコテを使用する人も多いと思いますが、これもドライヘアの原因の一つ。髪の毛は熱に弱いため、高温になるヘアアイロンなどによってダメージを受けてしまいます。

 さらに、濡れた状態でアイロンやコテをあてるのは、絶対にNG。髪の毛内部の水分が一瞬で蒸発するので、重度のドライヘアになる恐れがあります。

“ドライヘア”を改善する5つの方法

髪にも保湿が必須!(写真:iStock)
髪にも保湿が必須! (写真:iStock)

 ドライヘアになってしまう原因がわかれば、自分に合った改善方法が見えてくるはずです。続いては、ドライヘアを改善する5つの方法をご紹介します。

1. アウトバストリートメントをしっかりと

「アウトバストリートメント」とは、“洗い流さないトリートメント”のこと。髪を乾燥やダメージから、しっかりと守ってくれます。

 シャンプー後の濡れた髪にアウトバストリートメントをよく馴染ませて、軽く頭皮をマッサージしてからドライヤーをかけましょう。毎日ケアを続けることで、効果を実感できるようにはずですよ。

2. ドライヤーの前にしっかり水分を取る

 ドライヤーをかける時間を短くすることも、ドライヘアの改善に効果的な方法です。そのためには、ドライヤーをかける前にしっかりタオルドライしておきましょう。

 この時、髪の毛をタオルでゴシゴシ摩擦したり、パンパン叩くのはダメージの原因になるので絶対にNG。軽く押さえつけるだけでしっかり水分が取れる、吸収性の高いタオルを使うようにしましょう。

3. 保湿効果の高いシャンプーに変える

 ドラッグストアなどで手軽に購入できる一般的なシャンプーは汚れや皮脂をしっかり落とす効果が高いものが多いですが、髪に必要な油分まで洗い流してしまうため、ドライヘアの原因になってしまうことも。

 そのため、ドライヘアで悩んでいる方は、保湿力の高いシャンプーに変えてみるのもおすすめです。一般的なシャンプーに比べて価格は少し高めですが、髪の毛や頭皮に優しいアミノ酸や保湿成分の高いヒアルロン酸が配合されているので、洗うだけで髪の毛がしっとりしますよ。

4. 就寝時に“シルクのナイトキャップ”をかぶる

 髪の毛をドライヤーでしっかり乾かしても、寝ている間の摩擦でキューティクルが剥がれ、傷んでしまうことはあります。これを防ぐには、就寝時に「シルクのナイトキャップ」をかぶるのがおすすめ。擦れによるダメージや、水分の蒸発を防ぐことができます。

 また、シルクに含まれるアミノ酸には、髪に潤いを与える効果もあるそうですよ。

5. ヘアセットをする時にアイロンを使わない

 髪の毛は高温に弱いので、アイロンやコテを使用を続けるとダメージを悪化させてしまう可能性があります。ドライヘアを改善したいのであれば、アイロンやコテの使用をお休みしてみましょう。

 スタイリング時には低温のホットカーラーを使用したり、ワックスやスプレーなどの洗い流せるスタイリング剤に変えてみてくださいね。

“ドライヘア”は毎日の自宅ケアで改善しよう♡

毎日のケアでツヤ髪を手に入れて♪(写真:iStock)
毎日のケアでツヤ髪を手に入れて♪ (写真:iStock)

 ドライヘアを改善するためには、原因を知り、自分に合った改善方法を試すことが大事なポイントです。髪の毛は毎日しっかりケアしてあげれば、確実に効果を実感できるはずです。

 毎日のケアを見直し、あなたにピッタリの方法で憧れの「ツヤ髪」を手に入れてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...