パサパサ髪がつらい…ドライヘアになる原因&5つの改善方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-10 06:00
投稿日:2021-02-10 06:00
 髪の毛が乾燥して“ドライヘア”になってしまうと、見た目もパサパサになりますし、ヘアセットもなかなかうまく決まらないもの。「サラサラのツヤ髪になりたい」と思っている女性も多いでしょう。そこで今回は、ドライヘアの原因&5つの改善方法をご紹介します。しっかりマスターして、憧れのツヤ髪を手に入れましょう♡

“ドライヘア”になってしまう4つの原因

「ドライヘア」とは、髪の毛が乾燥してキューティクルが剥がれてしまった状態のことを言います。ドライヘアを改善するためには、原因を知ることが一番の近道。まずはじめに、ドライヘアになってしまう4つの原因を詳しく見ていきましょう。

1. 紫外線や空気の乾燥

 紫外線は髪の奥深くまで入り込み、髪の主成分であるタンパク質にダメージを与えます。紫外線のダメージを受けた髪の毛は、水分を保持することができなくなってしまうため、その結果、ドライヘアとなってしまうのです。

 また、空気の乾燥によって髪の毛の水分が蒸発してしまうことも原因のひとつです。乾燥している髪の毛はキューティクルが剥がれてしまっているため、ツヤがなくなり、ゴワつきが強くなります。

2. 自宅でのセルフカラー

 美容室のヘアカラーと、自宅で行うヘアカラーでは、薬剤の配合バランスに違いがあります。美容室のカラーは髪の毛のダメージを最小限に抑えながらカラーリングできますが、ムラなく綺麗にカラーリングするためには、それ相応の技術が必要だと言えるでしょう。

 反対に、自宅でのセルフカラーは、誰かやっても綺麗に仕上がるようにできているものの、薬剤が強めでドライヘアの原因に……。セルフカラーをする時は、念入りにアフターケアすることが必要です。

3. 自然乾燥

 濡れている状態の髪の毛はキューティクルが開いているので、ブラッシングだけでも傷ついてしまうくらいデリケートな状態。もちろん、半乾きの状態も同様です。

 そのため、入浴後に髪の毛が濡れたまま寝てしまうと、枕での摩擦で髪が傷ついてキューティクルが剥がれてしまうため、結果的にドライヘアになりやすくなっています。

4. 高温のヘアアイロン

 毎日のスタイリングにストレートアイロンやコテを使用する人も多いと思いますが、これもドライヘアの原因の一つ。髪の毛は熱に弱いため、高温になるヘアアイロンなどによってダメージを受けてしまいます。

 さらに、濡れた状態でアイロンやコテをあてるのは、絶対にNG。髪の毛内部の水分が一瞬で蒸発するので、重度のドライヘアになる恐れがあります。

“ドライヘア”を改善する5つの方法

 ドライヘアになってしまう原因がわかれば、自分に合った改善方法が見えてくるはずです。続いては、ドライヘアを改善する5つの方法をご紹介します。

1. アウトバストリートメントをしっかりと

「アウトバストリートメント」とは、“洗い流さないトリートメント”のこと。髪を乾燥やダメージから、しっかりと守ってくれます。

 シャンプー後の濡れた髪にアウトバストリートメントをよく馴染ませて、軽く頭皮をマッサージしてからドライヤーをかけましょう。毎日ケアを続けることで、効果を実感できるようにはずですよ。

2. ドライヤーの前にしっかり水分を取る

 ドライヤーをかける時間を短くすることも、ドライヘアの改善に効果的な方法です。そのためには、ドライヤーをかける前にしっかりタオルドライしておきましょう。

 この時、髪の毛をタオルでゴシゴシ摩擦したり、パンパン叩くのはダメージの原因になるので絶対にNG。軽く押さえつけるだけでしっかり水分が取れる、吸収性の高いタオルを使うようにしましょう。

3. 保湿効果の高いシャンプーに変える

 ドラッグストアなどで手軽に購入できる一般的なシャンプーは汚れや皮脂をしっかり落とす効果が高いものが多いですが、髪に必要な油分まで洗い流してしまうため、ドライヘアの原因になってしまうことも。

 そのため、ドライヘアで悩んでいる方は、保湿力の高いシャンプーに変えてみるのもおすすめです。一般的なシャンプーに比べて価格は少し高めですが、髪の毛や頭皮に優しいアミノ酸や保湿成分の高いヒアルロン酸が配合されているので、洗うだけで髪の毛がしっとりしますよ。

4. 就寝時に“シルクのナイトキャップ”をかぶる

 髪の毛をドライヤーでしっかり乾かしても、寝ている間の摩擦でキューティクルが剥がれ、傷んでしまうことはあります。これを防ぐには、就寝時に「シルクのナイトキャップ」をかぶるのがおすすめ。擦れによるダメージや、水分の蒸発を防ぐことができます。

 また、シルクに含まれるアミノ酸には、髪に潤いを与える効果もあるそうですよ。

5. ヘアセットをする時にアイロンを使わない

 髪の毛は高温に弱いので、アイロンやコテを使用を続けるとダメージを悪化させてしまう可能性があります。ドライヘアを改善したいのであれば、アイロンやコテの使用をお休みしてみましょう。

 スタイリング時には低温のホットカーラーを使用したり、ワックスやスプレーなどの洗い流せるスタイリング剤に変えてみてくださいね。

“ドライヘア”は毎日の自宅ケアで改善しよう♡

 ドライヘアを改善するためには、原因を知り、自分に合った改善方法を試すことが大事なポイントです。髪の毛は毎日しっかりケアしてあげれば、確実に効果を実感できるはずです。

 毎日のケアを見直し、あなたにピッタリの方法で憧れの「ツヤ髪」を手に入れてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...