アラサー女子の“老け髪”問題…原因とヘアケアをプロが伝授!

藤田裕美 美容師・ヘアメイク
更新日:2020-11-15 06:00
投稿日:2020-11-15 06:00
 なんだか最近、髪の悩みが増えたな……。前は気にならなっかたことが次々と気になり始めてきて「なんで?」と思うことはありませんか。それ、プチ老化の始まりかもしれません。お悩み別に原因と適したケアを紹介していきましょう。

髪全体がパサつきツヤがない

なんだか髪の毛に元気がない…(写真:iStock)
なんだか髪の毛に元気がない… (写真:iStock)

 実は、髪のパサつきも老化が原因の一つです。肌に比べて老化が分かりやすいのも髪で、季節や体調によって顕著にあらわれます。

 外的要因としては頻繁にカラーリングやパーマなどを繰返している人も要注意。髪にツヤや元気がないだけで老けて見られたり、何より自身のモチベーションが下がってしまいます。

 そうならないために、今までのヘアケアをワンランクアップしてあげる時期なのかもしれません。若い時は何を使ってもそれなりに見えますが、アラサー女子は「少し良いもの」を使って髪全体に元気を取り戻しましょう。

 傷んでスカスカな髪には、必要とされる栄養分とたっぷりの潤い成分を。紫外線も大敵です。日焼け防止対策もしっかりと。アフターケアも忘れずに。

 最近ではヘアケアの進化がもの凄く進化をとげています、自分にあったものを使いましょう、通っているサロンの美容師に選んでもらうのもおすすめです。

頭皮がベタつき、髪のボリュームがなくなってきた

シャンプーはちゃんと流して(写真:iStock)
シャンプーはちゃんと流して (写真:iStock)

 毛髪よりも頭皮の問題かもしれません。忙しくてついシャンプーの時間を簡単に済ませていませんか?

 汚れがしっかり取れていないどころか、シャンプー剤すら流しきれていないなんてことも。

 頭皮を擦りながらお湯でしっかり濡らすことで、半分以上汚れが取れると言われています。シャンプー剤をよく泡立てて頭皮をマッサージするように洗い、その後十分に流します。

 よく洗われていないことで頭皮が固くなり、流しきれていないことでベタつき、ボリュームもなくなるのです。

 コンディショナーやトリートメントなどを頭皮に直接つけるのも気をつけて! 毛穴を塞いでしまうこともあるので毛髪を中心に。

 なるべく時間を置かずに、バスタイムの後は素早くドライすることも大切です。髪が濡れている時が一番ダメージを受けやすいと言われています。乾かす際はお気に入りのアウトバストリートメントも忘れずに。

プチ老化対策に一番必要なのは…

いい髪はいい睡眠から(写真:iStock)
いい髪はいい睡眠から (写真:iStock)

 そして何より大切なことは内側からのメンテナンス

 当たり前のことですが身体が健康ではないと髪にも大きな影響があります。睡眠不足や食生活の乱れが原因になることも。ストレスの多い時代、心身ともに健康でいるために常に意識したいです。

 栄養のある食事と睡眠、いつでも清潔でいること。自分に合ったヘアケアコスメをプラスして、少しずつ始まっている老化に立ち向かい、スピードを緩やかにしていきましょう、早い段階で準備をしておくことは最も重要です。

まとめ

美髪をキープ!(写真:iStock)
美髪をキープ! (写真:iStock)

 髪に艶やボリュームがあり元気だと、何よりその人自身が輝いて見えますし、若々しく見えます。メイクやファッションと同じくらい大切なことなのです。いつまでも綺麗な髪でいられるように日頃から年齢や紙質に合ったケアを心掛けましょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


デスクワークの運動不足を解消! 簡単なストレッチ&筋トレ
 コロナ禍の昨今、 PC作業や資料作成などで連日長時間デスクワークをしている方も多いですよね。座っている時間が長時間続く...
儚げメイクで守りたくなる♡ 色素薄い系モテ女子になる方法
 最近話題の「儚げメイク」をご存知ですか? 儚げメイクとは、気だるくどこか儚げで色素が薄く、つい守りたくなってしまう女性...
リモート&オンライン会議で映えるメイクの4つのポイント♡
 コロナ禍で、リモートワークをする機会が増えた昨今。ZOOMやSkypeを使ったオンラインのビデオ会議が、もはや日常の風...
時短で華やか♡ 毛先の“ワンカール巻き”を徹底レクチャー!
「朝から、きちんと髪の毛を巻く時間がない!」……そんな時でも、何もしないで出掛けるわけにいかないのが、私たち女性の本音で...
“白髪染め”と“カラー”の違いは?自宅で染める4つのコツ
 少しずつ顔周りの白髪が気になり始めると、「白髪染め」と「ヘアカラー」どちらが良いのか悩んでしまいますよね? 実際、白髪...
三日坊主脱出! ウォーキングを続ける4つのコツ&メリット♡
 ウォーキングは、どこでも簡単にできる有酸素運動として人気のトレーニングのひとつ。継続して行うことで、美容面に嬉しい効果...
VIO脱毛で人気の形はどれ? アンダーヘアの形おすすめ3選♡
 最近、雑誌やSNSなどで、頻繁に話題にのぼることも多くなった「VIO脱毛」。まだ施術はしていないものの、ひそかに注目し...
“色素薄い系メイク”って? 特徴やメイク方法を徹底解説♡
 近年、SNSを中心に、さまざまなコンセプトのメイクが発信されていますよね。しかし、なかなかイメージできないのが、「色素...
グラマーな女性ってやっぱりモテる? 体型の特徴&魅力とは
 よく、「グラマーな女性」という言葉を聞きますが、あなたはこの、「グラマー」にどんなイメージをお持ちでしょう? バスト...
コラーゲン美容でお肌プルプルに♡ 美肌を作るケア方法5選
 コラーゲンが肌に良いというのは、多くの女性が知っている知識でしょう。実際、肌ケア目的で「コラーゲン配合」と書いてあるス...
クールな男顔→可愛い女顔に変身♡メイクで女性らしい印象に
 最近話題の「男顔or女顔診断」、あなたは試したことはありますか?そんな中、「自分は男顔タイプだけれど、女顔タイプの雰囲...
内巻き・外巻き・ミックス巻き…失敗ゼロ!な巻き髪のコツ♡
 ヘアアレンジの方法をインターネットで調べると、「まずは、ミックス巻きをしておきます」や「軽く巻いておいて」などの表現が...
肌の凸凹をなんとかしたい…原因&メイクでカバーする方法!
 大きいニキビができると、その後肌に凹凸が残ってしまうことってありますよね。このようにニキビ跡にできた凹凸のことを“クレ...
着痩せコーデのコツ&太ってる人が5キロ痩せて見える服3選
「最近、太ってきたな」と、一生懸命ダイエットに挑戦しては挫折している人って多いですよね。そんな人におすすめしたいのが、「...
安いけど…セルフ縮毛矯正の効果はある?頻度・値段・やり方
 やっかいなくせ毛の悩みを解決してくれる「縮毛矯正」。でも、美容院でやると値段も高いし、時間もかかってしまいますよね……...
2021年最新!雑誌の付録でおこもりケア♡ 自分磨きで美肌get
 冬休み中の自分磨きに、部屋も肌も大掃除してみてはいかがでしょうか? 旅行やパーティーなどができない今だからこそ、おこも...