アラサー女子の“老け髪”問題…原因とヘアケアをプロが伝授!

藤田裕美 美容師・ヘアメイク
更新日:2020-11-15 06:00
投稿日:2020-11-15 06:00
 なんだか最近、髪の悩みが増えたな……。前は気にならなっかたことが次々と気になり始めてきて「なんで?」と思うことはありませんか。それ、プチ老化の始まりかもしれません。お悩み別に原因と適したケアを紹介していきましょう。

髪全体がパサつきツヤがない

なんだか髪の毛に元気がない…(写真:iStock)
なんだか髪の毛に元気がない… (写真:iStock)

 実は、髪のパサつきも老化が原因の一つです。肌に比べて老化が分かりやすいのも髪で、季節や体調によって顕著にあらわれます。

 外的要因としては頻繁にカラーリングやパーマなどを繰返している人も要注意。髪にツヤや元気がないだけで老けて見られたり、何より自身のモチベーションが下がってしまいます。

 そうならないために、今までのヘアケアをワンランクアップしてあげる時期なのかもしれません。若い時は何を使ってもそれなりに見えますが、アラサー女子は「少し良いもの」を使って髪全体に元気を取り戻しましょう。

 傷んでスカスカな髪には、必要とされる栄養分とたっぷりの潤い成分を。紫外線も大敵です。日焼け防止対策もしっかりと。アフターケアも忘れずに。

 最近ではヘアケアの進化がもの凄く進化をとげています、自分にあったものを使いましょう、通っているサロンの美容師に選んでもらうのもおすすめです。

頭皮がベタつき、髪のボリュームがなくなってきた

シャンプーはちゃんと流して(写真:iStock)
シャンプーはちゃんと流して (写真:iStock)

 毛髪よりも頭皮の問題かもしれません。忙しくてついシャンプーの時間を簡単に済ませていませんか?

 汚れがしっかり取れていないどころか、シャンプー剤すら流しきれていないなんてことも。

 頭皮を擦りながらお湯でしっかり濡らすことで、半分以上汚れが取れると言われています。シャンプー剤をよく泡立てて頭皮をマッサージするように洗い、その後十分に流します。

 よく洗われていないことで頭皮が固くなり、流しきれていないことでベタつき、ボリュームもなくなるのです。

 コンディショナーやトリートメントなどを頭皮に直接つけるのも気をつけて! 毛穴を塞いでしまうこともあるので毛髪を中心に。

 なるべく時間を置かずに、バスタイムの後は素早くドライすることも大切です。髪が濡れている時が一番ダメージを受けやすいと言われています。乾かす際はお気に入りのアウトバストリートメントも忘れずに。

プチ老化対策に一番必要なのは…

いい髪はいい睡眠から(写真:iStock)
いい髪はいい睡眠から (写真:iStock)

 そして何より大切なことは内側からのメンテナンス

 当たり前のことですが身体が健康ではないと髪にも大きな影響があります。睡眠不足や食生活の乱れが原因になることも。ストレスの多い時代、心身ともに健康でいるために常に意識したいです。

 栄養のある食事と睡眠、いつでも清潔でいること。自分に合ったヘアケアコスメをプラスして、少しずつ始まっている老化に立ち向かい、スピードを緩やかにしていきましょう、早い段階で準備をしておくことは最も重要です。

まとめ

美髪をキープ!(写真:iStock)
美髪をキープ! (写真:iStock)

 髪に艶やボリュームがあり元気だと、何よりその人自身が輝いて見えますし、若々しく見えます。メイクやファッションと同じくらい大切なことなのです。いつまでも綺麗な髪でいられるように日頃から年齢や紙質に合ったケアを心掛けましょう。

藤田裕美
記事一覧
美容師・ヘアメイク
都内のサロンに勤務後フリーのヘアースタイリストに転向。メディア等のヘアーメイク、講師などの活動。2014年恵比寿にプライベートトータルビューティーサロンを設立。美容師免許保持。
http://starlier.jp/

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...