マスク美人は時短メイクが上手♡ 楽して綺麗に仕上げるコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-05 06:00
投稿日:2020-11-05 06:00
 “withコロナ”の今、しばらくマスクが手放せない生活が続きそうですよね。そんな中、今まで通りのメイクだと、マスクの蒸れや擦れでファンデがドロドロになってしまったり、チークやリップがマスクについてしまったりと悩みも多いはず。そこで今回は、マスク美人の皆さんが実践している、綺麗に仕上がる時短メイク方法をご紹介します!

マスクメイクは手抜きがポイント♡ 簡単時短メイク術

マスクの時のメイクどうしてる?(写真:iStock)
マスクの時のメイクどうしてる? (写真:iStock)

 ちょっとご近所に行く時、すっぴんには見られたくないけど、しっかりメイクするのは時間もコスメももったいない……。そんな時におすすめのメイク方法をご紹介します。

【ご近所編】マスク上だけベースメイク&ポイントアイメイク

 ちょっとした外出には、「マスク上だけベースメイク&ポイントアイメイク」がおすすめです!

【ベースメイク】

 ベースメイクは、マスクで見える部分だけにリキッドファンデを薄くつけます。いつもの8割くらいで薄くつけても、リキッドタイプならしっかりカバーできますよ。

【アイメイク】

 アイメイクは、アイシャドウは塗らずに、ビューラーとマスカラで目力を出しましょう。目尻にブラウンのアイラインを太めに引くだけでも、すっぴんには見えづらくなります。

【職場編】8割ベースメイク&しっかりアイメイク

 職場では「ナチュラルベースメイク&しっかりアイメイク」が、おすすめ。チークやリップは、省いてもOKです。時短でしっかり仕上げるには、アイメイクがポイントになりますよ。

【ベースメイク】

 時短のため、肌ケアもできる「CCクリーム」を、普段の8割くらいで顔全体に薄く塗ります。最後にパウダーをのせると、テカリ防止&摩擦でも崩れにくくなります。

【アイメイク】

 職場では、マスクから見える部分のアイメイクはしっかりと。眉毛は太めに、目元はブラウンのマスカラとアイラインで濃いめ&きつくならないように仕上げるのがポイントです。

食事しても落ちにくいティントタイプが便利(写真:iStock)
食事しても落ちにくいティントタイプが便利 (写真:iStock)

【女子会編】8割ベースメイク&ティントリップ

 女子会では、食事をしたり、飲み会をしたりとマスクを外す時間も長くなりますよね。そんな時には、「8割ベースメイクとティントリップのラフ塗り」がおすすめです。

【ベースメイク】

 ベースメイクは厚塗りで崩れるより、薄く塗ってこまめに直す方が美しさをキープできます。時短のため、CCクリームで均一な肌に仕上げていきましょう。ここでも、普段の8割程度の量がおすすめです。

【リップ】

 リップは、断然ティントタイプがおすすめ。指でラフ塗りすることで、マスクで擦れて消えてしまっても違和感があまり出ません。また、食事をしても発色がキープできるのも嬉しいポイントです。

【アイメイク&チーク】

 アイメイクやチークを時短メイクにするかは、TPOで選ぶのが◎。気心知れたメンツなのか、気合いを入れたい場なのかによって、仕上がりを調整すると良いでしょう。

【デート編】8割ベースメイク&小ワザで崩れを軽減

 大好きな彼氏と1日デートをするなら、チークやリップも欠かせませんよね。そこで、小ワザを駆使してメイク崩れを軽減しましょう。

【ベースメイク】

 ベースメイクはしっかりと保湿してから、皮脂吸収パウダー入りの下地を使用。ツヤ感をキープできるCCクリームやリキッドファンデーションで、8割程度に抑えたベースメイクをします。また、メイクの仕上げには必ずパウダーをオンしてくださいね。

【チーク】

 チークはパウダーより密着感が高く、マスクにつきにくいクリームタイプがおすすめです。たっぷりのせるとマスクに移ってしまうので、控えめにしましょう。

【アイメイク】

 アイメイクはマスクからの蒸気でカールが落ちないよう、マスカラ下地を使うのがポイントです。しっかり根元から立ち上げてから、マスカラを塗りましょう。

【リップ】

 リップは、やはりマスクの擦れに強いティントリップが◎。「マスクを外した時に、血色の悪い唇になっていた」なんてことのないように、しっかり染まるタイプを選びましょう。
時短でメイク崩れを阻止したいなら? おすすめアイテム2つ

 時短メイクに加えて、さらにメイク崩れを阻止したい時には、こちらのアイテムを使うと便利ですよ。どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

メイク崩れを防ぐ便利なアイテムも

メイクしない派はお粉だけでも(写真:iStock)
メイクしない派はお粉だけでも (写真:iStock)

メイクしない派も使える「ベビーパウダー」

 マスクだし、今日はメイクしたくないという日には、ベビーパウダーを使うだけで肌が綺麗に整ってみえます。軽く洗顔するだけで落ちるから、肌が弱い人にもぴったりですね。

 また、顔に触れやすい鼻の部分など、マスク側にベビーパウダーを軽くのせておくと、マスクとの摩擦を軽減することができますよ。ただし、乾燥してしまうのは否めません。事前の保湿ケアは必須ですよ。

ドロドロ崩れを防ぐ!「メイクキープミスト」

 簡単で効果的なのが、メイクキープミストを使うことです。メイク崩れの原因は、マスクによる擦れや蒸れ、皮脂や汗、乾燥などが原因。メイクキープミストを使えば、メイクの仕上げに一拭きするだけで崩れを防止してくれます。

 乾燥を予防してくれるタイプ、紫外線カット効果があるものなど種類はさまざまですので、チェックしてみましょう。

マスク美人になるなら時短メイクを極めよう!

マスクでも可愛くみせたい♪(写真:iStock)
マスクでも可愛くみせたい♪ (写真:iStock)

 マスク生活ではしっかりメイクをすることで、逆にメイク崩れしやすくなってしまうのが難点。でも、マスクをつけている時ならではのコツを押さえることで、メイク崩れのストレスを減らすことができますよ。ぜひ、この記事を参考にして、時短メイクでマスク美人を目指してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...