マスク美人は時短メイクが上手♡ 楽して綺麗に仕上げるコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-05 06:00
投稿日:2020-11-05 06:00
 “withコロナ”の今、しばらくマスクが手放せない生活が続きそうですよね。そんな中、今まで通りのメイクだと、マスクの蒸れや擦れでファンデがドロドロになってしまったり、チークやリップがマスクについてしまったりと悩みも多いはず。そこで今回は、マスク美人の皆さんが実践している、綺麗に仕上がる時短メイク方法をご紹介します!

マスクメイクは手抜きがポイント♡ 簡単時短メイク術

マスクの時のメイクどうしてる?(写真:iStock)
マスクの時のメイクどうしてる? (写真:iStock)

 ちょっとご近所に行く時、すっぴんには見られたくないけど、しっかりメイクするのは時間もコスメももったいない……。そんな時におすすめのメイク方法をご紹介します。

【ご近所編】マスク上だけベースメイク&ポイントアイメイク

 ちょっとした外出には、「マスク上だけベースメイク&ポイントアイメイク」がおすすめです!

【ベースメイク】

 ベースメイクは、マスクで見える部分だけにリキッドファンデを薄くつけます。いつもの8割くらいで薄くつけても、リキッドタイプならしっかりカバーできますよ。

【アイメイク】

 アイメイクは、アイシャドウは塗らずに、ビューラーとマスカラで目力を出しましょう。目尻にブラウンのアイラインを太めに引くだけでも、すっぴんには見えづらくなります。

【職場編】8割ベースメイク&しっかりアイメイク

 職場では「ナチュラルベースメイク&しっかりアイメイク」が、おすすめ。チークやリップは、省いてもOKです。時短でしっかり仕上げるには、アイメイクがポイントになりますよ。

【ベースメイク】

 時短のため、肌ケアもできる「CCクリーム」を、普段の8割くらいで顔全体に薄く塗ります。最後にパウダーをのせると、テカリ防止&摩擦でも崩れにくくなります。

【アイメイク】

 職場では、マスクから見える部分のアイメイクはしっかりと。眉毛は太めに、目元はブラウンのマスカラとアイラインで濃いめ&きつくならないように仕上げるのがポイントです。

食事しても落ちにくいティントタイプが便利(写真:iStock)
食事しても落ちにくいティントタイプが便利 (写真:iStock)

【女子会編】8割ベースメイク&ティントリップ

 女子会では、食事をしたり、飲み会をしたりとマスクを外す時間も長くなりますよね。そんな時には、「8割ベースメイクとティントリップのラフ塗り」がおすすめです。

【ベースメイク】

 ベースメイクは厚塗りで崩れるより、薄く塗ってこまめに直す方が美しさをキープできます。時短のため、CCクリームで均一な肌に仕上げていきましょう。ここでも、普段の8割程度の量がおすすめです。

【リップ】

 リップは、断然ティントタイプがおすすめ。指でラフ塗りすることで、マスクで擦れて消えてしまっても違和感があまり出ません。また、食事をしても発色がキープできるのも嬉しいポイントです。

【アイメイク&チーク】

 アイメイクやチークを時短メイクにするかは、TPOで選ぶのが◎。気心知れたメンツなのか、気合いを入れたい場なのかによって、仕上がりを調整すると良いでしょう。

【デート編】8割ベースメイク&小ワザで崩れを軽減

 大好きな彼氏と1日デートをするなら、チークやリップも欠かせませんよね。そこで、小ワザを駆使してメイク崩れを軽減しましょう。

【ベースメイク】

 ベースメイクはしっかりと保湿してから、皮脂吸収パウダー入りの下地を使用。ツヤ感をキープできるCCクリームやリキッドファンデーションで、8割程度に抑えたベースメイクをします。また、メイクの仕上げには必ずパウダーをオンしてくださいね。

【チーク】

 チークはパウダーより密着感が高く、マスクにつきにくいクリームタイプがおすすめです。たっぷりのせるとマスクに移ってしまうので、控えめにしましょう。

【アイメイク】

 アイメイクはマスクからの蒸気でカールが落ちないよう、マスカラ下地を使うのがポイントです。しっかり根元から立ち上げてから、マスカラを塗りましょう。

【リップ】

 リップは、やはりマスクの擦れに強いティントリップが◎。「マスクを外した時に、血色の悪い唇になっていた」なんてことのないように、しっかり染まるタイプを選びましょう。
時短でメイク崩れを阻止したいなら? おすすめアイテム2つ

 時短メイクに加えて、さらにメイク崩れを阻止したい時には、こちらのアイテムを使うと便利ですよ。どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

メイク崩れを防ぐ便利なアイテムも

メイクしない派はお粉だけでも(写真:iStock)
メイクしない派はお粉だけでも (写真:iStock)

メイクしない派も使える「ベビーパウダー」

 マスクだし、今日はメイクしたくないという日には、ベビーパウダーを使うだけで肌が綺麗に整ってみえます。軽く洗顔するだけで落ちるから、肌が弱い人にもぴったりですね。

 また、顔に触れやすい鼻の部分など、マスク側にベビーパウダーを軽くのせておくと、マスクとの摩擦を軽減することができますよ。ただし、乾燥してしまうのは否めません。事前の保湿ケアは必須ですよ。

ドロドロ崩れを防ぐ!「メイクキープミスト」

 簡単で効果的なのが、メイクキープミストを使うことです。メイク崩れの原因は、マスクによる擦れや蒸れ、皮脂や汗、乾燥などが原因。メイクキープミストを使えば、メイクの仕上げに一拭きするだけで崩れを防止してくれます。

 乾燥を予防してくれるタイプ、紫外線カット効果があるものなど種類はさまざまですので、チェックしてみましょう。

マスク美人になるなら時短メイクを極めよう!

マスクでも可愛くみせたい♪(写真:iStock)
マスクでも可愛くみせたい♪ (写真:iStock)

 マスク生活ではしっかりメイクをすることで、逆にメイク崩れしやすくなってしまうのが難点。でも、マスクをつけている時ならではのコツを押さえることで、メイク崩れのストレスを減らすことができますよ。ぜひ、この記事を参考にして、時短メイクでマスク美人を目指してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...