驚愕!ずぼらな“口腔ケア”がアナタの人生を残酷に変える…!

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-02-12 07:39
投稿日:2021-02-12 06:00
 口腔ケアを怠ってしまうと、認知症をはじめ、さまざまな病気が起こると問題視されるようになった昨今。しかし、その受け止め方は人それぞれです。筆者の周囲にも「食事のたびに歯磨きをし、2カ月に1度は歯のクリーニングに行く」というマメな方もいれば、「4年くらい歯医者さんに行っていない」「歯を磨かずに寝ることが週に5日はある」という方までおり、驚いています。
 コロナ禍の現在、人生をも大きく変えてしまう「口腔ケアの大切さ」に筆者が迫ってみました。今回、取材にご協力くださったのは、髙木歯科自由が丘クリニック院長・髙木謙一先生です。髙木先生のWEBサイトは、コラムの最後に掲載しております。

1. ひきこもり

ずぼらなケアをしているととんでもないことに(写真:iStock)
ずぼらなケアをしているととんでもないことに (写真:iStock)

 歯のケアを怠って、ひきこもり?と、驚かれる方も多いことでしょう。しかし現在、歯科業界では「オーラルフレイル(口腔機能の低下症)」が問題になっており、かなり重大な負のスパイラルが蔓延しています。

 簡潔に説明すると、

1. 口腔の筋肉や活力が衰えて、食物を噛めなくなる。
2. 食物を噛めなくなると、栄養が満足に摂れず、身体機能が低下し、要介護におちいってしまう。
3. 咀嚼(そしゃく)機能の衰えにより、食事の際にむせてしまう。また、話をする際にかつぜつが悪く、発音障害も起きてしまう。
4.「食べられない」「以前のように、うまく話せない」状態になると、メンタルが落ちこみ、社会性の欠如も起こる。外出や運動も少なくなり、身体機能が低下する。
5. 結果、ひきこもりになっていく。

 このような負の連鎖があるそうです。いかに口腔ケアが大切か理解できますね。

2. アルツハイマー型認知症患者の脳内から歯周病の菌を発見!

アルツハイマーの一因とも(写真:iStock)
アルツハイマーの一因とも (写真:iStock)

 近年、認知症でもっとも多い「アルツハイマー型認知症」の方の脳内から歯周病菌が見つかったことが、話題となっています。

 アルツハイマー型認知症では、脳に「アミロイドβ」というたんぱく質が溜まって発症します。この恐ろしいアミロイドβは、歯周病菌の毒素が入って増加するそう。

 見方を変えれば、口腔ケアをしっかりしていると、脳が健康な状態を保てるということですね。ここでも、口腔ケアの重要性を物語っています。

3. 口腔ケアをおこたり、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)で亡くなる人続出!

人工呼吸器が肺炎を誘発することも(写真:iStock)
人工呼吸器が肺炎を誘発することも (写真:iStock)

 日本人の死亡原因は、一位が心疾患、二位がガン、三位が肺炎と言われています。

 肺炎の中でも、特に高齢者に多いのが「誤嚥性肺炎」。これは、食物や口腔の細菌が、誤って気管や肺に流れこんでしまうのが原因です。

 震災死においても、誤嚥性肺炎が最多数を占めたそう。災害時は、断水や水不足により、歯磨きなどの口腔ケアは十分にできませんよね。命を守るため、食物や寝る場所の確保に重点が置かれ、歯磨きなどはあと回しとなってしまいます。

 結果、口の中の細菌は急激に増え、歯周病菌を含んだ唾液を誤嚥してしまったため、肺炎を発症する人が急増しました。これが、死につながったのです。

 人工呼吸器もまた、殺人兵器となってしまう場合があるそうです。

 新型コロナウィルスでウィルス性肺炎を起こした際、人工呼吸器によって新鮮な空気と一緒に、なんと口腔細菌も肺に流れやすくなるそう。それが、人工呼吸器による肺炎(VAP)を発症してしまうのです。

 命を救うはずの人工呼吸器が、口腔ケアをおろそかにしたため、細菌も肺に流れて死に至らしめる――本当に痛ましいことです。

 ◇  ◇  ◇

 いかがでしたか? いかに口腔ケアが大切か、ご理解いただけたかと思います。

 今回は3項目に絞りましたが、これは氷山の一角にすぎません。

 口腔ケアを軽視していると、体調はもちろん、家族や友人とのかかわりあい、ひいては人生までをも大きく変えてしまうのです。どうか今一度、ご自身の「口腔ケア」を見直してみませんか?

監修医師紹介

髙木歯科自由が丘クリニックの髙木謙一先生
髙木歯科自由が丘クリニックの髙木謙一先生

 なお、今回お話をうかがった髙木謙一先生のクリニックはこちらです。

 →髙木歯科自由が丘クリニック

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」...
ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...
その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして...
ヘッドスパの効果が持続する時間はどれくらい? 目的別頻度
 髪質改善や美容にも効果があると言われる「ヘッドスパ」。でも、気が向いた時にだけ通っているという人も多いようです。でも実...
秋はレディライクなバーガンディメイクが旬♡ やり方のコツ
 秋は、女性らしさや上品さのある“レディライクなメイク”がしたいですよね♡ そこでおすすめなのが「バーガンディメイク」!...
アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムです...