この5つで「マスク美人」 着けても外してもキレイで若見え!

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-05-18 01:14
投稿日:2020-05-16 06:00
 コロナ禍における必需品の一つがマスクですね。マスク着用時に注意したいのが、マスク映えするメイク術とメイクのヨレ防止。「マスクを着けても外してもキレイで若見え」する方法に、コスメコンシェルジュのライセンスを持つ筆者が迫ってみました。

マスク美人にはコツがある

メイク崩れが気になる(写真:iStock)
メイク崩れが気になる (写真:iStock)

1. 基本は鼻呼吸

 マスクをしていると、どうしても息苦しさ、ムレ、湿気がこもってメイクが崩れるなどの障害が発生します。基本は「鼻呼吸」と覚えましょう。鼻呼吸には、ウィルスのブロック機能(鼻毛や媚粘液、毛細血管)があり、口呼吸ではそれらの防御機能は発揮されないうえ、マスク内の湿度も上昇してメイク崩れにもつながるのです。

 また、熱中症対策として「首元の通気を良くする」、ひどい時は「冷たいタオルを首に巻く」。ぜひ参考にしてみて下さい。

2. メイク崩れ防止にはベビーパウダー

 メイクの仕上げにベビーパウダーを愛用している女性も多いと思いますが、マスクにも使わない手はありません。マスクの裏側にもポンポンとつけ、余分なお粉ははたいて落とす。このひと手間で、マスクと肌の接触を軽減する嬉しい効果があるのです。

ファンデは薄塗りが鉄則(写真:iStock)
ファンデは薄塗りが鉄則 (写真:iStock)

3. マスクで隠れる部分は「薄塗り」が鉄則!

 メイクの美しさの8割はベースメークで決まると言われています。以前のコラム(美容のプロが伝授!「夏老け顔」はこのひと手間で即解決)では、ファンデをしっかり密着させるためにも「冷やす」ことが重要とお伝えしました。

 洗顔の仕上げを冷水にしたり、冷蔵庫に入れたシートマスクで肌を冷やしてハンドプッシュ。「水分補給+毛穴を引きしめ」をしたのちに、下地とファンデを塗りましょう。また、マスクを外した時のことを考慮し、マスク内は薄塗りがお約束。ファンデを塗ったら、ここでも両手で頬やひたい、あごをハンドプッシュ。このひと手間で驚くほどファンデが密着します。

4. 若々しさの秘訣は眉にあり!

 眉にも流行がありますが、現在はナチュラルなブラウンの太め眉でしょうか。自分の眉を生かしつつも、ふんわりとした印象の太眉を意識してください。また、気温が上昇する時期に向け、アイラインは汗に強いウォータープルーフがベスト。ブラックはどうしてもキツくなってしまうので、ブラウンがオススメです。

5. 悩みの「口紅」の裏技は?

 マスクをして困ることの一つが「口紅がマスクにべったりつく」ではないでしょうか。筆者は、唇自体を染めてくれるティントリップをオススメします。色づくことも嬉しいうえに、落ちにくい!マスクをする直前に、さっとティッシュオフすれば完璧です。

ひと手間かけてキレイをキープ!

マスクを外した後はリラックス(写真:iStock)
マスクを外した後はリラックス (写真:iStock)

 いかがでしたか? 鼻呼吸、ベビーパウダー、マスク部分のファンデは薄塗り、ナチュラルな太眉、ティントリップ。マスク着用が日常となっても、ひと手間かけたキレイの参考にして頂ければ嬉しいです。

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...