10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-20 06:00
投稿日:2021-02-20 06:00
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実年齢よりも老けて見えますよね……。そこで今回は、白髪を上手に隠すためのアイディアや便利アイテム、さらに、あえて白髪を魅力的に見せる素敵な方法までご紹介します! ぜひ、チェックしてみてくださいね♡

【アイディア編】身近なもので簡単に! 白髪の隠し方4選

白髪…目立ってきた?(写真:iStock)
白髪…目立ってきた? (写真:iStock)

 まずは、身近にあるもので工夫できる、簡単な白髪の隠し方からご紹介しましょう!

1. 髪型を工夫して白髪を隠す

 毎日の髪型で白髪を隠す際のポイントは、「分け目ができるだけ少ない髪型にすること」。1カ月で1cm前後伸びる髪の毛は、白髪染めをしても徐々に生え際が白くなってしまいます。

 ロングヘアの人におすすめなのは、ポニーテールなどオールバックにする髪型。白髪が目立つ“分け目”がないので、次に染めるまでの期間をこの髪型で乗り切ることができます。ショートの人はピンで留めたり、ハーフアップにするなどして分け目のない髪型を試してみてくださいね。

2. 白髪が目立ちにくいカラーにする

 美容院や自宅で髪の毛を染める際には、白髪が目立ちにくいカラーを選ぶと白髪が生えてきても目立ちにくくなります。基本は、明るいカラーがおすすめ。暗いカラーは白髪が生えた時に目立ってしまうので、あまりおすすめできません。

 また、美容院で染めるなら、筋状に明るく染める「ハイライト」を入れてもらうと、長い白髪も自然にごまかすことができます。

3. 帽子を使って白髪を隠す

 さっとおでかけしたい時などには、帽子を使って白髪を隠すのが手っ取り早いです。ニット帽やキャップなどで白髪が目立つ部分をまるっと覆えば、短い白髪はほとんど隠すことができますよ。

4. ターバンをつけて白髪を隠す

 白髪の生えている部位によっては、ターバンを使ったアレンジでおしゃれに隠してしまうのもおすすめです。ターバンを選ぶ際には、より髪が隠れる幅の広いものを選びましょう。

【便利アイテム編】あっという間に消せる! 白髪の隠し方4選

白髪染めもカラバリ豊富に(写真:iStock)
白髪染めもカラバリ豊富に (写真:iStock)

 続いては、白髪のために開発された、便利な白髪隠し用アイテムを使った隠し方をご紹介します。

1. 白髪染め用のカラーで髪の毛を染める

 少し前まで、白髪染めは「あまり明るいカラーがない」と、黒髪用のカラーをしている人も多くいました。でも、最近では白髪染めも進化して明るいカラーが開発されるなど、種類が豊富になってきています。

 そもそも、黒髪用のおしゃれ染めは、基本的に髪の毛のメラニン色素を「脱色する作用」が強くなっていますが、白髪染めは髪を染める「染色作用」のほうが強いんです。そのため、白髪には白髪染め用のカラーを使うほうが、より染色効果を強くすることができますよ。

2. 白髪隠しパウダーを使う

 広い範囲に白髪が生えている人は、白髪染めをしても比較的すぐに白髪が目立ってしまいますよね。そんな時におすすめなのは、広範囲の白髪をさっと手軽に隠せる「白髪隠し用パウダー」です。白髪全体にぽんぽんと乗せるだけで、手軽に黒髪にすることができますよ。

 また、広範囲に使う場合、さっと吹きかけるだけのスプレータイプもおすすめです。

3. 白髪隠しファンデーションを塗る

 白髪が多く、髪の薄さで地肌も気になるという人には、白髪隠しファンデーションがおすすめです。使い方は、通常のファンデーションと同じように上からぽんぽんと塗るだけと簡単。

 また、持ち運びも便利なので、外出先で気になる時にも重宝しますよ。

4. 白髪隠しマスカラを使う

 マスカラタイプの白髪隠しもあります。特に、生え際の白髪を隠したい時には、さっととかすだけで白髪を一瞬で一時的に染めることができるので便利です。細かい部分を染めることができるので、もみあげなどの細かい部分の白髪に使いやすいのもメリットです。

白髪をあえて隠さない? じわじわ人気の「グレイヘアー」

グレイヘアに挑戦してみる?(写真:iStock)
グレイヘアに挑戦してみる? (写真:iStock)

 最近は、あえて白髪を隠さずにおしゃれに見せる「グレイヘアー」が人気です。選択肢の一つとして、考えてみてもいいかもしれません。

おしゃれなグレイヘアーは一人一人違った魅力がある

 白髪は生える部分や量に個人差があるため、人によってどのようなグレイヘアーになるのかが違ってきます。

 たとえば、白髪がまばらに生えている時には、白髪の周りだけにメッシュを入れてまとまりを出し、老け込んだ印象からおしゃれな印象にすることができます。逆に、まとまって白髪が生えている人は、そのままハイライトとして残す方法もあるでしょう。

「老けて見える」と「おしゃれに見える」の違い

 “老けて見える”のと“おしゃれに見える”の差は、きちんとお手入れして、「あえて、そうしているように見せられるかどうか」ではないでしょうか。

 ただ伸ばすだけでは、ただお手入れをサボっているように見えるため、老けて見えてしまうのです。白髪を周りの毛と馴染ませるようにほんのり染めたり、ハイライトのように見せたりすることで、きちんとお手入れをしている「おしゃれな髪型」に見せることができます。なにより、自然体でいられるのが一番ですね!

上手な白髪の隠し方や活かし方を学んでおしゃれを楽しもう♡

いつだってポジティブに!(写真:iStock)
いつだってポジティブに! (写真:iStock)

 白髪は、その人の個性ともいえます。本当なら老けてみえる白髪をおしゃれに隠したり、あえて見せたり、楽しむ姿勢こそがその人の魅力にもなっていくでしょう。

 ぜひ、この記事で、白髪の上手な隠し方や活かし方を試してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする...
キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...
縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝の...