“白髪染め”と“カラー”の違いは?自宅で染める4つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-13 06:37
投稿日:2021-01-13 06:00
 少しずつ顔周りの白髪が気になり始めると、「白髪染め」と「ヘアカラー」どちらが良いのか悩んでしまいますよね? 実際、白髪染めに抵抗があり、カラーを選んでいる女性も多いでしょう。そこで今回は、白髪染めとヘアカラーの違いや、自宅でキレイに染めるポイントをご紹介します。ぜひ、あなたにぴったりの染め方を見つけてくださいね。

白髪染めとヘアカラーの4つの違い

白髪染め?ヘアカラー?(写真:iStock)
白髪染め?ヘアカラー? (写真:iStock)

 白髪が目立ってくると、「どのタイミングで白髪染めに変えるべき?」「ヘアカラーでは白髪は染まらないの?」など、迷ってしまう人は多いようです。そこでまずはじめに、白髪染めとヘアカラーの違いを見ていきましょう。

1. 「染色力」と「ブリーチ力」が違う

 白髪染めもヘアカラーも、“アクリル剤で髪の毛のキューティクルを開いて、もともとの髪色を脱色してからカラーを入れる”というメカニズムは同じ。二つの大きな違いは、「染色力」と「ブリーチ力」の、バランスです。

 白髪染めは、黒髪と白髪の色合いを合わせるように作られているので「染色力」が高くなります。一方、ヘアカラーはもともとの黒髪を明るくするために作られているので、「ブリーチ力」が強いのが特徴です。 

2. カラーバリエーションが違う

 白髪染めに比べて、ヘアカラーのほうがカラーバリエーションが豊富です。ドラッグストアのヘアカラーコーナーを見ても、「明るい髪色」が数多く陳列されていますよね。

 また、白髪染めは「ライトブラウン」や「ダークブラウン」といったカラー表示が多いのに比べて、ヘアカラーは「アッシュ系」「ベージュ系」「ピンク系」など、かなり細かく分類されているのが特徴です。

3. ダメージ力が違う

 白髪染めもヘアカラー、どちらも「ブリーチしてから染色する」という工程は同じですが、明るい髪色を選んだ場合はどうしても「ブリーチ力」が強くなるため、ヘアカラーのほうがダメージが強くなってしまう傾向があります。

 ただし、白髪染めにもダメージはあるため、どちらにせよ、しっかりアフターケアすることが大切です。

4. 色持ちが違う

 「染色力」が強い白髪染めのほうが、ヘアカラーに比べて色持ちが良いと言われています。そもそも、メラニン色素がほとんどない「白髪」を染めるくらいの染色力があるわけですから、色持ちが良いのも当然だと言えるでしょう。

 白髪の量や髪質によっても変わりますが、白髪染めは約2カ月以上はキレイな髪色をキープできます。反対に、ヘアカラーの色持ちはやや短く、1カ月ほどで褪色を感じてしまう人が多いでしょう。

白髪染めとヘアカラー♡ 自宅でキレイに染める4つのコツ

手袋は同梱されているので安心(写真:iStock)
手袋は同梱されているので安心 (写真:iStock)

 コスパ最高で手軽なセルフカラーですが、キレイに染めるためにはいくつかのルールを守る必要があります。続いては、自宅でキレイに髪の毛を染める4つのコツをご紹介します。しっかりマスターすれば、驚くほど仕上がりが変わるはずですよ。

1. 事前に必要なアイテムを準備する

 ほとんどの白髪染めやヘアカラーには、手袋などが同梱されているので特別な準備は不要です。手軽にできるのも、セルフカラーの良いところではありますよね。しかし、ものによっては同梱されていないものもあるので、事前にしっかりチェックしましょう。

 そのほか、ケープやイヤーキャップ、コームやブロッキング用のヘアクリップ、生え際に塗るコールドクリームがあると便利です。イヤーキャップがない場合は、ラップでも代用できますよ。

2. キレイな状態の髪の毛に塗る

 白髪染めやヘアカラーは、基本的に乾いた髪の毛に使用するものですが、ただ単に「乾いていれば良い」というわけではありません。

 ヘアワックスなどの整髪料が付いていたり、頭皮に皮脂が多く残っていると、色ムラの原因になってしまうことも。セルフカラーをする前はしっかりシャンプーをして、よく乾かしてから行うようにしましょう。

3. しっかりブロッキングする

 カラーリングする前に髪をしっかりブラッシングして、キレイにブロッキングすることもキレイに染めるためには大事な工程です。

 髪の毛の量によっても違いますが、前髪と耳の上、後頭部は2〜3カ所に分けて留めておくとカラーリングしやすくなりますよ。

4. 塗る順番を間違えない

 白髪染めの場合は、生え際や分け目などの白髪が目立つ部分から先に塗り、うなじから後頭部、両サイドからトップと進めていきましょう。

 対して、ヘアカラーの場合は、染まりにくいうなじ部分から染めていきます。その後は、白髪染めの順番と同じです。塗る順番ひとつで仕上がりが大きく変わるので、しっかり確認してくださいね。

白髪染めとヘアカラーを上手に使い分けてキレイな髪色に♡

きれいに染まるかな?(写真:iStock)
きれいに染まるかな? (写真:iStock)

 最近ではドラッグストアやスーパーでも、手軽に白髪染めやヘアカラーが購入できるため、自宅で髪を染める人も増加傾向にあるようです。

 どんな仕上がりにしたいのかを事前に決め、白髪染めとヘアカラーを上手に使い分けて、理想の髪色を目指してくださいね♡

ビューティー 新着一覧


儚げメイクで守りたくなる♡ 色素薄い系モテ女子になる方法
 最近話題の「儚げメイク」をご存知ですか? 儚げメイクとは、気だるくどこか儚げで色素が薄く、つい守りたくなってしまう女性...
リモート&オンライン会議で映えるメイクの4つのポイント♡
 コロナ禍で、リモートワークをする機会が増えた昨今。ZOOMやSkypeを使ったオンラインのビデオ会議が、もはや日常の風...
時短で華やか♡ 毛先の“ワンカール巻き”を徹底レクチャー!
「朝から、きちんと髪の毛を巻く時間がない!」……そんな時でも、何もしないで出掛けるわけにいかないのが、私たち女性の本音で...
三日坊主脱出! ウォーキングを続ける4つのコツ&メリット♡
 ウォーキングは、どこでも簡単にできる有酸素運動として人気のトレーニングのひとつ。継続して行うことで、美容面に嬉しい効果...
VIO脱毛で人気の形はどれ? アンダーヘアの形おすすめ3選♡
 最近、雑誌やSNSなどで、頻繁に話題にのぼることも多くなった「VIO脱毛」。まだ施術はしていないものの、ひそかに注目し...
“色素薄い系メイク”って? 特徴やメイク方法を徹底解説♡
 近年、SNSを中心に、さまざまなコンセプトのメイクが発信されていますよね。しかし、なかなかイメージできないのが、「色素...
グラマーな女性ってやっぱりモテる? 体型の特徴&魅力とは
 よく、「グラマーな女性」という言葉を聞きますが、あなたはこの、「グラマー」にどんなイメージをお持ちでしょう? バスト...
コラーゲン美容でお肌プルプルに♡ 美肌を作るケア方法5選
 コラーゲンが肌に良いというのは、多くの女性が知っている知識でしょう。実際、肌ケア目的で「コラーゲン配合」と書いてあるス...
クールな男顔→可愛い女顔に変身♡メイクで女性らしい印象に
 最近話題の「男顔or女顔診断」、あなたは試したことはありますか?そんな中、「自分は男顔タイプだけれど、女顔タイプの雰囲...
内巻き・外巻き・ミックス巻き…失敗ゼロ!な巻き髪のコツ♡
 ヘアアレンジの方法をインターネットで調べると、「まずは、ミックス巻きをしておきます」や「軽く巻いておいて」などの表現が...
肌の凸凹をなんとかしたい…原因&メイクでカバーする方法!
 大きいニキビができると、その後肌に凹凸が残ってしまうことってありますよね。このようにニキビ跡にできた凹凸のことを“クレ...
着痩せコーデのコツ&太ってる人が5キロ痩せて見える服3選
「最近、太ってきたな」と、一生懸命ダイエットに挑戦しては挫折している人って多いですよね。そんな人におすすめしたいのが、「...
安いけど…セルフ縮毛矯正の効果はある?頻度・値段・やり方
 やっかいなくせ毛の悩みを解決してくれる「縮毛矯正」。でも、美容院でやると値段も高いし、時間もかかってしまいますよね……...
2021年最新!雑誌の付録でおこもりケア♡ 自分磨きで美肌get
 冬休み中の自分磨きに、部屋も肌も大掃除してみてはいかがでしょうか? 旅行やパーティーなどができない今だからこそ、おこも...
正月太りはなぜ起こる?原因&誰でもできる6つの予防方法
 正月休みに入ると食べては寝て、食べては寝て……を繰り返してしまう人も多いはず。しかし、それゆえに太りやすい時期でもあり...
帰省中にも♡ 義母とのコミュニケーションに役立つコスメ3選
 年末年始は、義母と顔を合わせる機会が増える女性も少なくありませんよね。夫の実家との距離感にかかわらず、義母と過ごす時間...