“白髪染め”と“カラー”の違いは?自宅で染める4つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-13 06:37
投稿日:2021-01-13 06:00
 少しずつ顔周りの白髪が気になり始めると、「白髪染め」と「ヘアカラー」どちらが良いのか悩んでしまいますよね? 実際、白髪染めに抵抗があり、カラーを選んでいる女性も多いでしょう。そこで今回は、白髪染めとヘアカラーの違いや、自宅でキレイに染めるポイントをご紹介します。ぜひ、あなたにぴったりの染め方を見つけてくださいね。

白髪染めとヘアカラーの4つの違い

白髪染め?ヘアカラー?(写真:iStock)
白髪染め?ヘアカラー? (写真:iStock)

 白髪が目立ってくると、「どのタイミングで白髪染めに変えるべき?」「ヘアカラーでは白髪は染まらないの?」など、迷ってしまう人は多いようです。そこでまずはじめに、白髪染めとヘアカラーの違いを見ていきましょう。

1. 「染色力」と「ブリーチ力」が違う

 白髪染めもヘアカラーも、“アクリル剤で髪の毛のキューティクルを開いて、もともとの髪色を脱色してからカラーを入れる”というメカニズムは同じ。二つの大きな違いは、「染色力」と「ブリーチ力」の、バランスです。

 白髪染めは、黒髪と白髪の色合いを合わせるように作られているので「染色力」が高くなります。一方、ヘアカラーはもともとの黒髪を明るくするために作られているので、「ブリーチ力」が強いのが特徴です。 

2. カラーバリエーションが違う

 白髪染めに比べて、ヘアカラーのほうがカラーバリエーションが豊富です。ドラッグストアのヘアカラーコーナーを見ても、「明るい髪色」が数多く陳列されていますよね。

 また、白髪染めは「ライトブラウン」や「ダークブラウン」といったカラー表示が多いのに比べて、ヘアカラーは「アッシュ系」「ベージュ系」「ピンク系」など、かなり細かく分類されているのが特徴です。

3. ダメージ力が違う

 白髪染めもヘアカラー、どちらも「ブリーチしてから染色する」という工程は同じですが、明るい髪色を選んだ場合はどうしても「ブリーチ力」が強くなるため、ヘアカラーのほうがダメージが強くなってしまう傾向があります。

 ただし、白髪染めにもダメージはあるため、どちらにせよ、しっかりアフターケアすることが大切です。

4. 色持ちが違う

 「染色力」が強い白髪染めのほうが、ヘアカラーに比べて色持ちが良いと言われています。そもそも、メラニン色素がほとんどない「白髪」を染めるくらいの染色力があるわけですから、色持ちが良いのも当然だと言えるでしょう。

 白髪の量や髪質によっても変わりますが、白髪染めは約2カ月以上はキレイな髪色をキープできます。反対に、ヘアカラーの色持ちはやや短く、1カ月ほどで褪色を感じてしまう人が多いでしょう。

白髪染めとヘアカラー♡ 自宅でキレイに染める4つのコツ

手袋は同梱されているので安心(写真:iStock)
手袋は同梱されているので安心 (写真:iStock)

 コスパ最高で手軽なセルフカラーですが、キレイに染めるためにはいくつかのルールを守る必要があります。続いては、自宅でキレイに髪の毛を染める4つのコツをご紹介します。しっかりマスターすれば、驚くほど仕上がりが変わるはずですよ。

1. 事前に必要なアイテムを準備する

 ほとんどの白髪染めやヘアカラーには、手袋などが同梱されているので特別な準備は不要です。手軽にできるのも、セルフカラーの良いところではありますよね。しかし、ものによっては同梱されていないものもあるので、事前にしっかりチェックしましょう。

 そのほか、ケープやイヤーキャップ、コームやブロッキング用のヘアクリップ、生え際に塗るコールドクリームがあると便利です。イヤーキャップがない場合は、ラップでも代用できますよ。

2. キレイな状態の髪の毛に塗る

 白髪染めやヘアカラーは、基本的に乾いた髪の毛に使用するものですが、ただ単に「乾いていれば良い」というわけではありません。

 ヘアワックスなどの整髪料が付いていたり、頭皮に皮脂が多く残っていると、色ムラの原因になってしまうことも。セルフカラーをする前はしっかりシャンプーをして、よく乾かしてから行うようにしましょう。

3. しっかりブロッキングする

 カラーリングする前に髪をしっかりブラッシングして、キレイにブロッキングすることもキレイに染めるためには大事な工程です。

 髪の毛の量によっても違いますが、前髪と耳の上、後頭部は2〜3カ所に分けて留めておくとカラーリングしやすくなりますよ。

4. 塗る順番を間違えない

 白髪染めの場合は、生え際や分け目などの白髪が目立つ部分から先に塗り、うなじから後頭部、両サイドからトップと進めていきましょう。

 対して、ヘアカラーの場合は、染まりにくいうなじ部分から染めていきます。その後は、白髪染めの順番と同じです。塗る順番ひとつで仕上がりが大きく変わるので、しっかり確認してくださいね。

白髪染めとヘアカラーを上手に使い分けてキレイな髪色に♡

きれいに染まるかな?(写真:iStock)
きれいに染まるかな? (写真:iStock)

 最近ではドラッグストアやスーパーでも、手軽に白髪染めやヘアカラーが購入できるため、自宅で髪を染める人も増加傾向にあるようです。

 どんな仕上がりにしたいのかを事前に決め、白髪染めとヘアカラーを上手に使い分けて、理想の髪色を目指してくださいね♡

ビューティー 新着一覧


肌悩みが多い人へ♡ カバー力があるファンデの種類&使い方
 濃いシミやニキビ跡、頑固なクマなど、短時間のケアでは治らない肌トラブルって辛いですよね……。そんな女性の強力な味方が「...
“スモーキーメイク”のやり方&アイシャドウの色選びのコツ♡
 トレンドに敏感な女性たちの間では、すっかりお馴染みの「スモーキーメイク」。「取り入れてみたいけど、やり方がわからない…...
“色気メイク”で彼の心を掴もう♡ポイント&パーツ別メイク法
 女性らしい魅力を引き出すことができる「色気メイク」は、大人の女性にとって、理想的なメイクと言えるかもしれません。そこで...
新垣結衣さんの“すっぴん美肌”を目指せるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」...
ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...