“白髪染め”と“カラー”の違いは?自宅で染める4つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-13 06:37
投稿日:2021-01-13 06:00
 少しずつ顔周りの白髪が気になり始めると、「白髪染め」と「ヘアカラー」どちらが良いのか悩んでしまいますよね? 実際、白髪染めに抵抗があり、カラーを選んでいる女性も多いでしょう。そこで今回は、白髪染めとヘアカラーの違いや、自宅でキレイに染めるポイントをご紹介します。ぜひ、あなたにぴったりの染め方を見つけてくださいね。

白髪染めとヘアカラーの4つの違い

白髪染め?ヘアカラー?(写真:iStock)
白髪染め?ヘアカラー? (写真:iStock)

 白髪が目立ってくると、「どのタイミングで白髪染めに変えるべき?」「ヘアカラーでは白髪は染まらないの?」など、迷ってしまう人は多いようです。そこでまずはじめに、白髪染めとヘアカラーの違いを見ていきましょう。

1. 「染色力」と「ブリーチ力」が違う

 白髪染めもヘアカラーも、“アクリル剤で髪の毛のキューティクルを開いて、もともとの髪色を脱色してからカラーを入れる”というメカニズムは同じ。二つの大きな違いは、「染色力」と「ブリーチ力」の、バランスです。

 白髪染めは、黒髪と白髪の色合いを合わせるように作られているので「染色力」が高くなります。一方、ヘアカラーはもともとの黒髪を明るくするために作られているので、「ブリーチ力」が強いのが特徴です。 

2. カラーバリエーションが違う

 白髪染めに比べて、ヘアカラーのほうがカラーバリエーションが豊富です。ドラッグストアのヘアカラーコーナーを見ても、「明るい髪色」が数多く陳列されていますよね。

 また、白髪染めは「ライトブラウン」や「ダークブラウン」といったカラー表示が多いのに比べて、ヘアカラーは「アッシュ系」「ベージュ系」「ピンク系」など、かなり細かく分類されているのが特徴です。

3. ダメージ力が違う

 白髪染めもヘアカラー、どちらも「ブリーチしてから染色する」という工程は同じですが、明るい髪色を選んだ場合はどうしても「ブリーチ力」が強くなるため、ヘアカラーのほうがダメージが強くなってしまう傾向があります。

 ただし、白髪染めにもダメージはあるため、どちらにせよ、しっかりアフターケアすることが大切です。

4. 色持ちが違う

 「染色力」が強い白髪染めのほうが、ヘアカラーに比べて色持ちが良いと言われています。そもそも、メラニン色素がほとんどない「白髪」を染めるくらいの染色力があるわけですから、色持ちが良いのも当然だと言えるでしょう。

 白髪の量や髪質によっても変わりますが、白髪染めは約2カ月以上はキレイな髪色をキープできます。反対に、ヘアカラーの色持ちはやや短く、1カ月ほどで褪色を感じてしまう人が多いでしょう。

白髪染めとヘアカラー♡ 自宅でキレイに染める4つのコツ

手袋は同梱されているので安心(写真:iStock)
手袋は同梱されているので安心 (写真:iStock)

 コスパ最高で手軽なセルフカラーですが、キレイに染めるためにはいくつかのルールを守る必要があります。続いては、自宅でキレイに髪の毛を染める4つのコツをご紹介します。しっかりマスターすれば、驚くほど仕上がりが変わるはずですよ。

1. 事前に必要なアイテムを準備する

 ほとんどの白髪染めやヘアカラーには、手袋などが同梱されているので特別な準備は不要です。手軽にできるのも、セルフカラーの良いところではありますよね。しかし、ものによっては同梱されていないものもあるので、事前にしっかりチェックしましょう。

 そのほか、ケープやイヤーキャップ、コームやブロッキング用のヘアクリップ、生え際に塗るコールドクリームがあると便利です。イヤーキャップがない場合は、ラップでも代用できますよ。

2. キレイな状態の髪の毛に塗る

 白髪染めやヘアカラーは、基本的に乾いた髪の毛に使用するものですが、ただ単に「乾いていれば良い」というわけではありません。

 ヘアワックスなどの整髪料が付いていたり、頭皮に皮脂が多く残っていると、色ムラの原因になってしまうことも。セルフカラーをする前はしっかりシャンプーをして、よく乾かしてから行うようにしましょう。

3. しっかりブロッキングする

 カラーリングする前に髪をしっかりブラッシングして、キレイにブロッキングすることもキレイに染めるためには大事な工程です。

 髪の毛の量によっても違いますが、前髪と耳の上、後頭部は2〜3カ所に分けて留めておくとカラーリングしやすくなりますよ。

4. 塗る順番を間違えない

 白髪染めの場合は、生え際や分け目などの白髪が目立つ部分から先に塗り、うなじから後頭部、両サイドからトップと進めていきましょう。

 対して、ヘアカラーの場合は、染まりにくいうなじ部分から染めていきます。その後は、白髪染めの順番と同じです。塗る順番ひとつで仕上がりが大きく変わるので、しっかり確認してくださいね。

白髪染めとヘアカラーを上手に使い分けてキレイな髪色に♡

きれいに染まるかな?(写真:iStock)
きれいに染まるかな? (写真:iStock)

 最近ではドラッグストアやスーパーでも、手軽に白髪染めやヘアカラーが購入できるため、自宅で髪を染める人も増加傾向にあるようです。

 どんな仕上がりにしたいのかを事前に決め、白髪染めとヘアカラーを上手に使い分けて、理想の髪色を目指してくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...