アホ毛対策9選! 毎日のケアでまとまるツヤ髪になれる♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-22 06:00
投稿日:2021-01-22 06:00
 髪の表面にある、短い「アホ毛」って、とても気になりますよね。髪が人に与える第一印象はとても大きいため、乾燥してアホ毛がたくさん生えている髪の毛では一気に老けて見られてしまうもの。そこで今回は、アホ毛の原因や簡単にできる対策、さらにはアホ毛を作らないための予防方法までをご紹介します!

対策の前に! アホ毛ができる原因をチェック

アホ毛をなんとかしたい!(写真:iStock)
アホ毛をなんとかしたい! (写真:iStock)

 そもそも、なぜアホ毛はできてしまうのでしょうか? 2つの原因をチェックしてみましょう! 

摩擦などで切れてしまった

 パーマやカラーリング、紫外線やあらゆる摩擦などによって、髪はいろいろなダメージを受けています。髪の毛にダメージが加わると、髪を構成しているタンパク質が外に流れやすくなり、髪の内部はスカスカに……。こんな状態だと、少し引っ張っただけでも切れやすくなり、アホ毛が発生してしまうのです。

成長途中で短い

 成長途中の短い毛も、アホ毛の原因です。これに関しては、伸びるまでアホ毛対策をして抑えるしかありません。

 ただし、頭皮の状態が悪かったり、乱れた生活習慣や過度な皮脂によって毛穴が詰まっていたりすると、成長速度が遅くなることがあります。しっかり健康な毛に成長できるように、頭皮ケアも意識して行っていくと良いでしょう。

簡単ですぐにできる♡ アホ毛対策5選

アホ毛が目立たない髪型に(写真:iStock)
アホ毛が目立たない髪型に (写真:iStock)

 それではさっそく、簡単にできるアホ毛対策をご紹介しましょう!

1. ドライヤーでアホ毛を抑える

 一番ポピュラーな方法が、ドライヤーを使ってアホ毛を抑える方法です。髪は熱が加わった後、温度が冷めた時にその状態で癖がつくという特徴があるので、それを利用しましょう!

 まず、アホ毛にドライヤーで熱を加えます。温まったら、手の平でアホ毛が冷えるまでしっかり抑えるだけ。簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!

2. ヘアスプレーでアホ毛を抑える

 キープ力が強いヘアスプレーを用意しましょう。アホ毛が気になる部分に、遠くからふんわりハードスプレーを吹きかけます。乾く前にすぐ、手の平でアホ毛を抑えてみてください。キープ力が強いほど、アホ毛を抑える効果が高くなります。

 ただし、アホ毛は分け目の部分に多いため、地肌にハードスプレーをつけたくないという人は、アルミホイルなどにスプレーしたものでアホ毛を上から抑えても良いでしょう。

3. スティック状ワックスでアホ毛を抑える

 市販のスティック状の固いワックスで、直接アホ毛を撫でる方法です。キープ力もあり、簡単にアホ毛がまとまります。中には、アホ毛や後毛専用となっている小さめのタイプもあるので、チェックしてみましょう。

4. マスカラやコームタイプのスタイリング剤でアホ毛を抑える

 スタイリング剤の中には、マスカラやコームタイプのものがあります。このタイプは、アホ毛部分をとかしながら、スタイリング剤で抑えることができる優れもの。手が汚れない点や、持ち運びできる点もおすすめですよ。

5. アホ毛が目立たない髪型にする

 アホ毛が多く、スタイリング剤やドライヤーで抑えるのが困難な場合は、アホ毛が目立たない髪型にしてみましょう。おすすめはポニーテールやお団子など、髪を後ろで結ぶ髪型です。

 アホ毛は髪の分け目部分が特に目立つので、オールバックで髪を結ぶことで分け目を作らずにまとめることができますよ。

アホ毛を作らない! 予防対策4選

しっかり乾かす&オイル等で保湿を!(写真:iStock)
しっかり乾かす&オイル等で保湿を! (写真:iStock)

 続いては、アホ毛自体を減らすべく、予防になるアホ毛対策方法をご紹介しましょう。ぜひ、日々の習慣にしてみてくださいね!

1. 保湿力の高いシャンプーを使う

 髪の毛が乾燥していると、まとまりがなくなり、髪の毛が広がってしまいます。そうなると、長めのアホ毛まで立ち上がって目立つ状態に……。そのため、日々使うシャンプーは「保湿タイプ」のものを使うようにしましょう。毎日続けることで、髪全体がまとまるようになってきますよ。

2. トリートメントやヘアパックを使う

 シャンプーの後に、髪の表面をコーティングするリンスやコンディショナーを使う人は多いですが、できれば髪の内部に美容液を浸透させるトリートメントやヘアパックを使うのもおすすめ。

 ダメージを修復してくれる成分が配合されているものもあるので、根本から髪がまとまるようにケアしていきましょう。

3. しっかり乾かしてから寝る

 髪の毛は濡れている時、キューティクルが開いて傷みやすい状態になっています。そのため、髪の毛をしっかり乾かさずに寝てしまうと枕や布団などの摩擦で髪表面がパサつき、切れ毛やアホ毛の原因に。しっかり乾かしてから寝るようにしましょう。

4. ヘアオイルでケアする

 寝る前に、ヘアオイルでケアする方法も効果的です。ヘアオイルで髪の表面をコーティングすればツヤが生まれてまとまりも出てきますし、乾燥や摩擦からも守ってくれます。

 美髪成分が配合されたヘアオイルなら、より美髪に近づくことができますよ。

簡単アホ毛対策でつるんとした美髪を手に入れよう♡

アホ毛知らずのツルツルヘアに♡(写真:iStock)
アホ毛知らずのツルツルヘアに♡ (写真:iStock)

 美しくまとまった髪の毛を手に入れるのは、なかなか時間がかかります。でも、実はアホ毛を抑えるだけでも、見た目は大きく変わるもの。ぜひ、この記事で紹介した対策を試してみてください。見た目の若々しさが、アップするはずですよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...