化粧水は“コットン”と“手”どっちでつける? 徹底比較♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-13 06:00
投稿日:2021-03-13 06:00
 毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。「コットン」と「手」、どちらでつけるのが正解なのか、悩んだ経験がある人も多いでしょう。そこで今回は、化粧水のつけ方について、コットンと手でつけるそれぞれのメリットとお手入れのコツをご紹介します。ぜひ、あなたの毎日のスキンケアの参考にしてくださいね。

化粧水をコットンでつけるメリット&お手入れのコツ

コットンと手、どっちがいい?(写真:iStock)
コットンと手、どっちがいい? (写真:iStock)

 化粧水の正しい使用法はメーカーによっても違うため、「どっちが正しいの?」と悩んでしまいますよね。まずはじめに、化粧水を「コットン」でつけるメリットとお手入れのコツを見ていきましょう。

1. 顔全体にムラなく塗布することができる

 コットンを使用してスキンケアをすると、化粧水を顔全体にムラなく塗布することができます。また、コットンを使用すると、肌の表面にある「皮溝」と呼ばれる小さな溝にもしっかり化粧水が浸透するので、キメの整ったふっくらした肌に。

 また、乾燥しやすい口元や目元、小鼻などの凹凸部分にもしっかり化粧水をつけることができるのも、メリットでしょう。

 化粧水をつける時は、コットンにたっぷり含ませてスキンケアするのが大事なポイント。少量だと摩擦で肌を傷つけてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

2. 清潔な状態でパッティングできる

 コットンを使用する一番のメリットは、毎回清潔な状態でパッティングができることです。洗顔後のお肌はとても敏感になっている状態ですので、清潔なコットンでスキンケアできるのは安心ですね。

 肌全体に化粧水を塗布したら、コットンを人差し指・中指・薬指の3本に巻き付けるように持ち、仕上げにパッティングしていきましょう。肌の表面温度が下がり、ひんやりしたら水分が浸透したサイン。しっかりパッティングして肌を整えることで、メイク崩れの予防にも効果的ですよ。

3. コットンパックもできて無駄なく使える

 コットンを使用すると、手でつける時よりも化粧水の使用量が増えてしまうというデメリットがあります。でも、その反面、コットンパックにも使用できるので、化粧水を無駄なく使えるメリットもありますね。

 コットンパックをする場合は、毛羽立ちが少なく綺麗に割けるタイプのコットンがおすすめです。長時間のせてしまうと、せっかく浸透した潤いが蒸発してしまうので、4〜5分くらいでコットンを剥がすようにしましょう。

4. 美容成分をしっかり浸透させられる

 コットンを使用すると、肌にしっかり美容成分を浸透させることが可能になります。また、化粧水をコットンで丁寧に塗布することで、次に使用する美容液や乳液、クリームもしっかり肌に浸透しやすい状態に。スキンケアする時はたっぷり時間を使って、ひとつひとつを丁寧に浸透させましょう。きっと、スキンケア後の満足感が変わるはずですよ。

化粧水を“手”でつけるメリット&お手入れのコツ

手でつけるとお肌に負担がかからない(写真:iStock)
手でつけるとお肌に負担がかからない (写真:iStock)

 乾燥肌やニキビ肌で肌がデリケートになっている人は、摩擦で肌を傷つける心配がない「手」でつけるのがおすすめ。続いては、化粧水を手でつけるメリットとお手入れのコツをご紹介します。

1. 使用する化粧水の量が少なくてすむ

 化粧水を手でつけると、コットンを使用する時よりも使用量が少なくて済むので、化粧水を無駄遣いしたくない人には最大のメリットだと言えるでしょう。しかし、手でつける場合はムラになってしまうというデメリットも。

 手で化粧水をつける時は、コットンでつける時以上に隅々まで丁寧につけることを心がけましょう。特に、目元や口元などの凹凸のある部分は意識してつけてみてくださいね。

2. 摩擦がないのでお肌に負担がかからない

 摩擦レスでお肌に負担がかからないことも、化粧水を手でつけるメリット。乾燥肌やニキビ肌の人は肌がデリケートになっているので、ほんの少しの摩擦でも肌がダメージを受けてしまいます。

 肌がデリケートになっている時は、化粧水を手に取り、体温で温めてから肌に塗布していきましょう。ゆっくりとハンドプレスするように浸透させることで、お肌への負担を減らすことができますよ。

3. 浸透を手の平で確認できる

 手で化粧水をつけると、しっかり浸透したかどうかを、その都度手の平で確認できます。頬に手の平をしっかりつけて、離した時に肌が手に吸い付くようだったら、化粧水がちゃんと浸透したサインです。

 さらっと手が離れてしまう場合は、肌がもっちりするまで重ね付けしてみましょう。化粧水をしっかり浸透させることで、肌のキメが整って透明感が出ます。少々面倒かもしれませんが、ゆっくり丁寧にスキンケアすると効果的ですよ。

4. スキンケアと同時にハンドケアもできる

 化粧水を手でつけると、スキンケアと同時にハンドケアができるというメリットもあります。化粧水を手で温めたり、ハンドプレスしていると、肌だけでなく手にも化粧水の成分が浸透するため、手の荒れや乾燥が気になる人は、手で化粧水をつけることで、肌だけでなく手もしっとり。スキンケアと同時にハンドケアができれば、時短にもなるので最高ですね。

化粧水は“コットン”でも“手”でもOK♡ 自分に合った方法で美肌を目指そう!

自分に合った方法でスキンケアを♡(写真:iStock)
自分に合った方法でスキンケアを♡ (写真:iStock)

 結果的に、化粧水は正しい方法で使用すれば「コットン」でも「手」でもOKです。肌質や肌悩みによっても異なってくるので、両者のメリットやお手入れのコツをしっかり理解して、自分に合った方法を選んでくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...
正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に...
二の腕が太くなる4つの原因&自宅でできる簡単エクササイズ♪
 薄着の季節になると気になり始めてしまうのが、二の腕のプルプル。「ふり袖状態を何とかしたい」「ノースリーブを格好良く着こ...
プチプラ化粧水にプラスして♡ 満足度をUPさせるデパコス3選
 最近では「プチプラスキンケアコスメも名品揃い」ではあるものの、プチプラだけじゃなく、デパコスや高級コスメを上手に組み合...
甘くなりすぎない大人フェミニンコーデ&メイクの8つのコツ♪
 ファッションコーデやメイクでよく耳にする、「フェミニン系」。フェミニン系とは、“女性らしく柔らかい印象に仕上げること”...