化粧水は“コットン”と“手”どっちでつける? 徹底比較♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-13 06:00
投稿日:2021-03-13 06:00
 毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。「コットン」と「手」、どちらでつけるのが正解なのか、悩んだ経験がある人も多いでしょう。そこで今回は、化粧水のつけ方について、コットンと手でつけるそれぞれのメリットとお手入れのコツをご紹介します。ぜひ、あなたの毎日のスキンケアの参考にしてくださいね。

化粧水をコットンでつけるメリット&お手入れのコツ

コットンと手、どっちがいい?(写真:iStock)
コットンと手、どっちがいい? (写真:iStock)

 化粧水の正しい使用法はメーカーによっても違うため、「どっちが正しいの?」と悩んでしまいますよね。まずはじめに、化粧水を「コットン」でつけるメリットとお手入れのコツを見ていきましょう。

1. 顔全体にムラなく塗布することができる

 コットンを使用してスキンケアをすると、化粧水を顔全体にムラなく塗布することができます。また、コットンを使用すると、肌の表面にある「皮溝」と呼ばれる小さな溝にもしっかり化粧水が浸透するので、キメの整ったふっくらした肌に。

 また、乾燥しやすい口元や目元、小鼻などの凹凸部分にもしっかり化粧水をつけることができるのも、メリットでしょう。

 化粧水をつける時は、コットンにたっぷり含ませてスキンケアするのが大事なポイント。少量だと摩擦で肌を傷つけてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

2. 清潔な状態でパッティングできる

 コットンを使用する一番のメリットは、毎回清潔な状態でパッティングができることです。洗顔後のお肌はとても敏感になっている状態ですので、清潔なコットンでスキンケアできるのは安心ですね。

 肌全体に化粧水を塗布したら、コットンを人差し指・中指・薬指の3本に巻き付けるように持ち、仕上げにパッティングしていきましょう。肌の表面温度が下がり、ひんやりしたら水分が浸透したサイン。しっかりパッティングして肌を整えることで、メイク崩れの予防にも効果的ですよ。

3. コットンパックもできて無駄なく使える

 コットンを使用すると、手でつける時よりも化粧水の使用量が増えてしまうというデメリットがあります。でも、その反面、コットンパックにも使用できるので、化粧水を無駄なく使えるメリットもありますね。

 コットンパックをする場合は、毛羽立ちが少なく綺麗に割けるタイプのコットンがおすすめです。長時間のせてしまうと、せっかく浸透した潤いが蒸発してしまうので、4〜5分くらいでコットンを剥がすようにしましょう。

4. 美容成分をしっかり浸透させられる

 コットンを使用すると、肌にしっかり美容成分を浸透させることが可能になります。また、化粧水をコットンで丁寧に塗布することで、次に使用する美容液や乳液、クリームもしっかり肌に浸透しやすい状態に。スキンケアする時はたっぷり時間を使って、ひとつひとつを丁寧に浸透させましょう。きっと、スキンケア後の満足感が変わるはずですよ。

化粧水を“手”でつけるメリット&お手入れのコツ

手でつけるとお肌に負担がかからない(写真:iStock)
手でつけるとお肌に負担がかからない (写真:iStock)

 乾燥肌やニキビ肌で肌がデリケートになっている人は、摩擦で肌を傷つける心配がない「手」でつけるのがおすすめ。続いては、化粧水を手でつけるメリットとお手入れのコツをご紹介します。

1. 使用する化粧水の量が少なくてすむ

 化粧水を手でつけると、コットンを使用する時よりも使用量が少なくて済むので、化粧水を無駄遣いしたくない人には最大のメリットだと言えるでしょう。しかし、手でつける場合はムラになってしまうというデメリットも。

 手で化粧水をつける時は、コットンでつける時以上に隅々まで丁寧につけることを心がけましょう。特に、目元や口元などの凹凸のある部分は意識してつけてみてくださいね。

2. 摩擦がないのでお肌に負担がかからない

 摩擦レスでお肌に負担がかからないことも、化粧水を手でつけるメリット。乾燥肌やニキビ肌の人は肌がデリケートになっているので、ほんの少しの摩擦でも肌がダメージを受けてしまいます。

 肌がデリケートになっている時は、化粧水を手に取り、体温で温めてから肌に塗布していきましょう。ゆっくりとハンドプレスするように浸透させることで、お肌への負担を減らすことができますよ。

3. 浸透を手の平で確認できる

 手で化粧水をつけると、しっかり浸透したかどうかを、その都度手の平で確認できます。頬に手の平をしっかりつけて、離した時に肌が手に吸い付くようだったら、化粧水がちゃんと浸透したサインです。

 さらっと手が離れてしまう場合は、肌がもっちりするまで重ね付けしてみましょう。化粧水をしっかり浸透させることで、肌のキメが整って透明感が出ます。少々面倒かもしれませんが、ゆっくり丁寧にスキンケアすると効果的ですよ。

4. スキンケアと同時にハンドケアもできる

 化粧水を手でつけると、スキンケアと同時にハンドケアができるというメリットもあります。化粧水を手で温めたり、ハンドプレスしていると、肌だけでなく手にも化粧水の成分が浸透するため、手の荒れや乾燥が気になる人は、手で化粧水をつけることで、肌だけでなく手もしっとり。スキンケアと同時にハンドケアができれば、時短にもなるので最高ですね。

化粧水は“コットン”でも“手”でもOK♡ 自分に合った方法で美肌を目指そう!

自分に合った方法でスキンケアを♡(写真:iStock)
自分に合った方法でスキンケアを♡ (写真:iStock)

 結果的に、化粧水は正しい方法で使用すれば「コットン」でも「手」でもOKです。肌質や肌悩みによっても異なってくるので、両者のメリットやお手入れのコツをしっかり理解して、自分に合った方法を選んでくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...