ロングヘアは何歳まで?30代から40代を美しく魅せる髪型5つ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-19 06:20
投稿日:2021-03-19 06:00
 若い頃はツヤツヤのロングヘアの人が多いですが、なぜか年齢を重ねるごとに多くの女性が髪を短くしていきます。中には、「ロングヘアは何歳までならイタい印象にならないの?」と、疑問に思っている人もいるでしょう。
 そこで今回は、歳をとるとロングヘアが似合わなくなってしまう原因や、30代・40代に似合う髪型をご紹介します。

ロングヘアの限界年齢は何歳まで?

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 ロングヘアの限界年齢についての世間一般の意見をまとめると、

・アラサーでロングヘアはイタい
・40代のロングヘアは老けて見える
・アラフィフがやめどきだと思う

 といった声が多いようです。

 美容師さんの意見を調査してみると、加齢によって髪の毛のコンディションが変わってくるのは50代前後からが多く、その時点でやむなくロングをやめる人が多いのだとか。

 ただ、髪のコンディションは人によりますし、白髪の量やボリューム、うねりなども個人差があるため、お手入れする時間と髪のコンディションとのバランスによって「限界年齢」は変わるようです。

 ツヤがなくなり、パサついてボリュームが減ってきたなと思った年齢が、やめどきなのかもしれません。

歳をとるとロングヘアが似合わなくなる原因は?

パサつきがどんどん目立つように(写真:iStock)
パサつきがどんどん目立つように (写真:iStock)

 では、なぜ歳をとるとロングヘアが似合わなくなるのでしょうか? 原因をチェックしてみましょう。

年齢相応の顔に似合わなくなるから

 ロングヘアは男性よりも圧倒的に女性がすることの多い髪型のため、女性っぽい印象を与えます。ただ、どんなに髪の毛を綺麗にメンテナンスしていても、肌の衰えはどうしようもありません。

 後ろ姿が美しいツヤツヤの黒髪だったとしても、振り返ったらシワとシミが目立つ場合、どうしても違和感や若作り感が出てしまうのです。

加齢によって髪のぱさつきがひどくなるから

 加齢に伴い、髪に含まれる脂質は減少する傾向にあります。そのため、髪は年々、しなやかさが減ってパサつくようになるのです。パサついたロングヘアは、どうしても「イタい」という印象になってしまうため、多くの女性はこのタイミングで髪を短くするようです。

加齢によるうねりや白髪が目立つから

 加齢によって頭皮にたるみが出てくると、毛穴が歪んできます。歪んだ毛穴から生えてくる髪の毛には凹凸がついてしまうため、歳と共にうねった髪になる場合があります。また、40代くらいになると多くの人が白髪に悩むように……。

 ロングヘアは単純に髪の量が多くなるため、白髪やうねりのある髪の毛が目立つようになります。このような加齢による髪の変化で、髪を短くする人も多いようです。

加齢によるボリュームダウンでより老けて見えるから

 ロングヘアだと、髪に重さがあるので重力でヘアスタイルがまとまりやすくなります。でも、加齢によって髪の量が減ってくると、よりボリューム感のなさに拍車がかかることに……。

 その点、ショートのほうが髪が軽くてボリュームを出しやすいので、50代頃にはショートにする人も多いようです。

イタい女にならない! 30代・40代女性を魅力的にする髪型5つ

 平均的には、50代前後にロングヘアをやめる人が多いようですが、30代・40代でも人によっては白髪やぱさつきがひどくなっている人もいますよね。そこで、30代・40代を魅力的に見せる髪型をチェックしてみましょう!

1. 大人っぽさと可愛さのいいとこどり♡「ミディアムボブ」

いいとこどりのミディアムボブ(写真:iStock)
いいとこどりのミディアムボブ (写真:iStock)

 今どきの30代・40代って、まだまだ若くておしゃれな人が多いですよね。そんな人には、可愛さと大人っぽさのいいとこどりなミディアムボブがおすすめです。気分によってまとめ髪も楽しめますし、スタイリングがしやすい点もよいですね♡

2. 丸いシルエットが女性らしい!「コンパクトショート」

 後頭部に丸みをもたせたコンパクトショートも、大人女性の可愛らしさを最大限に引き出すおすすめの髪型です。とにかく横から見た時のシルエットが美しいので、コーディネートもぴたっと決まりますよ!

3. くせ毛風なら甘さも程よい「ボブパーマ」

 アラサー、アラフォーになってくると、甘めのパーマに抵抗が出てくる人もいるでしょう。そんな時は、ボブにくせ毛風のパーマを軽くかけてみましょう。くせ毛程度のさりげないパーマなら、甘くなりすぎずに動きを楽しむこともできます。

 パーマがかかっているため、アレンジをする時にもまとめやすいのがポイントです。

4. 個性を出したいなら「インナーカラー+レイヤーボブ」

 年齢を重ねたからってみんなと同じは嫌! という人は、より動きを楽しめるレイヤーボブにインナーカラーで遊び心を出してみましょう。レイヤーボブからはインナーカラーもちらちらと見えやすく、個性が光ります。

 少しワックスをつけるだけで、毛先をパーマっぽく遊ばせられるので、日によって髪型を変えて楽しむことができますね。

5. 一気に垢抜ける!「ベリーショート」

ベリーショートで冒険してみる?(写真:iStock)
ベリーショートで冒険してみる? (写真:iStock)

 ショートヘアが似合う人は、思い切ってベリーショートにしてみるのもおすすめ。顔の小さい人なら、一気に垢抜ける髪型です。

 ベリーショートなら髪の面積も少ないので、少し奇抜なカラーにも挑戦しやすいのが◎。明るめのカラーにすれば、痛みや白髪もあまり目立ちません。

何歳までかは見た目で判断!ロングヘアは若いうちに楽しんで♡

ロングヘアを楽しもう(写真:iStock)
ロングヘアを楽しもう (写真:iStock)

 ロングヘアは、女性の髪の美しさを一番魅力的に見せてくれる髪型です。何歳までロングヘアがいけるかは、年齢では決めずに、見た目で判断してみてください。ぜひ後悔のないように、若いうちからギリギリの年齢まで思う存分ロングヘアを楽しんでくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...