【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-27 06:00
投稿日:2021-02-27 06:00
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋もゲットしたいですよね♡ そこで今回は、男ウケ抜群の2021年おすすめ髪色をご紹介します。

男ウケする定番の髪色はどれ? 流行りに左右されない王道5色

春だし髪色変えてみる?(写真:iStock)
春だし髪色変えてみる? (写真:iStock)

 まず最初に、流行りに左右されない定番の男ウケする髪色からご紹介しましょう!

1. 自然体が一番!「黒髪」

 安定して男ウケする髪色といえば、やっぱり断トツで「黒髪」です。男性から見ると「清楚・誠実・真面目・自然体」など、良い印象になるようです。

 また、カラーリングの必要がないため、健康な髪をキープできますし、外国人にもウケが良いなど、嬉しい点も多いですよね♡

2. 透明感抜群「ベージュ系」

 ベージュ系の髪色は、明るく柔らかい髪質に見せる効果があるため、顔全体に透明感が出てふんわりした女性らしい印象になり、男ウケも抜群!

 ベージュ系というと明るすぎる印象の人もいるかもしれませんが、実際にはいろいろな種類があります。ブリーチなしの暗めなベージュにもできるので、理想のイメージから髪色を選んでみてくださいね!

3. ナチュラルな優しさ「ブラウン系」

 ほんのり赤みを感じるナチュラルなブラウン系は、女性らしい優しさを感じる髪色。明るすぎず暗すぎず、柔らかい印象を与えるので男性ウケがとても良いです。

 ただ、赤みの多さによって全体のイメージが大きく変わるので、自分の肌の色などを考えながら、美容師さんに相談してみると良いでしょう。

4. 「ピンク系」

 ピンク系の髪色は、春の花のような華やかな印象で女性らしさバツグンの髪色です。ただし、ピンクの要素を入れすぎてしまうと派手になってしまうので、あくまでさりげなくほんのり入れるのがおすすめ。ベージュやアッシュ、ブラウン系にほんのり混ぜてもらい、甘い女性らしい雰囲気を手に入れましょう♡

5. おしゃれで派手すぎない「アッシュ系」

 灰色がかったくすみ色のアッシュは、一気におしゃれな印象になる人気色。透明感と外国人っぽい色素の薄さが出るので、男ウケ間違いなしの髪色といえるでしょう。

 アッシュ系の色はブリーチしなくてもしっかり色が出るため、髪を傷めることなく染めることができる点も嬉しいですね。

2021年春におすすめの男ウケする髪色を紹介♡

どうせなら男性ウケする色にしようかな(写真:iStock)
どうせなら男性ウケする色にしようかな (写真:iStock)

 続いては、2021年春におすすめの、定番以外の男ウケする髪色をご紹介しましょう!

柔らかい透明感「グレージュ」

 グレージュは、グレーとベージュの中間色のこと。透明感とアッシュの持つおしゃれ感のいいとこどりな髪色です。日本人の髪色に多い、赤みやオレンジを消してくれるのが最大の特徴。アッシュほどくすみ過ぎず、ベージュよりも落ち着いた柔らかい透明感が男性の心を掴みます。

深みのあるツヤが魅力「マーメイドアッシュ」

 マーメイドアッシュは、アッシュのくすんだ色味の中に青や紫の色味が入った髪色です。大きな特徴は、光が当たった時にぐっと深みのあるツヤや透明感が出ること。落ち着いたカラーなので、黒髪好きな男性にも人気です。

ガーリーな可愛さ「ピンクアッシュ」

 ピンクアッシュは、その言葉通り“ピンク系のアッシュ”のことですが、落ち着きもありながら甘い雰囲気の漂うガーリーな髪色です。ピンク色を少なめにすれば、エレガントな女性の雰囲気も演出できますよ。

 アッシュを入れることでただのピンクよりも幼過ぎずに上品な仕上がりになるので、色気のある女性がタイプという男性にも人気があります。

この髪色は男ウケ悪い? 気になる印象をチェック

グレデーションカラーは不評かも?(写真:iStock)
グレデーションカラーは不評かも? (写真:iStock)

 続いては、おしゃれしたいけど男ウケが気になる……と、なかなか挑戦できない髪色について、男性の本音をチェックしてみましょう!

「インナーカラー」は男ウケ悪い?

「インナーカラー」とは、髪の毛の内側だけに色を入れるカラーのことです。入れる場所やカラーによっても印象は大きく変わりますが、男性からは「ナチュラルが一番いい」「似合っていればいい」「男性は女性に保守的な見た目を求めるから、男ウケは悪いかも」といった本音が聞こえてきました。

 もしも、男ウケも考えつつインナーカラーを入れたい場合には、全体の毛と馴染みの良いカラーをさりげなく入れることをおすすめします。

グラデーションカラーは男ウケ悪い?

 グラデーションカラーは、その名の通り、髪の毛の毛先に向かって髪色にグラデーションをつけることです。男性たちの本音を探ってみると「なんか下品」「ヤンキーっぽい」と印象はいまいち……。

 ただ、「金髪よりはまし!」「似合えばOK」といった声もありました。グラデーションカラーを入れるなら、やはりほのかに入れる程度が良いのかもしれませんね。

2021年も男ウケする髪色で毎日をもっと楽しく♡

あなたらしいカラーを見つけて(写真:iStock)
あなたらしいカラーを見つけて (写真:iStock)

 髪色を変えると、気分も変わって毎日が少しハッピーになりますよね! ぜひ、男ウケする髪色の中から、あなたに合った1色を見つけてみてください。気分が変わると表情も変わるので、新しい恋がやってくるかもしれませんよ♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...