皮の中でスープ溢れる「餃子」 焼いても茹でても絶品です!

コクハク編集部
更新日:2021-03-17 05:53
投稿日:2021-03-15 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・水道橋の「台湾家庭料理・台北」の李伝英さんに、皮はもっちりで具はコクたっぷりの「餃子」のレシピを教えていただきました。

大量に作って冷凍庫に常備!

合う酒=ビール(C)コクハク
合う酒=ビール (C)コクハク

 大きめの餃子は皮がもっちり、具はコクがあります。

「うちの餃子の皮は手作りなんです。レシピでは中力粉を使いましたが、お店では水餃子の皮は薄力粉、焼き餃子は強力粉と使いわけています」

 餃子の話をしたら1時間では終わらないという料理長の学さん。具にもコツがあるそう。

「しっかり練り潰すので腕がパンパンになります。具を冷たくしておくのは包みやすいからです。焼いたり茹でれば、皮の中でスープになります」

 中華圏では、正月は雑煮ではなく水餃子を食べます。そもそも餃子の形は縁起担ぎで、昔の中国のお金の形に似せているのだとか。

「台湾の家庭では餃子は冷蔵庫に切らしません」

 大量に作ったら冷凍にしておけばよい。

材料

 20人前(100個)

<ゼラチンスープ=A>
・豚足 2本
・もみじ(鶏の足) 500グラム
・水 3リットル

<具=B>
・豚ひき肉 500グラム
・塩 10グラム
・コショウ 10グラム
・ゴマ油 80グラム
・背油 80グラム
・長ネギ みじん切り 50グラム
・ショウガ みじん切り 小さじ1
・ニラ みじん切り 1束
・キャベツ みじん切り(水気は絞る) 1玉
・醤油 15グラム

<皮=C>
・中力小麦粉 1キログラム
・水 500ミリリットル

レシピ

<A> 
(1)鍋に水、豚足、もみじを入れて弱火で1時間煮て、冷ましてゼラチン状にする

<B>
(2)ボウルに肉を入れて、塩・コショウを入れ、練り潰すように10分ほどよく混ぜる
(3)醤油を入れてさらに10分ほど練る
(4)さらにAを150グラム、背油、ゴマ油を入れて混ぜる
(5)残りの具材を入れてまぜ、冷蔵庫に1時間ほど入れて固める

<C>
(1)小麦粉に水を混ぜて、こねてまとめる
(2)6等分にする。1つの塊を棒状にのばし、ペットボトルのキャップくらいの大きさに切り分けていく。切り分けるまで、ほかの塊は乾燥しないようにラップをしておく
(3)麺棒で直径8センチくらいに丸くのばす。真ん中はあまりのばさないようにして、すべてを皮にする
(4)皮(C)に具(B)を10グラムずつのせて包んでいく。皮は粘着性があるため水をつけなくても半分に包める

 <水餃子> 
(1)塩4グラムを入れた3リットルのお湯を沸騰させ、餃子を入れ8分茹でる。冷凍は10分。皮が破けるため踊らない火力に

 <焼き餃子> 
(1)油を引いたフライパンに水を入れて、6分ほど蒸し焼きにしたあと、かりっとさせるため、油を足して焼き目をつける

本日のダンツマ達人…李伝英さん

▽李伝英(リ ツァイユン)
 1947年、韓国で中華料理店を営む家に生まれる。台湾に渡ったのち、76年に日本に。日本人男性と結婚し、96年から神田三崎町で台湾料理店を開業。現在は中華料理の他店で10年間修業した息子・光村学さんが料理長を務めている。

▽台湾家庭料理・台北
 台湾の家庭料理がコンセプトで水道橋・三崎町で26年間親しまれる独立系の老舗。東京ドームと後楽園ホールが近いことから、野球、プロレスやボクシング、マスコミ関係者もよく訪れる。試合後の選手らと会うことも。気さくなママを慕って通う常連客も多い。肉団子が名物。東京都千代田区神田三崎町2―19―9 MMビル1階。

(日刊ゲンダイ2021年3月9日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「豚肉とキャベツ、春雨炒め」モチモチ食感の春雨が主役!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め」底のスープも有効活用
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...