蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)

コクハク編集部
更新日:2021-04-19 06:45
投稿日:2021-04-19 06:00
アフタヌーンティーにぴったり(C)コクハク
アフタヌーンティーにぴったり (C)コクハク

「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポットとして時折、特集が組まれていますが、実際はもっと地味というか(苦笑)、落ち着いたエリアです。

 ですが、ここ1年でしょうか。これまでの比ではないくらい新しいお店が増えてきて、FOOD系でいえば、レモンサワーと鶏唐揚げを売りに掲げる立ち飲みの「イエロ」、食べログ百名店のハンバーガー「マクレーン」の2号店ダイナー、旭川からお引越ししてきた「居酒屋旭一」……。元気かつホットなエリアっぽいと遅ればせながら感じております。

 そして、また新たに1軒。なんなんだろう、ここは?

界隈では知られたビルの1階に

最近リノベーションをしたウグイスビルの1階に(C)コクハク
最近リノベーションをしたウグイスビルの1階に (C)コクハク

 ビル路面の1階、前を通るとずーっとシャッターが降りている。なにかのお店ではあるんだろうけれど……と、不思議に思っていたのですが、土曜夜のことです。シャッターが半分上がっている。そして明かりが灯っているではないですか。

 チラッと覗いてみるとすぐ手前にガラス張りの商品ケースがあり、奥には業務用の冷蔵庫とキッチン。そして作業台には小さな焼き菓子らしきものがずらりと並んでいる……。おそらくここは洋菓子屋さん。

 このタイミングで仕込んでいるとなれば、明日はお店が開いているはず。そう思って翌日の日曜昼下がり、訪れてみると、ビンゴでした。そして列をなしている!

 聞けば、今月10日にオープンしたばかりとのこと。お店の名前は「アトリエ タミゼ」、小さな焼き菓子のお店でした。しばらくは土・日曜のみの営業で、私が訪れたのは“オープン4日目”(2週目の日曜日)の出来立てほやほやのタイミングです。

すでに人気店になりつつある!

わくわく、わくわく(C)コクハク
わくわく、わくわく (C)コクハク

 同じく蔵前エリアにある有名な焼き菓子のお店「菓子屋シノノメ」から独立されたとのことで、アンテナを張り巡らせているオトナ女子たちにはすでに知られた存在のよう。「あ、ここ、ここ♡ レモンケーキが食べたい」とオシャレなアラサー女子の2人組が嬉しそうに話しています。

 わ、そうなのね。うんうん。早速、アラフォーも買ってみます(苦笑)。15時過ぎに伺ったのですが、売り切れもちらほら出ているようで……見るからにおいしそうだった(そして美しかった!)「レモンケーキ」(420円)と「キャロットケーキ」(400円)を購入しました。

レモンの爽やかさが口いっぱいに広がり…

アイシングの厚さ(量)も絶妙!(C)コクハク
アイシングの厚さ(量)も絶妙! (C)コクハク

 まずは、真似っこして買ったレモンケーキ。カットした切り口からレモンの香りがふわっと立ち上がってきます。ひと口、パクッとするとバターとレモンの風味が絶妙でサックリと軽やかなケーキに、シャリシャリッと心地よいアイシングが口の中でハーモニーを奏でています。レモン汁の爽やかな味わいが口の中に広がって……ああ、幸せ。

キャロットケーキのお味は?

お紅茶に合わせたい(C)コクハク
お紅茶に合わせたい (C)コクハク

 お店のInstagramにも投稿されているキャロットケーキは、上にフロスティング(白いクリーム)がたっぷりと鎮座しています。クリームチーズとサワークリームのほんのりとした酸味がとても心地よく、人参を使ったケーキ生地にとってもマッチしています。おまけに、いちじくのツブツブ、くるみのザクザクっとした食感もひと口頬張るごとに楽しい気持ちに……。

 添加物不使用の、昨晩から丁寧に仕込まれていた焼き菓子。作り手の愛情が伝わってきます。お目にかかれなかったサクラのケーキとアプリコットタルトも食べてみたいなあ。

 蔵前の新しい名物になりそうな予感。スイーツ好きの皆さま、一度、覗いてみてはいかがでしょうか(マスク着用、感染症対策はしっかりとした上で、ですね!)。

(編集O)

住所
東京都台東区蔵前4-14-11 ウグイスビル102

営業時間
12時〜19時(商品がなくなり次第終了)、当面の間は土・日曜のみ営業

インスタグラム
@atelier_tamiser

店前に置かれた看板は写メポイント。写真右はお菓子と同封されていた説明書き(C)コクハク
店前に置かれた看板は写メポイント。写真右はお菓子と同封されていた説明書き (C)コクハク

関連キーワード

フード 新着一覧


風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
ダシとスパイスで食す「マサライカ焼き」大阪名物を超える?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
「麻婆キーマカレー」お酒と一緒にちびりちびりつまみたい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
錦糸町の“ヤバいカレー屋”に行ってみた 2021.11.11(木)
 すっかり日本の国民食として定着した「カレー」。筆者も大のカレー好きです。スパイスの香りに誘われて、ついカレー屋さんに入...