蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)

コクハク編集部
更新日:2021-04-19 06:45
投稿日:2021-04-19 06:00
アフタヌーンティーにぴったり(C)コクハク
アフタヌーンティーにぴったり (C)コクハク

「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポットとして時折、特集が組まれていますが、実際はもっと地味というか(苦笑)、落ち着いたエリアです。

 ですが、ここ1年でしょうか。これまでの比ではないくらい新しいお店が増えてきて、FOOD系でいえば、レモンサワーと鶏唐揚げを売りに掲げる立ち飲みの「イエロ」、食べログ百名店のハンバーガー「マクレーン」の2号店ダイナー、旭川からお引越ししてきた「居酒屋旭一」……。元気かつホットなエリアっぽいと遅ればせながら感じております。

 そして、また新たに1軒。なんなんだろう、ここは?

界隈では知られたビルの1階に

最近リノベーションをしたウグイスビルの1階に(C)コクハク
最近リノベーションをしたウグイスビルの1階に (C)コクハク

 ビル路面の1階、前を通るとずーっとシャッターが降りている。なにかのお店ではあるんだろうけれど……と、不思議に思っていたのですが、土曜夜のことです。シャッターが半分上がっている。そして明かりが灯っているではないですか。

 チラッと覗いてみるとすぐ手前にガラス張りの商品ケースがあり、奥には業務用の冷蔵庫とキッチン。そして作業台には小さな焼き菓子らしきものがずらりと並んでいる……。おそらくここは洋菓子屋さん。

 このタイミングで仕込んでいるとなれば、明日はお店が開いているはず。そう思って翌日の日曜昼下がり、訪れてみると、ビンゴでした。そして列をなしている!

 聞けば、今月10日にオープンしたばかりとのこと。お店の名前は「アトリエ タミゼ」、小さな焼き菓子のお店でした。しばらくは土・日曜のみの営業で、私が訪れたのは“オープン4日目”(2週目の日曜日)の出来立てほやほやのタイミングです。

すでに人気店になりつつある!

わくわく、わくわく(C)コクハク
わくわく、わくわく (C)コクハク

 同じく蔵前エリアにある有名な焼き菓子のお店「菓子屋シノノメ」から独立されたとのことで、アンテナを張り巡らせているオトナ女子たちにはすでに知られた存在のよう。「あ、ここ、ここ♡ レモンケーキが食べたい」とオシャレなアラサー女子の2人組が嬉しそうに話しています。

 わ、そうなのね。うんうん。早速、アラフォーも買ってみます(苦笑)。15時過ぎに伺ったのですが、売り切れもちらほら出ているようで……見るからにおいしそうだった(そして美しかった!)「レモンケーキ」(420円)と「キャロットケーキ」(400円)を購入しました。

レモンの爽やかさが口いっぱいに広がり…

アイシングの厚さ(量)も絶妙!(C)コクハク
アイシングの厚さ(量)も絶妙! (C)コクハク

 まずは、真似っこして買ったレモンケーキ。カットした切り口からレモンの香りがふわっと立ち上がってきます。ひと口、パクッとするとバターとレモンの風味が絶妙でサックリと軽やかなケーキに、シャリシャリッと心地よいアイシングが口の中でハーモニーを奏でています。レモン汁の爽やかな味わいが口の中に広がって……ああ、幸せ。

キャロットケーキのお味は?

お紅茶に合わせたい(C)コクハク
お紅茶に合わせたい (C)コクハク

 お店のInstagramにも投稿されているキャロットケーキは、上にフロスティング(白いクリーム)がたっぷりと鎮座しています。クリームチーズとサワークリームのほんのりとした酸味がとても心地よく、人参を使ったケーキ生地にとってもマッチしています。おまけに、いちじくのツブツブ、くるみのザクザクっとした食感もひと口頬張るごとに楽しい気持ちに……。

 添加物不使用の、昨晩から丁寧に仕込まれていた焼き菓子。作り手の愛情が伝わってきます。お目にかかれなかったサクラのケーキとアプリコットタルトも食べてみたいなあ。

 蔵前の新しい名物になりそうな予感。スイーツ好きの皆さま、一度、覗いてみてはいかがでしょうか(マスク着用、感染症対策はしっかりとした上で、ですね!)。

(編集O)

住所
東京都台東区蔵前4-14-11 ウグイスビル102

営業時間
12時〜19時(商品がなくなり次第終了)、当面の間は土・日曜のみ営業

インスタグラム
@atelier_tamiser

店前に置かれた看板は写メポイント。写真右はお菓子と同封されていた説明書き(C)コクハク
店前に置かれた看板は写メポイント。写真右はお菓子と同封されていた説明書き (C)コクハク

関連キーワード

フード 新着一覧


ふきのとうの香りが食欲をそそる!「蒸し鶏の蕗の薹ソース」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
純喫茶かさごで出合った「壺漬けピザ」 2021.5.14(金)
 ハイボールの名店としておなじみといえば、東京・銀座7丁目にある「ロックフィッシュ」です。緊急事態宣言の発令に伴い、東京...
「栃尾油揚げの納豆・キムチ挟み焼」空腹も満たせるおつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...